人気ブログランキング | 話題のタグを見る

よるのひるね富士宮編

こちらも日があいてしまいましたが、先々週末は富士山の麓にて、アレクサンドル・コスマキスさんと「よるのひるね」PV撮影でした。

よるのひるね富士宮編_e0303005_23591558.jpg


30年ぶりくらいに「こだま」に乗りまして、
往生しまして、
よるのひるね富士宮編_e0303005_20271606.jpg


ローカル線に乗り継いでは富士宮に着きまして、
よるのひるね富士宮編_e0303005_20283862.jpg


森の中に遺棄された死体のような気分でドローンからの暴風を受けつつ撮影などしまして、
よるのひるね富士宮編_e0303005_20264662.jpg


翌朝は富士を望んで日の出とともに撮影などしまして、
よるのひるね富士宮編_e0303005_20300301.jpg


くそ寒くてくそ寒くて寒さのあまり泣きながら撮影などしまして、
よるのひるね富士宮編_e0303005_20255727.jpg


帰りはヤキソバエクスプレス(長距離バス)に乗って帰りました。
よるのひるね富士宮編_e0303005_20243152.jpg


撮影は辛かったですが、やっぱりたまに旅をして観たことのない景色を観るのはよいなあ!と思いました。
よるのひるね富士宮編_e0303005_20232944.jpg



で、後日、アレックスがさっそく編集してくれた映像を確認するのに、また苦労しまして、
何に苦労したかと申しますと、自分のツラを客観的に観るのが辛くて、親しい友人と姉に動画を送ってあわよくば自分の代わりに観てチェックいれてくれはしないかと妄言を吐き、いかに辛いか何が辛かったかクダを巻いては頑張りんしゃい!と励まされ、
「きっと今ここが一番辛いところだから、ここを越えたらもうあと今年残りはパラディソ!」くらいに考えて、心の中でぞんぶんに準備してから喫茶店で観ました。直ぐその場から立ち去り気分を変えられるように。
一度観てしまえばなんてことない、のは解っていたのですが騒いでしまいましたね。。。
あれですよ、そんなことしたら翌日とっても顔が浮腫む・・・とわかっているのに、普段ならぜったいしないのに、お腹もすいていないのに、撮影の前夜寝る前に塩辛いものが沢山食べたくなる、食べてしまう、という逸脱行為が、私ももうだいぶそういうことからは自由になれたと思っていた、プレッシャーゆえの逸脱行為が顕れてですね、そうとう嫌だったんでしょうね、その然るべき結果がデータとして赤と緑と青で刻まれているんですけどね、まあ他人に言わせればというか私以外の全世界的には、私の顔が浮腫んでいようとわりとシュッとしていようとどうでもいいことだとは思うんですけどね、そこまで考えてまあいいやってなるんですけどね、まあいいや、と言いながらもなんとなくガッカリと意欲を削がれてしまっている自分のことは無視できませんね。3歳くらいからの「自意識」との戦いの記憶が、ばらばらとリプレイされましたね。
もう落ち着きましたけど(もうパラディソ)、もう二度と、絶対やんないんだから!!!!
っとか言いながらまたやってしまうのかもしれませんが。(くどい)

・・・プロ意識のようなものが私にすこしでもあるならば(プロじゃないけど)、これから「観てちょんまげ~!」とリリースする予定のものについてこうグダグダとネガティブな心中を暴くに及ばないのでしょうが、まあ最初から言ってることだしね・・・
あ、気に障るのは自分のことだけで、東京と富士宮で撮ってくれた映像/景色はとっても綺麗だし、期待以上だし、編集も上手に施して下さっています。
近日中に公開できると思います。
よろしく哀愁。







by agatha2222 | 2017-12-13 20:31 | Project RAHULA | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://agatha2222.exblog.jp/tb/26253145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『よるのひるね』MV 節のモー特訓! >>