before OBON

早いもので8月も三分の一が過ぎました。


8月に入って、自主企画公演「シアター・ビートリッシュ」のリハーサル内容も具体的になり、
やることはほぼ決まったものの、できるようになるのか?
リハ時間足りるか?予算足りるのか?という不安とともに、
ぎりぎりまで変更を重ねる予感とともに、
発見のはじけるような喜びとともに、
匍匐前進の日々。
稽古レポート等、書こうと思いつつも、ネタバレを避けると抽象的なことしか書けず、
とにかく本番観に来てほしいな~~としか言えない状態です。


共演のタップダンサー米澤一平くん、(7/26「コックレーンの幽霊」@四谷・喫茶茶会記)
ダンサー宝栄美希さん、(8/4「橋の上のサーカス」@両国もんてんホール)
それぞれが制作・出演する公演を観て、大いに刺激を受けました。
私の考える、もしくは感じる「美しさ」とはなんだろう?
私にとっては、「笑わせること」も美しく尊いことは確か。


ビートルズのカヴァーアレンジは、ちょっと暇ができると次から次へと湧いてくる。
本当に好きなんだなぁというか、
私にとってはビートルズが「出身校・母校」みたいなものだなぁと思う
そう考えると心が温かくなる。
ビートルズをテーマに置いた企画は、今後も展開してゆく所存。
(けど、「シアター・ビートリッシュ」みたいなことは何度も出来ない…)


前身の「カルグラ隊」を引き継ぎ、畏れ多くも自分の名前が半分ついた合唱団「アガリアム合唱団」も発足、
先日、第一回目(第一期全6回)の練習会が和気あいあいと終了しました。
色んな声、色んな身体、色んな人生がひとどころに集まり、音を響かせあうことの幸せ。
去年の冬あたりに「こんなことやりたいな~」「ポリフォニーのアレンジとかしたいな~」「ノイズ合唱団(今の、Tokyo Voiz Choir)、面白いな~」と考えてふわっと夢みていたことが実現しているじゃないか、と驚きつつ、
素晴らしい仲間に感謝です。
来月からはホーメイの練習(自分の)にももっと気合をいれよう。


去年の7月に出会った飯島ゆかりさんとのバンド、通称「ととぅ」もレパートリーが増え、
10年以上前に書いた(けど一度もライブで演奏したことのない)曲たちにも命が宿るように。
今週8/14には素晴らしいフルート奏者・北沢直子さんとともに初のワンマンライブを予定しています。
笑いの絶えない、なんとも居心地の良いバンドです。
今後も色んな場所で定期的にライブを続けて、
来年後半あたり?にレコーディングしたいな~と思っています。
(夢は語ろう)


原爆の日を迎え、終戦記念日を前にして、
キナ臭い「国家」の動きにムカついては
ノンポリとか言ってる場合ではないようにも思える
黙っていると流されるんじゃないか?
もともと私は、スピリット的には怒れる「パンク」なんだと、
何かにつけて思う今日この頃。
(だから、寛ぎの邪魔にならないBGM演奏とか多分できないです。)


自分にやれることをやるだけだ。
短い人生で、やりたいことをやるだけだ。
by agatha2222 | 2014-08-11 02:26 | Other | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/22281282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「シアター・ビートリッシュ」稽... 2014年7月のライブスケジュール >>