人気ブログランキング | 話題のタグを見る

スイートノーベンバーの日記(前半)

あーれー、もう11月。

日記を書いておこうと思ってたのに、自宅Wi-fiが使えなくなってしまい、
色々なことを試みてもダメで、数日間、放置を決めこみ、もろもろの作業が停滞。
その後、机の上の紙類を整理していたらNTTの請求書が!!!
発掘!!!
お金払ってなかっただけでした。(引き落としにしたはずなんだけど~)

11/2
ライブ「男の花道」(出演:東京縄文ボーイズ …チャーリー高橋、岡野勇人、小日山拓也/ 矢野忠)を聴きに、そら庵へ。
来年、「新春深川芸術祭」で共演させていただく予定の「東京縄文ボーイズ」さんとの打ち合わせ&顔合わせも兼ねて。
飛び入り?でワタシも2曲、歌わせていただいた。
「卑弥呼の恰好で歌えば?」という褒め言葉(?)を頂く。

矢野さんの弾き語りに心を打たれる。
こちらも飛び入りの、五錦さんの三味線、どどいつも素晴らしい。
ライブのあとは、そら庵の東海さんたちも一緒に連れだって錦糸町の夜の街へ消えました。

イラストは、「新春深川芸術祭」フライヤー用のスケッチ・・・
スイートノーベンバーの日記(前半)_e0303005_13562525.jpg


来年は午年なので、馬をいっぱい描こうと思っています。
昨今はネットでいくらでも参考画像がパクれるから便利です。

11/3
徹夜明けで朝からアスティエやバレエと運動しまくり。
最後に、池袋あうるすぽっとへ、「スガダイロー 五夜公演 『瞬か』 ×バレリーナ 酒井はな」を観に行く。
孤高のピアニストvs 至高のバレリーナ(なんかタイトルが美味しんぼみたいになった)による、顔合わせもリハも一切無しの完全即興、とのこと。

酒井はなさんは、居るだけで美しい。
クラシックだけでなく最近はコンテンポラリーのフィールドでも活躍されているので、即興でどんなに踊るんだろう?と思っていたのだけど、
完全即興というよりは、コスチュームも含めて、色んなピース(役・おどり)の抜粋を次から次へと繰り出してゆく、というかんじだった。
キトリ、椿姫、瀕死の白鳥、シルフィード、アルトノイの新作(たぶん)、、and more
まさに「酒井はな七変化」というか、クラシックバレエダンサーとしての魅力を120%魅せてくれたとおもう。
「あ、今この役だな、こんな音を欲しがっているのでは」と、勝手ながら気持ちが伝わってくるようだった。
ただ、「即興共演」というタイトルがもたらす期待からすると、踊りの世界とスガダイローさんのピアノとのインタラクティブなスパーク(?)がもっと欲しかったような。
もちろん、すべて、美しいのですが。

バレエに馴染みのないお客さんにとっては、舞台上でバーレッスンしたり、練習用のチュチュを点けたり、ポワントを履いてならしたりする場面も面白かったと思うな。

最後の最後は、「瀕死の白鳥」(サンサーンス作曲)の後ろ向きパドブレで酒井はなさん、登場し、
「これで終わりにすっからネ!」と押し切ったような。
オリジナルの「瀕死の白鳥」では、曲が終わると同時に白鳥が息絶えるという踊りなのです。

五夜公演の、別の回も見てみたかったなー。
本番中に破壊された?ピアノが劇場ラウンジで展示されていました。

11/4
さすがに疲れたよ、パトラッシュ…
しかも苦手な低気圧到来。
チェコの映画ポスター展」を観にいくにはちょうどいい、疲れ具合と「やること溜り」具合だと思ったものの、
まさかの休室日。(振替休日なのにー)

頭の中がチェコ・アート・リバイバル状態になったので、
(昔、ヤン・シュバンクマイエルやイジィ・トルンカ、イジィ・バルタ、ブジェジスラフ・ポヤルなどのアートアニメーションが好きで東京さ出てきたときに漁るように見てたの)
またDVDを借りようと渋谷ツタヤに行ったが、
無い!!!
まことに遺憾です。

代わりに?スタジオジブリ推薦の海外アートアニメのコーナーがあったので、何本か借りる。
ずば抜けて面白かったのが「ベルヴィル・ランデブー」。

11/8
「ノイズ合唱団」の若い衆4(フォー)と、11/25のライブに向けたリハーサル。
何をやるかはヒ・ミ・ツ♪ですが、ワタシの妄想の具現化のために皆様ひと肌脱いでくださり、本当にありがたいです。
ゲラゲラ笑って楽しかった~
こんなこと、なかなかやれる機会ないので、ぜひ11/25、観に来ておくんなまし~

スイートノーベンバーの日記(前半)_e0303005_1415734.jpg

(つづく)
by agatha2222 | 2013-11-11 03:26 | Other | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/21311727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スイート能弁婆の日記(前半の後半) ことば とは とれす さーん ... >>