人気ブログランキング |

ドラレコと「ジョンの魂」

2/2
昨夜はプロビーのゲストレコーディング。
去年の"Yes It Is"に引き続き、今回もMEWさんにドラムをお願いしました。

曲は"All You Need Is Love"と"My Mummy's Dead"、メドレー仕立ての2曲。
"Yes It Is"のときは、スタジオでセッティング後にプロツールスが立ち上がらなくなるという事態に陥りましたが(←予備に持参したMTRで録音し事なきを得ましたが)、
今回はトラブルなく2曲とも良い音が録れました!
ありがとうございました!!!

帰宅してそのまますぐ編集・ミックス作業を始めたいのをぐっと堪える。
(ネタを仕入れたらその日のうちに捌きたいでしょ)
あとはメインボーカルの録音を残すのみとなりました。

ドラレコと「ジョンの魂」_e0303005_167327.jpg



ちなみに"Yes It Is"はこちら。
女の子ロックバンドなサウンド(漠然な表現ですが)を目指してみましたが(だって女の子だもん♪)いかがでしょうか。




今回のレコーディングの前に、"All You Need Is Love"のセッションファイルがバグって開けなくなるというトラブルがあり(最近こういうトラブルって起きてないな~♪と思っていた矢先に…)、レコーディングの日程を延期させてもらったのですが、
後日、冷静になって対策をネットで探したら、問題はわりとあっさり解決。
(自動バックアップファイルという素敵な存在を知ることができたよ!)
で、晴れてドラムのレコーディング日を再設定した日までに、"My Mummy's Dead"のピアノ等の録音も済ませることができ、やっぱりこの曲にもリズム帯が欲しい!ということになって、こちらもMEWさんにドラムを叩いて頂くことになりました。
結果的に、ファイルがバグって良かったな、と。
(怪我の功名、もしくは無意識の先回りか...)


原曲についてもすこし説明を加えときます。
"My Mummy's Dead"(邦題「母の死」)という不吉なタイトルの曲は、ジョンのファーストソロアルバム("Plastic Ono Band"、邦題「ジョンの魂」)の最後の一曲で、カセットレコーダー録音した弾き語りのデモ演奏といったトラックです。
そのラフさがかえって生々しい。



2015年~2016年に3種類のアレンジで(我ながらしつこい)カヴァーした"Mother"という曲も、同じアルバムに収録されています。

ビートルズ解散後の裁判沙汰が始まる1970年、ジョン(&ヨーコ)は、アメリカの心理学者アーサー・ヤノフが開発したプライマル・スクリーム療法(原初療法)のセラピーを4カ月に渡って受け、その間に幼いころの父母の離婚や10代の頃に母が死んでしまった時の辛い感情を再体験したらしい。
その「セラピー」の結果として生まれたのが、この自己表出的アルバム、とな。

このアルバムのレコーディングは、そんな至極パーソナルな内容のためにごく親しい友人ミュージシャン(リンゴ・スターやクラウス・フォアマンとか)とだけで録音され、レコーディング中でもジョンは感情があふれて泣き出したりしていたらしい。
でも強烈なインパクトとは裏腹に、やはり内容が内容だけに?当時はあんまり売れなかったみたいだね。(全英8位、全米6位、ちなみにオランダでは1位)

だからってわけじゃないかもだけど、ジョージの三枚組みソロデビュー(実質的)アルバム"All Things Must Pass"(オール・シングス・マスト・パス)が馬鹿売れしたとき、ジョンは嫉妬で貶しまくっていたらしい。
自宅の庭=フライヤー・パークに小人の置物とともにたたずむジョージのジャケ写をみて「喘息のレオン・ラッセルかよ!」と悪態ついたり。
(ほんまかどうか知らんけど)

(ちなみに後年のインタビューでジョージはプライマル・スクリーム療法について、「誰にも勧めない」と言及しています。)

ジョンの魂

ジョン・レノン / EMIミュージック・ジャパン




えらい言われようの"All Things Must Pass"のジャケ写はこれ

ドラレコと「ジョンの魂」_e0303005_1722643.jpg



去年亡くなったレオン・ラッセル

ドラレコと「ジョンの魂」_e0303005_1733490.jpg



実はこの曲も2003年に演ったビートルズメドレーからの一曲で、その時のアレンジ(歌&ピアノ)をほぼ再現しました。
不吉というか縁起でもない曲名と内容(だって私のお母ちゃんは元気)ゆえに選曲時に大いに迷ったものの、、、やっぱり残しておきたくて録ることにしました。
次の曲の"All You Need Is Love"にうまく繋がったんじゃないかしら・・・。
ジョンが言う「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」というのも、なんだか皮肉な感じもするのですが。(本人は作曲したときもその後も本気だったと思うけど。)


最後に、おまけ。
昨日のスタジオでこんな不埒な?漫画を見つけた。
思い出し笑いが止まらない、、、この顔、、、
ドラレコと「ジョンの魂」_e0303005_1662440.jpg

ドラレコと「ジョンの魂」_e0303005_1694290.jpg


ピート・ベスト、、、
ドラレコと「ジョンの魂」_e0303005_167045.jpg

テディボーイっていうより北関東のヤンキー感ある。
by agatha2222 | 2017-02-03 21:30 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/25262843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< バンジョーエージがやって来る 2017年1月以降のライブスケ... >>