カテゴリ:Ondo( 18 )

2019年音頭初め

1/18、1/19は江州音頭のライブ二連ちゃん!
「モノガタリ宇宙の会」一同、2019年のスタートダッシュをキめました。

e0303005_17515176.jpg



まず1/18は、チャーリー高橋企画「はじめて会ったのはたぶん小金井のアートランドで…」@門前仲町Chaabee、2525稼業&チャーリー高橋さんと、中西レモン社中(江州音頭モノガタリ宇宙の会)のタイバンライブでした。
踊って下さった方、聴いて下さった方、みなみなさま、ありがとうございました!

e0303005_18095823.jpg



お決まりの、実写vsフライヤー比較。
似てる?
e0303005_18585288.jpg



まず、「2525稼業」(=平山亜佐子さん・中央&廣川沙羅さん・左)とチャーリー高橋さんによる演奏。
戦前のジャズ歌謡や添田亜蝉坊のバイオリン演歌、さらにチャーリーさんの曲など。
なかなか生演奏で聴けることのないセットリストで興味深く拝聴しました。

e0303005_18025739.jpeg



そして中西レモン社中(モノガタリ宇宙の会)は、踊りとお囃子のレクチャーから。
レモンさんの髪型が、なんか見たことないかんじになっています。
(ジェルとワックスを間違えて買ってしまった結果だそうです。)

e0303005_18014131.jpeg



イレイザーヘッド?

e0303005_19135002.jpeg



今席、宇宙軒梅☆ぼし(立石さん)は自筆の新作「尻尽くし」(わたくし大ウケ)を初披露、レモンさんは枕(冒頭部分)に聴いたことない浪曲をぶっこんでくるし、私も新しいネタ「神崎与五郎東下り」の抜き読み(初代桜川唯丸師匠のCDからのコピー)に挑戦したり、東京の江州音頭チーム「モノガタリ宇宙の会」は寒空の下でも何かに向かって突っ走っております!

e0303005_17531252.jpeg



ハート♡をひっくり返したら…?

e0303005_19152507.jpeg


この日のお客さま/踊り子さまは、江州音頭を踊るのは初めて!という方が殆どだったのですが、皆さま最後の方ではばっちり踊りこなされていて、音頭取りの方もノってくるというものです!

最後はレモンさんの十八番「どだればち(津軽甚句)」に「常盤炭坑節」、「野球拳」を踊ってフィナーレ。

e0303005_17531894.jpg
(photo by 成田さん)





翌日1/19は、銀座のギャラリーバーカジマにて「モノガタリ宇宙の会の江州音頭ライブ」。
「今年のオブジェ&平面展」開催中とあり、壁一杯のさまざまな作品たちと満杯のお客様に見守られつつ、それぞれ精一杯に音頭をとらせて頂きました。
楽しかった~!

e0303005_17515176.jpg


前日@Chaabeeとは趣向を変えて、前半は三人で「乃木将軍」唄い継ぎを。
衣装もバラエティ豊かに…って、あの、わたし、「乃木将軍」にちなんで軍人っぽい格好にしたんですよ。
ウン年ぶりに履いたロングブーツのふくらはぎのところがパッツパツで、血ぃ止まるか思いました。

で、それじゃ頭部が寂しいので、ブルガリアの民族衣装を着ている佐藤みゆきさんに、(10月のタッパンに続いてまたも旦那さまの…)ブルガリアンダンスで着用する男性用帽子をお借りしました。
たけのこの里みたいになってるね。

e0303005_18350562.jpg
(photo by ねこさん)



あと、わたし頭がとっても大きいもんで、お借りした帽子がパッツパツで音頭取ってる最中に脱げてくる…、まあ、これもご愛嬌で。

e0303005_18351632.jpg
(photo by ねこさん)



今にも踊りだしそう(江州音頭じゃないやつを)でしょ?↓
みゆきさんとの音頭デュオに今回は新たに「やんれ節」を追加してみました。
レコーディングもまたやります!デュオライブもやります!こちらもよろぴく。)

e0303005_19354600.jpeg



今企画は、ギャラリーバーカジマで長年作品を展示されてきた立石さん(宇宙軒梅☆ぼし)がオーガナイズしてくれたのでした。
こちらは立石さんの作品。

e0303005_18154692.jpg



ギャラリーバーカジマはビルの取り壊しのため、2/23を持って閉店してしまうのだそうです。
こんな素敵なお店にせっかく出会えたというのに、、残念ですが、「今年のオブジェ&平面展」は1/26まで開催中とのことですので、気になる方はどうぞお早めに訪れてみてください!

e0303005_19543684.jpg



ライブ後には美味しいお鍋を頂いてお腹いっぱいのしあわせ。
「そら庵」でライブやってた頃によく聴きに来て下さっていた、ジョーさんとの久々の再会を喜びつつ。
大阪出身で江州音頭が懐かしい!というジョーさんと各国のフォークロアや音頭・漫才の濃いお話などを肴に打ち上げ。

e0303005_18092318.jpg


というわけで、本年も踊って下さる、聴いて下さる皆さまとともに楽しみつつ音頭の勉強に励んでゆく所存ですので、ただヨーイヨイのお引き立てのほど、よろしくお願い申し奉るのであります!


そんなモノガタリ宇宙の会では、毎月、初級練習会を行っています。(以下、ご案内)
江州音頭に声を出しながら、主催者・参加者共に音頭へと親しんでゆく練習会です。
音頭に関するテキストの輪読や、教材としている音源をもとに発声を繰り返す練習を行っております。
どうぞ気兼ねなくご参加ください。↓↓


モノガタリ宇宙の会【江州音頭練習会 初級】

日時 1/29(火)19:00〜21:00(18:30 開場)
料金 1,000円+1ドリンク   
…音源・資料を希望者に実費にて頒布いたします
会場 古書カフェくしゃまんべ(王子)   
住所 東京都北区豊島1-7-6   

主催 初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会
予約・問合せ gohsyuondotokyo@gmail.com (中西)

e0303005_19423483.jpg




by agatha2222 | 2019-01-21 19:16 | Ondo | Trackback | Comments(0)

『江州音頭 淀の川瀬』

はい!
というわけで、先日の佐藤みゆきさんの録音、仕上げました!
ポリフォニー江州音頭、聴いておくんなまし!!!


『江州音頭 淀の川瀬 feat. 佐藤みゆき』



Goshu-Ondo "Yodo no Kawase" feat. Miyuki Sato
music & lyrics : Japanese traditional
(Goshu-ondo Shodai Sakuragawa Tadamaru-bushi)

Miyuki Sato : Vocal & backing vocals
Agatha : Backing vocals, reed organ & percussions



これは我々「モノガタリ宇宙の会」が(通信教育で)師事しております初代桜川唯丸師匠より頂いた、いわば練習曲です。(もちろん普通はハモりませんが)
毎月、古書カフェくしゃまんべにて開催しております【江州音頭練習会 初級】でも師匠の口演音源をたよりに練習しています。(座学もあるよ)



あ、ちなみにジャケ画(仮)にあります "ONDOYASA!" というのは、特にバンド名というわけでも、プロジェクト名というわけでも、今のところ無いんですけど、単に云ってみたかったんです!どやさ!

e0303005_18220736.jpg


あと他にも音頭関連で録りたいネタが何曲かあるので、まとまったらCD-Rにでもしようと思ってます。
ステイチューンド!



by agatha2222 | 2018-12-27 09:53 | Ondo | Trackback | Comments(0)

おんどやさ!

12/24
メリークリスマス!
(しつこい?ってかもうボクシング・デーだね)

e0303005_03344970.jpg


昨日は佐藤みゆきさん(バルカン民謡etc.)が拙宅にいらして諸々リハとレコーディングを。
江州音頭で1トラック、ヴォーカル(音頭、と書いてヴォーカル、とルビ)録り。
仕上がりどーぞお楽しみに!

そして夜はひとりでそのテイク選び&編集作業などを。
コンデンサーマイクで録音したものをワンフレーズごとじっくり聴き比べて、改めて、みゆきさんの節回し・音色の使い分けの細やかさ・複雑さ・心地よさにたまげつつ、、
普段は辛い(自分の唄だと)この作業が殆どフェティシズムの世界というか気持ち良かった!
次は自分のパート録音、ワシもがんばる!

e0303005_03341665.jpeg


今後、音頭や音頭以外でもいろいろ面白いこと一緒にできそうで、わくわく楽しい会合でした。
これで来年も気をたしかに生きてゆけます!



で!
我々ふたりも歌います江州音頭のライブ、1月は1/18と1/19と2連ちゃんなのです!
ひとつずつご紹介します。(以下宣伝)



①1/18は門前仲町Chaabeeにてチャーリー高橋企画!
タイトルの「はじめて会ったのは」云々は、レモンさんとの出会いを回顧するチャーリーさんの談。
そんなノスタルジーを醸しつつ?、戦前のジャズ歌謡など懐かしい日本の唄をガットギター&鍵盤ハーモニカの洒落たアレンジで演奏する「2525稼業」さんとのタイバンです。

我々は江州音頭の歌い継ぎにて、Chaabeeを盆ダンス・フロアに変えちゃうYO!
たっぷり踊るも、まったり聴くのもあなたの自由!
踊りレクチャーもやりますので初めてでもだいじょうぶい!

(ちなみにチラシの画、いつもサングラスをかけてるレモンさん画でしたが今回は外してみましたら、初期ビートルズみたいな髪型もオールバックにしてみたら、今くるよみたいやなと指摘されました。灯台もと暗し…!くるよ、どやさ、DOYASA!…潜在意識…)

e0303005_21070092.jpg



『はじめて会ったのはたぶん小金井のアートランドで…』

日程:2019年1月18日(金)
時間:開場 18時半  開演 19時半
場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11

料金:2,500円+ワンドリンク

出演:
*2525稼業
平山亜佐子(vo/鍵盤ハーモニカ)
川沙羅(vo/鍵盤ハーモニカ)
チャーリー高橋(gt/vo)
...ガットギターと鍵盤ハーモニカでアレンジした戦前のジャズ歌謡を中心に演奏します。

*中西レモン社中(モノガタリ宇宙の会)
中西レモン
宇宙軒梅☆ぼし(立石有美)
宇宙軒MYOJO(北野留美)
佐藤みゆき
あがさ
...今もなお歌い継がれる滋賀県発祥の盆踊り唄、江州音頭は初代桜川唯丸節を唸ります。

Facebook イベントページ:





②1/19は銀座のギャラリーバー・カジマにて、展示中のアートに囲まれつつ「江州音頭」をじっくり紹介する会です。
歌い継ぎに加えて、私は佐藤みゆきさんとのデュオで一曲、無国籍風味なのもやりますYO!
バーカジマはマサラチキンやもりもりサラダにカルパッチョ、おつまみ・お食事メニューも充実しております!
遊びに来てね来てねー!!

e0303005_03273288.jpg


『モノガタリ宇宙の会 江州音頭ライブ』

日程:2019年1月19日(土)
時間:開演 19時
場所:ギャラリーバー カジマ
住所:東京都中央区銀座7-2-20 山城ビル2階
電話:03-3574-8720

出演:
江州音頭 モノガタリ宇宙の会
…中西レモン、宇宙軒梅☆ぼし(立石有美)宇宙軒MYOJO(北野留美)、佐藤みゆき、あがさ

料金:500円+ドリンクオーダー(演者への投げ銭をお願いいたします)


(宣伝終わり)





12/25
昨晩は古書カフェくしゃまんべにて、今年最後の『モノガタリ宇宙の会 江州音頭練習会初級』でした。
今年もご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
来年も、楽しみつつ、皆さまとともに学んでいけたらと思います。
(来月の『モノガタリ宇宙の会 江州音頭練習会初級』開催は1/29です。)


…練習会の後には、もちつ機の作動確認のため、佐渡で農業をしているイトウくん(東京農大出身の若者)が作ったもち米で餅の製造、ご相伴にあずかりました。
つきたてを、砂糖醤油と大根おろし(佐渡の無農薬大根使用)につけていただきます…
(ちなみに1/25には同会場でイトウナイト(仮)という催しが開かれるそうです。)

e0303005_15270502.jpeg


もち…おそろしい子!
いくつでもいけてまう!!

e0303005_15280017.jpeg


先生のみならず大根も走る師走よ。

e0303005_21152055.jpeg


というわけで、来年もよろしくお願いいたします!



by agatha2222 | 2018-12-26 15:40 | Ondo | Trackback | Comments(0)

モノガタリ宇宙の会の音頭会

e0303005_20023532.jpg


11/10
「モノガタリ宇宙の会の音頭会」@門前仲町Chaabee、踊りの熱気に包まれて終了しました。
ご来場の皆さま、応援くださった皆さま、Chaabeeの藤田さんご夫妻、そしてはるばる大阪から駆け付けてくださった辺高正師匠、ありがとうございました!
来年もまたこのような機会を設けたいと計画中ですので、踊って下さる皆さま、聴いて下さる皆さまのお力添えを、何卒よろしくお願い申し上げます。


辺高正師匠の式座より、音頭会のはじまりはじまり。
「食うて寝て起きて、また食べて、同じことして死んでいく~(唯丸節)」

e0303005_20030203.jpg


初級講座参加者の皆さまの成果発表も。
(次回の初級講座は11/19@古書カフェくしゃまんべ、ですよー。)
写真は、何かとお世話になっております「菜の花楽団」や「滞空時間」でもお馴染みの、さとうじゅんこさん。

e0303005_15215273.jpg




ほいで、佐藤みゆきさんと私の二人で、ポリフォニー江州音頭。
「淀の川瀬」から「花尽くし」。
高正師匠がうしろで錫杖きってくれているのが嬉しいです!

e0303005_20131472.jpg



休憩挟んで、踊りのレクチャーです。
音頭取りになる前から、もとはばりばりの踊り子だったという高正師匠による特別編!
高正師匠のトレードマークに合せてレモンさんの着物(直筆の大津絵入り)も半分、うこん色。
いや、泣くウサイン・ボルトも黙る黄金色!
(今回は中西レモン衣装アーカイブ用の写真を撮るのを忘れてしまいました。ごめん。)

e0303005_20033662.jpg




提灯は、7月の大盆踊り会で献灯後に頂いたものです。

e0303005_20133683.jpg



そして踊りレクチャーからそのまま、江州音頭の歌い継ぎにて30分以上ノンストップで踊る踊る!
宇宙軒梅☆ぼし(立石さん)の「関取千両幟」から、私、みゆきさん、宇宙軒MYOJO(北野さん a.k.a.オバケダイガク)がそれぞれ「乃木将軍」を分け合って。
私は今回、枕(冒頭)で歌亀節に挑戦さしてもらいましたが、まあ、まだまだ。(河内音頭の「ヨホホーイホイ」ってのやってみたかったの!)
ありがたくも踊りの輪から、ユニゾンで歌声と激しい(笑)お囃子が返ってくるので、こちらも負けてはいられないといつも以上にイキがってしまいました!




小休憩を挟み、次はレモンさんの一席で「難波戦記」など。
(動画は、アンコの「油絞り」と「ケーケー尽くし」。)
踊り子の皆さまの熱気のせいか、外の雨のせいか、太鼓(エジプトのドフ)の皮がもうベッコベコに緩んで…心は半泣きでめいいっぱい叩いておりましたが、、
録音を聴いたらブインブインとタンタンっぽくも聴こえて面白いかも。





そしていよいよ、高正師匠の座敷音頭は「天野屋利兵衛門」。
脳裏に焼き付けんと座してじっと聴き入ります。





オーラスはみんな揃って「悪魔よけ」。

e0303005_20135603.jpg
(photo by にゃんとこ




終演後、Chaabeeの出演者用サイン帳に署名と落書き。

e0303005_20154650.jpeg



モノガタリ宇宙の会と、辺高正師匠で記念撮影。
左から、わたし、中西レモン、高正師匠(にいさん)、宇宙件MYOJO(北野さん)、宇宙軒梅☆ぼし、佐藤みゆき。(敬称略)

e0303005_20142137.jpg



翌朝も、高正師匠が帰途に着くまで真剣な面持ち音頭談義。
沢山のお土産を胸に、これからも精進すっぺ!という次第であります。
どうぞ今後とも「モノガタリ宇宙の会」をよろしくお願いいたします!

e0303005_10124245.jpeg


最後におまけのツーショット☆

e0303005_20144222.jpg




by agatha2222 | 2018-11-16 23:21 | Ondo | Trackback | Comments(0)

母音アイデンティティ

明日は初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会が主催する音頭会@門前仲町Chaabeeです。
私も去年の9月から会の一員として、ときに大阪に遠征させてもらったり、ときにサボったりしつつも江州音頭(滋賀県八日市市発祥と言われ関西で今も歌われている盆踊りのうた)を楽しく勉強さしてもらってきました。ほぼ毎月のように何かしら発表の場を与えていただいておりましたが、明日の音頭会が今年の総括になるかと思います。
大阪より、まじで夢にまでみるスター音頭取り!の辺高正(ほとり たかまさ)さんを迎え、会のみんなで歌い継ぎますので、ぜひ!踊りに来てくださいませ。
踊りのレクチャーもありますので、初めてなんすけどー?!って方も心配ご無用です。
普段はブルガリアの民謡をばりばりに歌ってらっしゃる佐藤みゆきさんとの(音頭としては風変わりなスタイルの)デュオ演奏もやります。

で、あんた(私)は、なんでそれをやってんのよ?って話ですが、まあ一言では言い表せない魅力と自分の中での必然性がありまして…その辺は直接お話できればなんて思います。
思えば、イギリス人になりたいと思っていた中高生のころ(あほやね)、言葉の壁に阻まれつつブラジルの音楽を勉強しようとしていた20代の頃、音楽仲間を得てからはトゥバの民謡をアレンジするだのサルディニアの合唱に挑戦するだの、なんかいろいろやりたい人間なんだなぁしょうがねぇなぁってかんじなんですが、外国の音楽に取り組むにあたっては、常に言語の問題、コンプレックスは付きまとっていたわけです。かといって、日本語で歌うことにも(日本語の発音も難しい)自信があるわけでなく…自分の居場所みたいなものを見つけられないまま居たんですよね。
で、音楽と関係ないところで言うと、私はやっぱり関西人なのです。日本人っていうより、和歌山県人っていうより、関西人くらいのアバウトさがしっくりくる。江州音頭や、その兄弟分のような河内音頭は、大阪のしゃべくり漫才とともに発展してきたところがあるそうですが、自分が江州音頭に、特に師匠である初代桜川唯丸節に惹かれるエッセンスとしては、節(旋律)そのものの魅力の他に、そういう上方漫才のセンスとか、洒落っ気っていうのか猥雑さというのか、あーそれやったら私のことです~!と自信を持って言えるようなボーン・アイデンティティのようなものを感じるのですねぇ。
自分で書いてギターを弾いて歌っている歌が、わりかし暗い?もんですから、いまこのように音頭の勉強をしつつ声を出すことができるのは救いでもあります。(まあ音頭の外題にも心中ものとか暗ーいものは多いんだけど、自分から出てきた話じゃないから余裕がある!みたいな)

とかなんとか、あんまりはっきりと明かしてしまうのも野暮ですね。
とにかく明日はそれぞれ個性豊かな音頭が聴けると思います。
来てね来てね!!!

『モノガタリ宇宙の会の音頭会』
日程:11月10日(土)
時間:開演:19時 開場:18時 
場所:Chaabee(門前仲町)江東区福住1-11-11
料金:1,000円+1ドリンクゲスト:辺高正(江州音頭唯丸節)
予約:chaabee11111@gmail.com(定員20名)

e0303005_17233947.jpg

明日の音頭取りは、大阪から迎えるゲスト、辺高正(ほとり たかまさ)さんに加え、モノガタリ宇宙の会からは下記のとおりとなっております。
(わたしの雑な画ですんまへん)

中西レモン
宇宙軒梅ぼし(立石有美)
宇宙軒MYOJO(北野留美)
佐藤みゆき
あがさ

e0303005_17235550.jpg
e0303005_17240890.jpg
『モノガタリ宇宙の会』:
現在の滋賀県下で幕末から明治にかけて作られ、その後関西一円に盆踊り唄として広がりを見せた江州音頭(八日市祭文音頭)。盆踊り唄としては勿論、物語を歌い語る芸能としても楽しまれてきました。特に大阪では音頭取りの中より万歳を行う者も現れ、その流れは形を変えながら現代のマンザイにと繋がっています。
2015年発足の当会は、東京を中心に関東圏で初代桜川唯丸流の江州音頭を勉強する会です。大阪北河内から日本全国へと江州音頭の雄として名を馳せた初代桜川唯丸の節を学び、音頭の過去と現在を繋ぎながら、いずれは未来の音頭・踊り・物語を皆さんと想像・発信できればと思っております。

e0303005_17255989.jpg

by agatha2222 | 2018-11-09 17:25 | Ondo | Trackback | Comments(0)

のらぼんの奇跡

10/21
第39回ふるさと港北 秋まつり@菊名池公園にて、「のらぼん」終了!
モノガタリ宇宙の会で小一時間ほど歌い継ぎさせていただきました。
皆さま、ありがとうございました!

菊名池をバックに、「のらぼん」主催のにゃんとこさんと、モノガタリ宇宙の会。
e0303005_21005491.jpg



ちょっとした奇跡?が起こったんですよ。
当日、借りられるつもりでいた太鼓が出番三十分くらい前に借りられないことが判明。
仕方がないから、もう撥を拍子木のように打ち鳴らしてやるしかないですね、それにしても何か、クッキーの缶とかでいいから、叩くものはないか、、、と話していたところ、みゆきさんがご自宅に居る旦那さんに「江州音頭で必要だから今すぐタパン(ブルガリアの両面大太鼓)持ってきて!」電話してくれて、、。
旦那さんはお昼寝中だったらしく、江州音頭でタパン?と、さっきの話は夢かと思ったそうです。笑
(佐藤みゆきさんの旦那さん=サビーさんもみゆきさんとともにブルガリアの音楽・楽器を演奏されるのです。)
それでも、頼んではみたものの、まああまりに時間が足りないよね、と諦めていたのですが、さあこれからステージに上がりますよというところに旦那さんがタパンを持って登場!!!
すべりこみセーフ!!!!
何このドラマ仕立て…。


貴重なお休みのところ、大事な楽器を届けて下さったサビーさんには腹の底から感謝です!
そしてこのタパン、深く強くとてもいい音がする!
というわけで、江州音頭とブルガリアが出会った日でもありました。

太鼓あるときー
e0303005_22173262.jpg
(photo by にゃんとこ


ないときー
e0303005_22190495.jpg
(photo by にゃんとこ)



モノガタリ宇宙の会では、にゃんとこさん&レモンさんによる江州音頭のレクチャーの後、私、北野さん(宇宙軒MYOJO)、立石さん(宇宙軒梅☆ぼし)と音頭を歌い継ぎまして、最後に中西レモンさんの登場。
江州音頭の他にも郡上白鳥の「世栄」を演りました。
(ツイッターには動画もちらほらあがっております)


独りで、野外で、知らない人ばかりのお祭りで7分ばかりの音頭をとるという機会は私にとっては初めてでしたが、、やっぱり最初のうちは緊張しましたねえ。
頭では、全然緊張している気はないんですがね、脚が震える…よろけそうになる。
あと、息がちゃんと吸えなくてヘンなところで息継ぎをしてしまったり(まあ帯が苦しいのもあるけど)。
いつもそうなの、頭は平静、身体は正直。
音頭とも呼べないような自分の唄がどんなもんか、まあ録音とかするので知っているつもりではいましたが、やっぱり本番は別物だと思いました。
たいへん勉強させていただきましたよ!

で、そんなことを思いながら寝たら、高正さんにアドバイスいただく夢をみました。笑
高正さんがお鍋を持って現れて、「小松菜700束来るで!」と…豆腐と小松菜の寄せ鍋の夢を…


で、そんな夢にまで見るスター音頭取り、辺高正さんが東京にやってくるヤアヤアヤア!
定員20名となっておりますので、気になってる方はぜひお早めにご予約くださいね!



『モノガタリ宇宙の会の音頭会』
日程:2018年11月10日(土)
場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11
時間:19時 開演 18時 開場
料金:1,000円+1ドリンク

出演・進行:モノガタリ宇宙の会
ゲスト:辺高正さん

定員:20名
予約方法:chaabee11111@gmail.comまで、お名前、人数を明記の上、お送り下さい。

概要:
*モノガタリ宇宙の会、および初級講座参加者の発表会とゲスト・辺高正さんの講評会
*踊りレクチャー
*踊り会(モノガタリ宇宙の会メンバー&大阪よりゲスト・辺高正さんの音頭で江州音頭を踊りましょう)

Facebookイベントページ:


《プロフィール》
*辺高正(ゲスト ほとりたかまさ)
江州音頭を初代桜川唯丸に師事。独立後の現在も唯丸節の江州音頭取りとして大阪北河内を中心に活躍しています。

e0303005_16121324.jpg
(↑あがさ画)


*モノガタリ宇宙の会
現在の滋賀県下で幕末から明治にかけて作られ、その後関西一円に盆踊り唄として広がりを見せた江州音頭(八日市祭文音頭)。盆踊り唄としては勿論、物語を歌い語る芸能としても楽しまれてきました。特に大阪では音頭取りの中より万歳を行う者も現れ、その流れは形を変えながら現代のマンザイにと繋がっています。2015年発足の当会は、東京を中心に関東圏で初代桜川唯丸流の江州音頭を勉強する会です。大阪北河内から日本全国へと江州音頭の雄として名を馳せた初代桜川唯丸の節を学び、音頭の過去と現在を繋ぎながら、いずれは未来の音頭・踊り・物語を皆さんと想像・発信できればと思っております。

e0303005_16143045.jpg
(↑こちらは初代桜川唯丸師匠の肖像、中西レモン画)



by agatha2222 | 2018-10-22 17:05 | Ondo | Trackback | Comments(0)

小さな櫓が立ちあらわれました

e0303005_23095363.jpeg
(王珊さん、Los ricos sin dinero、モノガタリ宇宙の会 a.k.a. 中西レモン社中の我々)



9/8
「新宿二丁目・縁辺の音頭・小さな櫓のアジール」@新宿Cafe☆Lavanderia、踊りの熱狂のなか終了しました。
踊って下さった皆さま、聴いて下さった皆さま、ラバンデリアの藤本さん、佐藤さん、共演者ならびにお仲間の皆さまありがとうございました。



新宿二丁目、カフェ☆ラバンデリア。
e0303005_00184829.jpeg
(そう、初めてここに出させてもらったのは2014年の4月、チャーリーさんとのデュオで…、あの時は笑いすぎてちゃんと歌えなくて…、ってその前のライブの時よりはマシだったけど…、情けなくって帰り道に泣いたよね、さいきんはもう細かいことは気にしなくなりました)



カフェ☆ラバンデリアの藤本さんが作るフライヤーはいつもかっこよいのだ。
e0303005_00190542.jpeg



Los ricos sin dinero(ロス・ヒコス・シン・ジネーロ=お金は無くても幸せ、の意)のお三方。前日@Chaabeeでもご一緒したチャーリー高橋さん、さとうじゅんこさんと、梅野絵里さん。元気をもらいます。
e0303005_00192334.jpeg


次に王珊(ワン・シャン)さん。
にゃんとこさんがツイッターで動画をアップしてくれています。





後半は「中西レモン社中」(モノガタリ宇宙の会)で江州音頭ア・ラ・カルト。
椅子をとっぱらってのオール・スタンディングというかオール(モスト・オール・)ダンスィング、盆踊りタイムです。
小さな櫓が、いまここに立ちあらわれる…!(見えると思えば、みえる!)

(写真は今回の長いタイトルについての長い説明がレモンさんからなされているところ)

e0303005_00381372.jpg
(photo by にゃんとこ さん)



しょっぱなには、佐藤みゆきさん&わたくしで7月のライブで初演しました音頭デュオもやらせて頂きました。演目は「淀の川瀬」。ここからさらに、尺も精度も育て行く所存であります!

つぎに音頭ガールズ(Ondo Girls)で「乃木将軍」、前回よりちょっと多く詠みました。
さらに北野さん(宇宙軒MYOJO)が「お茶々尽くし」をアンコにイン。

(みんな踊ってくれているため写真はありませぬー)


最後にレモンさん「難波戦記」にいろいろ初めてのものを足して。
モノガタリ宇宙の会、みんな攻めてるでしょ…!

e0303005_00383612.jpg
(photo by にゃんとこ さん)



余談ですが、この日は女子四名、なんとなく着るモノを「黒とか茶色のワンピースで」という流れになり、四人並んだら思いがけず場末のスナック感が出ていい感じだと思いましたがいかがでしょうか。


グランドフィナーレはお決まりの「野球拳」で踊りました。(バットを振っているところですね)
左端、黒のチイママは何事にも本気を出します。
e0303005_00390406.jpg
(photo by にゃんとこ さん)




チャーリーさんのブログでもこの連日のライブについて書かれております:

と、いうわけで、
江州音頭「モノガタリ宇宙の会」は、来月10/21(日)にも横浜港北区のお祭り・盆踊りに出させていただく予定です。詳細確認でき次第またお知らせいたします!
よろしくどーぞ!


さらに!
ちょっと先ですが11/10(土)にはモノガタリ宇宙の会主催の音頭会もございます。

江州音頭「モノガタリ宇宙の会」初級講座@古書カフェくしゃまんべ参加者の発表会、「モノガタリ宇宙の会」メンバーによる生歌盆踊り(踊りレクチャーあり)、そして大阪からお迎えするスター音頭取り・辺高正さんの座敷音頭を堪能しましょう!という三本立てとなっております
チェケラッチョしておいてね!↓


2018年11月10日(土)
『モノガタリ宇宙の会の音頭会』
場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11
時間:19:00
料金:1,000円+1ドリンク

概要:
発表会(モノガタリ宇宙の会、勉強会参加者の音頭成果の発表会とゲスト高正氏の講評会)
踊りレクチャー
踊り会(モノガタリ宇宙の会メンバーの音頭で江州音頭を踊ろう)
大阪よりゲスト・辺高正さん

e0303005_01123962.jpg
(イラストはイメージです私個人の勝手なイメージです)



by agatha2222 | 2018-09-15 01:12 | Ondo | Trackback | Comments(0)

ひと夏のツアール<後編>

e0303005_19522027.jpg
(右から「モノガタリ宇宙の会」のメンバーと東京から来てくれた「儀式」他のねこさん、京都からわだこさんとおともだち。)



8/11
ライブ@和歌山の翌日は大阪へ。
枚方市は津田の盆踊りにて、辺高正師匠も見守って下さる中、「モノガタリ宇宙の会」が美谷川会さんの櫓に上がらせて頂きました!
色々と初めてづくしで、色々と、いけないところもあったかと思いますが、、
お囃子とギターと太鼓のリズムに守られて、青々とした田んぼを眼下に臨みつつ、拙いながらももうほんとに楽しく楽しく三人で江州音頭を歌いました。

e0303005_23143401.jpg
(photo by わだこさん)




高正師匠や桜川唯岐美ねえさんのお囃子にも入らせていただく幸せも。
へらへらしている。

e0303005_22482309.jpg
(photo by ねこさん)



主宰の美谷川会による交野節(かたのぶし)は、粘りあるグルーヴが身体に訴えかけてくるものがありました。
交野節は江戸後期から変わらない、河内音頭のもとになった節と言われているそうです。

e0303005_23043781.jpeg




翌日12日はは門真市岸和田(泉南の岸和田とは違うよ)にて、河内音頭と江州音頭を聴きに。
連夜で櫓に上がられる辺高正師匠の追っかけというわけです!
旅の疲れ(とくに楽器を背負って=亀仙人状態で歩きまわるのが…)&踊りまくりでもう腰はバキバキです!

e0303005_19243852.jpg




その翌日は夜な夜な電車に揺られて、岐阜県は郡上白鳥の徹夜おどりへ連れて行ってもらいました。
(楽器は宅急便で送ってしまったぜ!送るならもっと早く送っとけばよかったぜ!)
下駄を鳴らして踊りの輪に加わったり、空間を、空気を味わうよう夜のなかをゆらゆらしたり。
浴衣姿の若い男女の意識し合いとか、ちらちら(じろじろ)見るのも楽しい(おばさん)。

e0303005_19241737.jpg


夜が明けて、山々に囲まれて、朝霧。
e0303005_23261007.jpeg




14日、徹夜明けのヘロヘロで長良川鉄道の始発に揺られ、JRに乗り換え、岐阜から名古屋に移動して新幹線に乗り換え、昼ごろに帰宅。
入浴と洗濯等などを済ませてうとうとっとした後、夜はチャーリー(高橋)師匠宅にて打ち合わせ&リハーサル。
「菜の花楽団」の岡野さん、さとうじゅんこさん、私となぜか三人とも大阪(関西)から戻ったばかりなのでした。

e0303005_19252929.jpg


ライブは9/7(金)、「菜の花楽団」とのツーマン@門前仲町Chaabeeです!
(にわかに宣伝ターイム)

e0303005_22543739.jpg


ライブは、チャーリーさん&わたし、菜の花楽団、あがさソロの三本立てに加えて、おもしろコラボレーションもあります!
きてねきてねめっちゃ来てね~!!!!

e0303005_19250807.jpg
(Photo by 岡野さん)






はい、というわけで。おまけ。

e0303005_19235300.jpg


参考資料。





おまけのおまけ。

e0303005_22593147.jpg


by agatha2222 | 2018-08-20 23:23 | Ondo | Trackback | Comments(0)

大盆踊り会

e0303005_13223316.jpg
(photo by galleryナベサン




日が空いてしまいましたが、7/21、7/22は中野の大和町八幡神社での「大盆踊り会」に「中西レモン&モノガタリ宇宙の会」として、にゃんとこさんの「のらぼん」(野良盆踊り)コーナーに出させて頂きました。
踊って下さったみなさま、関係者のみなさま、特に酷暑の中、2日間のお祭りを支えて下さったボランティアスタッフのみなさま、ありがとうございました。

「大盆踊り会」は進化してゆく盆踊り、としてこちらの大石始さんの記事にも筆頭に紹介されています。


もうなんだか、両日とも物凄い盛り上がりで、出演者もそれぞれにユニークで、感想はあれどひとつひとつ書いてもいられない…ケケノコ族、俚謡山脈、珍盤亭娯楽師匠、タイのピンバンドにチンドンあずま屋さん、エマーソン北村さんに奉納カラオケで巻上公一さん、岸野雄一さんのDJ盆踊りではイエロー・サブマリン音頭も踊ったな、、、ご飯も美味しかったし…うーん纏められない、、、!

ので、togetterに関連ツイートがまとめられていますのでそっちを見てみて!
我々の「生歌盆踊り」については最後のページ当たりにたくさん、写真や動画もアップされております。
あと動画はモノガタリ宇宙の会のツイッターにもあります。




というわけで、とにかく我々のはなしを。

初日は夕方の時間帯に蝉時雨との共演で、さながら村祭りといった風情を楽しみました。
踊りの輪にもちびっ子がたくさん。
踊りのレクチャーのあと、江州音頭の方は「音頭ガールズ」("Bond Girl"にかけてるそうですよ奥さん、あ、すんまへん!すんまへん!)が歌わせて頂きました。(音頭ともつかないようなアレですが、あ、マジすんまへん!すんまへん!まことに貴重な機会をいただきまして。

e0303005_17272823.jpg
(photo by ゆきさん)



初日の終演後に記念撮影。
にゃんとこさんと、オフィス北野の芸人さん「昨日のカレーを温めて」のお二人と、モノガタリ宇宙の会(この日は5人体制!)。

e0303005_16430326.jpg


提灯2.0。

e0303005_16291505.jpg



そして最終日は陽も落ちたゴールデンタイムに、ピカピカ点滅する提灯の下でレモンさんが二曲とも音頭をとりました。
江州音頭と、郡上白鳥の「世栄」。
「世栄」は後半、どんどんテンポが上がって行ってえらいやっちゃ感あります。
音頭取りも囃子も太鼓のまわりをぐるぐる踊りながらの拝殿スタイル。
明るい櫓から臨む、暗がりのむこうまで埋め尽くす沢山の楽しそうな人たちの熱気と踊りの波とが、今まで体験したことのないような眺めでした。
とにかくレモンさんの唄(音頭)が、このような素敵な形で、これだけ沢山の人に届いて心に響いて、踊ってもらえて、ほんとうに良かったなあ~という一言に尽きます。

e0303005_15410950.jpg
(photo by hazi山さん)





はい。では、楽しみにしている人のために載せときますね。↓

中西レモン衣装アーカイヴ①
ムキムキマッチョ柄(色違いもあります)

e0303005_15401953.jpg


中西レモン衣装アーカイヴ②
新作 瓢鯰図(直筆)
巨大なまずを猿が瓢箪で抑え込もうとしている画だそうです。
水洗いすると墨が落ちる/滲むかもしれないそうです。
(顔もこころなしかなまずっぽい)

e0303005_15373661.jpg


おしりの黄色いのは瓢箪。
e0303005_15375636.jpg




はい、それから、ちょうちん。
DOYASA! RECORDSからも献灯しました!
(ブログ一枚目の写真にも左上に写ってるんです)
e0303005_15360671.jpg



モノガタリ宇宙の会のちょうちんもあります。
e0303005_15364146.jpg

さあさあ盆踊りシーズンは始まったばかりです!
来月は大阪へ~!




by agatha2222 | 2018-07-29 17:42 | Ondo | Trackback | Comments(0)

たなばたさらさら

この週末もいろいろと。
さらさら~っと振り返ります。

7/6は浅草木馬亭にて、「浅草雑芸団」の今年で33回目(!)という定期公演に「モノガタリ宇宙の会」として出演させていただきました。
「モノガタリ宇宙の会」としては中西レモンさんが江州音頭の音頭をとりました。

e0303005_00065084.jpg


(7/21追記:動画アップしてくださいました!)




私はというと自分が歌うわけではないのでお気楽なもんで(それでも太鼓は必死でたたきました!)...、浅草雑芸団さんによる「願人踊り」「飴屋踊り」やらそのほか盛りだくさんの演目に笑いまくりました。
金子ざんさんの「メニュー歌舞伎」がね~、もう涙も枯れる(笑い涙)勢いの面白さでした。

終演後。
e0303005_00070406.jpg




ほいで7/7は "Ringo Starr Peace & Love Birthday Celebration" !!
は関係ないのだけど、
七夕の夜は「ととぅ」で「サクラコプリナ」と二年ぶりのツーマン@大森エイントナンバーでした。
お越しいただいた皆さま、エイントのひとみさん・チャンさん、共演者の皆さまありがとうございました。
CDのお買い上げも感激至極にございます。

e0303005_23324606.jpg

サクラコプリナさん、ブルガリアやトランシルバニア地方の民謡を時にカヴァル(笛)やギターと合せて、様々な声色とコブシを使い分けての素晴らしくおんもしろいステージでした。二年前よりもさらに進化されていたのではないかしら…!
半音ハモりとか、興味深い音響体験でした。

「ととぅ」も二年ぶりのエイントで、とてもリラックスして、程よい自由さも満喫しつつ演奏できたと思います。
アルバムに収録したオリジナル多めなセットリストでした。

そして!
企てのとおり、サクラコプリナの佐藤みゆきさんと江州音頭デュオの初演も遂げました!初めては、一度だけ。
ブルガリアっぽさを抑えきれない、そしてそこが唯一無二でめっちゃ面白いみゆきさんの音頭に、四度下ハモりとドフ(エジプトのフレームドラム)でバイアォンみたいなリズム(アラブでは何ていうんだっけ、、?)で混ざるという作戦です。
これはめっちゃ楽しい…!!!!
なのでスキあらばまた演りたいと思っています。



っちゅうわけで!
次はいよいよ中野の大盆踊り会ですよ~!
7/21&7/22の両日、「のらぼん」さんの生歌盆踊り、の枠で「モノガタリ宇宙の会」が登場します。(詳しくは大盆踊り会のサイトを見てみてね)

e0303005_14142607.jpg



by agatha2222 | 2018-07-13 09:21 | Ondo | Trackback | Comments(0)