<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2015年1月のライブスケジュール/活動予定

19時~の投げ銭ライブにゲストで【アガリアム合唱団】も出ます!↓
1/10(Sat) チャーリー・ウィリアムスpresents 『いろいろのうた』アルバム発売記念 ~手ぬぐい・Tシャツ作成ワークショップ&投げ銭ライブ
場所:新宿Cafe☆Lavanderia
http://cafelavanderia.blogspot.jp/
住所:新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F

時間:15:00~17:00 (ワークショップ) 19:00~(ライブ)

料金:ワークショップは未定/ライブは投げ銭制(要ワンドリンクオーダー)

出演:
☆チャーリー・ウィリアムス
https://www.facebook.com/charliewilliams.jp
...チャーリー高橋 (gt/vo)
...徳久ウィリアム (vo)


☆アガリアム合唱団 (ゲスト)
https://www.facebook.com/agalliam

予約:03-3341-4845 (ワークショップは要予約)


e0303005_1632275.jpg


【チャーリー・ウィリアムス】とは:

二人合わせてまもなく100歳!
おっさん・ポップ・デュオ "チャーリー・ウィリアムス"は、仙人のような隠居生活を送り、これまでに手掛けた作曲数は百曲以上というチャーリー高橋(gt/vo)と、千の声を操るボイスパフォーマー 徳久ウィリアム(vo)からなるユニット。
この夏、遂に完成したセカンド・フル・アルバム『いろいろのうた』は、ライブ、スタジオ・レコーディング、東京じゅうを駆け回ったゲリラ・フィールドレコーディング、それらを混ぜこぜ綯い交ぜにして出来上がった、聴いているだけで笑いがこみあげ、涙がちょちょぎれ、幸せが押し寄せる、抱腹絶倒福の神アルバムに仕上がりました!
雅楽、声明などの古謡、中国・モンゴル民謡やワールドミュージックを日本的ポップへ昇華したオリジナル楽曲はもはや誰にもマネのできない領域へ!
二人にしかだせないチャーリー・ウィリアムス ワールドをぜひとも体験してください。
一度、観たら「ド」ハマリすること間違いなし!

『いろいろのうた』 2014年7月11日発売
価格:2000円 ライブ会場・VELVETSUN WEB STORE 限定商品
http://charliewilliams.jp/ 


****************************************









凄腕フルート奏者、なおりんこと北沢直子さんと【ととぅ】の共演、三度目は新春スペシャルでお送りします!↓
1/14(Wed) 【あがさゆかりのととぅ】with北沢直子 歌い初め!
場所:日暮里Bar Porto
住所:東京都荒川区東日暮里5-40-8

http://barporto.cocolog-nifty.com/
電話:03-3891−6444(BarPorto)

時間:
19:00 open
20:00 1st set start
21:00 2nd set start
22:00 finish(予定)

料金:2,000円(要ドリンクオーダー)

出演: 
【あがさゆかりのととぅ】
…あがさ(vo/gt), 飯島ゆかり(per)
guest: 北沢直子(fl)

予約方法:
03-3891−6444(BarPorto) もしくは

agathabeatle@gmail.com(あがさ) もしくは

こちらのFacebookページで「参加」ボタンを推し、コメントで人数をお名前を記載ください
(予約無しでもご入場いただけますが人数把握のためご予約頂けると助かります)

e0303005_22441123.jpg

****************************************





by agatha2222 | 2015-01-31 17:23 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

アガリアム合唱団について

団員募集中!!

アガリアム合唱団の活動(各種ワークショップ・練習会日程・出演情報など)については、アガリアム合唱団のホームページをご参照ください。

http://agalliam.jimdo.com/


下記Fecebookページに「いいね!」してくださると、アガリアム合唱団のお知らせがあなたのタイムラインに表示されます。
Facebook page: https://www.facebook.com/agalliam
e0303005_2121928.jpg

by agatha2222 | 2015-01-25 20:26 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

"THEATRE BEATLISH encore"と9つのプラン

THEATRE BEATLISH (2015) special edition 9EPs from Project Beatlish Products:

*曲目、発売日は変更される可能性があります

*こちらのオンラインストアからお求めいただけます
https://projectbeatlish.stores.jp/



1/9 February, 2015
e0303005_020687.jpg

e0303005_035550.jpg





2/9 March, 2015
e0303005_013532.jpg




3/9 April, 2015
e0303005_0133494.jpg




4/9 May, 2015
e0303005_01734.jpg




5/9 June, 2015
e0303005_0162310.jpg




6/9 July, 2015
e0303005_0175729.jpg




7/9 August, 2015
e0303005_0181327.jpg




8/9 September, 2015
e0303005_0184167.jpg




9/9 October, 2015
e0303005_019363.jpg




photo by Bozzo
art work by Agatha



and more...
e0303005_19525665.jpg

by agatha2222 | 2015-01-25 19:56 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

"Project Beatlish"のFacebookページができました

"Project Beatlish"(あがさのビートルズ企画シリーズ)のFacebookページを作成しました。

https://www.facebook.com/projectbeatlish


e0303005_0431952.jpg


ライブ、パフォーマンスなどのイベント情報や、レコーディングや関連アートワークなどを、全体的にすましたかんじで(?)投稿していく予定です。
ご興味もっていただける方、「いいね!」いただけると嬉しいです。

さて、そしてそんな"Project Beatlish"の2015年年間計画はこんなかんじです↓↓↓
(巻末に表示)

今年は、

①Project Beatlishの遂行(やるべきことは決まっておる)

②アガリアム合唱団の育成と、自分自身「合唱・民族歌唱」への理解を深め、団員練習会に加え毎月の企画勉強会の内容を充実させる

③レコーディング・オリジナルアルバムとBeatlishサントラ(まずはEPの連作)の制作

④"ととぅ"ライブで積極的に自分が尊敬するミュージシャン、アーティスト、パフォーマーたちと繋がってゆく(ワサワサワサ)

を念頭に活動してゆく所存です。

そういえば、2013年復活ライブは2年前の今日、1月23日でした。
いち、に、さん、ダー!!!の日だから縁起がいいゾと思ったものです。
2年、思えば遠くに来たもんだ、なのか、どうなのか。
まあ、2年前からはいろんなことが変わりましたね。
ほとんどが良いことですが、良くないことも。
ぶつぶつぶつ
ブヒブヒブヒ

(今日のきづき:外付けハードディスクの泣き声はブヒーという)

あ!投稿の趣旨と関係ないことは書くつもりじゃなかったのに!
というわけで、2015年のProject Beatlishもお楽しみに!
よろしくブヒー!


e0303005_761970.jpg



e0303005_3372627.png





e0303005_12293942.jpg





e0303005_1119552.jpg





e0303005_7145168.jpg











by agatha2222 | 2015-01-23 05:29 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

アガリアムかけることのビートリッシュ(放火の歌)

1/10
チャーリー・ウィリアムスpresents 『いろいろのうた』アルバム発売記念 ~手ぬぐい・Tシャツ作成ワークショップ&投げ銭ライブ(ゲスト:アガリアム合唱団/あがさソロ)@新宿Cafe Lavanderia、賑やかに終了。
ご来場いただいたお客さま、カフェ☆ラヴァンデリアの藤本さん、共演者の皆さん、ありがとうございました。今年も夜露死苦ネ!!


まずこの日はアガリアム合唱団、発足後二回目のライブということで、午後から新宿にてリハーサル。
今回のスタメンは、アイケイイチ、阿部酉子、胡舟ヒフミ、あがさ、そして徳久ウィリアムの5名。

合唱、ということは各曲に幾つもパート(声部)があるわけです。
ライブの度にメンバー全員がいつも予定を空けられるわけではないので、その日の出演メンバーで臨機応変にパート換え、必要であればキーも換えます。

今回は女子率高めということで、サルデニア合唱曲もおんなのこバージョン(リードの声域に合わせてキー高め)でお送りしました。


16時からはNU☆MANによる「チャーリー・ウィリアムス」の手作り手ぬぐいワークショップ。
手ぬぐいの色が4種類から選べ、チャーリー高橋師匠と徳久ウィリアム大将の顔面シルクスクリーンがそれぞれ二種類ずつ、インクの色も沢山から選べて好きにプリントし放題。

で、これが私のセンスの結晶だ!!!

e0303005_1816961.png

e0303005_18193434.png



これよりもう少しおくゆかしいデザインの「顔面スタンプ」手ぬぐいは、チャーリー・ウィリアムスのライブ会場で購入できるそうです。
(チャーリー師匠はしきりに、「自分の顔があんな風に使われるとは、なんとも、慣れない、きまづい、見たくない、よよよよ」と(いうようなことを)おっしゃってましたが、確かにもし私自身がこのような目にあったら夜中にひとりで泣きますね)

e0303005_4291862.jpg

(お客さまから写真をお借りしました↑チャーリー・ウィリアムス手ぬぐいとカフェ☆ラヴァンデリアの4匹の王)


そして19時~のライブは、まず私のソロから。
ビートルズカヴァーばかりを3曲。
(オリジナルもやろうと思ったけど、脳内選曲会議でボツに)

で!!
またまた新曲やってみましたよ。
アルバム"Ruber Soul"に収録されている、"Norwegian Wood(This Bird Had Flown)"を、フィーチャリング・アイケイイチonホーメイ、で演奏。
当日のお願いにもかかわらず共演してくれたアイ君、リハに付き合ってくれた合唱団メンバーに感謝!

MCでも語りましたが、ここで曲についてウンチクというか私の解釈について少々。
この曲の邦題は、村上春樹のいけすかない小説のタイトルとしても有名ですが、「ノルウェーの森」といいます。
が、英語で「森」は複数形の"Woods"、単数形の"Wood"では「木材」の意味になるので、「ノルウェーの森」は歌詞の内容とはまったく関係が無いわけです。
しかしまあ、曲のタイトルって大事ですもんね。
「ノルウェー産の木材」より「ノルウェーの森」の方が聴いてみたくなりますもんね。
(本来の意味と違うやんけ!!と怒るような野暮なことはいたしませんよ)

で、どんな話かというと、
ジョン・レノン自身の経験談を婉曲的に脚色した歌だと一般にはいわれています。
私なりに訳してみた↓


『ある日、女をひっかけた。
それとも俺がひっかけられたのか、わかんないけど。
女は自分の部屋に招き入れ、「フローリングがいいでしょ、ノルウェー産なのよ♪」と言った。

「すきなとこに座って、ゆっくりしてってー♪」と女は言ったが、
部屋には椅子などなかったので床に腰を下ろした。

二人でワインを飲みながら夜中の2時まで喋ったところでいよいよ女が言った
「あら、もうベッドの時間だわー♪」

女は「あした仕事で朝はやいのよーアハハハ♪」と笑いやがった
俺はヒマだけど、と仕方なくひとりで風呂場で寝ることにした

翌朝目が覚めたら、すでに女の姿はなく部屋には俺ひとり
礼替わりにと火をつけてやった
北欧の木材はさすが、よく燃えるわー♪』



Norwegian Wood (This Bird Had Flown)
music&lyric by Lennon/McCartney

I once had a girl or should I say she once had me?
She showed me her room
"Isn't it good, Norwegian wood?"

She asked me to stay and she told me to sit anywhere
So I looked around and I noticed there wasn't a chair

I sat on a rug biding my time, drinking her wine
We talked until two and then she said "It's time for bed"

She told me she worked in the morning and started to laugh
I told her I didn't and crawled off to sleep in the bath...

And when I awoke I was alone, this bird had flown.
So I lit a fire, isn't it good Norwegian wood?




この、ちょっとした(ちょっとじゃないか)狂気、がミソなの。
フィーチャリング・ホーメイのバージョンでは、燃える焔と主人公の感情を「怒りのカルグラ・クライマックス」と名付けてやってみました☆

ところでビートルズ・カヴァーに関しては、差し迫った『シアター・ビートリッシュ』アンコール公演が終わったら片っ端からレコーディングしていこうと思っています。
(今もこのへんに色々アップしています
『シアター・ビートリッシュ』のような舞台/ライブの制作と平行して、なんらかの形で音源も発表したい、とにかく作りたい。若かりしころのように引きこもって作りたい。
アレンジしたカヴァー曲、選びに選んでも既にレコーディングしたい曲が30曲以上ある…
しかしビートルズは特に楽曲使用の承認が難しいらしく、悩ましいところではあります。


去年年末の年末にTASCAMの簡易MTRで録音してみた"Strawberry Fields Forever"もいい感じなんですよ。
演奏・歌の完成度はともかくとして…(せっかち)
このアレンジのキモは、エンディング、原曲はギターで入るリフをスキャットでハモっている箇所です。
歌詞の訳はこちらに記載しています。



さて、話をカフェ☆ラヴァンデリアに戻して(脱線しすぎてすでに疲れた)…
アガリアム合唱団とチャーリー・ウィリアムスのライブです。

初ライブ(11/29)から数えて、練習会は一回、あと当日のリハだけという準備期間でしたが、それぞれの自主練が効いたのか、「サルデニア合唱」や「ブリヤートの歌」などの難曲も完成度が上がったと感じました。

「ひさかたの」「ブリヤートの歌」は「チャーリー・ウィリアムス」×「アガリアム合唱団」のスペシャルコラボバージョンで。
原作者であるチャーリー師匠にもお褒め頂き、うれしい限りです!

(あとでココに写真貼ります)


次回、「アガリアム合唱団」の登場は3/30(月)、両国門天ホールです。



最後にこの日のチャーリー高橋師匠の迷言:

『(あがささんの絵の中で私は)犬になったりジャイアント馬場になったりナメクジになったり
(←ナメクジは言いがかり)色々してるんですよー

エボラウィルスとかになってみたいな~
こう、増えていくアメーバとか

ウィルスになりたいな~

なりたいな~』

e0303005_4433443.jpg


(なった。)



by agatha2222 | 2015-01-13 05:15 | Agalliam | Trackback | Comments(0)

White baby, Blackbird (Revised-Final)

さまざまな めくらまし   さめざめと まのあたり  
しもじもの ものどもが  しめしめと ばちあたり

やまのはに なのはなは  さえざえと ひるがえり  
ははのなの まぶしさは  まぼろしの ななひかり

みつめれば にてもいない  ゆめみさえ みみざわり  
につめれば みてもいない   ねぐらまで めをつむり

まどろみに まがさした  たえだえの いきづかい  
くらやみに くるしみが  つみつくり くちつぐみ

つみつくり くちつぐみ  くちつぐみ くろつぐみ  
くちつぐみ くろぐつみ  くちつぐみ くろつぐみ

くろつぐみ


"Assum Preto"
(music&lyric by Luiz Gonzaga)

Tudo em vorta é só beleza
Sol de Abril e a mata em frô
Mas Assum Preto, cego dos óio
Num vendo a luz, ai, canta de dor

Tarvez por ignorança
Ou mardade das pió
Furaro os óio do Assum Preto
Pra ele assim, ai, cantá de mió




(対訳)

四月の太陽 花の森
すべては美しかった
ただ、めくらの黒ツグミは
光もなく 痛みのままむせび泣く

無知、それとも悪意が
やつらに黒ツグミの目をえぐらせた
もっとうまく歌わせようと

・・・




by agatha2222 | 2015-01-06 01:23 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

Art & Heart, or the reason to be (2015)

雪が降っていましたね。
待ってましたとばかりに元旦からスッキリとした心身と希望に溢れる眼差しで新たなスタートを切る、
という健全さにはワタクシ縁がございません。

が、年末30日に友人のリーディング(相談)を受けたこともあり、
精神的にというかタマシイ活動(スピリチュアルという言葉は嫌いなので)に関して大きな決心があり、 
そう、昨日と今日の間には、空と君との間には、瀞峡(どろきょう)並みの深い溝が刻まれているのですが、
谷の深ければ深いほど這い出すのも苦痛を伴うので、
目に見える実体はいつだってぬるーーーっと動き出すのです。

幼少時からの自分の人生を振り返り、
いつものことのようですが、生きるか死ぬかのデスパレートさでもって考えていましたが、
多次元的な思考を論理の通った文章に整える努力は、ほとんど報われたためしがないので、
みなまで語らず、ワタクシの場合は音楽とかアートとか、それっぽいもので結果を表せばよいのだろうと結論しました。
そういう得手不得手のある人生を選んで生まれてきたのだろうと思います。

というわけで、一年の計が元旦にあったら非常に困りますね。
せっかくの正月休み、去年・一昨年のように旅を準備しておけばよかったなぁと少し後悔していますが、
その分浮いた時間でライブのフライヤを描いたり、懸案だったメルマガをやっと始めたり、事務作業は捗りましたし、寝すぎで死ぬんじゃないかというほど寝ました。(寝正月型慢性頭痛発症)

で、今年の目標といわず、今・此処で思うことは、
これからは自分のトラウマに向き合うことをしようと。
トラウマをトラウマとして束になった自分の一本一本までが認める、受容するということを。
そして認めるのはあくまでファーストステップです。

はい、辛いものは辛いのです。
これまでの遣り繰りでは行き詰っています。
わざわざこの人生を選んであの世からやって来たのであれば、この目の上の大きなタンコブをどうにか乗り越えるために来たのでしょうし、乗り越えられるからできたタンコブなのでしょう。
それともただのカルマの清算なのか、これは終身刑なのか、本当のところは判りませんが何を信じるかは選べます。

自分がどのくらい変わり者なのかふと気になることがあります。
もちろんそんなこと測りようがないし、測る必要もないのに、
気になってしまう、というか拘りたくなってしまうのは何故か。
つまりは「(自分は)これでいいのだ」「何も悪くないのだ」、と思いたいのでしょうね。
変わり者であるということは孤立感に対する言い訳になるのです。

という文脈で調べ物をしていたら、ある曲を(しつこいようですがビートルズの)思い出しました。

なんとなく即興的にアレンジして演ってみたら、シンプルだけど我ながらとても気に入った。
まだギターコードの修正が必要だし、歌詞がちゃんと歌えていない箇所もありますが
やはり心の中から出てくる(脳とか頭じゃなくて、あくまで感覚的な言葉の選択ですが)モノにはウソや嫌味がなくて、私にとっては良い作品なのだ。
感情が溢れて流れた後に、放心したところで出てくるものが、「つくった」ものよりも良い。

四枚目のオリジナルアルバム"Beatles For Sale"に収録されている、
ボブ・ディランに傾倒していたころのジョンの作品、"I'm A Loser"

Soundcloudにアップしました
(ジョンのイラストの眼鏡のあたりをクリックするとリンク先の新しいタブが開きます。おしりのあたりをクリックすると爆発します。)
e0303005_4114793.jpg


原曲はこちらです
(改めて映像を見ると他のメンバーはともかくジョンの髪型、変ですね、というか前髪長すぎですね、というかマッシュルームカット自体が似合わないのかもしれませんね、それを言うな横山?このころのジョンはストレスで太っていますね、それを言うな横山?いえいえそんなこと関係なく素敵なの)



歌詞を一部抜粋します。


Although I laugh and I act like a clown
Beneath this mask I am wearing a frown
My tears are falling like rain from the sky
Is it for her or myself that I cry

I'm a loser
And I lost someone who's near to me
I'm a loser
And I'm not what I appear to be

What have I done to deserve such a fate
I realize I have left it too late
And so it's true, pride comes before a fall
I'm telling you so that you won't lose all

("I'm A Loser" music&lyric by Lennon/McCartney)


今年もよろしくお願いします。
覚悟を決めて、やりたいことをやるための環境を整えていく予定です。
激動だよ。

2015年元旦 あがさ



by agatha2222 | 2015-01-01 22:22 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

公開中の楽曲リスト:List of Songs on Soundcloud

(English follows Japanese)

Soundcloudに公開中の楽曲リストです。
楽曲追加するごとにリストも更新していきます。
(リストは公開日の古い順です。)

むかーしむかしに作って、ほぼ全部一人で演奏・録音したものですのでどうぞ大目にみてください…歌のヘタさが主に公開を躊躇させる…
Coverと書いていない曲は、作詞作曲:あがさ、です。
(無断での転用等はやめてね、万が一何かに使うって時は教えてね)

しくよろ!


Here is the list of my songs/recordings which are posted on Soundcloud.
I will update this list on posting new songs.
The order is by posted date.

The songs/recordings are mostly, if not particularly stated, written, performed and recorded all by myself since 1997, when I was still a teenager...(excuse)
Please do not reproduce any of my work without permission.

Cheers!


1) 狗 (3rd version/Live/2007)

2) ピアスホール (Live 2007)

3) ナイショノハナシ (Live 2007)

4) ブレックファスト (Live 2007)

5) 今年の夏は暑すぎる (Live 2007)

6) Casa Forte (Live/Cover/2007)

7) 猫 (Demo/2nd version/2005)

8) ムビラ (Demo/2nd version/2005)

9) 不眠 (Demo/3rd version/2005)

10) Gremlin (recorded@LIPA/1998)

11) パール (Demo 2005)

12) Ray of Light (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

13) Staring at the Illusions (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

14) Paiter's Blues (2001)

15) アリス (2001)

16) Spinning Song (2002)

17) You Never Know What You've Got Until You Lose It (2004)

18) Between The Stage And By Seat (2001)

19) Crumble (2001)

20) Sailing In To The Dark (2002)

21) ガールズライフ (1999)

22) ZOO (2002)

23) ジュリアン (1999)

24) ザ・山猫ブラザーズ(1st Ver.) (1999)

25) Reisender (1998)

26) 痒い夏のメドレエ (1999)

27) ご飯党的に言うと(2001)

28) 月の重力 (2001)

29) Seven Days (2001)

30) You are the one (2000)

31) リクノコトー (1998)

32) コミディエンヌ (1999)

33) ストロボ (2000)

34) Flower in the Shade (2000)

35) Magician's Song (2001)

36) Skippin' Rope (2001)

37) 月相 (2001)

38) 告白 (1999)

39) 不眠 (1999/1st ver.)

40) Sanctuary (1998)

41) Edgar's Death - The Sleepers
(from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

42) しりとり (2001)

43) 誕生日 (2001)

44) ふるさと(recorded at Canta Brazil 2013)

45) Menino Das Laranjas (Demo/Cover) 20140316

46) 不眠 (1999/2005 ver.)

47) 無花果 (Live/2006)

48) かわいがらんせ (2014)

49) 白峰かんこ踊り/Shiramine Kanko Odori Live@Cafe Flying Teapot 20141129

50) 【アガリアム合唱団/Agalliam Choir】 ひさかたの/Hisakatano
(1st Live@Cafe Flying Teapot 2014/11/29)

51) 【アガリアム合唱団/Agalliam Choir】 サルデニア合唱曲/Sardinian Polyphony
(Rehearsal 2014/11/29)

52) 【アガリアム合唱団/Agalliam Choir】 ブリヤートの唄/Song of Buryat
(1st Live@Cafe Flying Teapot 2014/11/29)

53) モラル/Morality Live@World Kitchen Baobab 2014/11/29

54) Blackbird (the Beatles)(Rehearsal 2014/09/26)

55) The Clash (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

56) The Prayer (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

57) Wuthering Heights '99 / Opening Theme
(from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

58) Happiness Is A Warm Gun (the Beatles)(Solo Live@Kissa Sakaiki 2014/12/09)

59) Lockwood's Horror (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

60) Infancy (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

61) Daydreams (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

62) The Birds In A Cage (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

63) Tumbling Down To Troubles (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

64) Welcome Home (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

65) Christmas Carol (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

66) Uninterested Lover (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

67) Oak And Fir (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

68) In The Rain (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

69) Can Not Live Without My Soul (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

70) The Last Kiss (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

71) Isabella's Despair (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

72) Peaceless (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

73) The Little Claws (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

74) A Father And Daughter (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

75) The Plot (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

76) Catherine's Misery (from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

77) Nelly Dean's Lullaby / Bonus Track
(from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

78) The Sleepers - Zombie Mix / Bonus Track
(from Original Soundtrack - Wuthering Heights '99 - 1999)

79) 【Charlie "Agatha" Williams】Hokai-Bushi/ホーカイ節(角界版) (Live 2014/6/14)

80) 【Charlie "Agatha" Williams】Dompan-Bushi/秋田民謡ドンパン節(実録版) (Live 2014/6/14)

81) 【Charlie "Agatha" Williams】Song of Bryat/ブリヤートの歌(二重唱) (Live 2014/6/14)

82) 【Charlie "Agatha" Williams】Travessia/トラヴェシア(日本語版) (Live 2014/6/14)

83) 【Charlie "Agatha" Williams】Sail Away (Live 2014/6/14)

84) 【Charlie "Agatha" Williams】Song of Tatar/タタールのうた (Live 2014/6/14)

85) サロメの純情/Salome, Devoted (2001)

86) ピアスホール/Pierced Hole (Backing Track) (2001/2003)

87) 框のフレーム/Window Frame (2002)

88) DOGS / 狗(英語版) (2001/2003)

89) If I Needed Someone (the Beatles)(Live session with "Sag Chana" @Acha 2014/12/27)

90) ぐるりよざ/Gloriosa (Live@Cafe Flying Teapot 20141129)

91) You Can't Do That (the Beatles)(Live@World Kitchen Baobab 2014/11/14)

92) I'm Loser (the Beatles)(1st Demo 2015/1/1)

93) For No One (the Beatles)(Rehearsal 2014/8/10)

94) Yer Blues~ One After 909 (the Beatles)("Theatre Beatlish" Live@Shinsekai 2014/9/2)

95)

96)

97)

98)

99)

100)


リストの更新をほぼあきらめました
by agatha2222 | 2015-01-01 00:10 | Soundcloud etc. | Trackback | Comments(0)