ダミアンといっしょ⑤ ~いよいよ

9/15 2:00am

ダミアンWS 6日目、終了。
残すところは明日のショウイング(いわゆる発表会)と、リハーサルのみ。

ダミアンは「ショウイングの為にやるんじゃない、
このWSの目的は、あくまで君たちが出来る限り多くを学ぶことだ」と言っている通り、
ショウイングが明日に迫っていようと、
毎日きっちりと、30分はウォームアップを行い、
基礎訓練である、例の「洗濯機ワーク」にも時間をとって、日々新しい動きを足してゆき、
(こちらがもうコレは捨てっと諦めかけていても、、)
20人の受講生ひとりひとりをちゃんと観ていて、
「ここは良くなったがここをもっとこうして」や
「キミは(ワタシのこと、、)はWS最初の方に注意された点を、まだ徹底できていない」等と、
とても根気よく、惜しみなく指導して下さる。
基本的にとても楽しくて、面白くて、
そして指導そのものは非常に情熱的。
いやぁ、もう本当に、ありがとうございました。

、、って、そんなかんじなので、
我々が気にしているショウイングの内要全貌は、
今日やーっとこさ明らかになったという感じ。。。

「ボレロ」は、この5月に初演されたパリ・オペラ座バレエ団の映像をみせてくれた。
(前投稿に動画張りました)
舞台装置(鏡)、プロジェクションすべて含めて、
やっぱり彼らの創りだす世界が好きです。素晴らしい。
なんだか、この状況(ダミアンが目の前に居て、彼らの振付を学ばせてもらっていて、「観たい観たい観たい何時か日本へ来い!!」と念じていた作品の映像をフルレングスで見せてもらっている)も含めて、
感涙にむせびそうになりました。
まだ早いってば。

モーリス・ラベルのあの曲に乗って、
というよりは煙のように絡んで、
アスティエで学んだこともフルに活かして、明日は踊ります。
踊りますわよ。

「バベル」は、既存の振付と、WS期間中に自分たちで振り付けた部分を、
2~4人の組になって踊ります。
日本の太鼓のリズムで踊るのです。
17歳のバレリーナと二人で、知恵とテクニックの限りを尽くして(+ダミアンとエミリオのアドバイスで)、作りました。
自分としてはイイものが出来たと思っています。
あとは理想通りに、音にピタっと合わせて動くだけ!

今夜は自宅で練習もみっちりしたし、もう明日は楽しむだけです。
よくここまで、怪我もなく脱落せずにやってこれたなぁと思うと感慨深い、、
(だからまだ早いって。)
それもこれも、WSの受講を許して下さった方々と、
協力しながら、冗談いいながら一緒に頑張ってこれた仲間がいてこそです。
ダミアン達から学べたことも有り難いけれど、仲間ができたことも同じくらい貴重なことです。
ありがとうございます、なのです。
この経験を活かして、ワタシは音楽寄りのミニシアターを創ります。
弾き語りも、唄も、バンドもやるよ。
もちろん、新しい唄もいっぱい書くよ。
やりたいこと、全部やっちゃるのよ。

それにしても、
、、、ラベルのボレロとラルビのバベル、、、
って早口言葉みたいだなあ。
(ラルビ=シディ・ラルビ・シェルカウイのこと)

ラベルのボレロとラルビのバベル、
明日開演、9/15 19:20 @スタジオアーキタンツ、無料也!
by agatha2222 | 2013-09-15 02:30 | Dance | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/21059168
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 11/25 フライヤで遊ぶ ダミアンといっしょ④ >>