人気ブログランキング | 話題のタグを見る

1967はサイケの当たり年 (It's All Too Much)

プロビーのジョージ・ハリスン特集(=ORANGE EP)より、"It's All Too Much"をアップしました!
どしどし、じゃんじゃん。


It's All Too Much
- Project Beatlish Extra Edition ORANGE EP(1)





オリジナルはこちら、なんだけどちょと音が悪いな、、、




高橋幸広のカヴァーもあった~




これは1968年公開のアニメ映画「イエロー・サブマリン」のラストシーンで流れる曲です。
(レコーディングは1967年夏。)
ジミ・ヘンドリクスの影響をもろに感じさせるサイケなギターがカッコいい…
(ちなみに世界初の本格的野外ロックフェス、モンタレー・ポップ・フェスティバルの出演者にジミヘンを強く推したのはポール・マッカートニー)

ちなみに、おなじく「イエロー・サブマリン」の為に用意したポールの子供向けっぽい曲「All Together Now」と、同じく「イエロー・サブマリン」にも使われ、初の衛星放送番組「アワ・ワールド」でイギリス代表として生中継したジョンの「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」は、同じ時期(1967年)にレコーディングされたんだけど、
どうやら三人とも「アワ・ワールド」生中継の候補曲として("All"しばりで?)これらの曲を用意していたのか?との説あり。
ジョージ曰く、『「It's All Too Much」は「All You Need Is Love」時代のもので、コンセプトも「All You Need Is Love」そのもの』、らしいし。
ポールは「All You Need Is Love」@アワ・ワールドのエンディングで、自分の「All Together Now」の歌詞をねじこんでくるし。
(その他にもジョンが「Yesterday」「She Loves You」を一節歌ったり、オーケストラが「グリーンスリーブス」や「イン・ザ・ムード」をやったりしてカオスなエンディング)




ちなみに、映画「イエロー・サブマリン」制作の時期、ビートルズはサージェント・ぺパーやマジカルミステリーツアー、と自分たちのエポックメイキングなアルバム・映画制作にいそがしく、「イエロー・サブマリン」にはあまり乗り気ではなかったようで、レコーディングの出来が悪いと、『「イエロー・サブマリン」に提供するにはちょうどいい!』というジョークが流行っていたそう。
アニメの吹き替えを自分たちでやらなかったのも、そういうわけなんだろうな。



私の今回の"It's All Too Much" カヴァーアレンジは、ストーン・ローゼズの"Your Star Will Shine"っぽくしたかったんだよね~、と、気づかれる前に自ら種明かし…。


by agatha2222 | 2016-12-12 22:20 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/25040901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ナイロンの雨 帰ってきたヤングたち、終演 >>