人気ブログランキング |

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2014年5月のライブスケジュール

ソロ弾き語り、マイクもアンプも無しでやりまーす(予定)↓
5/10(Sat) あがさ・しれっと興行
@ 学芸大学Cherokee
http://www.cherokee-web.com/
時間:18:30~
投げ銭制

Cherokeeはマクロビ料理が美味しい音楽居酒屋!
のんき・きまままなライブにしようと思ってます。どーぞお気軽に♪
「興行」の漢字を間違えました。(自分ひとりだと落書きフライヤも気合いがはいらない)↓


e0303005_0361196.jpg







ビートルズ語磨きの旅(なんのこっちゃ)↓
5/17(Sat) 「ガ!ビートルズNite」
@ 渋谷GABIGABI
http://www.gabigabi.jp/index_pc.html
時間:19:00~?
料金:入場無料

渋谷GABIGABIの定例のビートルズイベントに、あがさ(vo/gt)&米澤一平(tap)コンビで参戦します!
他にもGABIGABI店長の千葉大輔さん、あと二組出演予定とのこと。
ビートルズオンリー!






"あがさゆかりのととぅ"二回目ライブは、縁を結んでくれたAparecidaで!↓
5/24(Sat) Musica ao Vivo ~ あがさ VS Kumikinha
@ 西荻窪Aparecida
http://aparecida.pokebras.jp/
Tel:(03)3335-5455
時間:18:00 Open 19:30 Start
料金:1800円+Drink Order

出演:
☆Kumikinha e Leo
...Kumikinha (vo) & Leo(gt/vo)
☆あがさゆかりのととぅ
…あがさ(vo/gt) 飯島ゆかり(per)

タイバンにBANDA REXEME でおなじみの、Kumikinha e Leo デュオが決定!!!

(Facebook pageはこちら↓)
https://www.facebook.com/events/1498345193719898/?ref_dashboard_filter=upcoming

e0303005_0341722.jpg








あがさ&米澤一平(tap)コンビ、名前は未だ無い、本格的に活動開始です!↓
5/31(Sat) TAP & SONG
場所:大森 Ain't No#
http://aint-number.blogspot.jp/
時間:19:00 Open 20:00 Start

入場無料、要オーダー、投げ銭大歓迎

出演:あがさ(vo/gt) & 米澤一平(tap)

(Facebook pageはこちら↓)
https://www.facebook.com/events/1498345193719898/?ref_dashboard_filter=upcoming

e0303005_1650296.jpg

by agatha2222 | 2014-05-31 22:38 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

White baby, Blackbird (Revised)

さまざまに
すさまじき
あまだれの
まのあたり

はまのはに
なのはなは
からのまま
はなつまみ

ままのなの
まぶしさに
まぼろしの
ななひかり

みつめれば
にていない
ゆめまでも
みみざわり

につめれば
みていない
ねぐらまで
めをつむり

くらがりに
くるしみは
つみつくり
くちつぐみ

くちつぐみ
くろつぐみ

くろつぐみ
Assum Preto
by agatha2222 | 2014-05-27 15:21 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

そやんけワレー

ああ忙しかったね~、ああよく頑張ったね~、ああ夢がちゃんと叶ったね~、
と、たとえ独りででも"打ち上げ"的な自分へのねぎらい&反省会は定期的にやったほうがいいのだろうなあ
と、思う。
思うが、できてないので、懸案が頭の中で途切れないまま、ただどんよりと身体が疲れて、
次への希望やアイデアはあるのに"息切れ"状態となってしまうのですね~。
ダラダラ時間を過ごすくらいなら眠って身体を休められればいいのだけど、
られないのですね~。
いつか、られるようになるのかしら~。
ま、られなくてもいいや~くらいに思っとくことにはしてるのだけど~。



5/17 午前中から「特殊発声合唱団」の練習会(ワークショップ)へ。
リーダー兼講師は、特殊発声といえばもうおなじみ徳久ウィリアムさん。
喉をガラガラと鳴らす「カルグラ」という発声法を主に練習(わたしはいまだ苦手)、
最後はサルデニア島の合唱(4声)にも挑戦。
やはり合唱はたのしい!!

興味のある方、どなたでもご参加いただけますよー。(次回は6/1を予定)

参加者(団員?)のみなさんの中には既にカルグラ(ホーメイ)の術を体得したツワモノも多く、
(わたしと同じ初心者も多数なのでご安心を)
合唱となるとものすごい轟音…
轟音だけど、身体がよく鳴っている声ってまったく「うるさく」ないんだよねー。
カルグラ浴ってかんじで心地よく疲れました。

夜は、渋谷GABIGABIのビートルズナイトに、米澤一平(tap)デュオとして参戦。
図らずも、ポール・マッカートニー急病のため中止となったライブの日と重なっており、ぽっかり空いた時間を埋めに沢山のビートルマニアのお客さんが来てくれてありがたかったです。
出演時間も、当初は20分と聴いていたのだけど、(他の出演者が出られなくなったとかで)何分でもやっていいということで結局一時間くらいやらせてもらった。
ということでライブで初めてやる曲があったり、演奏的にはマズイところがいっぱいあったのだけど、、、そんなこんなでお客さんに甘やかして頂き、いい経験となりました。



5/18 午前中から、"あがさゆかりのととぅ"の、リハを飯島ゆかりさん(per)と。
「ナダイ」(オリジナル曲)に難しいコーラスワークを追加したり、ゆかりさんが口琴を取り出したりと発展あり。
次のライブは24日、西荻窪Aparecidaにて、大人気Axe(アシェ=ブラジル北東部のダンスミュージック)バンド、Banda Remexeからフロントのお二人、Kumikinha e Leoさんとのジョイントです!

Banda Remexeは、フルバンドに加え、フロントのKumikinha(正真正銘の美女)に絡む専属メンズダンサー(ムキムキ)が二人いらっしゃるのですが、彼らと我々「ほころび組」がダブって見えてたまに笑いそうになることはまだ誰にも語っていません。

e0303005_22584848.jpg


午後は木場のギャラリーへ、今度共演させていただくダンサー・宝栄美希さん出演の舞台「四角形のゆううつ」を見てから、夜は珍しく友人を呼び出して新橋へ。
近況報告的にべらべらと喋ることでだいぶ、頭の整理もついた(ありがとうございます)。



5/19 夕方から、夏の一大自主企画、"Theatre Beatlish"に向けた初ミーティングをダンサー・宝栄美希さんと、タップダンサー・米澤一平くんと。
(これについては別途たっぷり語らせてください)

話があちこちに飛びながらも必死で語る。
宝栄さんとちゃんとお話しするのは初めてだったので実は緊張していたのだけど、
ミーティング後には「このお二人に声をかけてよかったなぁ~」、とすでにもう企画が上手くいったような気になっている。

新宿にて、記念撮影↓

e0303005_15142726.jpg



その後、"チャーリー・ウィリアムス"の2ndアルバムレコーディング(フィールドレコーディング)の冷やかし?に、(また)新橋、~吉祥寺へ。
18時半くらいに新橋、、ということしか情報がなかったので、新橋に着いたもののはて、会えるのか?と不穏になりフラフラ歩き始めたところに前方から録音/撮影スタッフを従え水戸黄門さながらの(そんな風に見えた)ずんずん歩いてくるチャーリーさんと遭遇!!
いつもどおりゆるぎないパフォーマンスでありつつ、やっぱりいつもとは違うシチュエーションで、楽しませて頂きました!!


吉祥寺"カイ燗"にて撮影(手ブレ御免) ↓





5/20 米澤一平(tap)デュオのリハーサル(=バンド名を一応、決めました)、なのだけど予約した練習場所が畳敷きの和室(なんでやねん)、、なので結局タップは踏めず(すんません)。
かわりに新曲のリズム確認と、"Theatre Beatlish"の内容をみっちりと協議。
こういうことにもちゃんと時間をとってやらないといけないので、まあ、よかったです。


5/21 夜中に6/25@BarPortoのフライヤーと譜面を仕上げ、


5/22 仕事帰りに"モールシンズ"(南インド口琴&バイオリンの4人組)のキョウコちゃんと会い、引っ越し(ご結婚おめでとうございます!!)のため断捨離対象となったリズムマシーンを譲りうける。
ありがとうありがとうありがとう!!
これであれやこれや、ダンストラック作ってみるよー!!
キョウコちゃんたちとも、いつか一緒に音楽つくりたいね~、と夢が膨らむ。


5/23 (ああやっとここまでたどり着いた…) 
チャーリー・"アガサ"・ウィリアムスpresents: おっさんと私の生誕祭」のリハ。
あれやこれや、もう色々、面白い!!
ぜひとも聴きにきて!!!!!!!

中でも私の"ドリームズカムチュルー"な候補曲は、ウィリアムさんが歌う「河内のオッサンの唄」(作詞作曲・ミス花子)↓



河内弁(大阪の南東部のことば)を実際に聴いたことはないのですが、
河内地方と地理的に近い私の地元、和歌山弁と似たところもおおいにあり。

この曲を元に、同名の映画も制作されているようです。
ブログに書くために調べてみたのですが、、川谷拓三ふんする主人公の名前が"徳田松太郎"というそうです。
誰かに似ている気がするのははたして偶然でしょうか!!!

そう、この「チャーリー・"アガサ"・ウィリアムスpresents: おっさんと私の生誕祭」の裏テーマ、は「おっさん」でもあるのです。
もちろん、「ハイサイおじさん」(作詞作曲:喜納昌吉)もやりますよ。
喜納昌吉の誕生日は私の誕生日でもあるのです!(年は違いますよ)


そのほかには、チャーリーさんが心の師と仰ぐ、Randy Newmanの名曲、"Sail Away"はいうなれば、
海の向こうに憧れる沖縄の子供が三線を弾いてたら、めっちゃソウルフルなアメリカ人がやってきた!
というかんじのアレンジとなっています。
ウィリアムさんのメンフィス・ソウル、超~~シビレる!!!
これは聴きにきてちょ!!としか、言いようがありません。

さらに、チャーリーさんがギタリストとしての重責を免れ、吟唱詩人っぷり(?)を発揮する曲があったり(するかも)。


お楽しみに~~
by agatha2222 | 2014-05-26 01:46 | Other | Trackback | Comments(0)

炙りル・ラヴィーン(意味なんてないから)

ゴールデンウィーク中、日中(といっても夕方か、小雨の降る中、、)ウチの近くを徘徊しまくったのが祟って顔の皮膚がガサガサのボロボロです。
「ああ、今日も良いお天気ね!嬉しい!」と心から言って太陽の下であんなこんなことしたいけど、やっぱり無理やな、、と何度も気づかされるのです。

ピクニックとか、野外フェスとかライブとか、公園ヨガとか、ゆったりと花見とか、BBQ(ビービークイーン)とか、、

あ!野外フェスと言えば、
毎年恒例、錦糸町~押上エリアのあちらこちらで開催される「すみだ・ストリート・ジャズフェスティバル」への参加が決まりました!

とりあえずはですが、
あがさ(vo/gt)×米澤一平(tap)コンビで、8/16(土)、錦糸町テルミナ2(駅ビル)内スタバでのパフォーマンスです。
このコンビの名称は現在、こめかみから煙が出そうなほど考え中です。


(そう、冒頭の話は伏線だよヒグチクーン)



以下、さいきんのあれやこれや~


5/12
朝も早くから(ワタシにとっては激早)、あがさ×米澤一平 リハ。
週末のビートルズナイト@渋谷GABIGABI(5/17)と、月末のワンマン「TAP&SONG」@大森Ain'tNO#(5/31)に向けて、まずはビートルズナンバーの練習、新曲着手。
タップでできること、あれやこれや「装置」や「楽器」が欲しいねぇと夢は膨らみます~
(装置や楽器が増えると持ち運びの問題が付きまとうのですが)


夜はひたすらにフライヤ制作作業、印刷した紙をカッターで余白を切る作業など。
単純作業は好きだし、誰かに確認をとったり練習が必要だったりといった時間がかからず直ぐに仕上げてしまえる「フライヤ制作/落書き」は達成感つきの良質な息抜きなのですが、カッター作業は続けてるとやはり肩が(カッターがとか言うな、オヤジよ)こります。
ここ最近、腕全体から親指から肩甲骨周りまでこわばっているなあ、ギターの弾きすぎ?もう頑張りすぎなんだからぁ、、、と思ってたけど心当たりがなく、ただカッター作業による筋肉疲労だったとさ。



5/11
ツイッター等で大好評の、スイスのシアター・ディレクションコンビ(と呼べばいいのか、カンパニーではないので)、Zimmermann & de Perrotの「ハンスはハイリ」(=Hans was Heiri / どっちもどっち、という意味)@東京芸術劇場まで観に行った。

はぁーーーーーーーーーーー
色々感想はツイッターで呟やいたので省きますが、フォローしたいシアター・アーティストを、シディ・ラルビ・シェルカウイ以外に発見できたことはある種ワタシにとっては記念すべきことです。

ジメルマン・エ・ドゥ・ペロは一年前、やはり東京芸術劇場で「Chouf Ouchouf(シュフウシュフ)」というモロッコのアクロバットグループとともに制作したパフォーマンスをやっていて、「観に行く」と決めていたものの結局行かれず。



この日は、急遽あとの予定がなくなったので、楽器屋をうろついたり、ライブをやらせてもらえないかなぁとカフェ等を巡ってみるが、これといった収穫は無し。
モノを考えたりイメージを広げたりするのは歩きながら行うのが最もはかどる。
いい舞台を見た後で「ビートルズ企画」へのアイディアも膨らんでくるので、家に帰って新曲のアレンジしよう!と思ったんだけど、疲れてしまってか進まず。
疲れているときはギターの音も聴こえ方変わる。冴えない。
単に弦の劣化で鳴りが悪くなっているためテンションが(弦の、ではなくワタシの)下がって疲れているように感じることもある。

(まさにどっちもどっち、Hans was Heiriだよヒグチクーン)


ビートルズ企画の為の新曲アレンジとしては、アフリカの合唱風(ルーパー使用)のものや、オマール・スレイマン風(=シリアン・テクノ)のものや、ブラジルのバイオンのものや、スライドギターでのハワイアン風のものや、、

いろいろ展開していま~~す。
すべて"なんちゃって"ですけど、まあファーストアテンプトとしてはそれでけっこうかと。
期待してください。



5/10
夜はワタシのローカル・パブ(っとか言ってみたい)、マクロビ&音楽居酒屋の学芸大学Cherokeeにて、お気楽なアンプラグド・ソロライブ。
(その名を、「あがさ・しれっと興行」)

セットリストも決めずにやってみたけど、ファーストセットのビートルズ三昧に始まって、MPB、オリジナル、チャーリー高橋’sスペシャルティ(民謡の類)まで結局20曲以上やった。
店主のユキコさんも、お客さんたちもみんなビートルズファン、ということで楽しんでいただけたようでよかった。

お客さんもひとりが、「学生の頃、いわゆる民族音楽の研究をしていて、アフリカに滞在しピグミー族の合唱を録音しにいったことがある」という方がおられた。

うおおおおおおおおおおおおおお!

キテます。

ハンドパワーです!!!
by agatha2222 | 2014-05-13 20:28 | Other | Trackback | Comments(0)

肴は炙ったチャーウィーがいい(舟歌)

舟歌、はもちろん社開きじゃなくて八代亜紀のヒット曲です。


5/2 夜は、チャーリー・ウィリアムスの公開レコーディングライブ@荻窪Velvetsunへ。

今夜は公開レコーディング!ということで、百戦錬磨のチャーリー・ウィリアムスも、二人を見守るお客さんも、異様なまでの緊張感…(緊張の伝染と、素直に伝染させられる?お客さんの協調性がおもしろかった)
そして、緊張によるいびつな?盛り上がり方、倍増する可笑しさ。。
みなさん、(笑い過ぎて)頭いたい!とか言ってました。
私は(アガチャータカの時と違ってお客さんの立場なので…)思う存分笑えるのをいいことに、ノンストップで笑い続けました…。(我ながら気ぃ狂ってるんちゃうかと思う)
何がそんなに可笑しいのかって、、
とくにチャーリーさんの緊張っぷりが…

「(ライブレコーディングとはいっても音源としては)ほとんど使えないと思うー」
「緊張はいつもしますね(だから今日が特別緊張してるということはない)」
と本番前には言っていながら、本番はバッチリ7割増しの力のこもりようだったチャーリーさんの緊張の面持ちの図(目ヂカラプラス)↓

e0303005_5254585.jpg


酉子さん体調不良のため、ほころび組としてはピンで(with 津田さんの即興ダンス)"地獄巡り"で踊り参加させていただきましたー。
毎度、ありがたし!!
(写真もらったー♪)


レコ発ライブは7/11、アサヒアートスクエア(浅草のうんこビル)で、なんと投げ銭でやるそうです!私はなんとしてもいぐ!
https://www.facebook.com/events/1378501635770368/?ref_notif_type=like&source=1


5/3 で、翌日は私自身のレコーディングを"音まち"プロジェクトの伊原さんに全面的にご協力いただき、北千住にて行いました(音源は近日アップ予定♪)。

詳細は音源のアップを持ってお知らせしますが、、、

あー、やっぱり「非公開」でも緊張しました。。
たったの一曲なんだけど…

私が普段つかっているエレガットのギター(ネック細め、ボディ薄めの手に優しい造り)では、それなりの機材や音作りの技術がないと、聴くに堪えうる音がとれないので、
もうずーっとベッドの下で眠っていたフルサイズ(と呼ぶのかは知らないが)の、クラシックギターを使用しました。
久々に弾くと、その響きの壮大さに感動する…
が、やっぱりネックも太く、あまり込み入った曲は弾けないし、
簡単な曲でも(レコーディングで上手く弾けないもんで)長時間弾いていると、左手・腕のスジがぴきっときます。

あと、寝不足で声がアレでしたが(ごめんなさいごめんなさいごめんくさい)、なんとか収録は完了。
あとは伊原さんのミキシングの魔法でどうなるか!!

楽しみです!


あとは、ビートルズと、タップと、ノイズボイスと、ライブのブッキングで頭がいっぱいな今日このごろです。
by agatha2222 | 2014-05-04 07:34 | Other | Trackback | Comments(0)

White Baby, Blackbird

浜の端の
菜の花に
鼻つまむ
鼻つまむ

見つめらる
桃の実に
耳つまる
耳つまる

ママの名の
眩しさに
目をつむる
目をつむる

幻の
繭の死に
夢つのる
夢つのる

苦しみの
暗がりに
口つぐむ
口つぐむ

口つぐみ
くちつぐみ
くろつぐみ
黒ツグミ

アスンプレト
Assum Preto



Prose written by Agatha for "Theatre Beatlish : Julia 2 Prudence" in 2014 August
by agatha2222 | 2014-05-04 05:24 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

炙りでカチャーシー

五月になりました。
新緑が目に眩しくもっとも心地よいこの季節にがんばらなくていつがんばるんやオンドレ?
ということで、
今日からココロあらたに仕切りなおそうなーんて
思ったりなんかして。

そう、独身に戻って一年が経ちました。
さいきんになって、やっと自分の居場所がいくつか、できてきたかなと、
そんな状況に感謝するとともに、
「ひとまず設営は完了、これから本編」さーがんばるべ、なーんて
思ったりなんかして。

思ったところで、
さいきん考えていたことをツラツラと纏めて書いておこうと思ったのですが、
どうにもまとまらず、
じゃあ纏めないで呟いてしまえ、とツイッターとかにチョロ出ししては、
削除し、
ゴチャゴチャやってますが。

そんなゴチャゴチャを払拭するためにも、
不安を払拭するためにも、

ビートルズの話をしようじゃないか
(中尾彬ふうでどうぞ)



2/28に第一弾として、
「ビートルズ狂時代vol.1 ~Dedicated to Julia-a story around LOVE」
という会を下北沢で催したのですが、

その時の演目の再演(ただしバージョンアップするよ)と続編をまとめてやろう、と計画しております。
八月末くらいの予定です。

しかしながら、肝心の会場のブッキングがまだ決定しておらず、
(決まれ~ OKしてくれ~ ええやないけ~ と、念を送りまくっているので大丈夫だと思ってるんですが)


「できるんやろか?
人(共演者)をまきこんどいて、大丈夫やろか?」


と、うすら寒い思いをしていたのですが、

そんな思いも払拭するために、
準備と称していまやっていることについて書いていこうと、決めたのです。

宣言!
宣誓!
先生、バナナはおやつですか?
魚肉ソーセージはおやつですか?
(魚肉ソーセージはおかずです・怒!!)


「未決」のことについてやたら吹聴するのはよくない、
というのは常識なのかもしれないけど、
いやぁ、状況が「未決」でもワタシの中では決定してるから、
いいんだよ。



というわけで、妄想を譜面に起こしたり、
妄想の中に没入してウッカリ八兵衛っぷりが増したり、
甘いモノをバカ食いしたり、
ルー大柴っぽくなったり、
そんなエブリディ。
エブリディ・カチャーシー(KGBのニューシングル)

e0303005_264486.jpg

by agatha2222 | 2014-05-01 20:05 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)