<   2018年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018年5月の出演予定

江州音頭の会(モノガタリ宇宙の会)でご一緒している「オバケダイガク」こと北野さんによる企画です!おやつ食べて、江州音頭のアレコレ知って、生音頭で踊ってみよう~!
2018年5月5日(土・祝)
オバケダイガクのおとなのこどものひ ~夏まで待てない盆踊り~

場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11

①喫茶の時間
13:00~14:30

鹿児島のこどものひのおやつ「あくまき」販売。お飲み物もいろいろございます。町歩きの小冊子「オバケダイガク」「盆踊りストーブリーグ」の展示販売

②盆踊の時間だよ!
15:00~17:30

参加費:500円 + 1 drink order
(オバケダイガクの江州音頭瓦版つき)

*トーク:盆踊りにあんまり興味がなかったオバケダイガクが盆踊りにはまったワケ 
ゲスト:小野和哉
(『今日も盆踊り』共著者(タバブックス)/雑誌『恋と童貞』編集長)

*江州音頭の時間:江州音頭ってナンジャイナー
(担当:オバケダイガク北野留美)

*あらま簡単おはやし講座&踊り指南
(担当:中西レモン)

*生唄で実際踊ってみましょう
(唄;初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会)

問い合わせ:obakedaigaku@gmail.com
http://obakedaigaku.net

☆Facebookイベントページ
e0303005_10160686.jpg
e0303005_10161980.jpg





約二年ぶりの自主企画です!ギターにコンバス、数多の自作楽器を操る北綾瀬の最終兵器=a.k.a.Hentai-sanこと小日山拓也氏と満を持しての?タイバンに加えて、オープニングアクトには江州音頭界隈での熱きブラザー、中村達さんにカザフ民謡をドンブラ(弦楽器)で弾き語っていただきます!とにかくみんな弾きまくる!
2018年5月18日(金)
『弦のかきみしる会』

時間:開場 19時  開演 19時半
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6

出演:
*中村達(ドンブラ&カザフ民謡)
*小日山拓也(ギター&ヴォーカル、その他自作楽器など)
*あがさ(ギター&ヴォーカル)

料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)

予約:agathabeatle@gmail.com

☆Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/153383535329455/
e0303005_22155099.jpg






オリジナルアルバム「ラーフラ」のリリースを記念してワンマンやります!今回は、大好きなウメちゃんこと、アコーディオン/ピアノ奏者の梅野絵里さん(旅猫油団、他)とトゥギャザーします!ぜひ来ておくんなまし~!
2018年6月10日(日)
DOYASA! Records presents
『'ラーフラ' うみおとしツアール始め』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記(四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

時間: 19:00 開演 18:30 開場

料金:2,000円(1ドリンク付き)

出演:
あがさ(vo/gt 他)

ゲスト:
梅野絵里(accordion/pf)
↓↓↓
プロフィール:
梅野 絵里 (ピアノ・アコーディオン)
東京音楽大学でピアノを故 浅野義明氏、作曲を堀井勝美氏、小六禮次郎氏らに師事。大学在学中よりキー ボーディストとして活動を開始、これまで様々なアーティストと共演。無声映画の生伴奏付き上映会や朗読とのコラボレーションなど多様な分野で演奏・作曲活動中。 ラジオ体操に夢中。

e0303005_15100799.jpg


予約: agathabeatle@gmail.com (あがさ迄)

☆Facebookイベントページ

e0303005_13192687.jpg


by agatha2222 | 2018-05-31 23:17 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

どやさレコーズどっっっと混む!

DOYASA! Recordsのウェブサイト、作りましてん!!!

ぜひ見とくれやす。(所要時間3時間の突貫工事)

https://www.doyasarecords.com/


DOYASA! Recordsのひととしての名刺も作りましてん。(I am ビジネスペルソン)
はじめて自分の名刺とか作ってみた。
これでキャッツアイごっことかもできる。
e0303005_17024128.jpg



アルバムは配信でもゲットできるように手配中。
ちゃくちゃく。


by agatha2222 | 2018-05-28 23:55 | Other | Trackback | Comments(0)

ポール祭りについて云々(&レコ日誌)

Project Beatlish、去年からの宿題、ちゃんとやりますよ。
誰かがきっと待ってくれていると信じてるよ。
extra edition、つまりはシアタ~とかカンタータ~とか舞台はやんないけど録りたいからただ録っちゃえ~っ!ていうコンセプトでこさえた「つけたし」編纂、ジョージ祭り、ジョン祭りときてお次はいよいよポール祭りだ!
ポールによる作詞作曲の曲ばっかり取り上げる、それがポール祭りだ!

2016年からREDBLUEGREEN、2017年はORANGE (1&2)WHITISHと続いてきたので必然的にポール祭りはLAVENDER EPとなります。


LAVENDER EP(1)に関しては、2016、2017年に録ったものも合わせての選曲なので、テクスチャ~(というかぶっちゃけ、クオリティ~)のばらつきがEPとしての統一感を乱している感いなめない、ん、ですが、そんなモヤモヤを一掃!!!EPとしてのステ~タスを底上げ!!!すべく、既にデモとしてアップしていた曲をアレンジ新たに、そして強力な助っ人をお迎えして録りなおすことにしたんざます!!


5/20
というのは前置きで、この日は初代ピアノ屋こと岡野勇仁氏においで頂いてのレコーディングでした!

e0303005_01303313.jpg


ひとコード、ガーンと鳴らすだけで、もしくはチャラリーンと鳴らすだけでも、やっぱりピアノ屋さんにお願いするとぜんぜん違います、音楽になります。

普段は絶対撮られることのない(ひとの写真は撮るくせに・・・)なんちゃってエンジニアリング中の写真も。
e0303005_16173517.jpg


沢山撮ってくれるものだから、ほんとはそんなにやることないのになんとなく仕事してるふりしてみました。
e0303005_16172370.jpg



曲は”She's Leaving Home"。
レコーディングの前々日にやっぱり(原曲にはない)ブリッジ部分を追加することにしたり、じたばたしてみた。





素敵に鳴らしてもらって、楽器も喜んでいるはず…!
ありがとうございました!
e0303005_01324840.jpg



で、この後は、事前に仮で録ってあったボーカル群とギターを録り直してミックスして完成となります。
LAVENDER EP(1)、リリースは6/18、すなわちポールの76回目のお誕生日に合わせて、となっております。(間に会うのかしら?)
間に合わせられませんでした・・・延期します。すんまへん。(6/13加筆訂正)



でさ、自分で言っちゃうけどさ、このジャケット可愛くな~い?
ジャケ買いしたくなるレベルで可愛くな~い?
(誰も言わないから自分で言うんです)
ポールの顔、上半分。
e0303005_14190436.jpg


LAVENDER EP(2)のほうは、ラベンダー色のレイヤーを消し消しする位置を変えただけ。(こちらのリリース日は未定。焦らないことにした。)
e0303005_13391471.jpg


ちなみにこちらは、1月のふとした瞬間に描いてしまった本気デッサンのポーリィ。
本気でなんか間違えてるよね。
e0303005_13394014.jpg


いちおうこの動画を見て描いたんだけどね。
バンドではなくソロで初めてステージに立ってめっちゃ緊張してるポール on "Yesterday"。





おまけ:
なりゆきから駅前の吉そばで待ち伏せ中に店内から激写した、吉そばメニューを熟読する岡野さんの顔下半分。
e0303005_01402144.jpg

e0303005_01403563.jpg

by agatha2222 | 2018-05-21 23:59 | Project Beatlish | Trackback | Comments(0)

カザフから北綾瀬まで

5/18
『弦のかきみしる会』@古書カフェくしゃまんべ(王子)、終演しました!
ご来場ありがとうございました!

e0303005_15083924.jpg

e0303005_15211818.jpg

似てる?
e0303005_15214652.jpg



たっさん(中村達さん)は4千年の歴史を誇るカザフの伝統楽器、ドンブラの演奏から。
カザフスタンでは小学校で週に一度、ドンブラ演奏の授業があるくらい、みんな持ってる楽器だそう。
弦は二弦で、ペグ(頭のところの糸巻き)に巻き付けた弦(ナイロンかな?)をおしりのところにひっかけてまたもう一個のペグに巻きつけている=つまり繋がっている一本の弦を折り返して張っているらしい。
演奏は二声のハーモニーでまさに掻きみしるというのがぴったりくるような激しいストローク、ときに弦と一緒にボディを爪で叩いたり。
楽器を持たせてもらうと、ボディは(不安になるくらい…)軽くて、やっぱ遊牧民の楽器?とかって思ったり(あくまで私の想像です)。

e0303005_15133704.jpg

最後に、カザフの民謡をドンブラで弾き語りもしてくれました。高揚感のある旋律!
たっさんは「江州音頭初級講座」にも来て下さってるんですが、声の底からの響きが、迫力がとびぬけて素晴らしいのです。




つづいて、こひやま氏(小日山拓也さん)の登場。
王子の公園でひとりリハ中のこひやま氏を第一発見:

e0303005_15141305.jpg

e0303005_15142512.jpg

近づいてみる。
e0303005_15144071.jpg

e0303005_15145032.jpg
しつこい?



ライブではバッハの組曲をギターアンプで音色を変えつつ、流麗に披露してくださいました。

珍しい楽器コーナーでは、スウェーデン製と思われる「チットラ」を紹介。修理を請け負われたとのこと。ラブリーな見た目。
で、この衣装?
e0303005_15163838.jpg

この日は、こひやま氏主演のショートフィルムの撮影(千住の「路地の映画祭」への出品作品だそうです)も兼ねており、この衣装。


最後は、ネット上に生息する北綾瀬のゆるキャラ、「北綾瀬はるか」のテーマソングとそのスピンオフ作品、自身の45歳の誕生日に仲間が作詞してくれたという「ここここひやま」をメドレーで合唱。

e0303005_15180162.jpg


で、わたくし。
だいたいいつも通り、ビートルズ("Lady Madonna"はお初)とトゥバ民謡とオリジナル曲と、先月に引き続き"やんれ節"を…いちおう「弦をかきみしる」系なのを意識して演りました、
が!!!めっちゃくちゃ緊張してもうたんよ…。


しぶい顔。
(photo by ねこさん・いつもありがとう)

e0303005_16145666.jpg


『弦のかきみしる会』は今後、いろんな演奏家をお呼びする形で会を重ねていけたらいいな~と考えております!むっふ。次はどうしよっかな~。




by agatha2222 | 2018-05-20 15:59 | Live Report | Trackback | Comments(0)

ラーフラの難題(ナダイ)

5/14
アルバムのマスター入稿完了しました。
(え?まだ終わってなかったの?って)
あとは問題なく間違いなくプレスされてうちにやってくるまで、入稿完了してかなりマイルドにはなった胃痛とのつきあいです。
DOYASA! Recordsは独りでやってて寂しいもんなので、表も裏もなくこういうところでボヤいていく所存であります。

というわけで、さっそく一曲アップしました!!
アコーディオンは梅野絵里さん(旅猫油団、他)、タブラは池田絢子さん
ヴォーカル録音とミックス&マスタリングは中村公輔さんの御技であります「ナダイ/Nadai」、聴いていただきましょ~!!




そう、これはマッハ君の「リズム道場!」に通っていたときにできた曲なんだよ!
そう、ブリッジのところでコンナッコールが入るの。

南インドのリズム口三味線(と呼んでしまってよいのかどうかは…)、「コンナッコール」。北インドの音楽だと、「タブラボル」に相当するのかな。
タブラボルといえば、今回タブラで参加してくだすった池田絢子さんが声の出演しているこのCMが好きよ。




「ナダイ」は女の子が踊りまくるPV撮りたいな~と数年前から考えている。
(と、言ってしまえば実現するような気がするので書いてみる。)


そして、(ハルモニウム風?)アコーディオンで参加してしてくだすった梅野絵里さんにはレコ発ライブにも出演していただきます!
昨日はそのリハーサルだったんですけど、ピアノにアコ、ときにケンハモ、小物パーカッションから難儀な歌ハモリまで八面六臂...!
とくにピアノが素晴らしくて、この曲、こんなにええ曲やったんか、、と新しい扉を開いたような感覚にふるえました。
アルバム収録曲に留まらずいろいろ演ります!
よろしくどーぞ!というわけで一瞬宣伝さして!↓


2018年6月10日(日)
DOYASA! Records presents
『'ラーフラ' うみおとしツアール始め』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記(四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

時間: 19:00 開演 18:30 開場

料金:2,000円(1ドリンク付き)

出演:
あがさ(vo/gt 他)

ゲスト:
梅野絵里(accordion/pf)
....
東京音楽大学でピアノを故 浅野義明氏、作曲を堀井勝美氏、小六禮次郎氏らに師事。大学在学中よりキー ボーディストとして活動を開始、これまで様々なアーティストと共演。無声映画の生伴奏付き上映会や朗読とのコラボレーションなど多様な分野で演奏・作曲活動中。 ラジオ体操に夢中。

予約: agathabeatle@gmail.com (あがさ迄)

☆Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/2028817267366817/

e0303005_12041305.jpg




で、アルバム。
どこで買っていただけるかを明記しないといけませんね。
ライブ会場とか通りがかりに言ってくれればもちろんですが、とりあえず私に言ってくれれば郵送します。
agathabeatle@gmail.com 迄)
カード使いたい人はここからも変えたりします:
https://projectbeatlish.stores.jp/
(目がちかちかするネットショップ)
そのうちAmazonにもおろします。
あとお世話になってるお店でも買っていただけるようにしたいなと・・・。


配信はどないすっかねー。
アマゾンプライムとかスポルティファイとかアポームジークとかでも聴けるように、音楽配信サービスの仲介業者(そういうのがあるんですね)に登録しようかなと思ってたんだけど、
「あがさ」っていうアーティスト名が既に使われていて登録ができない。
弱った弱ったヨーワーマイサンシャイン。
いまさら苗字とかつけるのも違うしねーって友達に相談したら、「あがさの後に ☆ とか ♪ とか付けなよ!」とか、トゥイットゥーでぼやいたら、∞(インフィニティ)とか「ちゃん」とか「。」とか付けなよ!とかてきとうなこと言ってくれて本当にありがとうございます。
まあどうしたって、アルバムに印字される名前とは齟齬が出のでねー、と保留。
もう「宇宙軒あがさ」にしようかな。。
なにか良い智恵があったら賜りたく候!!!



by agatha2222 | 2018-05-15 23:57 | Project RAHULA | Trackback | Comments(0)

おとなのこどものひ

5/5
オバケダイガクの「おとなのこどものひ」@門前仲町Chaabee、満員御礼で終了しました!
沢山のご来場ありがとうございました!
踊ってもらえて、ばっちりオハヤシもかけてもらえて、楽しかったよ~!!

写ったってもええで~、という皆さまと最後に記念撮影。↓
e0303005_20105598.jpg



オバケダイガクこと北野さん(自称:江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会 末端構成員←末端というと大きな組織なように聴こえるコレは実はレトリックか?!)が、どういうわけだか江州音頭に夢中になり、抑えきれないときめきを皆とシェアして楽しもう!っていう主旨(というのはあくまで私が個人的に感じ取ったものの解釈です御免)で、
我々は「モノガタリ宇宙の会」として、15時~の「盆踊の時間だよ!」に参加さしてもらいました。



前半は北野さんと、ゲストの小野和哉さんの盆踊りにまつわるトーク、
e0303005_19200078.jpg


後半が中西レモンさんによる江州音頭のオハヤシと踊りのレクチャー、
サングラスはハート型(あやしいを通り越してアブない)
e0303005_19202147.jpg



5月5日ということで、鯉のぼりスーツを着てくれました(なつかしい)。
寸法きっつきつで作ってしまったらしく、一度着ると座ることが出来ないらしい。

ちなみに後ろはこうなっている。
e0303005_19211954.jpg



かーらーの生音頭で踊るタイム!!
にゃんとこさんが動画あげてくれてます!)
e0303005_19251404.jpg




音頭ギャルズ(響きが古い)では歌い継ぎに初挑戦したのだ!(photo by 猫村さん)
気分は世界陸上400Mリレー決勝だ!
e0303005_19540700.jpg



っというわけで、描いてみたのだ!似てるかどうかは知らん!
(そのうち何かに使いまわす)


ゆみ(立石さん)
e0303005_19264909.jpg



るみ(北野さん)
e0303005_19271401.jpg


ワシ
e0303005_19272675.jpg
 


こどもの日にしか食べることができないという鹿児島のおやつ、「あくまき」は北野さんのお手製。
木灰の灰汁(強アルカリ)に餅米を漬け込んで作るそうで、こんにゃくのような不思議な触感がワンダラスです。
e0303005_19280331.jpg




オバケダイガク瓦版「江州音頭ってナンジャイナー」
e0303005_19254379.jpg




ちなみにこちらはゆるキャラ、「デロレンくん」(たぶんコピーライト:北野さん)
(デロレンくん=絞った雑巾疑惑うずまき中)

e0303005_19335578.jpg

デロレンとは音頭の途中に挿入される口三味線パート?の文句のことで、(デロレーンデロレーンって歌うとこがあるの、Hey Jude で言うなら、最後のナーナーナーナナナッナーみたいなやつよ、ってちょっと違うか)このパートは「貝」と呼ばれます。
じゃ、なんで「貝」と呼ばれる?
それは江州音頭の音頭取りを象徴するアイテム、そう、錫杖(しゃくじょう)と並ぶ重要アイテム・・・!(ひみつのアッコちゃんで言うなら、魔法のコンパクト的な)、すなわち法螺貝(ほらがい)を用いる「貝祭文」「デロレン祭文」からきていると思われ。

こちらは↓先日の江州音頭初級講座「デロレンスペシャル!」@王子くしゃまんべにて、ゲストの上島敏昭さんが見せてくれた、小澤昭一さんの形見の品という法螺貝。

e0303005_19303178.jpg


法螺貝、これをどうやって使うの?
って、デロレ~ンとかデレレ~ンとか云いながらメガホンのように口に当てることで声色を変える作用がある(たとえばカズーみたいに)・・・っとかって言われてたりするそうですが、江州音頭のキモである「祭文」(さいもん)という節(ふし)が修験者由来であるところから、そのシンボルというか、どちらかというと楽器というよりは装飾具(コス?)としての意味合いが強いんじゃあないかとかなんとか、、まあ昔々のことでよくわからないそうです。


とかなんとかかんとか、こんな枯れ声の若輩者ってか初心者のくせにこんな濃ゆい音頭の場に加わらせてもらえて幸せな(おとなの)「こどもの日」でありました。多謝。
そして夢はさらにと広がってまいります。

で!!!!次は6月23日(土)に高尾のひょうたんハウスにて、我々も音頭をとらせて頂く場があります。
詳細わかり次第またお知らせしますので、こちらもよろしくデロレン!

e0303005_19354379.jpg


by agatha2222 | 2018-05-11 20:18 | Ondo | Trackback | Comments(0)

見たところから見たところまで

4/22
だいぶ日が経ってしまいしたが、こちらもご報告を。
見世物小屋@深川美楽市、無事終了しました!
千客万来!ご来場ありがとうございました!

葛飾北斎が江戸護国寺で見世物披露(ライブペインティングっちゅうんか)した大達磨を元に、中西レモンさんが描いた看板絵をして「見世物」復活となりました。

e0303005_23022974.jpg


当日午前中の小屋掛けから、正午より休憩を挟んで4時間ほどのローテーション興行、
たいへんだったけれどもめっちゃ面白かった!!


口上師のお三方、左より上島敏昭さん、竹内正則さん、中西レモンさん。
(photo by Yamadaさま)
e0303005_23184346.jpg



香具師の守り本尊、「神農皇帝」は背景幕、これもレモンさん作。(本番前撮影)
e0303005_19300178.jpg




小屋の中の写真、興行中のも頂いたのだけど、「見世物」はやっぱり小屋に入って実際に見て(聴いて)もらってこそよねってことでここには晒さないでおくわ。(決しててぬきブログではない)


お品書き?はこんなかんじよ。↓
e0303005_19365393.jpg

ろくろくび?
つちのこ?
鎌いたち?
べな???

気になるやろ?
気になるやろ。
気になるやろが!!!!



そして先日はさっそくの反省会、映像を確認しながらブレインストーミング。
みなさん真剣です。(私はゲラってます)
文献にしか残されていない見世物(ネタ)の再現とかなんとか、これからもっと面白くなってきそうですよ!
次回興行をお待ちくださいませよ!!!!

e0303005_23365821.jpg





by agatha2222 | 2018-05-08 19:15 | Live Report | Trackback | Comments(0)