<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

開会宣言

思うところは、いろいろとあるのです。
ただそれを、このような誰の目にも晒され得る場所に(いや、まったく晒されないかもしれないが)書くとなると、自分なりに「なぜ書くのか」理由が要ります。

最近はじめたFacebook上に何度か書いたことですが、
「人前で歌を歌うことほど恥ずかしいことはない」と、思います。

恥の意識は、人を縛ります。
むろん、そのおかげで保たれる秩序もあるので、それが不要だというわけではないでしょう。
でも、それから出来るだけ自由になることを、
私は物心ついた頃からずっと願ってきたと思います。
私の人生に何度もあった(マイナーな)転換期において、「恥」のリミッターを上げたり下げたりしてきました。

歌を歌うことは、自分を晒すこと、恥を晒すこと。
晒すのであれば、部分的でなく、全体を出してしまえと思うのです。
だから、分け隔てなくすべてを産み落とせる場所が欲しいのです。

私の大切な友人がくれたメッセージがあります。
「自分をもっとも近い他人くらいに思って、高いところから見守ってあげればいい、
あとは気の赴くままにやればいい。」
そのメッセージはストンと自分の中に入って、私を解放してくれました。
結果をコントロールしようとして、
自分にしがみついて、首輪をつけて、子離れできない親のように
この子の自由を奪ってしまわないように、したいのです。

今まで31年と半年を生きてきて、ある程度のナチュラルな分別も体得してきたつもりです。
昔は言いたいことを言い過ぎて怪我をしたこともありますが、
今はもう、きっと大丈夫。

とどのつまりは、
恥ずかしいことだけれども、
どこにも行き場のない自分の想いを、何の価値も見出せないようなハナシを、
本当は誰かに聴いてもらいたくて、
共感してもらいたいから、書くのでしょう。
独りでこもっているのは、さびしいのです。

自意識過剰?
いや、砂塵のように軽い存在であっても、
自分にはやっぱり自分しかいない訳で
自分で自分の考えを尊重してあげたいと思います。

幼い頃に信じていたことは、
神様のような「すべてお見通し」な存在がどこかに居て
私の感じていること、考えていることすべてを汲んでくれるはず・・・ということで、
今でも、どこかそんなことを信じている自分が居ますが、
神様ではなく、私と同じように悩み、迷い、間違え、でも前を向いていこうとする生身の誰かに、あなたに、伝わるものなら伝えたいことが、あるのです。
by agatha2222 | 2012-12-31 17:14 | Other | Trackback | Comments(0)