カテゴリ:Agalliam( 18 )

【大事なお知らせ】


この度、思う所ありアガリアム合唱団を退団しました。
今後、アガリアム合唱団に関する一切の活動に私は関与しません。

何とぞよろしくお願いいたします。
by agatha2222 | 2016-06-18 23:42 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

ケチャッ三昧

1/23 アガリアム合唱団企画勉強会vol.10『ケチャッ入門』ワークショップ&ライブ、無事終了しました。
参加者の皆さま、そして特別講師(&出演者)の川村亘平斎さん、ありがとうございました。

e0303005_37218.jpg



川村亘平斎さんの指導が鮮やかなほど淀みなく解りやすく、
基本的なケチャッ(インドネシア・バリ島に伝わる集団による声の芸能)の三つのパート練習から、
あれよあれよと進み、最後には皆で円陣を組んで振り?付きで実演。
川村さんのナビゲーションで即興的に変化するダイナミクス、
うねる音の塊りが円陣の中央あたりに見えたり、見失ったり?
とにかくめちゃめちゃ楽しかった!
一体感はんぱない!

e0303005_3103836.jpg



後半のライブでは、川村さんのソロ・パフォーマンスをたっぷりと聴かせて頂きました。
踊りながら色んな楽器を操り歌う、「ひとり」エレクトロから、
夕陽が眼に沁みるような(※あくまでイメージ)ガムラン叩き語りまで、
想像上の楽園、「ワラケ島」での暮らしをテーマにした楽曲達はカラフルでうっとりでした~。

e0303005_3134552.jpg



川村さんの新作ソロ・アルバムは4月、
リーダー・グループである「滞空時間」のサード・アルバムは今年夏に完成予定だそうです。

ちなみにこちらの動画は先日の「滞空時間・男子部&秋田ゴールドマン&AFRA&Dustin Wong」@アムリタ食堂(吉祥寺)、アンコールでの演奏。
ケチャッ&ヒューマン・ビート・ボックスがカッコ良すぎる!!(ライブ行きましたの、ウフッ)




アガリアム合唱団も色んな曲、アレンジに挑戦していこうと改めて思う、エネルギーを頂きました。
がんばりますよ!!
by agatha2222 | 2016-01-31 03:16 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

音の波 光のつぶ

12/12 アガリアム合唱団企画勉強会vol.9 『インド声楽入門』ワークショップ&ライブ、無事終了しました。参加者の皆さま、そして特別講師(&出演者)の寺原太郎さん、ありがとうございました。

e0303005_03576.jpg


iPhoneから流れる(なうい!)タンプーラの音をBGMに、前半のレクチャーではまず北インドの古典音楽について、歴史や構成、世界観などの大まかな説明からはじまり、
実践として全員でインドの音階(タート)の数々を歌ってみました。
インド声楽の真髄ともいえる?ミーンド・ガマック・ムルキィについて教わり、これまた挑戦。

音と音を滑らかにつなぐ、その繊細かつ様々な技法に、
また、今までなんとなくでしか理解していなかった「ラーガ」の定義について、
欧米化に染まることなく発展を続けた豊かなインド文化の一端に触れたような思いでした。


休憩時間にはタンプーラを実際に弾いてみたり。
(上手く弾こう!と思ってやると上手くいかない)

e0303005_23334064.jpg


前半のうちに既に倍音タップリにたゆたうタンプーラの音と寺原さんのお声からにじみ出るインド音楽愛で脳内もすっかりアルファー波で満たされているところで(笑)、後半のライブは寺原さんのバーンスリー演奏に受講者が三台のタンプーラで共演していただきました。
もう座っていられないほどに身も心もトロトロに。
(横になって聴いている人も居ました、私を含め…)
ラーガの魔法、幸福な時間でした。

1時間半という非常に限られた時間でしたが、インド音楽に対して耳と心を開いて頂きました。
もっともっと知りたい!歌ってみたい!
次の機会には是非、今回は触れなかった「ターラ」、インドの超絶リズムの世界についてもレクチャー頂きたいと思います!


(最後まで会場に残っていた参加者の皆さんと記念撮影)
e0303005_05289.jpg



さて、次回のアガリアム企画はこれまたスペシャルです。
テーマはインドネシアの「集団による声の芸能」、「ケチャッ」!
ガムラン集団「滞空時間」のリーダーであり、ソロ活動、イラストレーター・影絵作家としても多彩に活躍されている川村亘平斎さんを特別講師におよびします。
ライブでは新曲もタップリ聴けるとか!!

e0303005_23331266.jpg


今年度、原則として毎月開催してきましたアガリアム合唱団企画勉強会ですが、来年度からは不定期となります。同じ内容のものは二度とないので、気になる方は是非。
ご予約は agalliam@gmail.com まで。


1/23(土) アガリアム合唱団企画勉強会vol.10
『ケチャ入門』ワークショプ&ライブ

場所:砂町文化センター 和室
http://www.kcf.or.jp/sunamachi/facilities_japaneseroom.html
住所: 〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7
TEL 03-3640-1751

時間: 
13:30 開始
16:30 終了

特別講師:川村亘平斎

…ガムラン奏者/影絵作家/イラストレーター
http://taikuhjikang.com/kawamurakoheisai/
http://taikuhjikang.com/

インドネシアの青銅打楽器「ガムラン」を中心とした音楽活動をはじめ、影絵・切り絵のデザインなど多方面に活躍する芸術家。'03年よりインドネシア政府奨学金を得てインドネシア/バリ島に留学。
音楽と影絵を融合し、各方面から絶賛されているソロユニット【滞空時間】を中心に数多くのアーティストとの共演、世界各地でパフォーマンスを行う。2012年TAIKUH JIKANG滞空時間の東南アジアツアー、2015年東南アジアで販売されるYAMAHAバイクのPV音楽を担当。
影絵作家として自主企画【ボクと影絵と音楽】、丸亀影絵通り(香川県丸亀市)、恵比寿映像祭(東京都立写真美術館)、サントリー美術館影絵ワークショップ(六本木アートナイト)、山形ビエンナーレオープニングアクト(山形県山形市)、南相馬影絵(福島県南相馬)、ceroのMVに影絵作品提供ほか多数を制作。その場で影絵人形を実演製作する【似顔絵影絵】、切り絵絵日記【ひざくりげ】等イラストレーターとしても注目を集めている。

日本各地に赴きワークショップや作品制作を通して、そこに住む人達と共にその土地に残っている伝承を使った影絵の物語を作る事や、夏祭り復興の為、子ども達にガムラン演奏を教えてみんなで演奏する活動、日本の民謡をアジアの楽器を使ってリメイクして行く事など、現代日本と伝統的な感性をつなぐツールになる新たな「芸能」のカタチを発信し続けている。


料金:
予約 3,500円
当日 4,000円
*ペア割有 おひとりにつき200円引き
定員20名

予約先: agalliam@gmail.com

Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/events/1523906717925593/

e0303005_0424130.jpg

by agatha2222 | 2015-12-15 23:25 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

インドづいてる師走2015

12/8
今日は「インドづいてる」一日でした。
まず、みんな大好き「マサラワーラー」のタケダワーラーこと、武田尋善さんの個展「インドのてん」@下北沢deep dan へ。

e0303005_2053098.jpg


繊細緻密かつ豪快なボールペン画や版画の数々、どれも楽しくて元気をくれる!!
美しさの、絵の向こう側から神様とか愛とか、ふだんイジけてると(ワタシこう見えて何かとイジけやすいもので)見えないものが立ち上ってくるような、武田さんのハイエナジーと相まってとても幸せな空間でした。

e0303005_20523084.jpg

↑ 勝手に名付けて、
左が「レ~ェェェェ~ェ~ェ~ィン、アドン マーァイン」(Rain, i don't mind)、
右が「so, I lit a fire, isn't it good Nowergian wood?」
(カンタータ・ビートリッシュにかこつけて)


カレンダーとポストカード、そしてマサラワーラー&「まちかど倶楽部」(井生明・春奈夫妻)の共著「南インドカルチャー見聞録」を買って、すっかり元気になってギャラリーを後に。
武田さん、ありがとう!

e0303005_20544816.jpg



その後、小池博史ブリッジプロジェクトによる南アジア広域を巻きこんだ壮大企画の一幕「幻祭前夜-マハーバーラタより」@吉祥寺シアターへ。

先日は同じく古代インドの叙事詩「マハーバーラタ」を題材にしたピーター・ブルックの「Battlefield」を観たところだったので、小池博史さんの切り取り方、魅せ方を比べてみるのも面白かった。
限られた数のパフォーマーがそれぞれ複数の役を演じ分けていたのですが、まさに身体言語の豊かさに震えた。
そして皆さん、とてもチャーミング!
バリの作家さんによる色々な「仮面」、衣装も煌びやかでこれまた楽しく観させてもらいました。

e0303005_20562185.jpg


で、deep danでも吉祥寺でも今日はご無沙汰している色んな方と居あわせたり、ばったり遭遇したりという日でもありました。嬉しいな~

というわけで、個人的には日曜日の「トゥバ」ナイト(別途ご報告します)から南西へ下ってインドづいた火曜日でしたが、土曜日はいよいよ「インド声楽入門」ワークショップ&ライブ(アガリアム合唱団企画勉強会vol.9)ですよ!!!!

特別講師&出演は、バーンスリー奏者・寺原太郎さんです。楽しみ。。。。
奮ってご参加ください。ご予約受付中です!
http://agalliam.jimdo.com/schedule/



『インド古典声楽入門 』ワークショップ&ライブ
日程: 2015年12月12日(土)

時間: 
13:30 開始
16:30 終了

場所:
砂町文化センター 和室
http://www.kcf.or.jp/sunamachi/facilities_japaneseroom.html

住所:
〒136-0073 東京都江東区北砂5-1-7
TEL 03-3640-1751

料金:
予約 3,500円
当日 4,000円
*ペア割有 おひとりにつき200円引き
定員25名

予約:
agalliam@gmail.com

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/910295685724372/

特別講師/出演:寺原太郎
http://srgmtaro.jimdo.com/

バーンスリー奏者。
インド音楽の魅力にとりつかれ、インドの笛の魔力に魂を奪われて早四半世紀。ラーガとターラの織りなす深遠なインド音楽の世界の追及にその生涯を捧げる一方、他の楽器やジャンルとのコラボレーション、異種格闘技戦にも積極的に参加。インドやオーストラリア、エクアドル等海外公演も多く、映画「手塚治虫のブッダ」「るろうに剣心」、猿之助スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」等で挿入曲を担当。
by agatha2222 | 2015-12-10 20:59 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

多様性の極致(からのトゥバ民謡)

チャーリー高橋企画・松島理恵子個展クロージングライブ・徳久ウィリアム一門会@江古田フライングティーポッド、無事終演しました。
ご来場頂きましたみなさま、フラティーの目黒さん、松島理恵子さん、そしてウィリアムさんはじめ共演者の皆さまありがとうございました。

e0303005_1112624.jpg

photo by 前田康之さん

チャーリー・ウィリアムス、Tokyo Voiz Choir、そして我々アガリアム合唱団、それぞれのユニットに、それぞれのメンバーに確かな進化を感じたライブでした。
「声の表現」に特化して、ここまで色々できるのか?
(アガリアム合唱団のレパートリーだけを見てもかなり多様というか多民族的だと思う)

ワールドワイドに、トライバルに、ハードコアに、アバンギャルドに、ファニー&エンターテイニングに、ポリフォニックに、ゲット・ワイルドに(だんだん適当になってきましたわたしルー大柴)魅せる・聴かせるウィリアムさんの多様性の極みをみたようなイベントでした。

そして、前座枠の方々(ウィリアムさんの個人レッスンを受けている方の出演もありました)も含めて、出てくる人カルグラ・ホーメイ、特にカルグラの上手いひとばかり…
カルグラ出来ない人(私とか)の方が少ないような…
すこし悔しかったので帰宅後コソ錬(5分)してみたらすこーしカルグラっぽいものが出た!
やっぱり物事の習得にはなにより「模範」を記憶することかと…(と話が逸れ)

ナチュラルボーン・カルグラびと、中村隼人さんを新メンバーに加えたアガリアム合唱団も、ほぼ自己ベストなパフォーマンスができたんじゃないかと思います。
よく頑張った。私も頑張った。

チャーリーさん企画の「徳久ウィリアム一門会」も今年が三年目、
思えば二年前の第一回目ライブにて私ははじめてチャーリーさんの曲を歌わせてもらったのでした。
そして昨年が、「アガリアム合唱団」と名付けてから初めてのライブ、デビュー戦
こうやって節目をみていくと、「こんなふうにやれたらいいな、きっとやれるはず」とイメージしたことが実現できているんだと気付く。
まったくもってお陰さまです。
来年は「アガリアム合唱団」、どうなっているかな?
武者震いです。
ウィリアムさんのブログでもレポートがアップされています。



さあ、そして!!!!
いよいよ来週は自主企画、初めての試みです。

昨日のライブでもソロで数曲演奏した、トゥバ(ホーメイのふるさと、ユーラシア大陸の中央に位置するロシア連邦トゥバ共和国)の民謡ばかりを色んなアレンジでお送りするライブです。

12/6 「みょうなトゥバみんようの会」
-Progressive Tuvan Folklore Night-

https://www.facebook.com/events/448200602032954/

共演はホーメイ・イギル(トゥバの擦弦楽器)演奏家、鎌田英嗣さんです。
今日もみっちりリハをやりました。(今わたしデガラシ)

こちらもなかなかに多様性に富んでいて、面白いのではないかと思います。
時に大胆な解釈やリズムアレンジを加えつつも原曲の持つ歌詞の世界を大事に、今年の夏から少しずつ編曲してきました。

どうか聴きにきて頂きたいです。
ご予約お待ちしております!!
(agathabeatle@gmail.comまで)

で、当日お配りするプログラム用に、、とせっせと挿絵を描きました。
(カッコ内はトゥバ民謡の曲名)

「カルダック・ハマル」
e0303005_0331492.jpg


「ランチュー・ボーム」
e0303005_0335558.jpg


「エキ・アッタル」
e0303005_0341996.jpg


「ウスケス・ボドゥム」
e0303005_0344470.jpg


「ダングナ」
e0303005_0353762.jpg


「チラホール」
e0303005_0355471.jpg

by agatha2222 | 2015-11-30 00:36 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

三年目の「一門会」

自分の金髪頭も見慣れてきた今日この頃、地毛の黒いのがでてきてヤンキー感が増してきましたがこれはこれで似合っているのかも。
先日このような写真(「先日助けていただいた玉子のスシです」)がトゥイットゥーで流れてきて人ごとではないと思った次第。
さあこれからどうするか…

e0303005_1493332.jpg



それはさておき、土曜日はこちら!

11/28 『徳久ウィリアム一門会』松島理恵子個展クロージングライブ
@江古田フライングティーポッド

https://www.facebook.com/events/843691335728985/

長崎在住の色鉛筆画家、松島理恵子さんの個展期中に開かれるチャーリー高橋企画で「徳久ウィリアム一門会」と銘打ったライブも今年で三年目です。

メインアクトは「チャーリー・ウィリアムス」with 渡邉達弘(パーカッション・鍵ハモ等)、
私は、最近新しく「ナカムラさんというカルグラ怪人」(徳久ウィリアム・談)が加入して重厚感が増した「アガリアム合唱団」で出演します。
あと、ソロでも数曲、新曲を演奏する予定です。

↓の写真は、二年前の「徳久ウィリアム一門会」(あがさ作)フライヤと、今年の「徳久ウィリアム一門会」(アイケイイチ&あがさ共作)です。

e0303005_1534140.jpg


(これは二年前のね↓)
e0303005_1532271.jpg



毎年、満杯・酸欠になっちゃうイベントなので今年は定員・予約料金を設定しました。
一同お待ちしております!!!
by agatha2222 | 2015-11-27 01:54 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

平安ニューウェーブ!

一週間が経ちましたが、
11/14 アガリアム合唱団企画勉強会vol.8 『平安の歌謡入門~声明と白拍子』ワークショップ&ライブ、無事終了しました。
参加者の皆さま、そして特別講師(&出演者)の桜井真樹子さん、心からありがとうございました。

e0303005_0443479.jpg



前半のワークショップでは、まず「声明」(密教儀式にて唱えられる声楽曲)がいかに平安時代の政治と関わりを持ち、その後のすったもんだ?から「白拍子」(歌・舞いの女性パフォーマーおよびそのパフォーマンス)が、時代の流れに沿って「今様」(流行歌、いわゆるニューウェーブみたいな?)が生まれたかをレクチャーいただき、
さらに声明(と白拍子)の「譜面」の読み方、詠み方を実践をまじえつつ教わり、最後は一節続けてみんなでLet's声明!

桜井さんの「(声明は)筆を使って書を書く文化圏の歌い方」という説明が印象的でした。
なるほど、書道のように精神を筆運び(もしくは声)に集中してとりくむ声明には、自律神経を整える効果が、きっと、あるなぁと実感。。

桜井さんの解説はとても解りやすく、さりげなくも鋭い(笑)ユーモアがあり、歴史に非常に暗い私にも平安時代の音楽シーンを身近に感じることができました。
ああ、知らないことが山ほどあるナァ!!!もっと知りたい!!と思った次第です。

e0303005_0441648.jpg



そして後半のライブでは、前半のワークショップで習った声明と白拍子の曲も交えて、歌と舞(&龍笛も)を魅せてくださいました。

所謂完全ソロ、無伴奏、派手な動きがあるわけではない「白拍子」で実に70分、観客をぐっと惹きつけてしまう桜井さんは、もう圧巻、、としか言いあらわせません。。
異世界に入り込んでたゆたっているような時間でした。

e0303005_047567.jpg


桜井さんは声明・白拍子のレッスンもされています。
ご興味のある方は、ぜひ。
(桜井真樹子さんのHP)
http://zipangu.com/sakurai/


さて、次回のアガリアム合唱団企画勉強会は、
12/12『インド声楽入門』ワークショップ&ライブです。
定員半分ほど埋まってきています。ご予約はどうぞ、お早めに。

https://www.facebook.com/events/910295685724372/
http://agalliam.jimdo.com/schedule/

特別講師(&出演)には、日本におけるインド古典音楽演奏家の第一人者、バーンスリー奏者の寺原太郎さんをお迎えします。

寺原さんに頂いたコメントを抜粋すると、、

「…古代インドのヴェーダの詠唱が密教とともに中国を経て日本に伝えられ発展したものが11月のテーマ「声明」であるなら、そのまま本国インドで複雑緻密に発展してきたのが今回のテーマ、インド古典音楽の旋律体系であるラーガの世界。…」
と、あります。

当初は意識していなかったのですが、なんだか連続企画のようです。

ちなみに、先月10月のアガリアム企画勉強会は、桜井真樹子さんの甥っ子さんである櫻井元希さんとサリクス・カンマーコアによる、『西洋クラシック合唱入門』で、(今回の企画のため特別に)中世から現代まで通史的プログラムを、それも西洋(キリスト教)の宗教歌ばかりの選曲で、披露していただいたのでした。

「祈り」の音楽、または声、が続いているなぁ、と、私自身、おおいに感化・触発されながら思うのでした。

来月も楽しみです!!!!サレガマ!!!!

e0303005_0474496.jpg

by agatha2222 | 2015-11-21 23:50 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

11/14 『平安の歌謡入門~声明と白拍子』ワークショップ&ライブ

毎回、さまざまな世界の「声」に関するスペシャリストを特別講師(&出演者)として招きしてきたアガリアム合唱団が企画する勉強会、
明日(というかもう今日、、)11/14も、とてもとても貴重な機会…
日本の「歌唱」または「芸能」の源流に触れる(感電しそう??)チャンス…
(ワタシが主催側でなかったとしたら何を差し置いてもこの機会は逃さないと思う、、)
お勧めなのです。

そして今回の特別講師(&出演者)である「桜井真樹子」さん、
私もチャーリー高橋さんやウィリアムさんから「桜井真樹子さんは凄い、あんな方は他には居ない、絶対会ったほうがいい」とずっと前からお話を伺っており、その活動・研究内容(範囲が、深さが、、)が凄すぎて話にきいたとて全く想像が及ばず、私の中で長い間「伝説の人」であったのですが、、、
数ヶ月前にやっとお会いできたのでした。

なんというか、、スピリット的にも(私の個人的な)憧れが強く、どういう言葉を使って紹介すれば良いか悩ましく、ちゃんと告知・紹介するのが遅くなってしまいました。。。

こちらは「チャーリー・ウィリアムス」による、桜井真樹子さんの紹介動画↓



というわけで、桜井真樹子さんのプロフィールを再掲します。↓
.....

桜井真樹子

作曲家
ヴォーカリスト(天台声明)
パフォーマー(白拍子)

...天台宗大原流声明を中山玄晋に師事。龍笛を芝祐靖に師事。ナバホ、ホピ、タオス・プエブロのネイティブ・アメリカンの音楽をフィールド・ワークする。イスラエルのイエメン系ユダヤ人の歌謡「ディワン」をギーラ・ベシャリに師事。
平安時代の女性歌謡と舞踊の復曲と創作活動、「水猿曲(みずのえんきょく)」「蓬莱山」「しずやしず」「鬢多々良」「丹生の翁」などを発表。
原作・脚本の活動、創作能「かぐや姫」(2006)、「マンハッタン翁」(2007~2015)「水軍女王」(2009,2013)、「刀塚」(2010)、「岸辺の大臣」(2014)。こけし浄瑠璃「はなこのおむこさん」(2011、2013)などを発表。
http://zipangu.com/sakurai/

.....
桜井さんのパフォーマンス動画
「水猿曲(みずのえんきょく)」



11/14(土) 18:30~
『平安の歌謡入門 ~声明と白拍子』ワークショップ&ライブ

https://www.facebook.com/events/1664482620498151/

まだじゃっかんお席残っています。
ご予約はagalliam@gmail.comまで。

e0303005_3184833.jpg

by agatha2222 | 2015-11-14 00:15 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

天上のおんがく

10/10、アガリアム合唱団企画勉強会vol.7
『西洋クラシック合唱入門~歴史と実践』ワークショップ&ライブ、無事終了いたしました。

ご来場頂きました皆様、特別講師を引き受けて下さった櫻井元希さん、そして出演のサリクス・カンマーコアの皆さん、本当にありがとうございました。

e0303005_126037.jpg

https://www.facebook.com/events/740686232725525/

私自身、とても楽しみに待ち望んでいた今企画でしたが、その期待をはるかに上回る充実のプログラム、グレゴリオ聖歌から時代を下って近現代の変態的作曲家による作品に至るまで名曲中の名曲揃いの選曲。

櫻井さんの音楽に対する信念の深さ、広大な見識が垣間見えるトーク(さりげない笑いのセンスも)、「実践編=ワークショップ」でサリクスの皆さんと共に歌うカノンやフォーブルドンは選曲も絶妙でした。

そしてなんといってもサリクス・カンマーコアの合唱、、
放心モノのハーモニーの美しさ、ベルカント唱法での合唱ならではの繊細な質感、もうずっと聴いていたかった。。。
わたしはしばらくこの世界を追っかけそうです。

サリクス・カンマーコアの演奏会は来年五月だそうですが、メンバーの皆さんはそれぞれ他のグループでも活動されています。
次のコンサート、早く行きたい!
教会や、聖堂の中でも聴いてみたい!!!

余談ですが、今日さっそく、今回のプログラムにあった曲をYoutubeで聴いていたのですが、、、、
ライブで聴くのとはラクトアイスとグロム(新宿マルイ一階に入ってる)のジェラード三種類のせビスケットつきくらいに違う!、とかいったら例えが安っぽすぎる!!

どんなパフォーマンスもそうだとは思いますが、やっぱり生で聴かないとわからないモノだと感じました。
涙がじわり、です。

ちなみにサリクスの皆さんは、あの美しい歌声・ハーモニーからは想像しえない濃いーーーキャラの持ち主の集まりでした(笑)
お話ももっとききたい!!

サリクス・カンマーコアのウェブサイトはこちら
http://salicuskammerchor.wix.com/main


そして、次回のアガリアム合唱団企画勉強会には「声明と白拍子」の歌手/パフォーマーであり作家・作曲家、唯一無二の存在・櫻井真樹子さんをを特別講師にお迎えします!

(櫻井真樹子さんは、櫻井元希さんの伯母さまであります!)

11/14(土) 18:30~21:30
『平安の歌謡入門 ~声明と白拍子』ワークショップ&ライブ
https://www.facebook.com/events/1664482620498151/" target="_blank">https://www.facebook.com/events/1664482620498151/

こちら、すでにお席が埋まってきています。
今回も希少な企画、気になっている方はどうぞご予約はお早めに!!
agalliam@gmail.com まで
by agatha2222 | 2015-10-13 01:26 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

10/10 『西洋クラシック合唱入門~歴史と実践』ワークショップ&ライブ

アガリアム合唱団企画、10月は
『西洋クラシック合唱入門~歴史と実践』ワークショップ&ライブ です。

10月10日(土)で予定しておりますが、
諸事情により場所と時間(昼→夜)が変更になりました。

チェックして居て頂いた方、再度ご確認をお願いいたします!
(詳細は下記に)

昼なら行ける、、と予定してくださっていた方、本当に申し訳ありません。。
そして、夜なら行ける!という方、どうぞこの機会にご参加ください!

今回ご出演いただく、サリクス・カンマーコアの皆さん、そしてサリクス・カンマーコアの主宰・指揮者であり、今企画の特別講師を務めてくださる櫻井元希さんには、西洋クラシック音楽、それも「合唱」音楽の、中世から現代にいたるまでの歴史に沿って、それぞれの時代の楽曲を解説を挟みながら歌っていただきます。

通常、ひとつの合唱グループが異なる時代の作品をあれこれレパートリーにすることは無いそうですが、今回はこの「欲張りな」主旨に基づいて(笑)、特別にお願いしました。

というわけで、「サリクス・カンマーコア」ファンの皆様にも、レアな機会となっております。
「クラシック音楽は敷居が高くて、、何から聴いていいか解らないし、、」という方にとっても、幅広い時代の作品を網羅した解説付きの今企画は「西洋クラシック合唱」の扉を開けるにうってつけの企画かと思います。
私自身、めちゃくちゃ楽しみです!!!

さらに後半は、初心者でも「合唱の楽しさ」を体感できるようなワークショップを予定しています。
どうぞ奮ってご参加くださいませ!

ご予約は agalliam@gmail.com まで

***********************************
10/10(土) アガリアム合唱団企画勉強会vol.7
『西洋クラシック合唱入門 ~歴史と実践』
ワークショップ&ライブ


場所:東山社会教育館 レクリエーションホール(東山地区センター2階)
住所:目黒区東山三丁目24番2号(東山地区センター2階) 
アクセス:東急田園都市線 池尻大橋駅下車、東口から徒歩7分
電話:03-3791-4611
https://yoyaku.city.meguro.tokyo.jp/syukai/0110/010/index.html

時間:
18:00 開場/開演
20:30 終了予定


特別講師: 櫻井元希

...歌手・指揮者・合唱指揮者

広島大学教育学部第四類音楽文化系コース、東京芸術大学音楽学部声楽科を卒業後、同大学院古楽科をバロック声楽で修了。声楽を枝川一也、寺谷千枝子、野々下由香里に師事。指揮を今村能、合唱指揮をアレクサンダー・ナジ、古楽演奏を花井哲郎に師事。これまでに、ヘンデル「メサイア」、バッハ「ロ短調ミサ」「マタイ受難曲」、モーツァルト「レクイエム」などのソリストを務める。
Salicus Kammerchor主宰。東京芸術大学バッハカンタータクラブ2013-2015年度演奏委員長。Vocal Quartet Laulaula、The Cygnus Vocal Octet、ヴォーカル・アンサンブル カペラ、古楽アンサンブル コントラポント等に所属。
e0303005_411530.jpg


出演:サリクス・カンマーコア

http://salicuskammerchor.wix.com/main
https://www.facebook.com/salicus.kammerchor?fref=ts

ソプラノ: 鏑木綾  金成佳枝
アルト: 眞弓創一  輿石まりあ
テノール: 沼田臣矢  佐藤拓
バス: 小池優介  櫻井元希


料金:

予約 4,500円
当日 5,000円

*ペア割有 おひとりにつき200円引き
*アガリアム合唱団団員割引有


予約:
agalliam@gmail.com

☆Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/events/740686232725525/
by agatha2222 | 2015-09-30 03:56 | Agalliam | Trackback | Comments(0)