カテゴリ:Travel (Dance)( 24 )

お砂にタッチ

うかうか、しているわけでもないけど冬至も過ぎてあ!!!っという間にメリークリスマス!とか言わなきゃいけない(嘘、言ってみたかった)日だ!
あー、おろおろ、ばたばた。
とりあえず、今日の日には、これを。
なんでも、今日はこの曲「きよしこの夜」がうまれてからちょうど200年だとか…!(フェイスブックで合唱指揮の方がそう書かれておりました)



きよしこのよる ープロトタイプ



きよしこのよる ーほんちゃん





それはさておき、12月の旅の話のつづきです。
熊野に向かった前日は、家族で白浜に泊まり(水道水の匂いのする温泉に浸かり)、いろいろ観てきました。

まず、三段壁。

e0303005_01403540.jpg


いわゆる、崖、クリフ。
和歌山で通じる慣用表現として、「もう、三段壁から飛びおりんなん!」(飛び降りなきゃいけない)というものがありますので、憶えておいてください。もう、にっちもさっちもいかねぇ!!という状況などで使えます。

e0303005_01133388.jpg



三段壁ソフトクリーム。
お味の程は、この寒さでは確かめることも叶わず。

e0303005_01243625.jpeg


興味はそそられる。

e0303005_01241810.jpeg


それはもう。

e0303005_01242269.jpeg


三段壁の岩の内側は鍾乳洞になっていて、エレベータで中に入れるのです。
牟婁大辯才天 with 十六童子が祀られておりました。

e0303005_01245076.jpeg


壇ノ浦の戦いで源氏を勝利に導いた熊野水軍の鎧かぶとなども。
玉置浩二とは似て非なるもの。

e0303005_01242549.jpeg


my 甥。

e0303005_01245415.jpeg


かわいいだらう?
ちなみにコレはわたし。

e0303005_01305027.jpg

かわいいだらう?


こちらは千畳敷。
感想、さむい。

e0303005_01250184.jpeg


このあと、紀伊田辺までブイーンと車を飛ばして、鬪雞神社へ。
鬪雞神社は熊野三山が勧請されており、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産にも登録されています。

e0303005_01251142.jpeg


熊野の別当、湛増(たんぞう)とその息子、武蔵坊弁慶の像。

e0303005_01251408.jpeg


鬪雞神社の名の由来は、平家物語壇ノ浦合戦の故事によるものだそう。
源氏と平氏の双方より熊野水軍の援軍を要請された熊野別当・湛増が、どちらに味方をするかの神意を確認するため、神社本殿の前で赤を平氏、白を源氏に見立てた紅白7羽の鶏を闘わせたところ、赤の鶏は白の鶏を見るなり逃げ出したため、源氏につくことを決めたとか。

ちなみに南方熊楠の妻、松枝は鬪雞神社の宮司の娘でした。
…本当かどうかは知らないけれど、うちの実家の祖先は平家の落人という話で、うちの曾祖父(熊楠の家の隣に住んでいた)は熊楠と仲が悪かったそうなんですが、そこには源平合戦の名残のようなものが…ファミリーカルマが…あったのかねぇとかちょっと思ったりして。



はい。
鬪雞神社へ参詣の前には、菩提寺で墓参りを済ませたのですが、そこにこんな立て看板が。

e0303005_01250589.jpeg


折しもこの翌日は12/8、成道会(ということは、「ラーフラ」のお誕生日ってことよね?)ということで三晩に渡って法要が行われるとのこと。
ぜんざいが!!
ぜんざいが!!
ぜんざいが!!!振る舞われるらしいから、あっこちゃん行って来たら?という姉の鶴の一声で(この後に家族と別れてヒマになるので)、夜にもう一度のこのことやってきました。


成道会の法要に参加するのは初めてでしたが、説法は長く聴きとり難く眠かったですが(曹洞宗のお寺なので道元禅師のテイルズ)、面白いエレメントもありました。
なんてったって「西国三十三霊場お砂踏み」というのが、うーんリチュアル!リチュアル!(ritual)
参加者全員列をなして、順路に従って、お寺じゅうに鎮座する沢山の沢山のなんかしらの全ての仏像の前で手を合わせ、焼香し、おりんを鳴らし、時にはただ和太鼓をぼーんと打ち鳴らし、器械的にスピーディーに進んでいく。
そして、位牌の並んだある部屋では西国三十三霊場の砂、が入っているとされる見た目ホッカイロな布の袋に、高速でタッチ!タッチ!タッチ&ゴー!
なんかテンション上がってきます。
砂に触ったから、行ったことにしとける!ってことでしょうか。
うん、なんかテンション上がりましたわ。


リチュアルのようすはさすがに写真に撮るのは憚られたので、目当てのぜんざいを。
滋味深くとっても美味しかったです。

e0303005_01252104.jpeg


というわけで、翌日は熊野本宮へ、熊野でテホヘ
今日のブログはおしまいける&メリークリスマス☆




by agatha2222 | 2018-12-24 23:35 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

テーホヘ テーホヘッ

12/8
この特別な日に、「奥三河の花祭 熊野公演」を観に行ってきました。
聖地・熊野の根源にある湯の信仰が山伏によって各地に伝播し、湯立神楽として発展を遂げた「奥三河の花祭」が、数百年の時を超え熊野川と音無川に挟まれた大斎原(おおゆのはら)=熊野本宮大社の旧社地に里帰りしたとのことです。

大斎原の森はなんとも清々しいところ。

e0303005_20221691.jpeg


e0303005_20190972.jpg


e0303005_20130340.jpeg




…「大斎原(おおゆのはら)は、本宮の故地で熊野権現出現の霊地であり、音無川と熊野川の合流点の中州にあった。『熊野権現御垂迹縁起』には「大湯原」とある。本宮では「湯」と「斎」は重なり合い、降臨・憑依・顕現・潔斎の意味が混淆していた。」
(鈴木正崇「熊野と神楽」)

e0303005_20102949.jpeg



花太夫が祭文を唱え、火と水を清め神々の勧請が始まると、湯気のせいか湯蓋(=神が宿るといわれる五色の紙飾り)が大きく揺れ、さらには頭上高く鳶の大群が現れ円を描いて飛び始め‥。

e0303005_20200874.jpeg


動画は榊鬼(猿田彦)の舞。
笛と同じ旋律で、テーホヘテーホヘッと見物衆(=せいと衆、と言うらしい)も囃子で参加します。




榊鬼の舞の後は、みこ・おかめ・しおふき(ひょっとこ)による舞。
見物衆の顔に大根やしゃもじに付けた味噌やご飯を塗りつけて祝福してまわる。
きゃあきゃあ逃げる子ども。楽しげ。
私も顔にご飯塗ってもらいましてYES!無病息災。(味噌は勘弁)

獲物?を見定める、しおふき。

e0303005_20101103.jpeg


この後、帰りの時間があったので最後の「湯ばやし」まで見られなかったのですが、まあまた来年以降、奥三河や遠山の霜月祭りなど、湯立神楽の場に居あわせてみたいという気持ちが興ったのは良かったです。
なんだか今回は、心から楽しいと思えたんですよね。こういったお祭り(民俗行事)を見に行っても、いつもはなんというか、こういったものもあるのだなぁ、くらいに思うか、笛や唄の旋律が耳に残るかするくらいのもので。なんでだろうか、なんで盛り上がれないんだろうか?と、よくよく考えてもみていたんですが。今回は、やっぱりよく見知った場所で、聞きなれた言葉を話す人たちに混じって、「ホーム感」があったのかなぁ。(それとも、出不精の自分が珍しくひとりでわざわざ行ったのだから楽しくないわけないだろう!というマインドセットのせいかもね。)こういったお祭りって、そこに住む人々、共同体のためのものだと思うんだけど、そういう「共同体」という概念に対して、恐れというか僻みに近い嫌悪感のようなものが、自分にはうっすらとある、まだ残っているな、とも思っていて。頭、パッカー!!!と開いて魂かがやかせてみたいものですが。


でもね、そうも言いつつちゃんとミラクル?熊野マジック?が起こったんですよ。
花祭の前に訪れた熊野本宮大社の境内で、長らく会ってないかった友人というか恩人(彼女も東京方面から友人と旅行で来ていた)に偶然出会い…!花祭にも誘って一緒に観ることに。

e0303005_01005448.jpg


で、この日は花祭りを観た後に最終バスに乗ったのでは夜の飛行機に間に合わないので(バスが1時間半に一本しかない…!しかも最終が16時。)、かといってこの為にわざわざ来たので、紀伊田辺でもう一泊するしかないなと考えていたんだけど、彼女の運転するレンタカーに関空まで同行させて貰えて、もともととっていた便に乗ることができて、お陰で翌日までの個展やら何やらも観に行くことが出来たのです。
感謝とともに、このミラコーの意味するところを考えずにはいられないよ!
しかも?彼女はこの日の朝、アマテラスに籐の箱をプレゼントされる夢をみたらしい。
なんか意味ありげやろ!

といった盛りだくさんな今回の帰省を兼ねた2日間の旅行だったのですけど、熊野の前にもあれこれ訪れてきました。そのへんはまた次回!



by agatha2222 | 2018-12-18 13:04 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

佐渡に行ってきました

e0303005_11203565.jpg



6/14~6/18と佐渡ヶ島に行ってきました。
往路のフェリーで酔って泡吹きました。

滞在は「大崎あいましょうハウス」でお世話になりました。
e0303005_16074363.jpg




んでもって、羽茂まつりにて見世物小屋やりました!
今回は「おじゃるず」と共演!

e0303005_11491628.jpg


羽茂まつりとは、佐渡の芸能全部出しフェス!!みたいなやつです(たぶん)。
e0303005_21260445.jpg


前日から建てこみ開始。
竹とよしずで小屋を建てるのあります。

e0303005_16061566.jpg


達磨絵の画看板と神農皇帝の背景幕に加えて、今回あらたに加わったレモンさんの新作は三枚の妖怪画。
かまいたち、むじな、

e0303005_21153546.jpg



そしてカッパ!
ぜひ実物を身に来やしゃんせ。
e0303005_21151997.jpg


風を気にしながら画看板を立てます。
うんとこしょ。
e0303005_16065481.jpg


どっこいしょ。
e0303005_16055267.jpg



年初に大阪で入手した「アホみたいな」着物も初めて着てみたんですけど、ここに並ぶとアホみたいでもなんでもないですね。
e0303005_21543161.jpg


で、「見世物小屋」はまた8月に東京でやるみたいです!
追って詳細アレします。




ところで佐渡でも大人気の「おじゃるず」、
この長い頭に既視感、と思ってたんだけど、、
e0303005_11495226.jpg


チョコリエール?(ブルボンは新潟にあるしね)
e0303005_21061733.jpg




佐渡滞在、最後の日は小木さざえ祭りへ。
e0303005_20490333.jpg


小獅子舞に、
(前日には稽古のようすも見学させて頂きました。)
e0303005_11485419.jpg



つぶろさし、あと民謡&踊りのステージなどを鑑賞いたしました。
e0303005_20463654.jpg


もちろんサザエも食べました。
e0303005_20465682.jpg


その後みんなでお掃除して、フェリーで本土(新潟市)に戻り、
翌朝ブイーンと東京まで車に乗せてもらって帰りました。
楽しかったニャ~~~
e0303005_11210490.jpg



はい!!
こっから美味しい思い出、いくで!!

その① 鮎味噌

e0303005_16092518.jpg

おりしもこの日は鮎漁解禁の日。
焼いた油石(熱に耐えうる石を河原で見つけてくるのが大変だとか)の上に茄子で土手を作り、味噌を盛り、鮎を焼く。鮎の身と肝を味噌に混ぜて、炊きたてのご飯に乗せて食べると何杯でもいけてまうやつ。

e0303005_20504316.jpg

もちろん最後に茄子も頂きました。
茄子に熱い視線を送る竹内さん。

e0303005_16093982.jpg





美味しい 思い出② 
新潟で「へぎそば」を食べました。初めて食べました。
つなぎに小麦粉ではなく布海苔を練り込んであり、ヘギと呼ばれる器に盛って食べるので「へぎそば」と言うそうです。あたくし蕎麦にはちょっとうるさいんですけど(うるさいので吉そばか小諸蕎麦にしか行かないんですけど)これは美味しかったな~。。アゴ出汁のつゆも良し。

e0303005_20462170.jpg


いつも通りのレモンさん。

e0303005_20473643.jpg



美味しい思い出 その③
「大崎あいましょうハウス」の隣に住んでいるイトウくんの「究極のみたらし団子を作る」計画に耳を傾ける皆さん。

e0303005_16114328.jpg


ググったレシピどおりに作ったタレが不味かったそうなので、お団子だけ焼いて頂きました。
ふつうに美味しかったです。
やっぱり佐渡は新潟は米うまい!!!!

東京農大出身のイトウくん。

e0303005_16111599.jpg





by agatha2222 | 2018-06-22 22:00 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

おぶり判官

1/21
つづきまして、大阪・天王寺から阪和線で和歌山へ下り、そこから母の車で熊野街道沿いの湯の峰温泉へ。


小栗判官蘇生の地。
e0303005_17310960.jpg



ここのお湯はわりとフツーな硫黄の匂いのする透明なお湯でした。
e0303005_17312227.jpg


翌朝は熊野大社へ詣でまして、
e0303005_17344455.jpg

e0303005_17343635.jpg


「幸福おみくじ」が気になりましたが200円が無くて引けませんでした。
e0303005_17352207.jpg


でもソフトクリームを買う350円はありました。
e0303005_17354299.jpg


レモンさんおすすめの「つぼ湯」にも入るぞと思っていましたがうかうかしている間に車で通りすぎたのか見つけられませんでした。
母曰く「死んでないから別に(入らんでも)ええやん、死んでたらどぼんとそこに浸けんならんけど」。
まあまた機会はいくらでもあるでしょうから後のお楽しみにということで。



雨の降るなか墓参りを済ませ、白浜のとれとれ市場で昼食など、
e0303005_17314562.jpg



べにばえ(蜜柑)の間に覗く広告を気にしてみたり、
e0303005_18065918.jpg


大きな水槽にスイミングスクールの思い出を喚起されてみたりしました。
e0303005_17385956.jpg



南方熊楠記念館は海岸沿いの庭の中にそびえるモダーンな建物で、
e0303005_17354862.jpg


昭和天皇が熊楠を思って詠んだ歌。
e0303005_18084752.jpg


水木しげる先生の直筆サインとかも飾ってありました。キタちゃん!
e0303005_20102130.jpg



その後、母の運転する車内でQueenのCD等に併せて熱唱しつつ(音頭の練習やってるのを聴いていると眠くなると母が申すもので)和歌山駅へと戻り、特急くろしおと新幹線を乗り継いで東京へ戻るわけですが、
大阪で唯丸師匠の1982年のライブ音源で「俊徳丸」を聴かせてもらったところだったので、
さっそく説教節の「信徳丸」の解説本を車中で読んでいましたら、

e0303005_20321026.jpg


「…清水の御本尊は、虚空よりまたお告げして、『やあいかに信徳丸、御身がようなる異例は、これより熊野の湯に入れ』と教える。信徳丸は湯に入らばやと思い、四天王寺を出て熊野へ向かう。…」(水上勉『説教節を読む』)


…ってこれ昨日のワシのルートやがな!!!


「小栗判官」のお話もそうですが、「蘇生」または「蘇り=黄泉還り」といえばやっぱり、熊野なんやなぁ、とか改めて思った次第…。(信徳丸は死んでないけど、継母の呪いで両目を潰され四天王寺に捨てられてしまう)


2016年にも熊野を訪れたんですけど(って和歌山に帰省しても他に行くとこがあまりないからしばしば行くんですけど…)、
そもそも、熊野(和歌山)が黄泉の国として、古代の日本人は「一度死んで生まれ変わってくる」覚悟で和泉山脈以南(=闇ニッポン)に赴いた、そして生きて都に戻ってこれた暁には周りの人々はキツネのお面を被って祝いの舞いを舞って迎え入れた…、
みたいな話を(多分だいぶ記憶が捻じれているかもしれませんが…)、旧「そら庵」の東海さんに生前、教えてもらって(適当な手踊り付きで…)興味が向いたってことがあったのでした。
わたくしほんとモノを知らないもので。。。


それでもって東京に戻ったら、四年ぶりの大雪。
帰宅ラッシュのピークを過ぎていたので、電車は楽勝で乗れましたが、最寄駅から雪道をスーツケースを引いて行くのがなかなか大変でした。
四年前のこんな雪の日のことを思い出したり。
まあ、今日のところは思い出話はこんなもんで。











by agatha2222 | 2018-01-25 20:58 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

ザ・リターン・フロム黄泉

先月の旧盆あたり、和歌山県南部に行ってきました。
目当てはまず田辺市の南方熊楠顕彰館(=熊楠が米英留学から帰って以来住んでいた家の隣にある。家屋や再現した庭も見学できる)
この家の隣に父の実家があり(今は他人の持ち物ですが)、
ちょうどこの7月は父の13回忌ということもあり来たかったのです。

写真は熊楠の家
e0303005_2072885.jpg



もうすぐ生誕150周年ということでひそかに盛り上がっている熊楠界隈。
熊楠の生まれは和歌山市内で、通った小学校は私の母校でもあり、熊楠の有名なエピソードについては小学校の集会でたびたび聞かされてみんな知ってるといったところ。

出発の日の晩にちょうど民俗・宗教学者の中沢新一さんの「南方熊楠賞受賞記念」出版イベント(講演会)があったので行ってきました。
新刊「熊楠と星の時間」にサインを頂きまして

e0303005_2093456.jpg



その後東京駅から夜行バスで和歌山市まで、10時間、
あまり寝られないし疲れましたが移動そのものが旅の醍醐味かと

翌朝、特急「くろしお」で紀伊田辺へ
弁慶チョーひさしぶりー

e0303005_2063872.jpg



バスの時間の関係で急ぎ足でしたが「南方熊楠顕彰館」へ
熊楠の庭では文字通り耳をつんざく蝉の声、我慢できないほど

e0303005_2011072.jpg


e0303005_20131893.jpg



ここから龍神バスで2時間、山道を登り次の目的地、熊野本宮へ
言わずと知れた熊野本宮大社

e0303005_20152670.jpg



平安時代以降、熊野全体が浄土の地であるとみなされ、
中世、人々は「生きながら浄土に生まれ変わること」を目指して熊野詣の道を歩いたそうです。


大斎原(おおゆのはら)は川の中州にあった旧社地

e0303005_20244685.jpg




熊野古道も歩いてみました
発心門王子より初心者用の7キロコース

e0303005_20165793.jpg


山道で独りという気持ちよさ(前後にはもちろん歩いてる人は居るんだけど)

e0303005_2018102.jpg


ゴールしたら八咫ポストがお出迎え(なんかのパクリっぽい)
八咫烏エブリウェア

e0303005_2019026.jpg



いつかは那智の原始林にも行ってみたいなー


今回の旅の目的は、「緑の中で何にもしない」ことなので 
外出に疲れたら宿に帰ってゴロゴロと本を読む。
上記の「熊楠と星の時間」と同じく中沢新一著「チベットの先生」、神坂次郎「縛られた巨人 南方熊楠の生涯」、あと宿に(沢山)置いてあった「星の王子さま」を(つい先日、古本屋で珍しく星の王子さまの英語版絵本を買って読んだばかりだったのでタイムリー)読了。


四日目の朝、まず新宮市に移動
車窓より臨むエメラルドグリーンの川

e0303005_20232885.jpg



さらに紀伊勝浦へ、「ホテル浦島」で家族と合流
(浦島だけあって)ご丁寧に亀のお船がお出迎え


人々の声援のなか到着(亀が)


翌朝は捕鯨発祥の地、太地町へ

e0303005_20303780.jpg


1歳半くらいの時に来たことがある「鯨博物館」へ
懐かし(憶えてないけど)
e0303005_20341185.jpg


白いイルカ
e0303005_20254671.jpg


こちらは珍味、ウツボ
e0303005_20252395.jpg



電車で3時間、和歌山市へ
窓の外の緑を眺めていると飽きません。
以上、緑にかこまれリラックスできた良い旅でした。

e0303005_20265394.jpg

by agatha2222 | 2016-08-14 20:15 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

広場舞

姉の家族に会うために北京に行ってきました。
ほんの数日間の滞在でしたが、万里の長城や天安門広場、
故宮博物館など定番の観光地を巡ることもかないました。
(写真は後ほど貼っとこうかと、、)

こちら動画は(横向きになっちった…)、
いま中国で全国的に社会現象となっているらしい「広場舞」の現場を激写したものです。




「広場舞」とは主に時間に余裕のある中高年主婦~シニア世代の間で流行っているらしく、
ところかまわず場所さえあれば団体で音楽をかけて踊る、というもの。
夜のショッピングセンターの前で、昼の観光地のど真ん中で、朝の公園で、歩道で、
パラパラか盆踊りかチークダンスか、ジャンルを問わず(しかし振りは決まってるみたい)
彼女/彼らは表情ひとつ動かさず踊っていた。

道路で踊る場所を確保するために、路上駐車の車を皆で押してどかしたりするらしい。
すばらしい。
by agatha2222 | 2016-05-08 01:51 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

アポクリフの旅

ツイッターの自己紹介文に、「シンガーソングライター」に並べて「シディ・ラルビ・シェルカウイの狂ファン」と書き記すほど狂ファンゆえに今年も一発目の旅をしました、二泊四日の旅程で西オーストラリアの都市、パースへ。
移動時間と滞在時間があまり変わらない。
去年はビートリッシュ絡みで忙しく東京を出る機会が皆無だったので、嬉しい。
今回の目的は、4年越しの念願、"Apocrifu"を観ることです。
初演はベルギーの王立モネ劇場で、2007年。
Perth International Art Festivalの一環として今回、2/25~2/27の三日間、上演されました。




数年前にはその「狂ファン」っぷりについてブログに書きまくっていましたが(恥ずかしい)、まあこのところは落ち着き、というか騒ぐのはやめたんです。
(数年前より忙しくなったということもあるけど)

以下、ファン活動の纏め:

2013年はソウルで"Babel(word)"を観て、
パリとルクセンブルグ(マイルのおかげ)では"Play"と"Paz/zle"を。
ついでにブリュッセル&アントワープ(ベルギー)へ巡礼、Eastmanの本拠地を覘きに(侵入)

2014年はアントワープとティルベルフ(オランダ)で"davant"と"4D"。
あと成り行きでアムステルダムでぶらぶら
その時のブログを二年越しで先日やっと書きあげました)

その他、旅をせずとも東京でも舞台を観られる機会はあり
2012年は初めて、"TeZuka"をオーチャードホールへ(森山未来の出演でも話題に)
2014年は前年ソウルで観た"Babel(word)"、これは坂本龍一のキュレーションで札幌芸術祭でも上演
2015年はシェルカウイがダンス部分の振付と、全体の演出を手掛けた演劇作品"Pluto"("TeZuka"に続く手塚治虫へのオマージュ)

さらに2013年にはシェルカウイと数々の作品で共同振付をつとめたダミアン・ジャレが初めて東京でワークショップを開催したのに参加、先述の"Babel(word)"と、パリ・オペラ座バレエ団のために振り付けた"Bolero"から一部分だけとはいえ振付を学ぶ機会を得た。
このまさに夢のような、かつ身体的には地獄のような(全身痣だらけ、足はパンプアップして腫れたような状態…)一週間のようすもブログでガタガタともの申しております。

舞台の他ではダンスシーン等にシェルカウイが振付けた映画"アンナ・カレーニナ"を蒲田の映画館で。
2014年9月、ニック・ケイブ作曲のオペラ"Shell Shock"は期間限定でベルギー王立モネ劇場のウェブサイトで前編観ることができた。
DVDになっているのは"Zero Degree"、"Sutra"、"In Memoriam"、あとメイキングを含む垂涎のドキュメンタリーが3本と、他振付家とのミックスト・ビルの"In the Spirit of Diaghilev"(シェルカウイはニジンスキー/ドビュッシーの「牧神の午後」を振付、タイトルは"Faun")。
サドラーズ・ウェルズ劇場(ロンドン)制作の作品はDVDが出るんだよね~。うーん他の過去の作品もDVDになってほしい。。。

他に英語で読める本は二冊、ドラマトゥルグのGuy Cools(改めて書いてみるとスゲいカッコいい名前だね、クール・ガイだよ、、ガイ・クール。)によるインタビューを含んだ著書。
あと2014年に発売された、2013年までの活動を網羅した豪華なフォトブック!しかしフランス語!
殆ど読めないけどネットにも転がってない初期作品の写真が観られるので善し。

あとはYoutubeで各作品やインタビュー(英語だったりフランス語だったりフラマン語だったり…)の断片を掻き集めてオタクはオタクとなり得る。
うむ、振り返ればけっこう味わえている…が、それ以上に多作なので追いつかない!

と、前置きはこの辺にしておいて、「アポクリフの旅」について。
そもそもの話、
2012年の1月7日(日付まで覚えてる)に東京都写真美術館に観に行った、元東京バレエ団のプリンシパル、首藤康之さん(日本人だけ感覚的にさん付け)のドキュメンタリー映画の中で、首藤さんが出演した幾つかのコンテンポラリーダンス/パフォーマンス作品の抜粋映像が流れ、その中に「アポクリフ」があった。
ほんの短い映像だったと思うけど、これが(おそらくコンテンポラリーダンスというものに私が初めて)非常に魅かれた。
で、この「アポクリフ」を作った振付家/ダンサーの憶えにくい名前を憶える前に、
森山未来が出演するというので話題になっていた"TeZuka"をオーチャードホール(東京)で上演するというので観に行くことにした、観たら「大事件」(感銘をうけたということ)だった、という流れ。


2/25出発、バンコク経由で翌朝パースに到着。
機内で映画を四本観る。吐き気おさまらず、着いたらとりあえず昼寝。
で、昼寝中に観た夢…
シェルカウイ本人にダンスの振り移しをして貰う機会を得て、(特に、あの美しく流れるような手の動きについて)直接教えてもらえる!話しかけられる!という瞬間に歯がボロボロ抜け(しかも抜けた歯がやけにデカい)
口の中が歯だらけで喋れず、ジェスチャーで「すんません」して、中座。
抜けた歯を見ると底側にネジ穴が開いていた。どうやってこの口のなかに生えていたんだ?というようなデカい歯に混じって小粒な歯もあった。
鮫のように何重にも列をなして歯が生えていたらしい。
小粒なのは外側にあったのだ。

歯についてはどうでもいい…
夢とはいえ惜し過ぎる…

で、現実。
パースは昔訪れたこともあり、懐かしくも観光への執着はなく、
二晩、アポクリフを観る(二回観るの。そりゃわざわざ行って、二回くらい観るでしょう)以外は、同じPIAF(パース国際芸術祭)でやってる展示でも観に行けたらいいかなというくらいのユルい計画。


そしていざ、シアターへ

ああああああアガルわ~
劇場すきやわ~
e0303005_538839.jpg


 
そして、終演後
(感想をまとめるのは、思いが溢れすぎて困難なのでとりあえず割愛)
e0303005_774483.jpg



この日はシェルカウイ本人によるアフタートークが在ったのを忘れて帰るところだった…
お客さんの7~8割程は残っていたんじゃないだろうか。
一時間ちかくあったアフタートークは充実の内容で、私にとっては公演本編と同じくらい貴重な体験だった…
(なのに忘れそうになるとかなに)


で、今日はもう十分得るものは得たし(明日も観るし、、)
デマチはせず大人しく帰ろうかなと思ったところで、、偶然?会えた。
前に話したこととか覚えていてくれていて嬉し過ぎる…

e0303005_5412815.jpg



嗚呼。

今回、実はチケットは早々に買っておきながら(おかげで良い席がとれた)、
実際に行くかどうか、飛行機のチケットを買うかどうかギリギリまで迷った。
けれどやっぱり無理しても行って良かったな~
行かなかった人生なんてこの後考えられない~

新しい年が明けてから、あまり元気がなかったんですが、やっとしゃっきりしたかも。
帰国してまだ三日ですが、今のところは。
私の内部で春の嵐が吹き荒れ、砂埃と共に色んなカギが、美しいものが、子供の頃から降り積もってきたものが、舞い踊っているのを静かなまなざしで眺めています。




せっかくなのでこのへんも載せておきましょうかね


え?
e0303005_791626.jpg


なに?
e0303005_793520.jpg


ライドオーン
e0303005_794860.jpg

by agatha2222 | 2016-03-03 05:51 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

Travelling with Eastman2014

わたしの「シェルカウイ(&そのカンパニー、Eastman)追っかけの旅その③は、
"D'Avant"@deSingel と"4D"@TheaterTilburgを観にアムステルダム→アントワープ→キューケンホフ(ロッテルダムからバスで)→アムステルダム→ティルベルフ(オランダ南部)→アムステルダム(空港)、と5泊7日の旅程。


トランジットのコペンハーゲン(デンマーク)にて
すべてがデカい。ABBAっぽいひとがいっぱい。
レッドブルもデカい。
e0303005_1161096.jpg



は~るばる~きたっでオ~ランダ~♪
e0303005_115141.jpg



さ~かまっく~波をの~りこっえって~♪
(アムステルダムの水路)
e0303005_1172588.jpg



アムステルダム(オランダ)は自転車天国
e0303005_1192610.jpg



そしていざ、聖地アントワープ(ベルギー)へ・・・
e0303005_1201614.jpg



ルーベンスの絵@アントワープ大聖堂、圧巻
e0303005_122266.jpg



疲れたよ、パトラッシュ…
e0303005_1225997.jpg



偽ミニ―とか
e0303005_1235283.jpg



ピアノ弾き語り
e0303005_1243890.jpg



もしも~ビールが~のめ~た~なら~♪(わし下戸なの)
e0303005_1253988.jpg



街並みはこんなで
e0303005_1261187.jpg



おりしも桜の季節で
e0303005_126359.jpg



いざ!!!!
e0303005_127714.jpg



"d'Avant" 終演後
大好き。素晴らし過ぎて不十分な言葉で感想を書くのも嫌…(逃げ?)
e0303005_121322.jpg



二日目(二回観た)の終演後、シェルカウイご本人やEastmanのダンサーたちに会えた!
昨年ワークショップ@東京に来てくれた(満身創痍になりつつ1週間のWSに私も参加しました、詳しくはその時のブログで…)、ダミアン(Damien Jalet)とエイミリオ(Aimilio Arapoglou)や、昨年の旅でお会いした上月さん達にも会えた!ひゃっほう

これまた去年観に行った(ぶっとんだ)"Babel(words)"にも出演のダリル(Daryl E Woods)と
"Babel(words)"は今年八月に東京で上演されます!@オーチャードホール
e0303005_1331751.jpg



そしてシェルカウイ(Sidi Larbi Cherkaoui)と!!
私にやけすぎ
e0303005_1335912.jpg



終演後、沢山の訪問者の相手をしながらも(会場のアートキャンパス、deSingelはEastmanの本拠地で、一階にはバーカウンターもあるラウンジスペースがある)私の相手をしてくれました。。。
思ってることベラベラ喋ってしまいました。(我ながらよくこんなにベラベラ喋れるなと思うが、、)
あー、たからもの。


翌日、次の公演(別の作品)のためにオランダへ戻る
一日ヒマだったので、キューケンホフへ
チューリップあほほど
e0303005_141486.jpg



それはもう、あほほど
e0303005_1392080.jpg



ゴッホ博物館にも行ったで
e0303005_1432859.jpg



オランダの南、ティルベルフへ
e0303005_1441366.jpg



"4D"を観る!!
e0303005_1454512.jpg



4D is 4 directions, 4 duets, 4 dances...
シガー・ロスの”Valtari" に振り付けたPVも観られました
e0303005_146224.jpg



終演後、素晴らしいダンサーたちの雄姿!!
e0303005_1463477.jpg



もいっちょ!
e0303005_1464513.jpg



わざわざ日本から(Eastmanの公演のためだけに)来たと話したら、皆「クレージーだねぇ~」と目を丸く
みんなフレンドリ~
e0303005_147186.jpg



上月さん(ダンサーかつ数々のシェルカウイ作品でアシスタント・コレオグラファーを務めておられる)に、「ラルビ(シェルカウイ)から」とプレゼントを頂いた!!
バレエ・リュス100周年を記念したミックスト・ビルのDVD(サドラーズウェルズ劇場制作)
シェルカウイはニジンスキー振付/ドビュッシー作曲「牧神の午後」を新しく振付

this is 家宝(きゃっほう)
e0303005_15867.jpg



たくさんのエネルギーを与えてもらいました。
私もがんばる。
by agatha2222 | 2014-04-05 02:03 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

これから:Travelling with Eastman

成田空港に来ています。
これから一時間後には、コペンハーゲン経由アムステルダム行きの飛行機に乗ります。
初めての乗ったスカイライナーが高額でビビりました。
いよいよ!という心の準備もなく(いつもこんなもんですね、)こりあえずは空いてるらしい機内でおもいっきりダラダラしたり落書きしたりするのが楽しみです。

五泊七日、実働四日の日程で、シディ・ラルビ・シェルカウイの舞台を二作品、三本見る予定。
ふつうは、こんな旅行『気ぃ狂ってる』って思われるんだろうなあ。
でも、チャンスがあるならあるうちに、本当に会いたい人に会いにきって、本当に関わりたい人たちと本当にやりたいことをやろう、と思う。
安全なところで自分をごまかしてる暇などないんジャッ!

かつ、こんなことでなければ一人旅とかするガラではないの、ワタシ。
ヨーロッパは気候の違いのせいか?色の見えかたが日本にいるときとは違うように感じる。

今回、『これはみておきたい』とまず決めたのは『d'avant』というシェルカウイ自身が踊るもので(さらに歌う)
初演は2002年、シェルカウイとダミアン・ジャレ(去年、WSでお世話になりました)のコンビと、Sasha Waltz & the Guestから二人のダンサーによる共作。
「中世ポリフォニーのボーイズバンド誕生!」ってレビューに書いてるのが気になる。

ではでは行ってきまーす。
by agatha2222 | 2014-03-29 14:03 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

狩人

月末わたしはー 
旅にでまっすー
あなたーの知らないー
ワタシひとーりでー
いつかだれーかとー
行けたらいいなー(嘘)
春もう濃ゆいー
フランダース♪

ララミーミーミレドミー 
ミミレドレッシー
ララーミーミー ミレド#ミー 
ミミファーソーラーーレファー 
ファファソラソーレレー 
ソソソファファーミー 
ファーソーラララシラー 
ララーソファミー
(key=Am) 


3月末、強行で旅に出ます。
目的地はベルギーのアントワープと、オランダのティルバーフ(あとたぶんアムステルダム)。
シディ・ラルビ・シェルカウイが創る/踊る舞台を観に行きます。

初演は10年前!という"d'avant"と、

e0303005_1751481.jpg


オムニバス的な"4D"。

この出会いは運命。
by agatha2222 | 2014-03-17 23:25 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)