人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パラベンス、ピレキーニョ、プラッサオンゼ、ペンデュラム

今回は「パピプペポ」作文。(あ、ポがない~)

パラベーンス(parabens)!とは、(ワタシの知ってる数少ない)ポルトガル語で「おめでとう!」という意味です。
誰かの「パラベーンス!」は良いですね、まさに幸せのお裾分け、を頂いてというかお祭りムードに便乗して酒を飲む代わりに(ワタシは下戸)絵(落書き)を描いたり、歌を描いたり。
こういうのはとても楽しい。相変わらず、夜鍋ばかり。

ところで、
8/7 青山プラッサオンゼへ、コンジェント・マリア・フマンサ(東輝美さん/vo>、飯島ゆかりさん/perc、前原孝紀さん/gt)の演奏を聴きにいきました。
東輝美さんの弾き語りは、ずっと聴いてみたいと思ってスケジュールはチェックし続けていたのですが、結局、7/7@Pilequinhoでのイベントでご一緒するまで機会が持てず。
そしてPilequinhoでは、あまりの熱演!に圧倒されて、話しかけることができず(たまに小心者)。
なので、満を持してという感じで、期待していましたが、それを上回るほどに素晴らしかったです。
最近、よい刺激に恵まれているなあ。
疲れはするけど、自分で臨んで取りに行っている(刺激と疲れをセットで)から仕方ないな。

8/8  しばらくぶりに、友人(ももちゃん)の自宅件オフィスにお邪魔しました。
ももちゃん宅では実家以上にいつも寛がせてもらっています。
あの場(と人物)のもたらす安心感は筆舌しがたいです。
ワタシはいつも素・丸出し?で、何のフィルターも通さない早口の関西弁(和歌山弁)で喋りまくって、口が縺れる&たまに何を語っているか自分でわからなくなってくるほど…。

ところで題名のペンデュラム、とはダウンジング(こっくりさんじゃないよ)に使う、クリスタルでできたアレのことです。
今日は初めて、ワタシもペンデュラムというものを手にし、使い方のミニ講座を受けたというわけです。
まさか自分が、コレに手を出す日が来るとは…(自然な流れでそうなったのですが)
(「まさか」というくらいだから、恥ずかしさや半信半疑なところがあり、あまり書きたくないのだけど、パピプペポ作文だから書かざるを得ない…)

で、指南されたように、ペンデュラムに質問(Yes/No)してみるのですが、
うーーーーーん、ビミョーだ~。。。
最初はこんなもん、ということで、信頼関係?を築くべく、続けて使っていこうと思います。


でで、帰宅後は今後のライブの為に新曲を仕込んだり、古曲を引っ張り出して来たり。
先日の7/31@Velvetsunライブで、チャーリーさんのおもしろ(?)日本語ジャズスタンダード("ラウンドアバウトミッドさすらい"、"セロニアスな文句"など)に刺激を受けて、
自分も昔(勝手に)書いたボサノバスタンダード等の日本語詞や、書きかけていたものを仕上げて、ここに載せてみました~。
並べてみると、なんだか同じような言葉ばかりが並んでいるなあと、少しがっかり。

さらに、チャーリーウィリアムスの色々な国の言葉で歌われる歌を聴いて、、うむ、いよいよ私も「あの歌」をカバーしてもいい時が来たのでは?と思いついた。
(どの歌、かはまだ内緒。)
これをジプシーキングス風にアレンジして、今度演ってみようかなあと。
ジプシーキングス風ギター、ストロークだけでも、むずかしい~。
できるようになるんかいな~
練習がエライのぅワレ~
まだまだ暑いのぅワレ~
by agatha2222 | 2013-08-09 19:22 | Other | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/20901311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パピプペ作文の続き 日本語ボサノバetc.シリーズ④ >>