人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2018年11月の出演予定

チャーリー高橋プレゼンツ「タカハシ・ガールズ・コレクション」が還ってくる!笑 豪華出演陣による全部のせライブです。私はチャーリーさんの曲の他に、ソロ(ギター弾き語り)でもお時間いただいております!
2018年11月2日(金)
『タカハシ・ガールズ・コレクション☆おーたむ2018』
場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11

時間:19:00開場 19:30開演

料金:2,000円+1drink

出演:
チャーリー高橋(gt/vo)
桜井真樹子(vo/声明)
クドウアイコ (vo)
大江友海 (vo)
あがさ (vo/gt)

Facebookイベントページ:
e0303005_02123875.jpg






かわさきFMラジオにまたまた出させて頂きますよ~!!
2018年11月7日(水)
かわさきFM 野地義行のハッピーフェイスライフ
時間:13:00~14:00







江州音頭「モノガタリ宇宙の会」初級講座参加者の発表会、「モノガタリ宇宙の会」メンバーによる生歌盆踊り(踊りレクチャーあり)、そして大阪からお迎えするスター音頭取り・辺高正さんの座敷音頭を堪能しましょう!という三本立てです!
2018年11月10日(土)
『モノガタリ宇宙の会の音頭会』
場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11
時間:19時 開演 18時 開場
料金:1,000円+1ドリンク
出演:モノガタリ宇宙の会
ゲスト:辺高正さん
(ほとり たかまさ …江州音頭を初代桜川唯丸に師事。独立後の現在も唯丸節の江州音頭取りとして大阪北河内を中心に活躍。)

定員:20名
予約方法:chaabee11111@gmail.comまで、お名前、人数を明記の上、お送り下さい。

概要:
*モノガタリ宇宙の会、及び初級講座参加者の発表会とゲスト・辺高正さんの講評会
*踊りレクチャー
*踊り会(モノガタリ宇宙の会メンバー&大阪よりゲスト・辺高正さんの音頭で江州音頭を踊ろう)

Facebookイベントページ:

e0303005_17255989.jpg







5月に引き続き、古書カフェくしゃまんべでの自主企画「弦のかきみしる会」第二段は、あがさワンマンです。1年半ぶりの、ど・ソロ!生音でオリジナル中心に2セットみっちり演ります!(めっちゃがんばるっちゅーねん)
2018年11月15日(木)
『弦のかきみしる会 アローン』
時間:開場 19時  開演 19時半
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6

出演:あがさ(ギター&ヴォーカル)

料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)
予約:agathabeatle(at)gmail.com もしくは あがさまで直接

Facebook イベントページ:
e0303005_14135194.jpg






チャーリーさん企画にちょっことゲスト?で出させて頂きますよ~!本編のお二組、とっても魅力的です☆
2018年11月30日(金)
場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記(四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com
時間: 19:00 開演 

料金:2,000円(1ドリンク付き)

出演:
Eli Liao(vo) & 赤須翔(g)
Yukkiy(vo) & チャーリー高橋

ゲスト:
あがさ(vo/gt)
e0303005_14135922.jpg







by agatha2222 | 2018-11-30 17:15 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

エーーーーオ!

映画「ボヘミアンラプソディ」、観てきました。
SNS等での評判のとおり、最後のライヴ・エイドの完成度は凄いですね。
ハンドダブル(手元のアップを移す時だけ代役を務めるミュージシャン)も無しで俳優が全部楽器も弾いているらしいので、音は別としても、凄いです。
映画の最初の方で登場人物が出そろうあたりでは、ロジャー・テイラーはもっと可愛いのにとかジョン・ディーコンはずっとジョン・ディーコンの顔真似(口を閉じて口角を左右に引っ張り大きな笑顔を作る)を大袈裟にやり続けているように見えるな(というよりこういうお顔なんだと思いますが)、などと私の中にも小さな「ケチつけおばはん」が居たのですが、だんだん彼らがクイーンそのものにしか見えなくなってました。

e0303005_13403523.jpg


なのですが、映画が始まって30分後くらい?アルバム「オペラ座の夜」のレコーディングをしているあたりから?二時間程、ずっとトイレに行きたくて悶えました。
なぜ嬉しそうにコーラのLサイズとか買ってしまうのか…?!
2年前にビートルズのドキュメンタリー「エイト・デイズ・ア・ウィーク」を観た時も最後の30分、シェイスタジアムでのライブ映像を観ながら同じく悶えた記憶がよみがえりますが、その比ではないトイレ行きたさでした。

e0303005_13580921.jpg


余談だけど、エンドロールで映像技術者のクレジットにGEORGE HARRISONという人の名前があったんだけど…
誰か見つけた?


あとライブ・エイドもだけど、"I Want To Break Free" PVの完成度にも悶えました。




あとあと、「オペラ座の夜」のレコーディング中に"I'm In Love With My Car"の歌詞について(タイトルから想像できるかんじの歌詞です)作者のロジャーがディスられ、しつこくおちょくられ続けていたのも我が意を得たりという感じでした。




などなど、思い返せば楽しいシーン、胸アツなシーン、たくさんあったというのに、鑑賞中は早く終わってくれ!!!(漏れないように)としか考えられなかったのが悔やまれます。



というわけで年明けのライブでは、(自分にとっては)いよいよクイーンのカヴァーもなんぞしようかとアレしつつ、、、
おもむろに宣伝です!↓


『弦のかきみしる会 vol.3』
日程:2019年1月10日(木)
時間:開場 19時  開演 19時半
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6

出演:
*わだこ(ホーメイ&イギル/チャンズ)
*あがさ(ギター&ヴォーカル)

料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)
予約:agathabeatle(at)gmail.com もしくは あがさまで直接

Facebook イベントページ:
e0303005_14454395.jpg




by agatha2222 | 2018-11-30 14:06 | Other | Trackback | Comments(0)

12/2 月蝕の空に浮かぶ星

来週末は四谷の喫茶茶会記にて、今年最後の企画ライブを催します。
茶会記ではほぼ毎年、6月と12月に企画をやらせて頂いていて、今回でもう五年目。
この6月はアルバム「ラーフラ」のリリースライブだったわけですが、今回はまた次のアルバムのプリプロ的な目的でもって、前回同様、プログレにワールドミュージックに自在に旅する鍵盤奏者の梅野絵里さん(梅ちゃん)に全面的に頼りつつ、二人でふんだんにハモリつつ(歌)!、今まであまり(もしくは一度も)演ってこなかった曲も演奏します。
もちろん、アルバム「ラーフラ」の曲も演りまっせ!
加えて、勉強を始めて二年目に入った江州音頭(ごうしゅう おんど)のアレンジバージョンも、新たなネタを投入する予定。
個人的には今この辺が面白いんだわもう…。

タイトルには「月蝕の空に浮かぶ星」と、珍しくロマンティックな響きを持たせてみましたが、「月蝕」というのは「ラーフラ」(釈迦の実子の名前)の持つ一つの意味でもあります。
アルバムのレコーディングが全て終わって、さっそく次はどうしようかな~?と考えていた時に、武田尋善さんが制作してくれたサイコーに素敵なジャケットを眺めながら、そこに描かれた奇妙な生き物に食われんとするお月さまに目が止まり…、そこから、月の輝きの遮られた夜に浮かぶ星座とそれらの物語(神話)について想い…、自分は一白水星双子座A型なんですが(唐突に個人情報)ふたご座のカストルとポロックスの物語について調べてみたり…、
と、まあ未だ夢想段階なのだけど、双子の兄弟の話が気になっていたのです。

そしてその後、9月に武田さんの新作個展で少し演奏もさせていただいたのですが、その個展のタイトルが「ひとつ星の記憶」!といって、おなじ星から生まれた双子が、生れ変わってもまた出会って旅をするという絵があって…
うぉぉぉぉめっちゃロマンや~!!!とシンクロニシティ含めて感じ入り、次のイメージがほぼ決まった、というところから銘うってみました。


そんなことで!ぜひ!
茶会記の素晴らしい音響空間での試みにお付き合いいただけたら嬉しいです!!!
ご予約お待ちしております!!!



『月蝕の空に浮かぶ星』
2018年12月2日(日)
間: 19:00 開演 18:30 開場

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記(四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

料金:2,000円(1ドリンク付き)
予約:agathabeatle(at)gmail.com あがさ迄

出演:
あがさ(vo/gt 他)
梅野絵里(accordion/pf)

Facebook イベントページ:

e0303005_15395046.jpg

出演者紹介:

梅野 絵里 (ピアノ・アコーディオン)

東京音楽大学でピアノを故 浅野義明氏、作曲を堀井勝美氏、小六禮次郎氏らに師事。大学在学中よりキー ボーディストとして活動を開始、これまで様々なアーティストと共演。無声映画の生伴奏付き上映会や朗読とのコラボレーションなど多様な分野で演奏・作曲活動中。 ラジオ体操に夢中。

e0303005_15455805.jpg



あがさ (ギター&ヴォーカル)
singer-songwriter/trackmaker的なやつ。DOYASA! RECORDS主宰(シャッチョー)。和歌山市生まれ。
6歳までピアノ、11歳までバイオリンを習い、その後独学でギター、14歳から作詞作曲・宅録等を始める。ビートルズに恋するあまり16歳で単身渡英、一年間遊学。Liverpool Institute for Performing Artsのサマーコースに参加。5年のブランクの後、2013年より音楽活動を再開、ガットギターの弾き語りやパーカッショニスト飯島ゆかりとのデュオ等で都内中心にライブを行う。2014年よりthe Beatlesの楽曲を題材としたパフォーマンス(舞台)とカヴァー曲の録音を「Project Beatlish」として展開。現在までに4~5曲×16枚のEPとして発表。現在は江州音頭を勉強中。2018年6月オリジナルアルバム「ラーフラ」をリリース。

e0303005_15424717.jpg
(photo by bozzo)







e0303005_15501530.jpg



by agatha2222 | 2018-11-24 15:48 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

かきみしりアローン

11/15
「弦のかきみしる会 アローン」という名のソロワンマンぼっちライブ@古書カフェくしゃまんべ、皆さまに温かく見守られて終演いたしました。
ご来場、誠にありがとうございました。謹んで御礼申し上げます。

記念撮影は、アローンではなんか寂しいので、くしゃまんべの竹内店長と。
e0303005_17312527.jpg

前回の「弦のかきみしる会」でめったくそに緊張してしまった反省も踏まえ、今回はタイバン無しということもあり、出たとこ勝負!じゃなくてちゃんと精神集中してその場に臨むことをテーマとした(って当たり前のことかもしれないが…)、二年半ぶりのソロワンマンでした。
独りでお客さんに向かって演奏するのは、二人や三人で演奏するときの心持とまったく違うもんなんです。
一緒に演奏する人が居れば、目の前にお客さんが居るか居ないかはあまり気ににならないんです。お金を貰ってわざわざ来てくれた人に「聴かせる」為に演るというより、「この共演者と一緒に音楽をやる」ということが先にあるから、視られている聴かれている、というプレッシャーも薄まるというか、それほど感じずに済むというか。
独りじゃないって、すてきなことね!(アマチマリ)
それが、独りぼっちだと剥きだしです!ヒッリヒリします!
しかも自分で書いた歌を演るとか基本的に恥ずかしかったり責任を感じちゃったりもするんです!
ちゃんと集中できていないと、演奏しながらも色んな要らんことが脳裏に浮かんできます。だいたいはネガティブなこと。ミスるかも、、とか、あ、ミスった、とか、お客さん退屈してるんちゃうやろかとか…。あと視られてる聴かれてるというプレッシャー、つまり人の評価が気になって仕方ないわけですね。剥きだしのフリーソウルを発露せんとのソロライブなのに、これじゃあレコーディングして整えた音源を聴いて貰うほうがよっぽど良いわけです。自分の身体感覚に集中して(自分の要らん思考から)結界を張らなくてはいけません。

で、上手く行ったんかどうかは、、恐ろしくてまだ録音も聴けてないのでよくわからないんですけど、集中したかどうかで言えば最近の自分の中では良い方だったとも思うけど、後半はその集中力も切れてきちゃった。(集中できてないと、後半のほうが良くなってくるけど)
やっぱりこういうのは定期的にやって訓練しないとあきませんね。

で、今回に限らずだけど、独りだとMCの時のテンションが低すぎる(普段しゃべるときはそんなんじゃないのに)って言われるので言い訳しときます。
人と喋るときって基本的には相手に照準を合わせている(言い換えるとそれなりに気を使っている)けれど、演奏するときは、自分以外の存在を意識から締め出して(ノイズキャンセリング機能みたいに相殺するためのエネルギーを放出するイメージです)自分のイマココに集中しなくてはいけない、、。(って書くとなんか大袈裟なんだけど…もちろん気楽にいける曲もあるわけだけど…)
器用にモードを切り替えられればよいのだろうけど、集中する方もままならないから、もう喋りは諦めております!喋りより演奏の方が大事やろう!
MCの時に関西弁になる(最近はそれ以外でも地でいくようになってきてますが)のも、意識的に「わたしは人に合せません!!!今は人に合せません!このままの私で何が悪い!」と自分に言い聞かせているという部分もあるわけです。

一歩引いて考えると、それってどうんだろー?ライブってコミュニケーション!っていう人も要るのに…もっとパァッと人に対して開いて明るいエナジーを発せられればいいのに…とかって考えなくもないんだけど、人間の成長にも段階というものがあります。一足飛びには何事も叶いませんし、そもそもの性質というものもございますから、何が言いたいかと言うと、まあ出来ることしか出来へんってことですけど、かつ、人に対してどんな影響を与えるか(もしくは全く与えないか)ってのは結果でしかないから、とりあえず考えるのは止そうかと。テヘペロ!
人を楽しませるために演奏する人、舞台に立つ人、私は尊敬しますけれども。
とかなんとか、グダグダと書かなくてもいいようなことを吐露してみました。

e0303005_15541152.jpg
(photo by 竹内さん)



で、終演後にやっとありついた美味しい思い出も。
くしゃまんべ特製、佐渡の無農薬無花果コンポート&チーズトースト。
気前良すぎる無花果にチーズの塩味が絶妙!
e0303005_17335766.jpeg


また別の日にはホットサンドも頂きました。
チキン、チーズ、トマト、マスタードという具の四天王っていうかビートルズみたいなハーモニーで完璧な美味さ!
e0303005_03131667.jpeg

めっちゃまいうう。



と、いうわけで。
次回の「弦のかきみしる会」@くしゃまんべはvol.3、京都よりトゥバと倍音と相撲と盆踊りをこよなく愛する女流ホーメイジ、「わだこ」さんをお招きしてのツーマンでの開催となります。

ご予約お待ちしております!!


『弦のかきみしる会 vol.3』
日程:2019年1月10日(木)
時間:開場 19時  開演 19時半
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6

出演:
*わだこ(ホーメイ&イギル/チャンズ)
*あがさ(ギター&ヴォーカル)

料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)
予約:agathabeatle(at)gmail.com もしくは あがさまで直接

Facebook イベントページ:

e0303005_15495572.jpg



***********

ところで。
話が前後しますが、11/7には野地義行さんの「ハッピーフェイスライフ」@かわさきFMラジオに出演させていただきましたので、こちらもご報告を。
今回はギタリストの松本恒男さんも一緒に。
先月に続いて生演奏では、「やんれ節」とポール・マッカートニー来日記念!と称して「Blackbird」にアルバム「ラーフラ」からは「ナダイ」を。
聴いて下さった方、ありがとうございました!

e0303005_17410520.jpg




by agatha2222 | 2018-11-20 17:41 | Live Report | Trackback | Comments(0)

モノガタリ宇宙の会の音頭会

e0303005_20023532.jpg


11/10
「モノガタリ宇宙の会の音頭会」@門前仲町Chaabee、踊りの熱気に包まれて終了しました。
ご来場の皆さま、応援くださった皆さま、Chaabeeの藤田さんご夫妻、そしてはるばる大阪から駆け付けてくださった辺高正師匠、ありがとうございました!
来年もまたこのような機会を設けたいと計画中ですので、踊って下さる皆さま、聴いて下さる皆さまのお力添えを、何卒よろしくお願い申し上げます。


辺高正師匠の式座より、音頭会のはじまりはじまり。
「食うて寝て起きて、また食べて、同じことして死んでいく~(唯丸節)」

e0303005_20030203.jpg


初級講座参加者の皆さまの成果発表も。
(次回の初級講座は11/19@古書カフェくしゃまんべ、ですよー。)
写真は、何かとお世話になっております「菜の花楽団」や「滞空時間」でもお馴染みの、さとうじゅんこさん。

e0303005_15215273.jpg




ほいで、佐藤みゆきさんと私の二人で、ポリフォニー江州音頭。
「淀の川瀬」から「花尽くし」。
高正師匠がうしろで錫杖きってくれているのが嬉しいです!

e0303005_20131472.jpg



休憩挟んで、踊りのレクチャーです。
音頭取りになる前から、もとはばりばりの踊り子だったという高正師匠による特別編!
高正師匠のトレードマークに合せてレモンさんの着物(直筆の大津絵入り)も半分、うこん色。
いや、泣くウサイン・ボルトも黙る黄金色!
(今回は中西レモン衣装アーカイブ用の写真を撮るのを忘れてしまいました。ごめん。)

e0303005_20033662.jpg




提灯は、7月の大盆踊り会で献灯後に頂いたものです。

e0303005_20133683.jpg



そして踊りレクチャーからそのまま、江州音頭の歌い継ぎにて30分以上ノンストップで踊る踊る!
宇宙軒梅☆ぼし(立石さん)の「関取千両幟」から、私、みゆきさん、宇宙軒MYOJO(北野さん a.k.a.オバケダイガク)がそれぞれ「乃木将軍」を分け合って。
私は今回、枕(冒頭)で歌亀節に挑戦さしてもらいましたが、まあ、まだまだ。(河内音頭の「ヨホホーイホイ」ってのやってみたかったの!)
ありがたくも踊りの輪から、ユニゾンで歌声と激しい(笑)お囃子が返ってくるので、こちらも負けてはいられないといつも以上にイキがってしまいました!




小休憩を挟み、次はレモンさんの一席で「難波戦記」など。
(動画は、アンコの「油絞り」と「ケーケー尽くし」。)
踊り子の皆さまの熱気のせいか、外の雨のせいか、太鼓(エジプトのドフ)の皮がもうベッコベコに緩んで…心は半泣きでめいいっぱい叩いておりましたが、、
録音を聴いたらブインブインとタンタンっぽくも聴こえて面白いかも。





そしていよいよ、高正師匠の座敷音頭は「天野屋利兵衛門」。
脳裏に焼き付けんと座してじっと聴き入ります。





オーラスはみんな揃って「悪魔よけ」。

e0303005_20135603.jpg
(photo by にゃんとこ




終演後、Chaabeeの出演者用サイン帳に署名と落書き。

e0303005_20154650.jpeg



モノガタリ宇宙の会と、辺高正師匠で記念撮影。
左から、わたし、中西レモン、高正師匠(にいさん)、宇宙件MYOJO(北野さん)、宇宙軒梅☆ぼし、佐藤みゆき。(敬称略)

e0303005_20142137.jpg



翌朝も、高正師匠が帰途に着くまで真剣な面持ち音頭談義。
沢山のお土産を胸に、これからも精進すっぺ!という次第であります。
どうぞ今後とも「モノガタリ宇宙の会」をよろしくお願いいたします!

e0303005_10124245.jpeg


最後におまけのツーショット☆

e0303005_20144222.jpg




by agatha2222 | 2018-11-16 23:21 | Ondo | Trackback | Comments(0)

母音アイデンティティ

明日は初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会が主催する音頭会@門前仲町Chaabeeです。
私も去年の9月から会の一員として、ときに大阪に遠征させてもらったり、ときにサボったりしつつも江州音頭(滋賀県八日市市発祥と言われ関西で今も歌われている盆踊りのうた)を楽しく勉強さしてもらってきました。ほぼ毎月のように何かしら発表の場を与えていただいておりましたが、明日の音頭会が今年の総括になるかと思います。
大阪より、まじで夢にまでみるスター音頭取り!の辺高正(ほとり たかまさ)さんを迎え、会のみんなで歌い継ぎますので、ぜひ!踊りに来てくださいませ。
踊りのレクチャーもありますので、初めてなんすけどー?!って方も心配ご無用です。
普段はブルガリアの民謡をばりばりに歌ってらっしゃる佐藤みゆきさんとの(音頭としては風変わりなスタイルの)デュオ演奏もやります。

で、あんた(私)は、なんでそれをやってんのよ?って話ですが、まあ一言では言い表せない魅力と自分の中での必然性がありまして…その辺は直接お話できればなんて思います。
思えば、イギリス人になりたいと思っていた中高生のころ(あほやね)、言葉の壁に阻まれつつブラジルの音楽を勉強しようとしていた20代の頃、音楽仲間を得てからはトゥバの民謡をアレンジするだのサルディニアの合唱に挑戦するだの、なんかいろいろやりたい人間なんだなぁしょうがねぇなぁってかんじなんですが、外国の音楽に取り組むにあたっては、常に言語の問題、コンプレックスは付きまとっていたわけです。かといって、日本語で歌うことにも(日本語の発音も難しい)自信があるわけでなく…自分の居場所みたいなものを見つけられないまま居たんですよね。
で、音楽と関係ないところで言うと、私はやっぱり関西人なのです。日本人っていうより、和歌山県人っていうより、関西人くらいのアバウトさがしっくりくる。江州音頭や、その兄弟分のような河内音頭は、大阪のしゃべくり漫才とともに発展してきたところがあるそうですが、自分が江州音頭に、特に師匠である初代桜川唯丸節に惹かれるエッセンスとしては、節(旋律)そのものの魅力の他に、そういう上方漫才のセンスとか、洒落っ気っていうのか猥雑さというのか、あーそれやったら私のことです~!と自信を持って言えるようなボーン・アイデンティティのようなものを感じるのですねぇ。
自分で書いてギターを弾いて歌っている歌が、わりかし暗い?もんですから、いまこのように音頭の勉強をしつつ声を出すことができるのは救いでもあります。(まあ音頭の外題にも心中ものとか暗ーいものは多いんだけど、自分から出てきた話じゃないから余裕がある!みたいな)

とかなんとか、あんまりはっきりと明かしてしまうのも野暮ですね。
とにかく明日はそれぞれ個性豊かな音頭が聴けると思います。
来てね来てね!!!

『モノガタリ宇宙の会の音頭会』
日程:11月10日(土)
時間:開演:19時 開場:18時 
場所:Chaabee(門前仲町)江東区福住1-11-11
料金:1,000円+1ドリンクゲスト:辺高正(江州音頭唯丸節)
予約:chaabee11111@gmail.com(定員20名)

e0303005_17233947.jpg

明日の音頭取りは、大阪から迎えるゲスト、辺高正(ほとり たかまさ)さんに加え、モノガタリ宇宙の会からは下記のとおりとなっております。
(わたしの雑な画ですんまへん)

中西レモン
宇宙軒梅ぼし(立石有美)
宇宙軒MYOJO(北野留美)
佐藤みゆき
あがさ

e0303005_17235550.jpg
e0303005_17240890.jpg
『モノガタリ宇宙の会』:
現在の滋賀県下で幕末から明治にかけて作られ、その後関西一円に盆踊り唄として広がりを見せた江州音頭(八日市祭文音頭)。盆踊り唄としては勿論、物語を歌い語る芸能としても楽しまれてきました。特に大阪では音頭取りの中より万歳を行う者も現れ、その流れは形を変えながら現代のマンザイにと繋がっています。
2015年発足の当会は、東京を中心に関東圏で初代桜川唯丸流の江州音頭を勉強する会です。大阪北河内から日本全国へと江州音頭の雄として名を馳せた初代桜川唯丸の節を学び、音頭の過去と現在を繋ぎながら、いずれは未来の音頭・踊り・物語を皆さんと想像・発信できればと思っております。

e0303005_17255989.jpg

by agatha2222 | 2018-11-09 17:25 | Ondo | Trackback | Comments(0)

チャーリー観音

11/2
「タカハシ・ガールズ・コレクション☆お~たむ2018」@門前仲町Chaabee、終了しました。ご来場ありがとうございました~!
今回は特に、個人的にはあれもこれもやって、共演者のみなさまは素晴らしくって、楽しかった!

最後にお決まりの集合写真。
チャーリーさんに後光が射して観世音菩薩みがでている。
(ちょうど最後の曲は「地獄めぐり」だったしね。)
e0303005_17440695.jpg

左から、大江友海さん、クドウアイコさん、チャーリー高橋(師匠)、桜井真樹子さん、わたし。


フライヤーと比較検証。
大江さんのフライヤー完コピ具合がすごいでしょ!
e0303005_17442780.jpg


この日の初っ端は、まだまだ稽古中の身なれど、わたくしめの江州音頭、叩き語り?から。
(先週のヤマちゃんコンサートの興奮のあと風邪が治らず、お聴き苦しい所も多々あったかと思いますがというか風邪だからとかいうわけでもないですね!)
喉を弛めて歌えるよう、いつものキーより全音下げくらいでやろうと思っていたのですが、特に音を確認せず始めたら結局いつもと同じキーになってしまいました。
よく言う「本番だと(はりきって?緊張で?)キーが高くなっちゃう」ってのはこういうことね、と解った次第…。
もうどんどんやってくっきゃありません!
とにかくこのような実演の機会を頂けて有り難い限りであります!
11/10「モノガタリ宇宙の会の音頭会」もよろしくね!
e0303005_17064452.jpg


そして大江友海さん&チャーリーさん。
チャーリーさん作詞作曲の「穴」「ダムに遠足」「ひとりがすき」、ヴォカリーズの「東京」など音域も広く音もとりにくい特に難しい曲群を、表情豊かに愛おしげに歌われます、大江さん。
最後はみんな知ってる「紅葉」でほっこりと。
e0303005_17450756.jpg


お次はクドウアイコさん&チャーリーさん。
北原白秋へのオマージュだという「待ちぼうけ」に、「ララバイ」などチャーリーさんの曲と、小笠原諸島の伝承歌「レモン林」~"My Bonnie"のメドレー、さらにチャーリーアレンジの昭和の歌謡曲メドレーなど、アイコちゃんならではのラインナップ。
クールさと凛々しさと(心強さと)、無垢な感じを併せ持った歌声です。
e0303005_17492709.jpg


次に、わたくし。
まず三味線の弾き語りで高田瞽女の門付歌「かわいがらんせ」を。
この曲は、チャーリーさんがボサノバ風にアレンジしたバージョンを、ときにハモリ入れつつ2013年からわりと毎回演奏していたのですが、今回は去年から練習を始めた三味線で杉本キクイさんの弾き語り音源を耳コピしてみたのを、厚顔にも…。
(声真似はとうていできませぬー)

続いてチャーリーさんのギターと三味線で、下座音楽の竹に雀~千鳥を初披露。
更に、ランディ・ニューマンの"Sail Away" や"タタールのうた"などお馴染の曲をやりまして、合唱コーナー。

ちなみに4月のライブの時の"Sail Away"音源はこちら…。
この日は特にチャーリーさんのシャウトが熱くて…。




まず、クドウアイコちゃん加わって、天草キリシタンの歌オラショ「ぐるりよざ」。
途中からですが、ドーゾ。




かーらーの、台湾アミ族の伝承歌にチャーリーさんが日本語の歌詞をつけた「帰り道~からっ風」。



さらに大江さん加わり、「近江の海」(曲:ハワイ民謡? 詞:柿本人麻呂&阿倍仲麻呂)

ボトム:大江友海
ミドル:クドウアイコ
トップ:あがさ
ギター:ちゃ~たか



さらに「常盤炭坑節」美陽空ひばりバージョンを。
(この曲はわたくしめがいろいろわかりやすくミスってしまっているので動画はUPしません!Why not 自分本位)
この三人でのハモリが楽しく、声の感じもうまく混ざるようだったので、三人ハモり曲は今後増やしていく所存であります!("ぐるりよざ"は実は三声でアレンジしてあるのだ!)嬉しいな!
e0303005_17524329.jpg


ほんでもって、3曲ほどわたくしめのギター弾き語り。
(わしばっかり何度も出てきてほんますんません!)
今年の夏に書いたばかりの初めて演る曲も合せて2曲のオリジナルと、
ポール・マッカートニー御大(いままさに!)来日記念!!(今年はチケット買わなかったんですブ―)ということで、ビートルズのポール曲、"Blackbird"を。
e0303005_17495980.jpg


最後に、一昨日の新バンド「アラブ白拍子計画」のコンサートも素晴らしかった、桜井真樹子さんの登場。
「ひさかたの」、「小町」、「オムマニ」、「うぐいす」、「田の神様」、「西行」などこちらも桜井さんならではの選曲。
特に、天台声明の「げはく」で聴ける一節の音色の変化や力強さは圧倒的で、
今様(=12世紀日本の流行歌?)の「びんたたら」の歌い舞いには見入ってしまいます。
(曰く、公的な催しで歌い舞われる歌を、アフターパーティーの場で可愛い女の子らに歌い踊らせたヴァージョンだそうです、鬢たたら、とは可愛いお下げ髪、みたいな意味だそう。)
桜井さんが広島県の「花田植え」で採取した歌にチャーリーさんがギターアレンジを施したプログレッシブ(←西洋ポップス的な視点で言えばですが)な歌も初披露されました。
もっかい聴きたい!
e0303005_17463970.jpg

(花田植え、ってコレかな…?↓)



最後は桜井さん歌の「地獄めぐり」with わしらバックコーラスでぶちあがりました!
お客さんとの歓談もたのしく、またの機会を楽しみに、帰りはモスバーガーでそそくさと打ち上げて帰りました。


そうそう、お店のChaabeeもほど近い、深川を舞台にした映画「小名木川物語」の出来たてほやほやサントラCDもゲットしました!
作編曲等は初代ピアノ屋こと岡野勇仁さん。
テーマ曲が特に素敵です!
そら庵ファミリーの才能と情熱が結集しています。
e0303005_23084040.jpg


ほい、そんでもって次のわたくし企画ライブは今回とはうって変わって完全ぼっち(ソロ)ライブです。
ひとりは寂しいけんど、喋るんも下手だけんど、ひとりでしかできないこともあるのだ!
ご予約お待ちしておりますー!
ぷりぷりぷりーずー!



『弦のかきみしる会 アローン』

日程:2018年11月15日(木)
時間:開場 19時  開演 19時半
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6
出演:あがさ(ギター&ヴォーカル)
料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)
予約:agathabeatle@gmail.com もしくは あがさまで直接

Facebook イベントページ:

e0303005_23144470.jpg

by agatha2222 | 2018-11-04 17:38 | Live Report | Trackback | Comments(0)