人気ブログランキング | 話題のタグを見る

身体はイマココを生きる

10/13 「徳久ウィリアム式ボイトレゼミ&即実践!(カラオケ)の会」にご参加いただいた皆様、
そしてウィリアム先生、ありがとうございました!!

企画チームとしてワタクシ、至らぬところもあったかと思いますが、
当日は満員御礼(場所、チョイ狭かったかしら…?)、
カラオケも盛り上がり、楽しいムードの中、四時間の会は終了しました。

ボイトレゼミ(ワーク)ではみなさん、メモをとったり録音したり、真剣なまなざしで、
学ぼうとする意欲と、発見(発掘)の喜び、
それらのポジティブなエネルギーで会場は満ち満ちておりました。
終了後、誘った友人も「声が出しやすくなった」等と言ってくれて、
紹介できてよかったなぁ~♪と嬉しく思います。

ワタシ自身も、久々のワークを通して、
体の隅々まで意識をめぐらせ、その振動を聴き、感じることに集中できて、
終了後には生き返ったような清々しさが、、、。

例えるならば、身体の細胞(とくに骨と肉)の一粒一粒が浄水器カートリッジの砂だとして、、
そこに水が通って(水=意識というか意思というか気というか)一粒一粒が独立して潤う、、
一粒一粒が動けるようになる、歌えるようになる、
そんなイメージ。(あくまでイメージ)

実はここ最近、本気で声を出す・歌うことをサボっていたので、
(近所迷惑にならない程度に自宅でちょっと弾き語るだけで)
まさに歌うための身体が、能力が「長い眠りから目覚めた」というかんじでした。
「もー寝過ぎて腰いたいわー、早よ起こしてんかー」と身体に言われたとか言われなかったとか。
家で一人で、ワークやればいいじゃん、って?
言うよね~~
全くやらなくもないんだけど、、集中の質が全然違いますのよ、、

ワタシの腹も据わってないもんだから…
(これは余談)


以下、ごく個人的な感想を~。

今回のボイトレゼミで印象的だったのは、声を届かせる範囲を広げていくワーク。
「発声」という行為にイメージの中で必然性を与えつつ、
段階的に範囲を広げ(=声の音量を上げて)、最大まで達したら逆に狭めていく、というもの。

自分の声が最大音量に達したとき、脳裏に子供の頃の親子or兄妹喧嘩の記憶が浮かんだ、、。
普段の生活や歌でそこまでの大声をだす、シャウトすることってないからなー。
シャウトの記憶は身体が覚えているらしい。
肋間筋だけでなく腕脚含めて全身の(特に内側の)筋肉が瞬間的に緊張・収縮する。
…シャウトの才能(?)、あるかも…?と実はちょっと思った、、
ケンカ等で(必要にせまられて)大声を出す、、という経験は誰にでもある、
なんてことはないのだよなと思うので(まわりくどい言い方すみません)。
(ケンカ好きじゃないですよ、念のため…)

今回は、このようなワークで声を出しやすい「状態」を作った上で、
カラオケで好きな歌を歌おうゼ!という企画だったので、
ワークの効果をより実感できたと思う。

まあ、歌を歌う、ということは発声のコントロールだけでなく、
発音or割舌も重要なので、
発声が「滞りなく」行える「状態」では (あくまで当社比よ)
より割舌の問題が浮き彫りになる、という実感もー
表情筋の問題です、ええこれはワタシの個人的な問題(というか課題)。

ワタシ自身はふだん、カラオケに行く機会はあまりないので、
参加者の皆さんの、色んな曲のチョイス、色んな声、色んな歌が聴けたのも楽しかった。
「恥ずかしい」という気持ちが邪魔をすることもあるけれど、
やっぱり大多数の人は、歌うことは好き、楽しいと感じるんだよなあとシミジミ思った。

歌や踊りは、ずっと昔から、人々の日常にあったもの、
なのよね、きっと。
特別な芸能としてではなく、レクリエーションとして歌や踊りを行っていたのよね、誰でも。

…風営法のダンス規制とか…(一方、小学校の体育でダンス必修とか…)
どないやねん、と思いますが。
それはさておき、再び回想シーン…

日常に歌や踊りを、、って、
子供の頃は当たり前に、教わらなくても、楽しみとしてやってたこと、だと思う。
(少なくともワタシにとっては…)
缶ケリとかケイドロとか、お絵かきとか馬場抜き(否、ババ抜き)とかと同じ遊びの一種として、
歌謡曲の替え唄やら学校唱歌やら、休み時間に歌って楽しかったのです。
で、中学生になってもまだ同じように歌って遊んでいると、、
変な奴だということになってしまう(笑)
もったいないと思うのよ~~
非合理的だわ~~
羞恥心の目覚め~~?
お金払ってカラオケに行かなくても、自然発生的に声を合わせて歌えばそれで楽しめるじゃな~い~
、、、
ボヤキですけど。
ワタシは昔からそう思ってるからこそ、
ブラジルのパゴージとかにも憧れるのだなあと(改めて自己分析)

それはさておき(パートトゥー)、

ウィリアムさんの「神経トレーニング」とも呼べるワークに絡めて考えていたことを最後に…

ワーク等で身体の感覚に集中すると、
妄想や心配やわずらいごと(あえて妄想と呼ぶ)に頭を悩ませる余裕はなくなるわけで、
(その余裕があるとしたら、集中できてないってことだ)
ワークが終わった後も、
ああワタシとはこの身体なのだ、という自信というか実感がまだ残っているので、
妄想や心配やわずらいごとの質量はたいてい軽くなっている。

そしてオマケに(オマケでなくて目的なんだけど)
より使える身体になっている、という。
より自由自在に。

…はりきって歌など歌いたくない、というほどの泥沼に、しばらく、ココロが、居たんですけどね、
(まあ秋だからね、そういう気分にもなる)
身体のワークが疎かになっていたから、というのも大きいなと思っていた。
つまり運動不足、で使いにくい冷たい?身体になっていた。
運動なんて大そうなことでなくても、ゼミで教わったワークをやればいい(タダだし)のだけど、
そんなに自分で自分を律せるアレじゃないので…

というわけで、最近はクラシックバレエのレッスンetc.を再開。
少しずつ生き返って?きました、、、。
他のことはおろそかになるけど、
やはり自分自身=自分の身体と体に属する心etcが一番重要なので、
暫くの間はそのへんを優先させようと思っています。

…バランスがむずかしいのです。
拡散と集中、
外と内、
おにはそと・ふくはうち・ふくうちきがいのえれきてる、です。


最後になんの脈絡もない落書きを~(せっかく描いたので)
題名「鵜飼」
身体はイマココを生きる_e0303005_1115774.jpg

by agatha2222 | 2013-10-18 23:04 | Other | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/21211491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 粘菌と化身と分身とか インドな日々② >>