<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

【sketchdemo#3/4/5/6】おはいりなさい

【sketchdemo】#3~#5は昔の曲を思い出し録音を…
恥ずかしながらわたし17歳。


Dear My Fairy God Mother(1999)



Sincerly (1999)



Sir P (1998)




こちら↓は三年前に書いた曲。

おはいりなさい/Come Inside (2013)




と、おきまりの最近みた映画その①、
パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」@Bunkamura ル・シネマ。

鳥肌たちまして帰宅後即ギターの練習はじめたのは言うまでもありません。
(まあ音楽を奏でる人ならそうなるっしょ)
やる気が萎れていた私ですがスクリーンのパコから放たれたパッションがこちらの毛穴を通して分けてもらったような。


で、映画館の上映予告に気をとられてポスター写真とりわすれ…

e0303005_215220.jpg


スカッと爽やかな空色がいいよね!
by agatha2222 | 2016-08-25 23:26 | Soundcloud etc. | Trackback | Comments(0)

ザ・リターン・フロム黄泉

先月の旧盆あたり、和歌山県南部に行ってきました。
目当てはまず田辺市の南方熊楠顕彰館(=熊楠が米英留学から帰って以来住んでいた家の隣にある。家屋や再現した庭も見学できる)
この家の隣に父の実家があり(今は他人の持ち物ですが)、
ちょうどこの7月は父の13回忌ということもあり来たかったのです。

写真は熊楠の家
e0303005_2072885.jpg



もうすぐ生誕150周年ということでひそかに盛り上がっている熊楠界隈。
熊楠の生まれは和歌山市内で、通った小学校は私の母校でもあり、熊楠の有名なエピソードについては小学校の集会でたびたび聞かされてみんな知ってるといったところ。

出発の日の晩にちょうど民俗・宗教学者の中沢新一さんの「南方熊楠賞受賞記念」出版イベント(講演会)があったので行ってきました。
新刊「熊楠と星の時間」にサインを頂きまして

e0303005_2093456.jpg



その後東京駅から夜行バスで和歌山市まで、10時間、
あまり寝られないし疲れましたが移動そのものが旅の醍醐味かと

翌朝、特急「くろしお」で紀伊田辺へ
弁慶チョーひさしぶりー

e0303005_2063872.jpg



バスの時間の関係で急ぎ足でしたが「南方熊楠顕彰館」へ
熊楠の庭では文字通り耳をつんざく蝉の声、我慢できないほど

e0303005_2011072.jpg


e0303005_20131893.jpg



ここから龍神バスで2時間、山道を登り次の目的地、熊野本宮へ
言わずと知れた熊野本宮大社

e0303005_20152670.jpg



平安時代以降、熊野全体が浄土の地であるとみなされ、
中世、人々は「生きながら浄土に生まれ変わること」を目指して熊野詣の道を歩いたそうです。


大斎原(おおゆのはら)は川の中州にあった旧社地

e0303005_20244685.jpg




熊野古道も歩いてみました
発心門王子より初心者用の7キロコース

e0303005_20165793.jpg


山道で独りという気持ちよさ(前後にはもちろん歩いてる人は居るんだけど)

e0303005_2018102.jpg


ゴールしたら八咫ポストがお出迎え(なんかのパクリっぽい)
八咫烏エブリウェア

e0303005_2019026.jpg



いつかは那智の原始林にも行ってみたいなー


今回の旅の目的は、「緑の中で何にもしない」ことなので 
外出に疲れたら宿に帰ってゴロゴロと本を読む。
上記の「熊楠と星の時間」と同じく中沢新一著「チベットの先生」、神坂次郎「縛られた巨人 南方熊楠の生涯」、あと宿に(沢山)置いてあった「星の王子さま」を(つい先日、古本屋で珍しく星の王子さまの英語版絵本を買って読んだばかりだったのでタイムリー)読了。


四日目の朝、まず新宮市に移動
車窓より臨むエメラルドグリーンの川

e0303005_20232885.jpg



さらに紀伊勝浦へ、「ホテル浦島」で家族と合流
(浦島だけあって)ご丁寧に亀のお船がお出迎え


人々の声援のなか到着(亀が)


翌朝は捕鯨発祥の地、太地町へ

e0303005_20303780.jpg


1歳半くらいの時に来たことがある「鯨博物館」へ
懐かし(憶えてないけど)
e0303005_20341185.jpg


白いイルカ
e0303005_20254671.jpg


こちらは珍味、ウツボ
e0303005_20252395.jpg



電車で3時間、和歌山市へ
窓の外の緑を眺めていると飽きません。
以上、緑にかこまれリラックスできた良い旅でした。

e0303005_20265394.jpg

by agatha2222 | 2016-08-14 20:15 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

カルダック・ハマル

つづきまして!
「Progressive Tuvan Folklore」(トゥバ民謡)プロジェクトより、
「カルダック・ハマル」のラフミックスをSoundcloudにアップしました。
(あくまでラフですが…)

この曲では「ととぅ」相方、飯島ゆかりさんにパンデイロを叩いて頂きました。(6/22録音)




this song is a Tuvan traditional

arranged and recorded by Agatha in 2016 JAN & JUN
pandeiro by Yukari IIJIMA


で、こちらも去年末のライブのパンフ用に描いたジャケ?画…

e0303005_23676.jpg


ほんとはこのイラストには間違いがあります。
「山を堀りこんでいい道が出来たら、カルダック・ハマル峠の向こうの恋人にもっと頻繁に会いに行けるのになー」等という内容の歌なので、「わーい♪」と喜ぶなら、山を越えるんじゃなくて掘ったトンネルを通って行かなきゃ・・・。


「Progressive Tuvan Folklore」のプレイリストはこちら↓
少しずつ増やしていく予定です。




ところで今日は涼しい一日でしたね。
(15時まで寝ていたのに「一日でしたね」とかいうのはアレですが)
夕方に簡単なお弁当を作って、近くの公園の木陰で食べました。(ひとりで)
いくつになっても夏はやってきた瞬間から過ぎ去っていくことを思ってなんとなく寂しい…(損な性格)
夏の音を身体にいれときました。

それでは皆さま、have a nice お盆。


by agatha2222 | 2016-08-13 23:13 | Progressive Tuvan | Trackback | Comments(0)

エキ・アッタル

「Progressive Tuvan Folklore」(トゥバ民謡)プロジェクトより、
「エキ・アッタル」(駿馬)のラフミックスをSoundcloudにアップしました。

(ラフミックスつまり完成じゃないんだけど完成させようといじり続けてるとまた耳を酷使してしまうのでとりあえず今のところはこんな感じでってことでつまりは出してしまいたいのです)

ホーメイ&喉歌録音を「チャスチャイクスキシュ」の鎌田さんにお願いしました(6/26録音)。
フィーチャリングです。

バックトラックを録ったのは去年末~今年の正月。
なんとか今年中には仕上げたいものです。



Eki Attar (early-mix20160811)
this song is a Tuvan traditional

arranged and recorded by Agatha in 2016 JAN & JUN
khoomei(throat singing) by Eiji Kamada


ジャケ画?のこのイラスト、気づいている人が居られたら拍手!なんですが、

e0303005_23172557.jpg


いつぞやのコレのネタ使い回し(ちょっと変えてるけどね)だったのです

e0303005_13554715.jpg


懐かし。


さて「Progressive Tuvan Folklore」次は「カルダック・ハマル」をアップします!(予告)



ところでところで、前回に引き続き今回も最近観た映画を…。
「永遠のヨギー ヨガをめぐる奇跡の旅」@アップリンク を見ました。
パラマハンサ・ヨガナンダ(ヨガなんだ!愛なんだ!by V6)
の生涯についてのドキュメンタリーです。
ジョージ・ハリスンが薦めるもんだから本(あるヨギの自叙伝:Autobiography of a Yogi)も買っちゃいましたがとっても分厚いので(5センチ越え)まだ読み始めてません。
映画にはジョージ・ハリスンやラビ・シャンカールも出てきたよ。
エンドロールにはジョージの「ギブ・ミー・ラブ」が流れたよ、名曲の名アレンジよ。
スライドギター最高。




なんのはなしだったっけ…
by agatha2222 | 2016-08-12 14:06 | Progressive Tuvan | Trackback | Comments(0)

【sketckdemo#2】アイビーハウス

先月、「今年の夏は大して暑くないなー、クーラーなしでも眠れるわー、余裕☆」と思っていたわたしへ。
何年、何十年、クソ暑い夏を経験すれば覚えるのでしょう、一年の内で一番暑いのは八月だと。

で、八月八日はハッパの日だよ!(嘘)
というわけで今日の曲はこれ、蔦の葉の曲。(いや、たまたま)
歌詞はまだ仮、とはいえこれはこれ以上育てない(育たない)ような気も~




【sketchdemo#2】アイビーハウス(Ivy House) 20160807

つたのはの のびるほう
よあけの こがねいろ
しずけさに あさのつゆ
しずくさえ おとさず
 こっそり
 きみのまどにしのびこむ
よろこびに しげるあお
きみのなを よぶのさ
さざめき かみをなでる
いくせんの てのひら

 きみのしやをつつみこむ
はかげの こくなるほど
とじてゆく そのみらい
とどかぬ ひのひかりに
ほろびれば それまで
ほろびれば それまで
ほろびれば それまで

written by agatha somewhat in July 2016


【sketchdemo】とは、
またレコーディング三昧に戻れるまで、新曲・新カヴァー・思い出し未発表曲等の簡単なデモをぼちぼち録ってアップしていこうという試みで、夏休みの絵日記みたいな。
そうよ、夏は休みたいよー たいよー

e0303005_1213715.jpg



話は変わりますが、今夜は待ちに待ったこれを観に行きました、「JUNUN」@目黒シネマ。
大満足、おすすめですよ~
(公開は8/12まで)
e0303005_1224666.jpg


それにつけてもジョニー・グリーンウッドの髪型の変わらなさよ。

この夏はパコ・デ・ルシア@Bunkamuraル・シネマや「ソング・オブ・ラホール」@ユーロスペースや来月はジャニス・ジョップリンも?音楽ドキュメンタリー映画が目白押しで忙し楽しみですの~

というわけでオヤスミ、ええ休むよやすらかに~
by agatha2222 | 2016-08-08 23:02 | Soundcloud etc. | Trackback | Comments(0)