人気ブログランキング | 話題のタグを見る

これから:Travelling with Eastman

成田空港に来ています。
これから一時間後には、コペンハーゲン経由アムステルダム行きの飛行機に乗ります。
初めての乗ったスカイライナーが高額でビビりました。
いよいよ!という心の準備もなく(いつもこんなもんですね、)こりあえずは空いてるらしい機内でおもいっきりダラダラしたり落書きしたりするのが楽しみです。

五泊七日、実働四日の日程で、シディ・ラルビ・シェルカウイの舞台を二作品、三本見る予定。
ふつうは、こんな旅行『気ぃ狂ってる』って思われるんだろうなあ。
でも、チャンスがあるならあるうちに、本当に会いたい人に会いにきって、本当に関わりたい人たちと本当にやりたいことをやろう、と思う。
安全なところで自分をごまかしてる暇などないんジャッ!

かつ、こんなことでなければ一人旅とかするガラではないの、ワタシ。
ヨーロッパは気候の違いのせいか?色の見えかたが日本にいるときとは違うように感じる。

今回、『これはみておきたい』とまず決めたのは『d'avant』というシェルカウイ自身が踊るもので(さらに歌う)
初演は2002年、シェルカウイとダミアン・ジャレ(去年、WSでお世話になりました)のコンビと、Sasha Waltz & the Guestから二人のダンサーによる共作。
「中世ポリフォニーのボーイズバンド誕生!」ってレビューに書いてるのが気になる。

ではでは行ってきまーす。
by agatha2222 | 2014-03-29 14:03 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/21824450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 2014年3月のライブスケジュール 『ヤンわた!』の次は・・・ >>