<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018年1月の出演予定

2018年1月6日(土)
『新春☆タカハシ・ガールズ・コレクション』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
http://gekkasha.modalbeats.com/
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

時間: 開演 19時
(お店は15時より喫茶営業しています)

料金: 2,000円(1ドリンク付)

出演:
チャーリー高橋(g)
Lico (vo)
クドウアイコ (vo)
あがさ (vo 他)

Facebookイベントページ:
https://www.facebook.com/events/1757245004316891/

e0303005_00310369.jpg
e0303005_18081609.jpg
*画像はイメージです


e0303005_13465130.jpg
*参考資料


e0303005_01064769.jpg
*実写版







by agatha2222 | 2018-01-31 16:59 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

おぶり判官

1/21
つづきまして、大阪・天王寺から阪和線で和歌山へ下り、そこから母の車で熊野街道沿いの湯の峰温泉へ。


小栗判官蘇生の地。
e0303005_17310960.jpg



ここのお湯はわりとフツーな硫黄の匂いのする透明なお湯でした。
e0303005_17312227.jpg


翌朝は熊野大社へ詣でまして、
e0303005_17344455.jpg

e0303005_17343635.jpg


「幸福おみくじ」が気になりましたが200円が無くて引けませんでした。
e0303005_17352207.jpg


でもソフトクリームを買う350円はありました。
e0303005_17354299.jpg


レモンさんおすすめの「つぼ湯」にも入るぞと思っていましたがうかうかしている間に車で通りすぎたのか見つけられませんでした。
母曰く「死んでないから別に(入らんでも)ええやん、死んでたらどぼんとそこに浸けんならんけど」。
まあまた機会はいくらでもあるでしょうから後のお楽しみにということで。



雨の降るなか墓参りを済ませ、白浜のとれとれ市場で昼食など、
e0303005_17314562.jpg



べにばえ(蜜柑)の間に覗く広告を気にしてみたり、
e0303005_18065918.jpg


大きな水槽にスイミングスクールの思い出を喚起されてみたりしました。
e0303005_17385956.jpg



南方熊楠記念館は海岸沿いの庭の中にそびえるモダーンな建物で、
e0303005_17354862.jpg


昭和天皇が熊楠を思って詠んだ歌。
e0303005_18084752.jpg


水木しげる先生の直筆サインとかも飾ってありました。キタちゃん!
e0303005_20102130.jpg



その後、母の運転する車内でQueenのCD等に併せて熱唱しつつ(音頭の練習やってるのを聴いていると眠くなると母が申すもので)和歌山駅へと戻り、特急くろしおと新幹線を乗り継いで東京へ戻るわけですが、
大阪で唯丸師匠の1982年のライブ音源で「俊徳丸」を聴かせてもらったところだったので、
さっそく説教節の「信徳丸」の解説本を車中で読んでいましたら、

e0303005_20321026.jpg


「…清水の御本尊は、虚空よりまたお告げして、『やあいかに信徳丸、御身がようなる異例は、これより熊野の湯に入れ』と教える。信徳丸は湯に入らばやと思い、四天王寺を出て熊野へ向かう。…」(水上勉『説教節を読む』)


…ってこれ昨日のワシのルートやがな!!!


「小栗判官」のお話もそうですが、「蘇生」または「蘇り=黄泉還り」といえばやっぱり、熊野なんやなぁ、とか改めて思った次第…。(信徳丸は死んでないけど、継母の呪いで両目を潰され四天王寺に捨てられてしまう)


2016年にも熊野を訪れたんですけど(って和歌山に帰省しても他に行くとこがあまりないからしばしば行くんですけど…)、
そもそも、熊野(和歌山)が黄泉の国として、古代の日本人は「一度死んで生まれ変わってくる」覚悟で和泉山脈以南(=闇ニッポン)に赴いた、そして生きて都に戻ってこれた暁には周りの人々はキツネのお面を被って祝いの舞いを舞って迎え入れた…、
みたいな話を(多分だいぶ記憶が捻じれているかもしれませんが…)、旧「そら庵」の東海さんに生前、教えてもらって(適当な手踊り付きで…)興味が向いたってことがあったのでした。
わたくしほんとモノを知らないもので。。。


それでもって東京に戻ったら、四年ぶりの大雪。
帰宅ラッシュのピークを過ぎていたので、電車は楽勝で乗れましたが、最寄駅から雪道をスーツケースを引いて行くのがなかなか大変でした。
四年前のこんな雪の日のことを思い出したり。
まあ、今日のところは思い出話はこんなもんで。











by agatha2222 | 2018-01-25 20:58 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

おんど合宿

1/20
週末はモノガタリ宇宙の会のみんなで大阪へ音頭合宿!!!
まずは初代桜川唯丸師匠に年始のご挨拶、課題の相談など珈琲を啜りつつ。

初代桜川唯丸師匠については、とりあえずこちらをお聴きになって。
91年リリースの名盤「ウランバン」by 初代桜川唯丸 with スピリチュアル・ユニティ より:





「食ぅて寝て起きてまた食べて 同じことして死んでいく 
人の命の寿命は 鯨尺でもメートルでも 
測る長さに変わりはないが とおり相場で八十年
よしや百まで生きたとて 中風で手脚が自由にならぬ 
入れ歯で香コ噛むようじゃ 恋も未練もなんのその 
落ち着く先は三途の川のステーション 乗り換えなしの特急で 
片道限りで 往復切符がアノ間に合わぬ イェ~
長い浮世に短い命 始末始末で金貯めて 
財産税に取られるよりも 年に一度か二度三度 
桜川唯丸でも呼んできて 江州音頭でも聴こう 
これがこの世のアノ極楽じゃ イェ~」

このアルバムジャケットだけでもかなり期待してしまうところですが、
唯丸師匠ご本人の筆による冒頭の口上、初めて聴いたとき私はこのオープニングのワンフレーズでひきつけをおこしそうに笑いましたね・・・はい、胸ぐら掴まれました。


夜は天光軒夢月さんのお店で宴会、たいそうなご馳走を頂き、
あとには高正さんの太鼓に乗せて師匠の前でそれぞれ音頭を披露・・・緊張で脚が震えました。
その後スーパー銭湯で緊張をほぐしてから皆で高正さんのお宅へ、夜中まで江州音頭の秘蔵?音源等を聴く二次会というか研究会!という旅程でございました。
(写真を撮るのを忘れた、というよりも諸々ありがたすぎて写真なんか撮れず。。。)


翌朝は四天王寺のがらくた市へ。(やっと写真を撮る余裕が)
今回の旅を全てコーディネートくださった、高正さん

e0303005_11231494.jpg


菓子の木型に見入る皆さん@がらくた市

e0303005_11225707.jpg


「人前で音頭やりたいんやったら、ゆくゆくは着物も自分で着られるようになっとかんとなぁ・・・着物どこで買えばいいんかなぁ・・・(あー不得意分野、メンディー)」等とちょうど考えてたところで、安い古着物の山に遭遇!
同行の女子(立石さんと北野さん)に相談しながら、きゃぴきゃぴと沢山買ってしまいました。
(帯はまた別の機会に落ち着いて選ぼうと思って買わなかったの)

北野さんと高正さん曰く「アホみたいな着物」
(これまたちょうど、この後母に会ったので着方を教えて貰えた)

e0303005_13380346.jpg

こっちはマトモでしょ。(帯は旅館の浴衣のやつで間に合わせ)
e0303005_13381078.jpg


この後、私は皆と別れて和歌山へ下ってそこから熊野へ・・・。
(次の投稿につづく)



江州音頭のお勉強、昨年は11月と年末、二度もチャーリー高橋さんの企画ライブに雑ぜていただき、オハヤシ担当といいつつ私もすこし歌わせてもらったり有難い機会を頂きました。

こちらは昨年12/29のライブでの様子@新宿ナベサン
(岡野さん@菜の花楽団が見切れてしまっていますが・・・)

e0303005_11200974.jpg


と、いうような恵まれた機会を生かして自身の成長に繋げられたかどうかは、どうぞ次回の興行にて見届けていただきたい・・・
ってわたくしのことはさておき、江州音頭と日本の民謡にご興味のある方は是非お越しください!(宣伝)

e0303005_13481461.jpg

3月13日(火)『民謡と江州音頭の夕べ』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

時間: 開演 19時
(お店は15時より喫茶営業しています)

料金: 2,000円(1ドリンク付)

出演:
*菜の花楽団
さとうじゅんこ (vo)
チャーリー高橋 (g)
岡野勇仁 (kbd)

中西レモン (江州音頭)
あがさ (オハヤシ)

Facebookイベントページ:

by agatha2222 | 2018-01-24 13:30 | Ondo | Trackback | Comments(0)

海鮮番長とレコ日誌

アルバムのレコーディングも残すところあと二曲、それも最初と最後に収録予定の、つまりオープニング曲とエンディング曲とあっては、うーんもっと頑張らなくっちゃって、慎重になっているわけです。まあだいたい、何もかもが、難しいのです、私にとっては、演奏は。飲みこめないホウレン草をずっとくちゃくちゃ噛んでいるように、あーだこーだと編曲に悩み脱線して他のことをやったり、ギターの練習したりサボったりサボってる間に振りだしに戻ったりでいたずらに時間が過ぎて行ってしまうのも、我が子(=アルバム)可愛さ・手離したくなさ故のこと…、なのかどうかは、判らないのですが。
(ホウレン草が飲みこめず何時間もくちゃくちゃやっていたのは幼かったウチの姉のことです、ちなみに。)


1/8
新年一発目のゲスト・レコーディングは、パンデイリスタ・西村誠さんにお願いしました!
曲は「ナイショノハナシ」。

e0303005_01305755.jpg

楽器選びからリハと録音、さくさく進めてくださいました。

e0303005_01331678.jpg


西村さん、またの名を海鮮番長。
懐かしい画が出てきたので再掲(2014/12/14)

e0303005_01393114.jpg



そう、何を隠そう、西村さんには、プロビーでもプロツールス(DAW)を使い始めた初期の頃にご協力いただいておるのです!
うーん、これも懐かしい…
聴くとミックスやり直したくなっちゃうけど…


Help! (the Beatles)




そしてナイショノハナシは後へとつづく。


by agatha2222 | 2018-01-19 23:25 | Project RAHULA | Trackback | Comments(0)

どんなまどんな (Lady Madonna)

ガットギターは6弦をドロップD(通常のピッチ=Eより全音下げる)に調弦することによって、津軽三味線の二上がり(たとえばD-A-D)のような倍音の下地層が作れるのだ。それはあたかも生野菜にまぶしたオリーブオイルのように、あとには何をかけても味を纏めてくれるのだ。ドロップDくらいの「変則」であれば通常のコードも簡単に応用できるので、展開も無限大なのだ。だからテンションが上がるというものなのだ。ドロップDはそんな舞台なのだ、いや、リングなのだ。リングに稲妻走るのだ。高速ジャブのようなバチーダを、回し蹴りのようなラスゲアードを、親の敵のように繰り出してはあかぎれの指先からは血が出、爪が欠け、その録音を聴いて現実に冷や水を浴びせられる、もともと無い鼻が圧し折られる。嗚呼もう、ずたぼろだ・・・勝っても負けてもずたぼろだ・・・争って良いことなどなにもない・・・倍音のごわんごわんしたところもいまいち集音できてないし・・・

なんの話だったっけ。
プロビーのポール祭りの続きです。


Lady Madonna (the Beatles)





一応これはまだ完成じゃなくってデモ・・・、と言ってもお茶を濁しているだけで、これ以上アレンジを変えたりするつもりもないんだけど、これをこれ以上練習してるバヤイじゃない!
オリジナルの方を急がんとヤバイ!
けどやりかけたものは雑でも何とか出さなきゃこの場の収まりつかない!
ということで、ぷりっと!


オリズナルはこちら。




1968年リリースのシングル。
映像は、ライブツアーの代替として発表されるようになった当時のPVで、この曲のレコーディング中のようす・・・、と見せかけて、この映像で演奏しているのは別の曲で、アルバム「Yellow Submarine」に収録された"Hey Bulldog"です。
"Lady Madonna"のレコーディングが終わった後に、これシングルにするから、やっぱりPV撮っとこう!となって、じゃあビートルズの皆さん、アテレコで演奏する振りして?っと言われてイラチのジョン・レノンが「そんなメンディーことやってられへん!俺の新曲(Hey Bulldog)をこれから録るから、その映像を撮って("Lady Madonna"の)PVに当て込んどいたらえんやんけ?どうせ何の曲やってるかなんか、見てもわからへんのやし!」と提案したとおり、音は"Lady Madonna"、映像は"Hey Bulldog"録音時の楽しげなようすとなっております。

(ちなみにジョンはこの"Hey Bulldog"を、もう録り終えていたポールの"Lady Madonnna"の代わりにシングルA面として推したそうですが、後だしじゃんけんということでワガママは叶わなかったそうです。)


"Hey Bulldog"はこれ。映像同じでしょ。
(アニメ映画"Yellow Submarine"の画のほうを探したけど見つからず・・・)




今年は戌年なので"Hey Bulldog"でも遊びたいなぁ録りたいなぁ、などと考えてもおります。ちなんでるでしょ。

by agatha2222 | 2018-01-18 17:08 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

茶会記で「Yeah!!」

1/6
『新春☆タカハシ・ガールズ・コレクション』@喫茶茶会記、終演いたしました。
年の始め、色々とイベントごとの多い中で今夜ここを選んで…!ご来場くだすった貴方…!ありがとうございました!!!!
このタイトルの気恥ずかしさからか、チャーリーさんがしきりに「あがささん主催」と強調していたのが面白かったです。
(あくまで共同主催ということで責任を半分なすりつけたわけですが)
最後に記念撮影。

e0303005_01064769.jpg
e0303005_11500299.jpg


写真とフライヤの画を並べてみて、自分の髪の分け目が左右逆にいつも描いてることに初めて気づいた…
鏡で見たら逆になるんだったね…


オープニングに全員による「春の七草」(チャーリー高橋作詞作曲、キューバ音楽+NHKみんなのうた風)で幕開けた今回のライブ、
わたくし的にキンチョールな挑戦要素といえば…、Licoちゃん&チャーリーさんの端唄シリーズにて三味線伴奏デビューすること…でございました!
Licoちゃんが端唄を歌うとチャーリーさんとても嬉しくなっちゃうみたいで(えっちで良い!としきりにおっしゃっていました)、昨日の演奏中にも、その場の誰も聴いたことのない類の「Yeah!!」がチャーリーさんの口から絞りだされました。


そういえばこんな落書きもあった(2015年3月)
e0303005_12014649.jpg

他には、アイコちゃんと久々に「ブリヤートのうた」の合唱や(事前リハなしだったけどアイコちゃんよく憶えてるな…懐かしかった)、万葉集の和歌にハワイアンのメロディーをのせた「近江の海」をチャーリーさん・アイコちゃんとの三声で歌ったのも良かったのではと思います。
茶会記は部屋の響きがとってーもよろしくて…生声が、こう、まろやかに混ざり合いやすいような、そんな気がします。
ハワイアン・コーラス・シリーズも、Licoちゃんの端唄シリーズも、チャーリーさんノリノリで「これからもっとレパートリー増やそう!」とおっしゃっていたので、(忘れられなければ)今後も育っていくといいな~、なんて。


ポリフォニーでもユニゾンで歌うのでも、声を合せて歌う・寄り添って歌う、ということが(Licoちゃんとの「二泉映月」や「かわいがらんせ」、3人で歌った「ぐるりよざ」等でも)、今回は特に心地よく、しあわせに感じられました。
個人的には、去年の12月くらいからやっと、さぼってるってか休んでる間に出なくなった声が戻ってきたと感じていて、(まあそれでも傷めたり枯らしたりもするんだけど…)
前回のYYYA(さらにその一年前)で「声が出ないなりに丁寧に・素直に・我を出そうとせず(というか出す余力もない)」歌った思いでと照らし合わせると、あ~この一年は良かったナァと思うと同時に、「戻った」と言っても休む以前ともまた違っていて、巧くなったとは言えないんだけど、まあ、ちょっとおとなっぽくなったかな…より「聴く」余裕がでてきたという点で…あとミスってもあかんかってもまあいいやと思える余裕も…。(あきらめ?)
あと、人と声を合せるときの感覚は…ふだん人と接するときの自分の態度とか心持とか、ストレスの感じ方と同じなのかも…、昔よりも総じて楽になってきましたね~いいないいなおばちゃんっていいな~。
声量の回復については、音頭効果ですね~、練習しなきゃとかっていくら思っても、やりたいことしか結局できないんだよね。
あと、もっとこれからは節(ふし)の音楽を聴く耳を耕して、あわよくば喉のほうも耕していきたいところでございます。
あ、なんだか新年の抱負っぽく…

e0303005_18003298.jpg



そして!
喫茶茶会記が10周年!を記念して上梓した「喫茶茶会記Profile -1-」もゲットしました!
恥ずかしながらわたくしめも寄稿しております。

e0303005_12315268.jpg



そしてそして!
その茶会記での次回の興行は、去年の暮れ、新宿ゴールデン街はナベサンにて盛況を博しました『民謡と江州音頭の夕べ』ライブが再び、3月13日(火)にあります。

e0303005_13481461.jpg


ええと、このフライヤーに関してひとつ釈明といたしましては、チャーリーさんが「オハヤシ」としてわたくしめの名前も書き添えて下さったのですが、怖れ多くもなんですが、その画を描くのはめんどうくさくなっちゃって省いたんですけど、それもかんじ悪いかなぁ~オハヤシっぽく太鼓叩いてる画とか描こうかな(叩けないけど)とか悩んでいるうちにもう出来上がっちゃったから、もういいやって…まっ黄っ黄!
春のはじめに菜の花レモン、来てちょんまげ!


2018年3月13日(火)
『民謡と江州音頭の夕べ』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記 (四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

時間: 開演 19時
(お店は15時より喫茶営業しています)

料金: 2,000円(1ドリンク付)

出演:
*菜の花楽団
さとうじゅんこ (vo)
チャーリー高橋 (g)
岡野勇仁 (kbd)

中西レモン (江州音頭)
あがさ (オハヤシ)

Facebookイベントページ:



*****

滋賀県八日市 延命公園にて「江州音頭発祥の地の碑」から

江州音頭

 古来、八日市市は市場町として発達し、歴史的な伝統と豊かな民俗文化を形成してきた、江州音頭も幾多の伝承されてきた民芸の中の一つである。
 江州音頭は、江戸時代末期八日市市場に出入りしていた、祭文語り櫻川雛山に歌祭文の教えを受けた板前稼業の西澤寅吉が、当時盛んであった祭文語り念仏踊り口説き念仏踊りを、歌祭文に取り入れ大成したのが始まりである。
 これが当初、江州八日市祭文音頭と云われたものである。
 そして、寅吉は教えを受けた櫻川雛山師匠の芸名を用い、櫻川大龍と名乗り名をなしたのである。
 初代櫻川大龍に次いて、真鍮鋳物細工を稼業としていた、奥村九左衛門(初代真鍮家好文)も、八日市祭文音頭の家元として一派をなし、そして、この櫻川・真鍮家の二家元により、江州八日市祭文音頭は、全国に「江州音頭」として馴染まれるまでに発展してきたのである。
 市内金屋町、金念寺境内に門弟の建立になる、初代櫻川大龍と真鍮家好文の慰霊碑がある。
 江州音頭には、座敷音頭と屋台音頭(盆踊り歌)とがある、明治二十年より三十六年頃まで、大阪千日前の一席亭にかけられたのである。
 この江州音頭が、爆発的な人気を呼び、当時河内音頭を歌っていた、玉子屋為丸・砂川千丸らも江州音頭を糧とした。
 江州音頭は、一曲に小一時間も要し、三曲も演じれば三時間もかかり演者も客席も飽きるところから、曲の切れ目に関西万歳を幕間つなぎに、取り入れた人こそ玉子屋為丸、後の漫才の元祖玉子屋円辰である。
 現在、江州音頭保存会も結成され、毎年行われる開市の始祖聖徳太子を崇める聖徳まつりの中で、江州音頭の市民総踊りは人気の中心である。
 この八日市に有志により、「江州音頭発祥の地」の記念碑も建立され、先人の努力を顕彰する共に更に、その普及と保存振興がはかられている。

文作成考証 深尾寅之助




by agatha2222 | 2018-01-07 14:00 | Live Report | Trackback | Comments(0)

嗚呼 こんなにも孤独なひとびとで溢れて (Eleanor Rigby)

"Ah, look at all the lonely people
Ah, look at all the lonely people"


Eleanor Rigby (the Beatles)




ぬるっとポール祭りは再開してしまったのだ。(あ、プロビーの話で・・・)
ある日、頭の中でベースが、私のあの落札価格2800円のIbanezのベースが、昼夜構わず鳴り続けるのでちゃっっと録ってみることにした。
ちゃっっとでは済まなかったが、無理やり済ませたぜ。
ギターソロは・・・、えっと、これ以上は、何も言うまい。


曲は「エリナー・リグビー」




1966年リリースのアルバム"Revolver"に収録、同年に"Yellow Submarine"との両A面シングルとして発表。
こちらのフィルムは1968年のアニメーション映画"Yellow Submarine"のひとコマをデジタルリマスターしたもの。
このアニメのテイストは、後のモンティ・パイソンにも繋がっていくわけです、余談ですが。

作曲者のポールが、ジョージ・マーティンに「ヴィヴァルディ風にしてちょ♪」とオーダーしてアレンジされた弦楽四重奏、
ふつうのクラシック音楽の録音では絶対にやらないようなオンマイクで(=楽器にマイクを近づけること)録ることで得られた(ミュージシャンもエンジニアも嫌がったそうですが)、生々しいというか荒々しいというかエッジの利いたサウンドが、緊迫感をかもし出しているように思います。

歌詞については「孤独な人々」として、架空の人物について語っています。(詳しくは、ウェブで♪)
ポールは「自分ひとりで書いた」と話しているみたいですが、ジョンに言わせると「あいつは2,3行だけ書いてあとは俺とマル(=ビートルズのロードマネジャー)にマル投げしたんだ!」だそうですが、真相やいかに。(あ、余談ていうか、しゃれ)

お正月という日常の切れ目に、もしくは居心地の悪い実家で面倒くさい親戚や仲の悪い両親に挟まれて、この歌に歌われているような心象に共感する人も案外多いのではないでしょうか。
とかなんとか、今日もちなんでみたんですけど。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(早く曲をアップしたいがための、取り急ぎのご挨拶で)


追記:
名前を出したところで、今日は(1/3)故ジョージ・マーティンのお誕生日だったのですね~。
つい数日前は某る人との会話でビートルズの話が出て、その人が「エリナー・リグビー」は最高だと語っていたり(特にいまレコーディングをしているという話はしていないけど)、なんかこういう偶然は、好きですね~。


by agatha2222 | 2018-01-03 18:35 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)