「シアター・ビートリッシュ」稽古日誌等

エキサイトブログへのログインがうまくいかず、しばらく更新できませんでしたが、、
「あがさゆかりのととぅ」ライブに、アガリアム合唱団の練習に、「シアター・ビートリッシュ」のリハーサルにとアクセクしております。
Facebookページに掲載した内容と重複しますが、まとめて稽古日誌など・・・


8/12
隙間時間を塗って、宝栄美希・あがさ 二人リハーサル@新宿

フィナーレを飾る曲の構成もだいたい決まり、
笑いすぎて酸欠になりながら(←私の病気です)振り移し完了。
少ない時間ながら、予想よりも進展があり、一安心です。
さすが、国内外で数々の舞台を制作・出演してきた宝栄さん、飲み込みの速さに感動!


8/15
米澤一平・あがさ 朝リハーサル@中目黒

個人的には、この前日は日中仕事、夜はBarPortoで「あがさゆかりのととぅwith北沢直子」ワンマンライブでテンションが上がって眠れないままながら、
踊りまくりのリハーサル。
タップダンサーの一平さん、この日はタップシューズ一度も履かず!
履かせず!

…こうやってこう動いて、、と頭の中では振りが作れても、
自分の身体はなかなか思い通りに動かず、
改めて、あのダンサー、このダンサー、凄いなぁと思うのでした。

時間にするとほんのちょっとだけど、今回は私も踊るのですよ。
ほんのちょっとの時間の踊りなのに、こなせるようになるのは大変。
思いついちゃったから仕方ないよね、やるしかないよね、私こんな身体だけど、やるしかないよね、

って言うとネガティブに聞こえますが
真摯な態度でおるわけです。

とにもかくにも、頑張りますよ!

e0303005_062118.jpg



8/16
第五回すみだジャズストリートフェスティバル@スターバックス錦糸町テルミナ2店2階にて、
あがさ(vo8gt)&米澤一平(tap)の二人で出演

本番前に、リハーサル@新宿の音楽スタジオ

この日のパフォーマンスは、「シアター・ビートリッシュ」の為に準備してきたタップ&歌ギター演目の中から選曲でした。
正直に言うと、初演の曲ばかりだと怖いので…
やはり練習とお客さんを前にした本番はぜんぜん違う。
個人的にはヒヤリとした箇所もありましたが…
たくさんのお客さんに観てもらえて、聴いてもらえて感謝!
わざわざ駆けつけてくださったあの方この方、全員にはご挨拶できずに失礼しましたが、
みんな見えてましたから!!

タップを初めて生で見ました!というお客さんも声をかけてくださいました。
タップっていうと、一般的にはミュージカルタップのイメージなのかな、と思うけれど、
一平さんの「リズム・タップ」は踊り、というよりは足でリズムと音を奏でることそのもの、なのです。
(って、ぜんぜん説明になってないか…観てくれたらわかるんだよ)

さあそしてここから、さらに追い込み・リハーサル週間の始まりです!
まだまだ冒険して、さらに精度を上げていきますよー

e0303005_081150.jpg



8/18
出演者三人そろっての、初めてのリハーサル@目黒
三人そろうと、「場」にも力が増します。

今日は帰り道にインタビュー:

「あなたの好きな(思い入れのある)ビートルズの曲は?」

宝栄美希:Let It Be、Hey Jude、Ob-la-di, Ob-la-da

米澤一平:Blackbird

あがさ:(こんな質問、自分の子供の中で誰が一番好きかという質問くらいに酷ですわ!といいつつ)Across the Universe、Happiness Is A Warm Gun

…Paul派とJohn派に別れましたね、なんとなく

でも私が中学2年の時、初めて「コードブック・タブ譜」を買ったのはBlackbirdを弾きたかったからで、フィンガーピッキングにはガットギター=クラシックギターが(鉄弦のアコースティックギターではなくて)適しているだろうと、初めて自分用にYamahaのクラシックギターを買ってもらったのでした。

で、かったコードブックを見て一番初めに弾き語りをしてみたのがOb-la-di, Ob-la-da。なぜかというと一番簡単そうだったから…でもこの曲も大好きです。
Let It Be、Hey Judeはピアノで弾き語りしては、「うるさい」と兄にどつかれたものです。

まあ、そんな思い出話はともかく。

(写真は謎のシチュエーションで撮った動画を確認する宝栄美希&あがさ)

e0303005_0222587.jpg



8/19
会場の新世界@六本木へ、舞台の下見とセッティング等の相談へ

新世界は、元・自由劇場があった場所で、
舞台の下にオーケストラピットのようなスペースがあり(もちろん、このスペースでも観覧頂けます)、
ライブハウスでありながら「劇場」なのです。

実際の舞台に立って客席を望むと武者震いが…
当日はオケピに転落しないように充分気をつけようと思います。



8/20
レディース出演者二人(宝栄美希・あがさ)でリハーサル@世田谷区

二人が絡む演目を念入りに確認し、
二部の通し稽古もおおかたできた!

コンタクト・インプロヴィゼーション(=二人以上の複数人で、身体を触れ合わせて相手の重さや動きを感じ取りながら、即興で踊っていくダンス)のテクニックを駆使した作品なども数多く創ってきた、踊ってきた宝栄さん、

いや、宝栄センセイに、わたくし今日はビシッとバシッとご指導いただきました。
やったことのないこと、新しいことを身体に入れるのは大変だけど、楽しいけど、不安!
ビシッ


8/25
米澤一平&あがさ、リハーサル@目黒

「シアター・ビートリッシュ」は入れ替えなしの二部制、
第一部は今年二月末に自主企画「ビートルズ狂時代vol.1@下北沢music bar rpm」にて、二人で初演した演目の再演(改演)なのです。

で、今日はその第一部の通しをザザッとやりました。

なんというか、懐かしい…。
(とはいえ、初演のとおりにはやらないですけど!)

新作である第二部に比べたら、第一部はシンプルだなと感じるけど、
初演の時は、演出の発見?による興奮と、初タップとの共演っていう挑戦と、さらにライブハウス出入り禁止になったらどうしよう(??)というほのかな不安でもういっぱいいっぱいでした。
ひとつひとつ乗り越えていくと大変なことがフツーのことになってゆく。
乗り越えないと次は見えない。
平常心でやります!
by agatha2222 | 2014-08-21 23:15 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/22311302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「シアター・ビートリッシュ」 ... before OBON >>