人気ブログランキング | 話題のタグを見る

いよいよ明日

いよいよ明日です。

11/1(日)19時開演
『CANTATA BEATLISH (カンタータ・ビートリッシュ) -re(in)carnation-』
@音楽実験室 新世界(六本木)

今日は最終のリハーサル、
14年に渡ってゴキブリコンビナートにパフォーマーとして参加、ウレタンを素材になんでも作ってしまう「油絵博士(ウレタンを工夫工房)」に今回特別に制作をお願いしていた美術?大道具?も届いた!!!
これが想像を超えるクオリティ、存在感…

昨日は会場への事前搬入を済ませ、私が根性とイメージと根性だけでつくった美術?のセッティングについて打ち合わせをしました。

ここにさらに明日は、stopmotion.jp代表、大野要介さんによる映像(VJ)が加わります。
大野さんは、グラフィックデザイナー・映像制作・VJ・トランぺッター.etcとして多彩な才能で多方面からひっぱりだこのクリエイター、最近お仕事を共にされた方の中には矢野顕子さんや世武裕子さんといったお名前も…
私自身、超たのしみです。

そして出演は、
「千の声を持つ」ボイスパフォーマー、徳久ウィリアムさん、
エレクトロバンド"Far Farm"の紅一点・シンガー、クドウアイコさん、
TokyoVoizChoir、アガリアム合唱団から轟音カルグラ人、アイケイイイチ、
そしてギター&声&その他もろもろ、の、わたくし、
でいーろんな要素がぎゅっとつまった、ビートルズのカヴァー、
リミックス、解体して再構築した音世界をお送りします。
イメージは、「声で世界旅行」

そもそも、この企画は超絶ボイスパフォーマー(&芸人の一面も…?)、
徳久ウィリアムさんありきで練られたもので、
(なので、ウィリアムさんに出演を断られたら実現できなかったのです)
ウィリアムさんの持つ、人がアっと驚くアァと震える、あんな技、こんな声、そんな歌?、すべてを詰め込むことはとうてい無理だけど、特に私がお客さんに聴いてもらいたいなぁと思うトコロを取りだして、私の持っている「ビートルズの鍋」(抽象的な表現しかできませんが、、)に加えたら、前作「シアター・ビートリッシュ」から続くビートルズカヴァーの世界は大きく大きく、可能性が広がりよりカラフルになるのでは!
という直感からくるもので、
その直感、というか信念は、アガリアム合唱団の活動にも繋がっているのでした。

というわけで、、前作とはまた違ったところで、私史上もっとも「おおがかり」な公演となっております。
私の「ビートリッシュ」(ビートルズの楽曲、という言葉で、私の内省からくるストーリーを紡ぐ舞台)の集大成、最終章です。
いろんなものをかけてきました。
明日一回限りの公演、どうか観に来てください。

ご予約お待ちしています。
(agathabeatle@gmail.com もしくは私までメッセください。)

まえがき、をこちらに書きました。↓
http://agatha2222.exblog.jp/23823849/

**********************
https://www.facebook.com/events/1670035013242504/

CANTATA BEATLISH
(カンタータ・ビートリッシュ)
副題:re(in)carnation
日程:2015年11月1日(日)
開場:18:30
開演:19:00
終演:20:15 予定
場所:音楽実験室 新世界
住所:〒106-0031 港区西麻布1-8-4 三保谷硝子B1
(最寄り駅:日比谷線六本木駅2番出口)
電話:03-5772-6767
出演: 
徳久ウィリアム (voice, etc)
クドウアイコ (voice, etc)
アイケイイチ (voice, etc)
あがさ (voice & guitar, etc)
映像:
大野要介 (stopmotion.jp)
美術:
油絵博士 (ウレタンを工夫工房)、他
チケット料金:
予約一般  3,000円(+ワンドリンクオーダー)
当日    3,500円(+ワンドリンクオーダー)
小学生   1,500円(+ワンドリンクオーダー)
(未就学児童は無料・お子様連れ大歓迎)
定員45名
(場内禁煙)
予約方法:
agathabeatle@gmail.com まで、
①お名前②連絡先③人数を添えてメール下さい
主催:Project Beatlish
http://agathabeatle.wix.com/projectbeatlish
・・・
「彼女は私のものだったのか
それとも私が彼女のものだったのか」
(I once had a girl,
or should I say she once had me?)
ビートルズの楽曲を
解体し、再構築
前作『シアター・ビートリッシュ』に続く
もうひとつの物語を
いろいろな声が 重なり歌う
合唱のかたち
いろいろな色と 光のなかで
再生する たましい
死 という
変化のかたち

いよいよ明日_e0303005_20522053.jpg

by agatha2222 | 2015-10-31 20:52 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/23826473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 11/1 CANTATA BE... 2015年10月のライブスケジ... >>