人気ブログランキング |

<   2016年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2016年4月のライブスケジュール/活動予定

4/8(金) アガリアム合唱団 定期練習会
場所:目黒区
時間:19:00-22:00
体験参加費:3000円

☆団員募集中です。体験参加のお申込みお待ちしています。
詳しくはアガリアム合唱団のウェブサイトをご参照ください
http://agalliam.jimdo.com/schedule/
****************************************







チャーリー高橋を囲む八広の会主催、「チャーリー・ウィリアムス」「菜の花楽団」(&わたくし)が色んな組み合わせでまさに「総力戦」で挑むライブ!
4/9(土) 『春の宵  総力戦!』
場所: やひろ食堂隣
https://www.facebook.com/やひろ食堂-1496485613983859/
住所: 墨田区八広2-45-10 
電話: 090-6944-5468

時間: 17:30開場 18:00開演 20:00終演予定

投げ銭制、お食事をお楽しみください

出演:

チャーリー・ウィリアムス+あがさ
…徳久ウィリアム(ボイス)
…チャーリー高橋(ギター)
…あがさ (ボーカル/三線)

☆菜の花楽団
…さとうじゅんこ(ボーカル)
…チャーリー高橋(ギター)
…岡野勇仁 (鍵盤ハーモニカ)


主催:チャーリー高橋を囲む八広の会
企画:チャーリー高橋
協力:やひろ食堂隣、現代美術製作所

☆Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/events/1715894211962561/


☆(細長いフライヤ)

e0303005_15285893.jpg




****************************************







4/23(土) アガリアム合唱団 定期練習会
場所:江東区
時間:13:00-17:00
体験参加費:3000円

☆団員募集中です。体験参加のお申込みお待ちしています。
詳しくはアガリアム合唱団のウェブサイトをご参照ください
http://agalliam.jimdo.com/schedule/
****************************************







4/29(金/祝) ”Lico e Amigos" & "あがさゆかりのととぅ" ツーマンライブ(仮)
場所:Espeto Brazil
http://www.espetobrasil.jp/
住所:豊島区南大塚3-29-5光生ビルB1
( 山手線大塚駅南口より徒歩3分 )
電話:03-5979-4433

時間:18:00開場  18:30開演

出演:
☆Lico e Amigos 
…Lico(vo)
…高橋ひで(gt)
…岡野勇仁(pf)
+青柳智里(per)

☆あがさゆかりのととぅ
…あがさ(gt&vo)
…飯島ゆかり(per&cho)


料金:1500円
☆Espeto Brazilはブラジル料理レストランです。
ワンドリンク&ワンフードのオーダーをお願いいたします。
e0303005_01590545.jpg
****************************************







by agatha2222 | 2016-04-30 23:43 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

トゥモロネバノウズ聖歌?

CANTATA BEATLISH edition EPs からRED/BLUE/GREEN の3枚リリースを6/12の自主企画イベント に間に合わせるべく、パッケージづくりもちゃくちゃくと進めています。


ちゃくちゃく

e0303005_00505887.jpg


あ、ちゃくちゃく
e0303005_01220112.jpg


ほーれ、ちゃくちゃく

e0303005_01223934.jpg


で、こちらの"Tomorrow Never Knows"(BLUE EP) のタイトル文字、
このウニョ~っとした字面もあり、ネウマに見える!!とツイッター上で盛り上がり…

e0303005_00522102.png




「テネーテおかわりメディオクリテルおかわりスルスムスルスムおかわり単独クィリスマクリヴィスエクワリテルエピファヌスエクワリテルスルスムクラモールクリヴィスおかわり単独クィリスマスルスム」

と、その気になれば読めるそうです。
(翻訳 by サリクス・カンマーコア主宰の櫻井元希さん)
勝手に載せてすみません...おかわりって何?


...トゥモロネバノウズ声明があるんだから、トゥモロネバノウズ聖歌(グレゴリオ聖歌ならぬ)があってもいいかも…
あ、トゥモローネバーノウズ声明というのは、そのむかし桜井真樹子さんの声明合宿で修業したウィリアムさんに「声明っぽさ&チベット声明っぽさのハイブリッド」でねつ造していただいた産物で、
去年のライブ"CANTATA BEATLISH -re(in)carnation-"に取り入れました。
なにそれ!?!?
あやしい!!!!
BLUE EPでもちょっと聴けるよ!!!!

しかしそもそも"Tomorrow Never Knows"は、ジョン・レノンが「チベットの死者の書」からインスピレーションを得て書いた曲で、
ジョンのイメージは「数千人のラマ僧によるお経の大合唱」だったそうで、
あいや遠からずな解釈、いや、これ以外に何があるよ?というアレンジなのです!!!!


原曲のアレンジも、まさに音楽・録音実験しまくりな(ビートルズのアルバムはどれもそうなんだけど特に)アルバム、「リボルバー」の最後の一曲を飾るに相応しい作品で、
サンプリング&ループの手法を取り入れたり、
"Rain"で導入した逆回転録音をさらに進化させたり、
ジョージ・ハリスンのインド音楽への傾倒からタンプーラが使われたり、
ジョンは自分の声を「山頂からお経を唱える僧侶っぽくする」ため、ハモンドオルガン用のレズリースピーカーを通してドップラー効果を狙ったり、
したらしい。
リンゴ・スターのドラムパターンもフツーじゃなくていかす。

これこれ
(映像はアップした人の趣味かと)



アラニス・モリセットによるカヴァーもカツコイイな~



これはフィル・コリンズによるカヴァー



こんなのも。すごい…にしてもこの楽器…
途中で"Norwegian Wood"を挿入してくるあたり多大なるシンパシーを感じる



この曲をカヴァーできて嬉しいです。
しみじみ。
by agatha2222 | 2016-04-29 01:52 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

雨のあとさき

4/22

この日はプロビーのゲストレコーディング。
ボイスパフォーマー、かつアガリアム合唱団共同主宰の徳久ウィリアムさんにおいでいただきました。

先月の"Rain"、"Norwegian Wood(This Bird Had Flown)"に引き続き、今回は"Strawberry Fields Forever" のボーカル録音など。
これはめっちゃ良いです!
喪失感でてます!!
ブラジル生まれ感でてます!!!
どうぞリリースをお楽しみに☆ウッシッシ


(バナナは関係ありません)

e0303005_00281965.jpg



こちらはアップルが公式にアップしてる"Strawberry Fields Forever"のミュージックビデオ、ただしショートバージョン。画像が綺麗!↓





ちなみに2016年のプロビー(Project Beatlish)リリース音源は、ウィリアムさん祭りでもあります。

そもそもウィリアムさんを祭るべくアレンジから始めたといったほうが正しいです。

上記の三曲の他でも、いろんな声の表現を聴くことができますよ。

あーはやくお届けしたい~~(焦)


ちなみに(2)こちらは、去年のプロビーでウィリアムさんにご参加いただいた曲、"And I Love Her"。

こちらも聴いてみてね☆




4/24


この日は「あがさゆかりのととぅ」の相方、パーカッショニスト・飯島ゆかりさんと、プロビーから"Tomorrow Never Knows"レコーディングの打ち合わせ、および4/29のライブのリハーサルを行いました。


"Tomorrow Never Knows"も、ちょ~トライバルでカッコいいんですよ!

(もう自分で言っちゃう)

ゆかりさんにはアタバキ風にコンガたちを叩いて頂く予定…

サンバドゥール!サンバドゥール!

レコーディングは今週末、こちらも早くお聞かせしたい!!


プロビー2016年企画、赤青緑EP、もろもろ出来てきましたよ~

6月まで頑張りますよ~

というわけで今日はこの辺で、アテアマニャ~ン






by agatha2222 | 2016-04-28 23:39 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

"49"- CANTATA BEATLISH edition EPs Release Live (Rain)

しとしとぴっちゃんですね。
こんな雨の深夜にプロビーの新曲アップしました。

"Rain"
サルデニア島の伝統合唱風のアレンジです。
アガリアム合唱団のレパートリーでもあります。
ぜひぜひ聴いてみてください。



A track from
"Strawberry Fields Forever
- CANTATA BEATLISH edition RED EP"

music&lyrics by Lennon/McCartney
arrangement, voice(oche & messo oche) by Agatha
voice (contra) by William TOKUHISA
voice (bassu) by Xeiici AI
mixing & recording: Agatha


原曲はこちら。
まさにミュージックビデオのはしり、なんダゼ!!




で!!!!
これら2016年プロビー(Project Beatlish)レコーディングの成果(4曲または5曲いり3枚を予定)のリリース記念にソロライブやります。
場所はお馴染、四谷三丁目の喫茶茶会記です。

リリースするEPはビートルズのカヴァー集ですが、ライブはビートルズに限らずオリジナルや民謡も演ろうかと思ってます。
ピアノも弾くかも!!

食べ物持ち込みOKです。
パーティーな雰囲気にしたいなぁ~
(お飲み物は会場でご購入下さいね)

この企画&プロビー49曲完成!のあと、しばらく自主企画ライブはお休みします。
(だから絶対来てよって言いたいからそう言うわけじゃないんだけど、、)
レコーディングは続けるので、また年末くらいに何か出来たらいいかなぁ?とぼんやり。

*************************

49" - CANTATA BEATLISH edition EPs Release Live
https://www.facebook.com/events/1562886347343899/

日程:2016年6月12日(日曜)

時間:19:00
(喫茶営業は15時から)

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
http://gekkasha.modalbeats.com/
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

料金:1500円(1ドリンク付き)

予約先: agathabeatle@gmail.com (あがさ)
(定員25名・予約優先)

出演:あがさ(vo, gt. pf)

https://www.facebook.com/events/1562886347343899/

e0303005_132235.jpg

photo by bozzo

by agatha2222 | 2016-04-22 01:03 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

CANTATA BEATLISH edition BLUE EP

e0303005_1415560.jpg


Tomorrow Never Knows
- CANTATA BEATLISH edition BLUE EP


1. Tomorrow Never Knows
(Lennon/McCartney)
2. Doctor Robert
/ Tomorrow Never Knows
(Lennon/McCartney)
3. I Want You (She's So Heavy)
(Lennon/McCartney)
4. Lucy In The Sky With Diamonds
(Lennon/McCartney)
5. Mother -I-of-hers-mix-
(Lennon)

music&lyrics: as credited

congas & darbuka (track 1): Yukari IIJIMA
voice (track 2, 3): William TOKUHISA
voice (track 2): Xeiici AI

arrangement & mixing,
electric gut guitars(crews EG-1500C), bass(Ibanez SR), synthesizer(KORG MS20-mini), glockenspiel(TAMAHA), electronics(Line6 DL4, BOSS VO-1) & voice: Agatha

recorded at Studio Beatlish 2016/3/10-2016/5/10

photo: bozzo
artwork: Agatha

2016/6/10 Release
Project Beatlish Products (2016)

Purchase at https://projectbeatlish.stores.jp/


****************

THEATRE BEATLISH special edition 9EPs (1/9 - 3/9)

THEATRE BEATLISH special edition 9EPs (4/9 - 6/9)

THEATRE BEATLISH special edition 9EPs (7/9 - 9/9)

CANTATA BEATLISH edition RED EP

CANTATA BEATLISH edition BLUE EP

CANTATA BEATLISH edition GREEN EP

Project BEATLISH extra edition ORANGE EP(1&2)

Project BEATLISH extra edition WHITISH EP

Project BEATLISH extra edition LAVENDER EP(1&2)



by agatha2222 | 2016-04-15 00:53 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

Well Well Well (oh well)

4/10
今日もプロビーのゲストレコーディング。

午前中からアガリアム合唱団でもお馴染みアイケイイチ君にきていただき、
カルグラーとホーメイでのコーラスの録音をしました。
声明・チベット声明っぽさ出てますわ~


曲はドクター・ロバートなど。



ドクター・ロバート(1966年のアルバム「リボルバー」収録曲)とは、、

”ロバート・フライマンというニューヨークに実在した"スピード・ドクター"(アンフェタミンやLSDなどを大量に処方してくれる医師のこと)と呼ばれる医師で、アンディー・ウォーホルなどニューヨークのアーティストの間では評判だった人物である。ビートルズのメンバーとは直接の面識や関わりはなかったが、ポール・マッカートニー曰く『ニューヨークをハイにし続けた男』をモチーフにしたドラッグ・ソングである。”

です。(ありがとうwiki)


また写真を撮るのを忘れてしまったたので、、
代りに去年のライブ本番前リハ写真を…
(しかし改めて見ると意味不明…ウィリアムさんすみません

e0303005_55433.jpg


その後編集&ミックス、一連のメドレー曲(BLUE EP収録)もあれこれいじる。
仮ミックス・レンダリング完了したらヘッドフォンで聴きながら近所を徘徊もしくはドトる。
(=最寄のドトールで放心したり考えたりスマホで漫画よんだりする)
その間にあちこち直したい箇所がみえてくるので帰宅してまたいじる。
などなど。

づがれだ…

BLUE EPはライブ「カンタータ・ビートリッシュ」のアレンジそのもの、とは違うものの、
メドレーで演奏した流れを引き継いで、(プロビーシリーズはぜんぶそうですが、、)かなりやりたい放題に曲の分解・好き勝手再構築をしています…

アナログシンセやエフェクター類、新しいオモチャに手を出して調子にのってる感じも聴いてもらいたい!
サウンドクラウドにも何曲かアップしてるのでチェックしてね。

e0303005_522152.jpg



これはおまけ

by agatha2222 | 2016-04-11 05:10 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

茶の間 de 総力戦!

4/9
「春の宵 -総力戦!-」、盛況のなか終了しました!
会場の「やひろ食堂隣」は、古い=懐かしい日本家屋を改装した素敵なステキなシェアハウスの土間でした。
土間が客席、一段上がったところ=シェアハウス管理人さんのお宅!が、ステージ、という茶の間感満載のたまらない風情。

e0303005_1743748.jpg

photo by 前田康之さん
(わたし、チャーリーさんと同じカオしてるのがなんとも)

こんなステキな場所をご紹介くださった曽我さん、チャーリーさんはじめ共演者のみなさま、そしてもちろんご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!


客席からみるとファミリードラマを観てるような錯覚も…

e0303005_1795474.jpg

photo by 曽我さん

しかしこの素晴らしく濃いミュージシャンの皆さんと共演させてもらえて恐縮というか光栄というか。。。

「三線が入ると安っぽさ倍増!!」(チャ談)ということで、
今回は私にとっての新曲含め、チャーリー・ウィリアムスのレパートリーでたくさん三線を弾きました。

これから間奏ですよというタイミングで、チャーリーさんがフルフェイスで(意味違)アピってきてくれるので、やっぱり笑ってしまいましたが、歌うところでは笑わずに集中できたのでセーフ!
(ウィリアムさんが間に立ってくれるから大丈夫と思ってたんですが、まさかのフォーメーション換え!)

e0303005_17172697.jpg

photo by 曽我さん


で!
チャーリー・”あがさ”・ウィリアムスで(何故かわたしの持ち歌ということになっている、、)演奏した「河内のオッサンの唄」で一年3カ月ぶりのお目見えとなりましたアレが(やや)活躍。

ザ・ちゃーたか手ぬぐい!!(あがさオリジナルデザイン:非売品)
ウィリアムさん出演のライブ、またはオンラインストアでも買えます。

e0303005_1816961.png

e0303005_18193434.png



この曲では私はコーラスでちょこっと歌う以外やることがなくてヒマなので、あるライブからハンカチをここぞというタイミングで振り回すことにしました。(どこかのバンドのぱくり)
処遇に困っていたちゃーたか手ぬぐいがこんなところで(やや)活躍する日が来るとは…



最後の総力戦演奏にて、中でも楽しかったのが「秋田音頭ツェッペリン版」!
さとうじゅんこさんのレイザービームハイトーン&シャウトを真横で聴く幸せ、脳がマグニチュード7のバイブレーション(あ、またルー病が)いくつか大事な約束を忘れたかもしれません。


e0303005_17261512.jpg


お隣の「やひろ食堂」で頂いたお料理(カレーや唐揚げ等おつまみ各種…)にご当地モノの「東京サイダー」も美味しかったです!!
またここに帰ってこれますように~
by agatha2222 | 2016-04-10 23:58 | Live Report | Trackback | Comments(0)

わたしはスコットランドのようせい

今日はプロビーのゲストレコーディングのための別リハ。
台湾ツアー帰りの旅猫油団etc.で大活躍の鍵盤奏者、梅野絵里さんが来てくれました!

プロビーシリーズ最後(合計49曲目=49日にちなんで)に収録する、
ライブ「カンタータ・ビートリッシュ」のビートルズ・メドレーに対する返歌として書いた自作曲、
「わたしはだれのもの」が梅ちゃんのアコーディオンでスコットランド民謡っぽく…!!!

e0303005_2253212.jpg



…超良いです。自分で言うのもなんですが超良いです。
これまた同シリーズの他のどの曲とも似てないし。

しかしこの曲、転調4回、
とくにB(# 5個)からD♭(♭5個)とか鍵盤奏者泣かせ。
特にアコーディオンは右は鍵盤、左はボタン…
ギターは簡単なんだけどね~。
と、アレンジが決まったので早速録音開始します。

さらにこちらの曲には、「カンタータ・ビートリッシュ」にも参加してくれたシンガーのクドウアイコちゃんにもツイン・ボーカルでご協力いただきます☆
アイコちゃんはソウルフルなエレクトロ・バンド(さいきんはエレクトロの域を超えているようですが)、
Far Farmのボーカリストとしても活躍中。
写真は今日ゲットした昨年リリースされたFar Farmの新譜"GOLDEN RAIN"!
これは惹きこまれる音世界・・・!!

e0303005_2251076.jpg


いいなぁ。。わたしもエレクトロなサウンドを操れるようになりたい…
しかしその前に溜まっている歌入れ待ちの曲を仕上げたい。
歌の練習します。

ついでに今日の桜☆
e0303005_2272142.jpg

by agatha2222 | 2016-04-03 22:08 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

ひさかたのひかりのどけきはるのひに

4/1
今日は4/9ライブのためのチャーリー”あがさ”ウィリアムスのリハでした。
季節感たっぷりの選曲に、三人ならではの曲、ランディ・ニューマンに日本各地の民謡と色々。
「ダサさをプラスするのにピッタリ!(チャ談)」ということで三線たくさん弾きます。
菜の花楽団と合同=総力戦でも演奏します。
私のオリジナルも一曲やりますよ~

チャーリーさんのギター編曲術、コード付けは素晴らしく何度聴いても飽きない。
ウィリアムさんはホーメイ・デス声・ノイズに楽器etc.と声のレパートリーの広さが売り、
とはいえ地声が圧倒的に良い、と歌を聴くたびに思う。
どう良いかは説明できない。ただ感動する。

で、こちら今晩録った宣伝動画:曲は「ひさかたの」
(チャーリー高橋meets都節音階feat.紀友則 カルグラバージョン)



ライブは投げ銭!!
ぜひぜひ遊びにきてね☆

**********************************
4/9(土) 『春の宵  総力戦!』

場所: やひろ食堂隣
https://www.facebook.com/やひろ食堂-1496485613983859/
住所: 墨田区八広2-45-10 
電話: 090-6944-5468

時間: 17:30開場 18:00開演 20:00終演予定

投げ銭制、お食事をお楽しみください

出演:

☆チャーリー・ウィリアムス+あがさ
…徳久ウィリアム(ボイス)
…チャーリー高橋(ギター)
…あがさ (ボーカル/三線)

☆菜の花楽団
…さとうじゅんこ(ボーカル)
…チャーリー高橋(ギター)
…岡野勇仁 (鍵盤ハーモニカ)


主催:チャーリー高橋を囲む八広の会
企画:チャーリー高橋
協力:やひろ食堂隣、現代美術製作所

☆Facebookページはこちら
https://www.facebook.com/events/1715894211962561/

e0303005_23533268.jpg

by agatha2222 | 2016-04-01 23:54 | Other | Trackback | Comments(0)

マジで YES IT IS

2016年プロビー(Project Beatlish)の第一弾、
CANTATA BETSLISH edition RED EPから一曲アップしました。

イコール!5日間の死闘の末=オオゲサ、プロツールス復活しました!!!
ご指南下さった方々、ありがとうございました!




"Yes It Is"

A track from
"Strawberry Fields Forever- CANTATA BEATLISH edition RED EP"

music&lyrics by Lennon/McCartney

arrangement, nylon-strings guitar, synthesizer, claps, voice by Agatha
drums by MEW
mixing & recording engineer: Agatha
recorded at Studio Beatlish & Sound Studio Otokichi(Tokyo)

cover photo by bozzo
art work by Agatha

ここからもお買い求めいただけます☆
https://projectbeatlish.stores.jp/

************************

今作ではドラマーのMEWさんにレコーディングでご協力頂きました。
うーん、やっぱりドラムは良い。。ドラムは良いぞ。

曲はシングル"Ticket To Ride"のB面曲、ビートルズ初期の名バラード、"Yes It Is"。
(勝手につける邦題、「マジで」)
ちなみに作者のジョン・レノンは、この曲を"Run For Your Life"、"It's Only Love"などと共に「全く好きになれない」駄作だとしています。
彼の言う「好きになれない」曲というのはだいたい歌詞が、
その背景にある思想がよろしくないということかと思います。
「(今晩のデート相手に対して)赤は僕の恋人が着てた色だから着ないで―」(歌詞の一部)とか、私でも正直「サイテーやな~」と思いますがまあそれはそれで。


原曲はこちら




4曲入りEP(全てビートルズのカヴァー)は4月末の完成を目指しております。
郵送もいたしますので是非!!!!!!!!
貴方のお手元に届けたい☆☆☆



プロビーのウェブサイトはこちら☆
http://agathabeatle.wix.com/projectbeatlish#!cantata-beatlish-edition-ep/c1207
by agatha2222 | 2016-04-01 06:23 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)