『カンタータ・ビートリッシュ』 終演しました

11/1 『CANTATA BEATLISH -re(in)carnation-』@音楽実験室 新世界、無事終演しました。

e0303005_042697.jpg

photo by bozzo

ご来場頂きましたお客様、
共演・ご協力頂いた皆様、
応援くださった皆様、本当にありがとうございました。
取り急ぎ、かかえきれないほどの感謝を…

本番を迎えるにあたって、沢山の不安要素がありましたが、終演後は直接だったり、ご記入いただいたアンケートだったり、SNSへの書き込みで嬉しいご感想を沢山いただき、ホッとしています。

「もう止めよう、、、とは言えないから無難なライブにしておこうか」と心底思い悩んだ時期もありましたが、
やっぱりやってよかった、信念を貫いてよかったと感じています。

詳細なご報告等はまた後日、、、
ですがひとつだけ。

今回も沢山の方々のご協力あって実現した公演でしたが、
最終的に公演を成立させるのは、会場に足を運んで下さるお客さまに他なりません。
どんなに緻密に準備してきたとしても、虚空にむかっては何も出せませんし、
もちろん運営面でも、極端な話、お客さんに来てもらえなければ、次の機会が断たれてしまいます。
映像、写真、音源として記録に残すことはできますが、
ライブで体験して頂く、というより、体験を同じ空間で共有することで初めて、
今回のような作品は「浮かばれる」ものだと、実感しました。

ありがとうございました。


*****************************

『CANTATA BEATLISH -re(in)carnation-』 

2015年11月1日

出演: 徳久ウィリアム、クドウアイコ、アイケイイチ、あがさ

映像(VJ): 大野要介(stopmotion.jp)

美術(棺桶制作): 油絵博士(ウレタンを工夫工房)

音響: 三木哲志(音楽実験室 新世界)

照明: 津田健太郎

写真撮影: bozzo

映像撮影: 福井哲也

協力: 鎌田英嗣、音楽実験室 新世界

企画制作・演出・編曲・美術他: あがさ(Project Beatlish)


e0303005_041165.jpg

photo by bozzo


PS. 意識していなかったのですが、この日(11/1)はメキシコの「死者の日」だったのですね。
偶然にも、作品のテーマは「死と再生」といったものでした。
by agatha2222 | 2015-11-04 01:06 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/23836683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『カンタータ・ビートリッシュ』... 11/1 CANTATA BE... >>