ダミアンといっしょ⑥ "end of one movement/start of another"

ダミアン・ジャレ(Damien Jalet)WSの7日間が終了。

9/15 最終日、ギリギリの時間まで振りが追加されて、リハーサル。

バタバタしている間に観客が集まって、
緊張する間もなく本番を迎える。
「洗濯機フロアワーク」「ボレロ」「バベル」、
7日間の間に取り組んだこと全てをやった。

演目の間には、ワークでの体の使い方、
作品についてダミアン自身による説明を挟む。

最後に、本家本元!パリ・オペラ座による「ボレロ」初演時の映像や、
パリ・ルーブル美術館で上演された、ダミアン振付によるダンスパフォーマンス(複数の作品を館内にて同時上演)の抜粋映像の紹介も。


ショウイングが目的でワークショップに参加したわけじゃないとはいえ、
友達も観に来てくれて、
40~50人ほどの観客を前に(某・スター俳優/ダンサーもいた!)
夢のような本番、
その後、夢のような打ち上げ、温かい交流、
を終えて、いまだ少し、夢のようです。
夢じゃなかった証拠は、体中の痣とパンプアップしたままの脚、、、


演目「バベル」は、"踊り"の間の移動などもあり、テンポから遅れて踊りきれない部分もあったけれど、
「ボレロ」は本当に気持ち良く踊らせてもらえた。
「洗濯機フロアワーク」はまさかショウイングでやると思ってなかったけど、
自分なりに、7日間で進歩が感じられたので、よかった。


で、ここで頂いたエネルギーを止めてしまわず、次の動きに繋げていく。
立ち止まると勿体ない。
"movement=動き"とは、進行方向への意思であり、
自分自身がコントロールする部分と、自然の原理に任せる・ゆだねる部分で成り立っている、
いかにスムーズに、疲れないで動けるかは、
その二つのバランスを、うまくとることだ。
ダンスでも、日常生活でも、同じこと。

打ち上げでは、ダミアンの次のクリエーションについて、聴かせてもらうことも出来た。
でてきたキーワードは、山、山伏、日本の山岳信仰。

今回の日本滞在中に、高野山と熊野古道に(あと、もしかしたら山形にも)行くっていってたなあ、、
ワタシも今週、和歌山に一日だけ帰るんだけどなぁ、、
(別に会えないって。)

何にでもすぐに影響を受けてしまう、ワタシのスライム・マインド(造語)は、
熊楠の仕事に思いを馳せる。
…スライム、じゃなくて、"ねんきん"のほうがぴったりくるな、、
「ぷりぷり県」by吉田戦車、に出てくる和歌山県代表キャラが、熊楠にちなんで"ねんきん"っていうんだよ…。

ワタシの亡き父の実家は、「弁慶のお膝元」和歌山県田辺市の、南方熊楠の自宅の隣にあったのです。
爺さんの弟姉たちが熊楠宅の庭に蝉取りに侵入し、
曾爺さんが熊楠とケンカになったとかいうエピソードもありまして。
ワタシが卒業した小学校もも熊楠と同じで。

学ぶべきことは無限にあります。


とにかく、次へ。
ダミアンの声が今も聴こえてくる…
"Use momentum!" 

みんなありがとう!!
e0303005_12113911.jpg


ダミアン!!来年、"D'avant"観に行くからね!(諸々はなんとかする!)
e0303005_1212991.jpg


正確でダイナミックな動きにみんなが「惚れてまうやろ~!」のエミリオ先生と。(Aimilios Arapoglou)
e0303005_12384394.jpg


"17歳のバレリーナ"、脇田紗也加ちゃんと!
世界に羽ばたくバレリーナとペアで踊れたこと、一生の自慢にしたいと思います。
e0303005_1393349.jpg

by agatha2222 | 2013-09-17 12:59 | Dance | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/21074262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< オカンとペキンでウ・タ・ゲ 11/25 フライヤで遊ぶ >>