<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エイト・デイズ・ア・ウィーク

まだ「新作」でるか??のビートルズ最新映画、「エイト・デイズ・ア・ウィーク」、観てきた。
(ちゃんとサービスデイに…)
http://thebeatles-eightdaysaweek.jp/index.html


もう目新しい映像とか出てこないっしょ?と思ってたけど、なんといっても映像が・音質がとっても良くって、これはまったく新たな体験だった。
ツアーの日々&彼らが巻き起こした社会現象に焦点を当てつつ、四人のポップアイコンとしての魅力を存分に堪能できた。
(ロン・ハワード監督の愛を感じたわ)

今までアンソロジーとかYoutubeで観ることのできた、初期の、特にモノクロ時代の映像って音が良くないからインタビューもあまり何言ってるか解らなかったり、演奏もファンの歓声が耳触りだったりで鑑賞するにはイマイチだったから、テクノロジーの進歩を待ったかいがあったよね!!!と思う。

著名人のインタビューでは特にウーピー・ゴールドバーグの逸話に泣けた…。
あとエルビス・コステロの「(ラバー・ソウルを聴いた時それまでの作風とあまりに違っていたので)初めは好きになれなかったけどその後何週間かはこのアルバム無しにはいられなくなった」という下りに共感。

二時間程のドキュメンタリーの後に30分のライブ@シェイスタジアム1965年の映像も観れたんだけど、これにはさらに感激しました。
(トイレ行きたかったの止まったわ…)
考えてみれば、映像とはいえこれが初めて通しで観るビートルズの「本物のライブ」なんだよな。ルーフトップはまたちょっと違うし。

あと、今作のすばらしい後味の良さは、「ツアーの日々」にフォーカスということで1967年のブライアン・エプスタインの死以降のビートルズが解散に向かう時期のことは一切描かれていなかったことによるのではないかしら。

ビートルズ好きな人にはめっちゃおススメするんだけど、そんなに知らないしー?という人にはやっぱりまずオリジナルアルバムとかベスト盤の青赤盤とか聴いてほしい!と思う老婆心です。
(こういうことに異常に慎重になるわたし…)
私はもう一回観るかな!


(映画と関係ないけど、本秀康さんのイラスト、かわいくて好き↓)
e0303005_13321029.jpg



追記:プロビーは終わったのになんだかビートルズの話しかブログに書いてないね・・・(&隠しキャラのようにサウンドクラウドの埋め込みと)
まあそれでもいいよね。。。
プロビーには纏わってないけど(日本語変?)ビートルズがらみのウダウダは、記事カテゴリ「Project Beatlish」にしとくからね!
by agatha2222 | 2016-09-28 13:27 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

レンズ豆のスープ (All My Loving)

9/17
久々にポール・マッカートニーのファーストソロアルバム「マッカートニー」聴いた。
初めて聴いた中学生の頃は(ビートルズのクオリティと比べると内容に)正直がっかりしたけど、名曲"Junk"が収録されてるだけで価値あるとも思ってた。
願わくばこれをビートルズでバッチリとレコーディングしてほしかったとも思った。
(それを言えばジョージの"All Things Must Pass"も聴きたかったけど。)

で、"Junk"だけどつい昨日、ずっと意味がわからんと思ってた歌詞の謎が溶けた…。
(アマゾンのプロダクトレビュー読んでて気づいた…暇?)

昔読んだ歌詞カードには、
「Bye, bye says the~」て書いてたけど、
ほんとは「Buy, buy~」だったのね…。
☆参照

つまり、
「買って!とショーケースの張り紙が言うー
なんで?(どうせ棄てられるのに) 
と裏庭の粗大ごみが言うー」
みたいな意味かな。
そうと解ると美メロと相まって、とたんに訴えるものが。
その頃はきっと(ビートルズの崩壊/ジョンの脱退宣言で)ハートブロークンだったであろうポールの気持ちを想像すると涙なしには聴けぬのな。


あと同アルバムでは、"Maybe I'm Amazed"も、今聴いたらとても好きだな…昔はピンとこなかったというかこのアルバムに入ってるのも忘れてたけど。
ちなみにポールはアメリカのアニメ「シンプソンズ」にリンダと出演したとき、
「Maybe~を逆再生して聴くとメチャ旨なレンズ豆スープのレシピが隠されてるよ!」て言ってた。
声はもちろん本人(ポールとリンダ)によるもの。

(40秒めにその件が…最後まで笑うわ…)
追記:このアニメでいつも凄いと思うことのひとつが、台詞と口の動きがピッタリあってるところ…




(日本語字幕つきのがあったけど肝心の音声が…)




アルバム総じて、これこそ元祖・宅録アルバム、ポールがひとりでぜーんぶ(ミックスも?)やってるって視点で聴くと、わが身にも身近に感じられてというか、興味深いな。



で、そんなポールのビートルズ初期の名曲をカヴァーしました…(本題)

All My Loving (the Beatles)








ちなみにジョージ・ハリスンが出てる「シンプソンズ」の回はこれ…
この回は随所にビートルズパロが出てきて面白いよ。


追記:最後の台詞は"What a nice fellow!"(なんて良い奴なんだ)なんでやねん
で、ジョージ本人の言葉の選び方を意識しているような気が。
"fellow"(=奴)って良く言ってるような、ジョージ。


後半にも出てきます、ジョージ(2分17秒)
台詞は"It's been done." で、
「終わったことだ」、ってかんじかな?これもジョージが実際に言いそうな台詞…




パロディといえば例えば、1分40秒~、ホーマー(オヤジ)のボーカルグループが最後に「ルーフトップコンサート」を行います…。
4人の衣装がビートルズのそれになってる(ホーマー=リンゴ、バーニー=ジョン、スキナー校長=ポール、アプ―=ジョージ)
アプ―(インド人オヤジ)のズボンの色だけ違うのが惜しい…。
あ、ジョージはインド好きだからアプ―なのか…
2分45秒~のホーマーのスピーチはジョンのそれのパクリ。
=「グループを代表してお礼を申し上げたいと思います。オーディションに合格しますように!」
他にも色々ある!




リンゴの回はこれ☆
これはリアルタイム(91年)で観た記憶が…
(WOWOWで放送してたのを姉の友達に録画してもらった)
40秒あたりで登場します。
ラスト(2分~)はリンゴのソロ・シングル曲"It Don't Come Easy"が流れるリンゴづくしの回!


シンプソンズのマージ(青毛のお母さん)が学生のころにリンゴの肖像画を描いたけど、美術教師にけなされ、「唯一信頼できる人の意見を聴こう!」とイギリスにいるリンゴの元へ絵を送ったんだけど、返事が来なかったので「やっぱり絵の才能がなかったんだ」と落ち込んだところにリンゴから返事が届いて(あまりに大量のファンレターが毎日リンゴの元には届くため、マージに返信するまで20年近く?かかってしまった)、やる気を出したマージは展覧会に出品するためにまた絵を描き始める…というお話。(たぶん)

追記:ちなみにリンゴは唯一ファンレターに返事を出すビートルとして有名だったのですが、返信したサイン入りの手紙がオークション等で転売されるということが頻発して以来、「もうファンレターは送ってこないように!(ピース&ラブ)」と言っています。
その記事☆
by agatha2222 | 2016-09-24 23:45 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

少女おばさん密林を漁る

夏の遊びのつづきを…アップしました。

"Silent Night 20160911DEMO"



(イラストに深い意味はありません=私のとち狂ったクリスマスのイメージ)

e0303005_2345046.jpg



と、復調したと思ってどうでもいいこと(レコーディングに関して)からチョロチョロ始めたらまた耳の調子が下り坂に、、、。心理的なものかと思うけどやむおえずもう少し休むことにします。


で、することが無いので八月からビートルズ関連(ジョージ・ハリスン多め)のYoutubeでインタビューを観たり色々な伝記を読んだりイエロー・サブマリンやハード・デイズ・ナイト等観直したりしています。
(なんて可愛いんでしょうなんて可愛いんでしょう)
ビートルズに入れこんだ中学時代から20年の間にさまざまなアイテムが新発売されているもので、短期間でだいぶ密林(アマゾン)に金埋めました。

e0303005_23435099.jpg



マーチン・スコセッシ監督による2013年公開「リヴィング・イン・ア・マテリアル・ワールド」(ジョージのドキュメンタリー)の二枚組DVDがアマゾンで1170円にまで値下がりしてて何でそんなに安くなってんねんと軽くキレましたがちゃんとポチりました。ジョージ・ハリスンbotとか運営できそうなくらい詳しくなってます。
色んなドキュメンタリーや本でちょっとした史実の誤りを見つけチッと思ったりとウザいマニアっぽくなってます。
(ジョージにまつわる話はまた次回にも深くしつこく展開しますめんどくさくならなければ

e0303005_23285041.jpg



特に面白いのはビートルズ担当エンジニアだったジェフ・エメリックの本。
語られている曲をCDで聴きつつ、、あらためて素晴らし過ぎてにやけます。
モノ・ミックス音源を持っていないことはもはや罪ではないかと思えてきました。

e0303005_23211260.jpg



ポールの自伝「メニ―・イヤーズ・フロム・ナウ」は広辞苑サイズ(赤い本をまとめてみた)。
・・・今までジョンの肩ばかり持って?ごめんね!!
e0303005_232159100.jpg


ガチャピンっぽく描くのをやめてみた、ぽーる☆

e0303005_23223799.jpg



もうすぐ(9/22~)新しい映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」もう公開だし、ほんのウォームアップですわ!

e0303005_2323798.jpg

by agatha2222 | 2016-09-12 23:40 | Soundcloud etc. | Trackback | Comments(0)