9段の『シ』

9段の『シ』
(from Robert, Mary, a girl and that Lucy)


ちをはう つるは へびいちご
ちのいろ ほどに あざやかに
あくいを しらぬ ちのみごの
あかあざのごと はれあがる
(1. Strawrberry Fields Forever)


みわたすかぎりの むなしさに
みほとけ のどけき あかしゃのき
そのきを たおして たきつけろ
そらまで のろしを とどけるぞ
(2. Norwegian Wood(This Bird Had Flown))


いのりか のろいか いかりなら
いんねんまじりの あめがふる
あめもふらねば ながれまい
あぜもほらねば とまるまい 
(3. Rain)


こころは いのちと うらはらに
ここに あらずに くものうえ
きらきらひかる あこがれと
きちがいじみた ひるのゆめ
(4. Lucy in the sky with diamonds)
 

あしたのものは まだないが
あいそはいまにも つきはてる
はじめのおわりを あわせれば
はるかにあそびは ひきつづく
(5. Tomorrow Never Knows)
 

しかしこのみは だれのもの
して とぎれぬ くされえん
やくそくなどは わすれたか 
やまいにやられて いきたえた 
(6. I Want You(She's So Heavy))


あるがままでは おられぬと
あれた おのれを てばなすは
あきらめなのか あいなのか
あなたにきいても わからない
(7. Let It Be)


かぞえきれない あなになら
かるまというじを あてがえる
まぬけなものよ じんせいは
まっかなうそにも かなうまい
(8. A Day In The Life)


もとからあれば いらぬもの
もとめるならば もどられぬ
またなんどでも であうだろう
まるで まいごの まごたちと
(9. If I Needed Someone)


『そういえば今日は20年前にんだ「10年前にんだチチ」のチチの誕生日だった』(3月2日)

『チチのハハの誕生日はシらない、んだ日もシらない』


糾弾の の 九段の詩

9段の4行

3(月)×2(日)×9(段)=6×9

"Rock" for CANTATA BEATLISH

(編集後記)
チをふたつ重ねると、ヂ(orジ?)になるのか。
チチのチチはジジー
by agatha2222 | 2015-03-02 20:42 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/22847899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『カンタータ・ビートリッシュ』... 2015年2月以降のライブスケ... >>