人気ブログランキング |

カテゴリ:Live Report( 60 )

カンシオン・ハポネス・イ・ラティーノアメリカーナ

6/2
「Latinasia! vol.2」@吉祥寺バオバブ、盛況のうちに終了しました!
ご来場まことにありがとうございましたー!
楽しかったよ~!!


左から、アンデスナンデスのYOKOさん、後ろに際田さん、手前にMoni、一番うしろにレゲトンシンガーのRyomaさん・コロンビアより一時帰国中、手前にわたくし、右端が佐藤みゆきさん。

e0303005_00500652.jpg


この日のトップバッターは我々、佐藤みゆき&あがさ。
二人でのライブは二回目、新しいネタ・アレンジ曲仕込んできました!
みゆきさんの江州音頭の新ネタ・ドフ叩き語りにわたくしは三味線とオハヤシ。

e0303005_23204485.jpg
(photo by 竹内さん)



他に、トゥバの民謡にポルトガルのファドをねじ込んだやつ、みゆきさんの独唱からのカヴァル(ブルガリアの斜め笛)・ギター・歌でブルガリア民謡メドレー、ポリフォニー江州音頭(耐久レース)、奄美の糸繰節はギターとハモりの新アレンジで、最後は高田瞽女の門付唄二重唱を。(動画もそのうちアップします…)

e0303005_23220778.jpg
(photo by 竹内さん)



そして、歌亀節(なんとなくシャシャード風アレンジ)では、アンデスナンデスのYOKOさんにボリビアの太鼓、ボンボで参加していただくという幸せも!!!
ライブの二晩前に譜面をお送りしてコラボのおねだりをするという厚顔をお許しください!

e0303005_00494552.jpg
(photo by 際田さん)



色ちでおそろのワンピ着ました☆
e0303005_04123478.jpg


呪いそうな顔。
e0303005_04112482.jpg



次は、急遽出演となったMoniの友達で、コロンビア仕込みのレゲトンシンガーRyomaさん。
いまラテンアメリカでは、レゲトンという音楽がいちばんアツいそうです。
(レゲトン=レゲエから派生した音楽、と言われたりもするものの、じっさい音楽的にはレゲエ的な要素は少なそう)
バックトラックに乗せて、スペイン語・英語で洗練された甘やかな歌声を聴かせてくれました。
うまいこと日本語も取り入れたオリジナル曲(スペイン語)も、良かった!

e0303005_00492627.jpg



最期は主催の「アンデスナンデス」。
アルゼンチンのチャランゴ(写真にある、10弦=5コース復弦のウクレレみたいな楽器)奏者・シンガーのMoni Pelo Largoさんを中心に、ギターで際田泰弘さん、パーカッション・YOKOさんによる、アンデス地方のポップソングを演奏するユニット。
彼らも我々と同じく二回目のライブだとか。
まさにユニットのハニームーン期だね!
初ライブはお馴染みの新宿カフェ・ラバンデリアだったそうです。

e0303005_00483920.jpg


一曲一曲に込められた想いを、丁寧に英語で説明してくれました。
アンデスの太陽を想わせるMoniの唄をタイトなリズムセクションが支える、踊りだしたくなる心地よい音楽。
アンデスのリズムも、この訛りがまた、いいなぁ~!!!!

e0303005_00490648.jpg



そんでもってお店のバオバブは「世界のパクチー料理」、ご飯もとっても美味しいので、今回は我々トップバッターだったこともあり、ライブ終わった後にゆっくりご飯食べれる~!!のを楽しみに、前夜から何食べようか考えていました。
みゆきさんに「あがっちゃんの注文するものがだいたい解ってきた」と言われましたが、そうです、単純に米のものが、好きです。目玉焼きとか乗ってると、そそのかされます。
吉祥寺バオバブ、近いうちに、また来るぜ!

e0303005_03492159.jpg


というわけで、始まったばかりの(ハニームーン期?)佐藤みゆき&あがさデュオ、これから沢山ライブを重ねてもっとイイ感じにしていきたい!ので、対バンとか企画ライブとか、どうかお気軽にお誘いくださいませ!


そして次回は、
浅草雑芸団さんの年次公演にちょっこと出演させていただくことになりましたよ~!
ポリフォニー江州音頭を二人でやります。
日本中の民俗芸能・大道芸・雑芸の類を追求・実演する浅草雑芸団、今年のテーマは願人坊主。
「インチキ坊主の唄と踊りの道化芸」。そんなんもう観る前から笑ってまう!
私は、団長の歌の伴奏でギターを掻き鳴らしたりもしますよ~!
ぜったいに面白いので、ぜひとも足をお運びいただければと思います!


『浅草雑芸団・日本の大道芸探訪プロジェクト第13弾
 願人坊主、いざ推参!カポレ カポーレ!』
2019年7月12日(金)
時間:18時開場 18時半開演
場所:浅草木馬亭
住所:東京都台東区浅草2-7-5

料金:予約 2000円(当日 2500円)

予約・問い合わせ:
zatugeidan@hotmail.co.jp *メールは本名でお願いします

出演:浅草雑芸団
ゲスト:竹林まり、佐藤みゆき、あがさ

企画・制作:浅草雑芸団
website:http://zatugeidan.web.fc2.com/
https://www.facebook.com/zatugeidan/
協力:古書カフェくしゃまんべ

e0303005_23234266.jpg

e0303005_23235711.jpg



by agatha2222 | 2019-06-09 23:27 | Live Report | Trackback | Comments(0)

隅田川マルシェにて

5/18
日が空いてしまいましたが、この日は朝から隅田川の川べりで「隅田川マルシェ Lv.0」開催。40もの出店がひしめき賑わう中での投げ銭ライブでした。
聴いてくださった皆様ありがとうございました!

ライブのラインナップはお馴染みの方々も。
ゆえに(打ち上げ等が)楽しかった。


朝イチは、大江友海さん&岡野勇仁さん
(この時間、私はやっと電車に乗ったところ…写真だけお借りしました!)

e0303005_05041129.jpg
 
晴れ渡る空。

e0303005_05050195.jpg



正午から、わたくしソロ。
この日は五月とは思えない真夏の日差し?
オーブントースターで焼かれる食パンマンの気持ちを味わいました!
せめてバターを塗ってください!

e0303005_05043076.jpg


”Hey Jude"も初演したよ。

e0303005_05044114.jpg



次に、アンチゴネーの梅ちゃん*まーちゃん。
選曲も豊かに、お客さんの足を目を引き留める圧巻な歌&演奏でした!

e0303005_05052808.jpg

e0303005_05074135.jpg

隅田川のほとり、清澄エリアは、昔近くに住んでいたこともあり、「そら庵」のあった場所でもあり、なんだかやっぱり好きな場所です。
今後も目が離せないぜ!墨東東京!


by agatha2222 | 2019-06-03 05:25 | Live Report | Trackback | Comments(0)

サンキュー・トーキョー、サンキュー・チャーリー!

5/16
第5回 高橋まつり <サンキュー・トーキョー!>』@吉祥寺MANDA-LA2、無事終演しました!
沢山ご来場頂きました皆さま、誠にありがとうございましたー!
楽しかったー!

e0303005_21292199.jpg
(photo by やっさん)



予定の全50曲やりきりました!
加えてアンコールはチャーリーさんonボーカルであんぽんたんは「新橋」でした。

e0303005_21301693.jpg

e0303005_21304314.jpg

アンコールの「新橋」。
e0303005_10484120.jpg
(photo by やっさん)




私は今回、ランディ・ニューマンの"Sail Away"から、そのチャーリーさん的アンサー・ソング、「奴隷船のボレーロ」を梅野絵里さん on ピアノで、

e0303005_10264878.jpg
(photo by やっさん)


そして、(高橋まつり、なのに厚顔にも)ソロアルバム「ラーフラ」収録の拙曲「ナダイ」を、立岩潤三さん on パーカッション&タブラボル(北インド打楽器のいわゆる口三味線)、梅野絵里さん onアコーディオン&コーラス、日下麻彩さん onコーラスという贅沢極まりないデラックススペシャルクワルテットバージョンで演らせていただきました!!
あああああーーーーしあわせーーーーーー!!!!
だれか動画撮ってくれたりしてないかしらーーーーー?!?!?!

e0303005_21512458.jpg
(photo by 胡舟ヒフミさん)



デラックスでスペシャルな、梅野さん、日下さん、立岩さん。
e0303005_10275160.jpg
(photo by やっさん)



「ナダイ」はこんな曲なんやでー。





後半には中西レモン社中の江州音頭コーナー(=チャーリーさんの休憩タイム)で三味線弾かしてもらいました。
ええ声~の江州音頭、ご堪能いただけましたでしょうか?いただけましたよね!

e0303005_21534845.jpg
(photo by 今西紅雪さん)



オハヤシはさとうじゅんこさん、こちらも贅沢!
e0303005_10502081.jpg
(photo by やっさん)





動画もあります!

最後の大集合コーナーより:
 『かかかかまきりの巣』
作詞作曲:赤羽美希

ガンス(顔ス、顔のダンス)つき




たくさんの出会いを、笑いを、豊かな(裕な)音楽をありがとう!
チャーリー高橋フォーエバー!

e0303005_10292111.jpg
(photo by やっさん)




というわけで、最後にライブのお知らせです。
明日の日曜に、隅田川のほとりで40もの出店が楽しめる「隅田川マルシェ」が開催されます!
そこで5組の投げ銭ライブがありまして、それに出ますよ!
うち、「高橋まつり」出演者が3組・5名と(私にとっては)わいわい楽しいラインナップです!
来てね来てねめっちゃ来てね!↓



『隅田川マルシェ』
2019年5月19日(日)
時間:10時~15時
場所:清洲橋付近の江東区側の隅田川テラス
※雨天中止

投げ銭ライブタイムテーブル:

10:30 大江友海&岡野勇仁
11:20 伊部百合子
12:10 あがさ
13:00 アンチゴネーの梅ちゃん*まーちゃん
13:50 大比良瑞希

詳細:
https://www.thesharehotels.com/lyuro/events/1006/

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/311002336232635/


e0303005_22012076.jpg


by agatha2222 | 2019-05-18 01:31 | Live Report | Trackback | Comments(0)

とらじょさま

先月のライブ(ええ声~の会)で最後にお送りした、南部盆唄「とらじょさま」フィーチャーリング・中西レモンさん、コーラス・佐藤みゆきさんと私の動画を全編アップして頂いたので、どうぞ聴いてみてください!
なんとなくメキシカンにアレンジしたので、コーラスもトリオ・ロス・パンチョス風に三声にしようと、女子二人で低音部を支えるのも面白いかなと思って、まず自分でデモを録ってみたら、本番はここにレモンさんのええ声~が乗るってことを加味して聴いても、あんまおもんないかもな~って実は、クールな気持ちで?いたんだけども、ライブ当日初めて三人で合わせてみたら、とっても良かった。声の神秘なるかな。
物理的なことはよく解らないけど、イメージ的には、レモンさんのハイトーンええ声から、にしきのあきらかプレスリーの袖についてるフリンジばりに倍音がわさわさと圧倒的な分量で降り注いでくるなかを低音コーラスが走り、音響のタペストリィ(つづれおり・キャロルキング)をまろやかに織りなす…縦の糸はあなた、よこの糸はわたし。(中島じゃないほうの)みゆきさんのミドルパートも妙なる響きよ。
録音ではカットされてしまう部分が大きくてアレですが、ぜひ聴いてみてほしいです!





ちなみに佐藤みゆきさん&あがさデュオでは、6/2にワールドミュージックの発信源、吉祥寺バオバブに出演します!(デュオの動画はまた別途アップするよ)
対バンはアルゼンチン出身の歌手・チャランゴ奏者の​Moni Pelo Largoを中心にアンデス地方のポップソングを演奏する、その名も「アンデスナンデス」。
気になるやろ。わたしは気になるわ。
バオバブはメニュー豊富なエスニック料理がとても美味しいので、ぜひお食事も楽しんでいただければ。
来てね来てねめっちゃ来てね!



『LATINASIA!』
2019年6月2日(日)
時間:18:00 オープン 19:00 DJスタート 19:30 LIVEスタート
場所:Word Kitchen Baobab(吉祥寺バオバブ)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-6 小原ビルB1
TEL:0422-76-2430
http://wk-baobab.com/

料金:投げ銭制+ご飲食代(予約不要)

LIVE:
*アンデスナンデス
…アルゼンチン出身の歌手・チャランゴ奏者の​Moni Pelo Largoを中心に、際田泰弘(ギター)、YOKO(パーカッション)で結成された、アンデス地方のポップソングを演奏するユニット。

*佐藤みゆき&あがさ
…ブルガリアから北河内まで、ハモってなんぼの民謡アソート。江州音頭勉強中!倍音多めに出しときますデュオ。

DJ:
DADDY U
チャーミー☆カリプソン
AMA UU

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1110842505767708/


e0303005_12200083.jpg
(佐藤みゆき&あがさペア↑ 漫才師みたいないかしたコンビ名募集中!)

e0303005_00512571.jpg

by agatha2222 | 2019-05-14 22:11 | Live Report | Trackback | Comments(0)

ええ声~~~!!!

4/22
『ええ声~の会』@古書カフェくしゃまんべ、満員御礼にて終了しました!
ご来場ありがとうございましたー!

e0303005_15323104.jpg

左から、佐藤みゆきさん、中西レモンさん、わたくし。


e0303005_15532339.jpg

(今回はフライヤー完コピするの、忘れた…)


まさに民謡であっちこっち旅した2時間でした。
まずは、みゆきさんと私の二人が(声の)手と手をとりあって、トゥバからちょっとポルトガルに寄ったりして、宮城の斎太郎節と奄美の糸繰節、そこから北河内に留まって江州音頭初代桜川唯丸節と、歌亀節、そこからビューンと飛んでブルガリアのいろんな地方の民謡詰め合わせを(同じブルガリアといっても、地方によって声の音色含めぜんぜん違うのね)、新潟に戻って高田瞽女の角付唄「かわいがらんせ」の二重唱、最後は江州音頭duoを、長かろうとなんだろうと、いてまえー!というかんじでいてまいました。

e0303005_19360858.jpg
(photo by ねこさん)


みゆきさんのカヴァル(ブルガリアの斜め笛)と、わたしはギターと三味線と(ときに暴走する)ドフで、編曲に趣向を凝らしてお送りいたしました。
みゆきさんの独唱はちょううっとり。
そんで、みゆきさんとのハモりはちょう楽しい!
私はジャムの下のマーガリンになりたい。
がんばらなっくっちゃ。


そして、わたしたちの"Goshu Ondo EP01"もたくさんお買い上げいただきまして、ありがとうございましたー!
今後は古書カフェくしゃまんべさんでも取り扱っていただきます!
一枚千円也☆

e0303005_21093646.jpg




レモンさんソロでは、ご自身のルーツにも迫る東北~北海道のうたと太棹演奏をたっぷりと。喋りもたっぷりと。
塩釜甚句(ハットセ)からカモメの鳴き声のようなホーハイ節からコールアンドレスポンスも楽しい漁師のうた、どや節や子叩き音頭などなど、ほんまにほんまにええ声~~~でした!


写真はニシン漁の網から数の子を叩き落とす様子を再現しているとこ。

e0303005_20395218.jpg


最後は三人で佐渡の「山田はんや」をお囃子 on カヴァルで、奄美の「六調」を歌い継いで、アンコールは南部地方の盆踊り唄「とらじょさま」でした!

e0303005_16273751.jpg
(photo by はるちゃん)






あと、タイトルの「ええ声~」、もとネタの「おかけんたゆうた」については誰も知っているお客さんがおらず、え、パラレルワールド…?と一瞬こころに影が差したものの、お客さんでいらしてくれた旧・そら庵店長の明子さんが、(旦那さまの)東海さんが大阪勤務の頃、飲み屋のお姉さま方に『ええ声~~!』て言われたことがあるとか、元ネタは知らないけれど東海さんご自身も『ええ声~~』って言っていた、というエピソードを話して下さり、それはもう天国から東海さんが舞い降りたかのように、光を取り戻したのでした。

さらに慣用表現としての「ええ声~」について熱弁しつつデ・ジャ・ヴのように蘇ったのは、5年前のチャーリーさん企画「ヤングと私 新人さん いらっしゃ~い!」のタイトルコールのために桂三枝(当時)の「いらっしゃ~い」をチャーリーさんちでふたりで練習した思い出です。
このとき、そら庵でのライブで初めてレモンさんのええ声~聴いたのですけど、このときは香具師の口上と、河内音頭とか演っていたのかな?

(何年も前のブログとかもう恥ずかしいからリンク張らないけど、このフライヤー↓は自分でも好き 笑)

e0303005_16072656.jpg

おかけんた・ゆうた「ええ声」




あと、この流れでついでに書くと、江州音頭デュオ・メドレーの中で「誠・真実・一心込めてもー!」という文句があるんですが、そこはいつも西川きよしの(生真面目な)イメージやなぁと思っていて、今回みゆきさんにも、西川きよしの顔でお願いしますと頼んでいて、参考資料を送らねばと画像検索したら目に焼き付いてしまい、以来練習のたびに、その文句んとこが近づいてくると「あーあの顔くるーきっとくるー」と予期不安というか予期面白がりで笑ってしまって歌えないという事態に陥り、調子に乗るんじゃなかったと後悔したりしつつも、けっきょく本番は笑うほどの余裕がありませんでした!

e0303005_19094594.jpg


と、まあ、民謡で日本のあちらこちら&ユーラシア大陸のあちらこちらを(中米・南米の風も頬に受けつつ)旅した、と言っても、曲間には話を関西に戻していたような、昨日は(タイトルのせいか)特にそんな感じがしました。
レモンさんも昨日は東北民謡との出会いから、中学生の頃にお父さまと「三味線もどき」を自作した話をしてくれたし(このエピソードはクイーンのギタリスト、ブライアン・メイが16歳の頃にエンジニアの父親と「レッド・スペシャル」を自作する話をほうふつとさせる)、ちょうど月初には映画「盆唄」を観たり、先週はEri Liao TrioのライブでEriさんのルーツである台湾原住民の唄を聴いたりと、民俗的/民族的、あるいは個人の体験に依るアイデンティティについて考えたり話したりしていたんですが、ひきつづき、考えたり話したりすると思います。(あ、話をまとめられなかった…)




あとねぇ、昨日は江州音頭をやる!ってんで最強のオシャレしました。
オーダーメイドの「やんれぶし」(江戸の変体仮名)「さいもん」(江州音頭の節のひとつに祭文というのがあります)ピアス。
金属作家の中村アヤさん(ねこさん)につくってもらいましたよ!
ええやろ~!?!浴衣に合わせるのも楽しみです!

e0303005_15372240.jpg



追記:
聴きに来てくれたチャーリーさんもブログに書いてくれたよ、嬉しいな。




はい!
そんで、佐藤みゆきさんとわたくしのデュオでは、次回は6/2にライブしますよ~!
詳細決まり次第ご報告いたします。
なんかデュオ名つけたいなぁと思い、「なんちゃら姉妹」(こまどり、とか、阿佐ヶ谷、とか、叶、とか)とかがいいなぁと思い、軽く募集したところ、いまひとつ「銭ゲバ姉妹」をいう案をいただきました。
(ひきつづきゆる募)



そんでそんで!次は5/12 ところは同じく古書カフェくしゃまんべにて、レモンさんもみゆきさんもともに「モノガタリ宇宙の会」のライブがあります!
この日は江州音頭一点張り!(笑)
1月につづいて「2525稼業」さんと再びの対バンです!
御予約お待ちしておりますー!!


『2525宇宙inくしゃまんべ』
e0303005_15374585.jpg

アコースティック系日本語ポップスに取り組む2525稼業。関東で初代桜川唯丸流の江州音頭に取り組むモノガタリ宇宙の会。その二組が今年1月18日、門前仲町Chaabeeでの公演を経て初夏の王子で再び共演!

日程:2019年5月12日(日)
時間:18時開場 18時半開演
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6

出演:
* 2525稼業
(平山亜佐子、廣川沙羅、チャーリー高橋)
https://nikkoniko.exblog.jp/
* 江州音頭・モノガタリ宇宙の会
https://twitter.com/monogatari_univ

料金:2,000円(+1ドリンクオーダー)
定員:20名

Facebookイベントページ:






そんでそんでそんで!
5/16はいよいよ「高橋まつり2019」です!
翌月には故郷の北海道に帰ってしまわれるチャーリー高橋さんの音楽世界を概観を豪華出演陣総出でたっぷりやります!
この機会をどーかお聴き逃しなくー!!
レモンさんは江州音頭やりますよー!

『第5回 高橋まつり』

e0303005_22470500.jpg


日程:2019年5月16日(木)
時間:18:00 開場 19:00 開演
場所:MANDA-LA2
住所:武蔵野市吉祥寺南町2-8-6 第18通南ビル地下
TEL/FAX:0422-42-1579

料金:3,000円+ドリンク (予約不要)

出演:

*シュトカプー:
高橋裕(g)、岩原大輔(パーカッション)、近藤治夫(古楽器)、赤羽美希(鍵盤ハーモニカ、アイリッシュハープ)、YUKKIY(vo)、Lico(vo)

*菜の花楽団:
さとうじゅんこ(vo)、チャーリー高橋(g)、岡野勇仁(kbd)

*アンチゴネー:
日下麻彩(vo)、チャーリー高橋(g)、梅野絵里(アコーディオン)

*2525稼業
平山亜佐子(vo・鍵盤ハーモニカ)、廣川沙羅(vo・鍵盤ハーモニカ)、高橋裕(g)

他に、
mue(vo)、あがさ(vo)、クドウアイコ(vo)、大江友海(vo)、新美桂子(vo)、まりこ(vo)、中西レモン(江州音頭)、桜井真樹子(vo・声明)、立岩潤三(パーカッション)、ひょうたんたけし(ひょうたん笛)、王珊(芦笙)、賃貸人格(テルミン)

特別ゲスト:沢田穰治(b)

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/2250837628568159/




by agatha2222 | 2019-04-23 20:31 | Live Report | Trackback | Comments(0)

春のナーサ女子会

昨日のライブ@奥沢bar nasa、
あがさゆかりのととぅ
ご来場まことにありがとうございましたー!

e0303005_23013067.jpg
(photo by ほにゃ~さん)


(もうこのライブは春の装いだな~と何となく考えていたけど、この日は寒の戻りというかめちゃさぶくって…ふつうに着込んだら前回と同じ格好になっちった)


この四人では四年ぶりのライブだったけれど、mueさんRINDA☆さんのデュオはやっぱり良い…!
息ぴったりで、RINDA☆さんのパンデイロやヘボロ他パーカッションは軽快でノリノリでカッコよ~!
で、mueさんは(私の知る限りでの)定番曲も新曲も、ひねりをたっぷり聴かせたコードワークにポップなメロディ、それでいて言葉はこころに染みる、思慮深いmueワールド。
そして変わらぬ透き通った声に花粉で汚れた私のあちらこちらも洗われました。
楽しかった!!

e0303005_17250754.jpg
(photo by ほにゃ~さん)



我々「ととぅ」は、今回はゆかりさんがフォホーメドレーをトリアングロ叩き語りしたり、私は音頭(歌亀節)をシャシャード風(あくまで、風です)に歌ったり弾いたりと初めての曲もあり。
ひさしぶりーにトゥバ民謡の「チュラホール」を二人でやったり(これはサンバ)、アルバム「ラーフラ」からは「流れる雲のマルシャ」をやったりと、前回のソロライブからの流れでミルトンのトラベシア日本語バージョンをやったりと…、全体的にはブラジル色(あくまで、風ですが フーですが)強めなセットリストでした。
ゆかりさん、もっとフォホーもサンバも教えてください…!(歎願)
ソロも良いけど、ととぅはやっぱり楽しいです。
またいつか、このメンバーでやりたいです!

e0303005_17261509.jpg
(photo by mueさん)




PS. お客さんで来てくれたチャーリー高橋さんがライブについてブログに書いてくださってます


ほんでもって次、4月はライブはこれ一本。
4/22『ええ声~の会』@古書カフェくしゃまんべ(王子)です!
お席すこしずつ埋まり始めてますので、気になる方は早めに予約したってくださいね~!

e0303005_23025462.jpg

by agatha2222 | 2019-03-30 23:05 | Live Report | Trackback | Comments(0)

何処かへ続く道

『結犬』さんとのツーマンライブ『Travessia〜何処かへ続く道』高円寺グレイン、終了しました。ご来場、まことにありがとうございました。
今回は新たな出会いもありつつ、アルバム「ラーフラ」を聴いて初めて聴きに来てくれた方も、懐かしい再会もありつつ、私にとってはとても温かい場となりました。
企画してくれた津田君(つーやん)の人徳のなせる業やね、ありがとう!


左から、わたくし、津田犬太郎くん、村田結さん。
e0303005_14563873.jpg


『結犬』は、曲間に即興を挟んだガットギター弾き語り、澄み渡った歌声が世界をつくる村田結さんと、踊りの津田犬太郎くんが去年秋に沼袋の公園で意気投合したところから始まったデュオ。
その昔は私も一緒に合唱団をやったりと主にボイス・パフォーマンスに注力していた津田君は、その後表現形態を踊りへとシフトさせ…って本人的には、ボイスも踊りでもやってることは同じとのことですが、先日、久々に彼の企画/出演する音楽×踊り(×語り)の作品「山椒犬」を観に伺い、その言わんとしていることが少しわかったような気がしたのでした。海外での大舞台も含め、たくさんの現場でもまれて磨かれて、またここから新たな旅を(=『Travessia ~何処かへ続く道』というシリーズ企画)始めるとのことです。

e0303005_15161572.jpg


結犬デュオのジッと集中した時間も、津田犬太郎くんに踊ってもらった歌った久々のトラベシア(ミルトンのカヴァー)も、お客さんのオハヤシが優秀すぎる音頭(やんれ節)も楽しかった!
(トラベシアはたくさんの人が動画撮ってくれてたような、、)動画あります☆

e0303005_16110969.jpg
(photo by とよさん)




こちらは『結犬』パフォーマンス中の落書き。↓
津田君は普段、ど近眼のメガネっ子でパフォーマンスの時だけメガネを外すので、裸眼だとこういう顔なのかと新鮮な気持ちでつい描きたくなります。
中央に描いた顔(目玉白いやつ)がめっちゃこっち見てくるのでパフォーマンス中、笑いをかみ殺していました。(まったく失礼な奴ね…)

e0303005_15015871.jpeg


高円寺グレインはギネスが飲めて(ライブの時は特別価格…!)、階下の中華料理屋さん「成都」で出前を取ることもできるいたせりつくせりなお店です。
写真は終演後に訪れた「成都」の餃子…でかさ半端ない。
安さも旨さも半端ない。
高円寺おそるべし。
また来るぜ!!!!

e0303005_15014722.jpeg




はい。というわけで、
お次は3/29、「ととぅ」で久々の投げ銭ライブです!
4年ぶりのmueさん&RINDA☆さんのデュオとのツーマン、再びやります!
この日は、ゆかりさんがノルデスチ(ブラジル北東部の音楽)歌ったり、mueさんとビートルズメドレーやったりなんかもう楽しい感じになる予定です。
奥沢のnasaはピアノもあるライブバー、カレーも沖縄料理も美味しい素敵なところ、遊びにきてね!



Live at BAR nasa

日程:2019年3月29日(金)
開場 19:00 開演 19:30
場所: BAR nasa(奥沢)
住所: 〒158-0083東京都世田谷区奥沢3-33-7 近江ビル2F
東急目黒線「奥沢」駅徒歩1分 東急東横線「自由が丘」駅徒歩6分
電話:03-6421-8113
メール:nasanaonagi@gmail.com

料金:テーブルチャージ200円 + 投げ銭制
(1ドリンク以上のオーダーをお願いします)

出演:
mue (vo/gt) & RINDA☆(pandeiro)
あがさ(vo/gt) & 飯島ゆかり(per/vo)

御予約:agathabeatle(at)gmail.com あがさ迄


e0303005_14580987.jpg

by agatha2222 | 2019-03-10 16:11 | Live Report | Trackback | Comments(0)

ラリホー!はランディの「ラ」

(タイトルに意味はありません)

3/1
チャーリー高橋、渾身の企画『ランディ・ニューマンと私』@喫茶茶会記、アンコールで「らりほ~!」っと盛り上がって無事に終了。
(皆さんにお配りしたセットリストに「アンコール」まで記載されているというナイス計画性、アンコール曲はチャーリー高橋楽曲の「オール電化ラリホー」でした。)
ご来場、誠にありがとうございました!!

左から赤須翔さん、Eri Liaoさん、チャーリー高橋さん、梅野絵里さん、わたくし。

e0303005_20555258.jpeg


今企画はチャーリーさんのソングライティングの源泉に迫るランディー・ニューマン特集でした。
チャーリーさんからは各曲の解説や告白?、ご自身への影響についても、演奏の前にみっちりと語られました。
ランディ曲は短いのも合わせて厳選された17曲。
これだけいっぺんに演奏すると、なんだかランディの世界が少しわかったような気になりますね。

e0303005_00223921.jpg


わたくしとしては…、
共演の皆のミュージシャンシップがすんごくって、今回わたしは殆どお客さんの気分で、泣きまくっていましたとさ!
合間に1、2曲ずつくらい演奏された出演者それぞれのオリジナル曲=それも各々の「私の中の」ランディ的要素が反映された曲だったりして、それが素晴らしくって、痛みが強くて、二日たっても頭から離れません。

e0303005_20562565.jpeg


終演後、お客さんに「あがささん、いつものようにフライヤー完コピ写真を撮ったほうがいいですよ!」と強く勧められ…
ランディのジャケ写とチャーリーさんのコラボフォト。↑
似てる?↓

e0303005_23553648.jpg


さて、チャーリーさん主催のランディ・ニューマン特集は続編開催が決まっております。
日程は5/3、門前仲町チャービーにて。
続編では、さらにランディ曲のピアノ演奏にも注目した音楽的な解析や、チャーリーさん自身の楽曲への影響まで掘り下げ、さらにランディの特に変態的な?曲も取り上げてプログラムする予定とのこと。
わたくし個人の出演は未定ですが、こちらもチェケラッチョしてみてくださいませ!


写真はリハ中。よい音楽の夜だったな~!みんなありがとう~!

e0303005_20560639.jpeg


梅ちゃんがピアノで素敵にアレンジしてくれて、二人で演奏した"Living Without You"、
軽く翻訳してみましたので最後に載せますね。ご参考まで…
(って、解釈、間違ってたらどうしよう…)



Living Without You
(Randy Newman)

The milk truck hauls the sun up
and the paper hits the door
the subway shakes my floor
and i think about you
time to face the dawning gray
of another lonely day
baby, it's so hard
living without you

牛乳配達の車が太陽を引きずり出して
投げられた新聞がドアを打つ
走り始めた地下鉄が僕の部屋を揺らす
そしてあなたのことを考える
いつもと同じ孤独な一日の始まりと向き合う時間だ
あなたなしで生きることはあまりにも辛い

it's so hard
baby, it's so hard
baby, it's so hard living without you

あなたなしでは
とても
とても生きられない

Everyone's got something
and they're trying to get some more
they got something to get up for
well i ain't about to
nothing's gonna happen
nothing's gonna change
baby, it's so hard
living without you

誰しもが大切な何かを持っていて
さらにもっともっと手に入れようとしている
朝起き上がるための理由がある
でも僕にはない
これからも何も起こらないし
何も変わらない
あなたなしではとても生きられない 

it's so hard
baby, it's so hard
baby, it's so hard living without you

あなたなしでは
とても
とても生きられない







by agatha2222 | 2019-03-04 00:18 | Live Report | Trackback | Comments(0)

倍音パラダイス

「弦のかきみしる会vol.3」@新装開店のくしゃまんべ、満員御礼にて終了しました!
みっちみちのご来場、まことにありがとうございました!

お決まりのフライヤー完コピ記念撮影、京都からはるばる来てくれたゲスト/タイバンの「わだこ」さんと。

e0303005_20273133.jpg
(photo by えブチみほさん)


e0303005_20275058.jpeg
(む、、、ネックを抱える位置、左右逆だったね…)


わだこさんのお里、秋田のお土産にいぶりがっこを頂いた!(シャキーン)
に挟んで食べたい。
わだこおススメの食べ方は、クリームチーズとさらに!!!干し柿を合せてリッツとかに乗せて食べるのだそうです。
沢口靖子もぶったまげ。
e0303005_13424463.jpeg



トゥバの伝統音楽に(+江州音頭も)取り組んでおられる、わだこさん。
そのホーメイ(喉歌)も、イギルやチャンズ、ミンミンといった弦楽器も、以前聴かせてもらった時よりも更に磨きがかかっていて、マジでビビりました。
地声もホーメイも曲によって様々な表情が。
音色が切り替わるところの気持ちよさが。
弾むようなボルバンナデル(ホーメイしながら唇や口腔を動かして音を震わせるテクニック)が!!
くしゃまんべ店内が倍音パラダイスに。

わだこ四連発。
左上:イギル、右上:ミンミン(名古屋発祥の?楽器)、左下:ホムス(人も羨む目次口琴)、右下:チャンズ。

e0303005_13372953.jpg


(後日、お客さんがアップしてくれた動画追加しました)







ひたむきに努力を続ける人はやっぱり上手くなるんだよなぁ、、と改めて、自分も頑張らねばと真面目な気持ちになりました。
トゥバ愛とお相撲愛が溢れるトークも興味深かったです!
またなんかやりたい!




で、わたくしも今回は歌亀節シャシャード編(?)の初演を含む音頭3連ちゃん、なんとか演れてよかったです。
二人それぞれに演奏したトゥバの「カルダック・ハマル」も、江州音頭も、一般的にみれば確かにニッチなのかもねー(自分の限定的な視野からは両方ともめっちゃ流行っているように見えるんだけど)、と面白い巡り合わせでもありました。


(こちらも後日、お客さんがアップしてくれた動画追加しました)






二人それぞれに演奏したトゥバの「カルダック・ハマル」も、江州音頭も、一般的にみれば確かにニッチなのかもねー(自分の限定的な視野からは両方ともめっちゃ流行っているように見えるんだけど)、と面白い巡り合わせでもありました。



ちなみにその(わたくしバージョンの)カルダック・ハマル他、トゥバ曲カヴァーシリーズはこちらかお聴きいただけます。
来月にはもう一曲、仕上げてアップする予定なのでそちらもよろしくね!




というわけで、このような流れのなか、次回くしゃまんべでは趣向を変えてこのような会を催したいと計画中であります…首を洗って待っててね!

e0303005_20351288.jpg



1/11
そして翌日は、シンガーソングライターのYUKKIYさんがパーソナリティを務められているレインボータウンFMのラジオ番組、「ふかがわ音meguri」に出演しました!
アルバム「ラーフラ」から2曲、流して頂きましたよ~!
YUKKIYさんに「ドヤサレコーズ(Doyasa Records)」を連呼してもらえて宣伝効果もばっちりだ!

e0303005_13421095.jpg


主にチャーリー高橋企画でこの5年程ちょくちょくご一緒する機会のあったYUKKIYさんですが、今回サシでは初めて、音楽のことなどいろいろお話できて良かったです。
Youtubeでも放送のようすを観られるようです。







はい。というわけで、
次はそんな江州音頭のライブ二連ちゃんです。
宣伝御免!!!

↓↓↓↓↓↓

タイトルの「はじめて会ったのは」云々は、レモンさんとの出会いを回顧するチャーリーさんの談。旧知の「2525稼業」さんとのタイバンです!そんなノスタルジーを醸しつつ?我々「中西レモン社中(モノガタリ宇宙の会)」は江州音頭・歌い継ぎにてChaabeeを盆ダンス・フロアに変えちゃうYO!たっぷり踊るも、まったり聴くのもあなたの自由!是非きてー!
2019年1月18日(金)
『はじめて会ったのはたぶん小金井のアートランドで…』
時間:開場 18時半  開演 19時半
場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11

料金:2,500円+ワンドリンク

出演:
*2525稼業
平山亜佐子(vo/鍵盤ハーモニカ)
川沙羅(vo/鍵盤ハーモニカ)
チャーリー高橋(gt/vo)
...ガットギターと鍵盤ハーモニカでアレンジした戦前のジャズ歌謡を中心に演奏します。

*中西レモン社中(モノガタリ宇宙の会)
中西レモン
宇宙軒梅☆ぼし(立石有美)
宇宙軒MYOJO(北野留美)
佐藤みゆき
あがさ
...今もなお歌い継がれる滋賀県発祥の盆踊り唄、江州音頭は初代桜川唯丸節を唸ります。

Facebook イベントページ:
e0303005_00500427.jpg



グループ展開催中の銀座のギャラリーバーにて、江州音頭「モノガタリ宇宙の会」、たっぷりと唸ります!美味しいお食事/おつまみメニューも充実しております!
2019年1月19日(土)
『モノガタリ宇宙の会 江州音頭ライブ』
時間:開演 19時
場所:ギャラリーバー カジマ
住所:東京都中央区銀座7-2-20 山城ビル2階
電話:03-3574-8720

出演:
江州音頭 モノガタリ宇宙の会
(中西レモン、立石有美、北野留美、佐藤みゆき、あがさ)

料金:500円+ドリンクオーダー(演者への投げ銭をお願いいたします)

e0303005_12242037.jpg


by agatha2222 | 2019-01-13 13:33 | Live Report | Trackback | Comments(0)

川面に浮かぶ冬至の月

12/22
Eri Liaoさん、岡野勇仁さんとともに、深川某所でライブでした!

e0303005_21182497.jpeg


小名木川を望むロケーションもすばらしく、ライブ後の懇親会も楽しく、(レース鳩の話など特に…)鹿肉の手作りソーセージなどのご馳走もおいしく、年末のご褒美?のような会となりました。


Eriさんの歌った「逢いたくて逢いたくて」(園まり)がほんと素晴らしくて、自分は演奏に参加するわけでもないのにステージ側に座ったままぼろぼろ泣いてしまい、映像に撮ってる人もいるのに何してんねんと思ったら今度は笑いそうになり、噴出すのはなんとか堪えたけど…後から録音を聴き直しても泣ける。

Eriさんは他にも台湾タイヤル族の歌、テレサ・テンの北京語の歌、奄美の民謡からジャズにボサノバとそれぞれ表情をガラリと変えて惹きこんでくれました。
Eriさん・岡野さんのデュオに何曲かわたしも混ぜてもらって、楽しかった!


わたしのソロコーナーでは、「よるのひるね」のギター弾き語りバージョンもやってみた。
シングルとしても一応リリースしたリード曲にもかかわらず、「ピアノがないと演れまへんー」と今までライブであまり出来なかったのが寒いな!っということで、まったくのバージョンということでアレンジ(アレンジというほどのこともない)してみた。
ピアノならではの感じはどうしても出せないので、「軽さ」推しで。


こちらはデモ。
「よるのひるね」




オリジナルバージョンはこちら。








by agatha2222 | 2018-12-29 23:51 | Live Report | Trackback | Comments(0)