人気ブログランキング |

踊りについてうんぬん②

先日、サンバ・ノ・ペとガフィエラのレッスンを初めて受けに行った。
サンバ・ノ・ペは独りで踏むサンバのステップのことで、ガフィエラとはサルサやタンゴのようなペアダンスのブラジル版というかんじだろうか。
簡単そうに見える基本のステップがま~~~ったく出来ないのだけど、それでも楽しかった。

音楽の替わりになる趣味を…と数年前に考えたとき、クラシックバレエを選ぶ前にはもちろん、サンバ(ダンス)も考えた。音楽のサンバが好きだから。でも、サンバ(ダンス)というとブラジル文化に特に詳しくない人なら誰もが抱くであろうイメージで、Tバッグ・シャイニーストッキングにシャイニーなハイヒールで宝塚みたいな羽根しょってカーニバルで踊るやつ…?完成型はアレ?無理無理…ってまず思って、(やってる人、ゴメンナサイ)いや、パゴージというものもあるじゃないか、と思い直して、教室を検索してみたけどピンとくるものがなくて、選択肢から除外したのでした。

ガフィエラに関しては、ごく最近まで存在すら知らなかった。
まず、ペアダンス、というものに今まで拒否感があった。

…私は、子供のころに早々とチームスポーツは諦めて、一番熱を入れていたのは水泳というくらい個人主義?なところがあり、それは短所であり長所であると思っている。
(水泳は究極の個人競技です…練習中は水の中なので他の人の顔すら見えない、競技でも自分のレーンが区切られていて、マラソンみたいに肘でつつきあうような小競り合いすらない)
自分が頑張りさえすればいい、上手くいかなくても自分だけの責任で他人に迷惑かけない、他人が自分の思ったとおりに動いてくれないことに苛立つこともない個人競技は、それだけつまらないけど、とても楽だ。

そこにペアダンス、、ときたらなんだ、男性がリードするもので女性はそれについていく、、お任せ~♪ってことか?それって面白いのかしら…?しかも家族でも恋人でもない異性と身体を密着させるなんて、色々な葛藤があるのでは…なんて思っていた。

それでもやってみようと思ったのは、
新しいことをしたい、要らぬものであれば自分の拘りを解いてみたい、解放したい、そしてなんといっても、ブラジル文化に触れたいという理由から。
やってみよう、とはいっても先述したとおり時間(あと銭も)は限られているので、ハマってしまう前に「かなりゆるゆるペースで」と設定しておくつもりなんだけど…。

ブラジル文化、ブラジリダージ。他人との距離感、もブラジルと日本のそれとは大きく異なると思う。
ざっくりした言い方でなんだけど、南米・北米の人と話していると、身体的距離が近いと感じる。ハグとかするし。
私は、本当はそういう文化にとても憧れていて、かなり昔から自分の中に所謂タッチハンガーの存在を認めていて、北米と日本のダブルで育った友人宅に行くと、家族間・友人間の身体的距離の近さを羨ましく思っていた。
だ・か・ら、考え方によっては一石二鳥じゃん、、サンバを歌うならブラジリダージに少しでも近づきたい、と思うのだし、近い距離で人とも接することもできるのだし(一種のセラピー??)、人生観少し変わるかもよ??、、と今では思っている。たった一回しかまだレッスンに行ってないくせに。

で、実際にガフィエラを体験してみて、というか先生と踊ってもらって、やっぱり楽しかったのでした。
むろん、その先生が素晴らしいから、なのだけど。
必要なことは、心の(つまりは身体の)緊張を解いて、パートナーに「預ける・委ねる」こと、パートナーの動きを感じ取ること(そうしないと、次はどっちに足を出すのかわからない)。
とても面白い。人間の意志がエレキギターで身体がアンプだとすると、自分のアンプにパートナーのギターが繋がってるような感じ。未体験ゾーン。

ところで、身体の使い方はバレエのそれとは全く違う。
上体をぐにゃぐにゃさせない、ということは共通しているし、重心を感じることにおいてはバレエをやっててよかったな、と思うけど、腰を落とすとか、膝を「伸ばす」でも「曲げる」でもなく「緩める」ということが難しかった、、いや、難しいというか、心のどこかで「踊りとはこう」というバレエのために沁み付けたルールに縛られていることが上手くいかない理由だ。すべては心から始まる。
服を着替えるように、そのルールも切り替えて、心から踊れるようになりたいなあ。
# by agatha2222 | 2013-01-09 15:54 | Dance | Trackback | Comments(0)

踊りについてうんぬん①

クラシックバレエを三年半ほど習っている。始めて一年ほど経ってから、バー・アスティエというバー・オ・ソル(床に座って・寝て行うバレエのためのエクササイズの総称)の一種も始めた。バー・アスティエは最近少しずつ認知度も上がってきていて、フィギュアスケートや新体操のオリンピック選手も取り入れているという優れたメソッドで、特に踊りをやってるわけではない方にもお勧め。「ちゃんと呼吸して、イメージして、自分で筋肉を固めてしまうということを止めれば、身体は勝手に一番効率的な方法で動いてくれる」というのが(私が解釈している)このメソッドの要で、音楽と一緒に動くので、筋トレ・エクササイズ、というよりは踊りっぽいとも言えるかな。

…バー・アスティエの紹介をしようと思ったわけではないのです、、、
今、私がぶち当たっている葛藤についてつらつら書きたいのです。

クラシックバレエを始めたきっかけは、音楽の替わりになる趣味が欲しかったから。
そして今、また音楽を始めようとしたら、単純に時間が(あと銭も)足りなくなってしまうので、バレエに捧げる(望んでやってるので変な表現ではありますが)時間と精神的エネルギー(あと銭も)を削る必要に迫られています。

「発表会」に出る、ということはとりあえず、諦めました。でも、日々のレッスン回数をどうするのか?
どう減らすのか?
音楽の為に対バレエの放出エネルギーを削ると言いながら、先日初めてコンテンポラリー(いわゆる古典作品ではなく現代的な振り付けをバレエの基礎を踏まえて踊るやつ、床を這いつくばったりごろごろ転がったりもする)のレッスンを受けてみて、「あー、こういうのやりたかったのよね」とも感じていて、でもコンテンポラリーをやるならバレエの基礎は必要で、コンテンポラリーだけやる、というのは上手くいかないとも思う。
そう考えると今までより、対ダンスへの放出エネルギーはむしろ増えてしまうのでは??
ダメダメダメ、、、何かを得るなら何かを諦めないと…。

きっとバレエに限ったことではなく、音楽も本当はそうなんだと思うが、
バレエを習う・踊るということは、チョー魅力的だけどチョーわがままな女(男でもいいけど)と付き合うようなもんだ、と思う。
ただ週に何度かレッスンに行けばいい、それだけで上手くなる、楽しく踊れる、というわけではない。
毎晩時間をとって身体をほぐしたりストレッチしたり(平均してこれだけで90分はかかる)、足裏やインナーマッスルを鍛えたり、疲れをとるためにちゃんと睡眠をとったりマッサージを受けに行ったり(つまりメンテナンス)、頭で色々考えたりメモとったり、さらに胃腸が膨れていると腹筋がちゃんと使えないのでレッスン前後の食事には気を付けたり、、、
捧げるモノ・時間が莫大なのだ。
夜遊びなんてできない。
というか、そこまでしないと彼女は微笑んでくれない。
こっちが会いたいときだけ会いに行って、楽しい時間が過ごせるような相手ではないのだ。

実際、また音楽をやろうと決めて以来、夜な夜な外を出歩くことも増えたし、家で弾き語りの練習したり新しいCDを買って聴いたり、とやることが増えたので、毎晩の日課だった身体ほぐし&ストレッチの時間が激減した。そのせい、というだけではないけれど、昨日一週間ぶりにバレエのレッスンに行ったら、やはりなんか上手くいかなかった。。。
前にできたことが出来なくなる、というのは耐え難い。
それに、指導という名の現状否定、もっと突き詰めて言うなら自分の骨格の否定に打ちのめされないためにはそれに勝る「上手くなりたい、そのために身体も少しずつでも努力で変えてやる」という情熱がないと、もう無理、イヤになる。
イヤになると、じゃあこの時間、家でギターの練習やってりゃよかった、って思う。
でも、レッスンを止めてしまうと、、、待ってるのは退化・退化・退化、、嗚呼。。

まったく止めるのか?ゆるゆる続けるのか?
ゆるゆるやる、なんて可能なのか?
止めると身体がおかしくならないか?
このチョー魅力的でチョーわがままな女と婚約解消して、それでもまだお友達としてたまには仲良く遊ぼうよ、なんて都合のいい話があるのか?
うわーん、わからないよ~~、メンテナンスが行きとどいてないから身体が硬くて背中痛いよ~~(泣)

…そんな大変なこと止めてしまいなさいよ、と客観的に読んだら言ってやりたくなるような愚痴になってきたのでここでバレエを続けることのアドバンテージにも触れたい。
まず、体幹が鍛えられ、安定するので、座ってギターを弾くにも声を出すにも、イイと思う。
バレエだけやってた3年半、殆ど歌は歌ってなかったので、いきなり始めたら口は回らない(表情筋が退化)わなんか喉回りは詰まってるわ、、、なのだが、腹筋背筋は昔より強くなってるので、ちょっと調整さえできたら昔より楽に声が出せる(出せてる??)ような気がする。

あと、やっぱり踊るのは楽しい。下手でも構わないのなら、だが。
パソコンで仕事して、音楽を聴いて、社交的に外にでて人と話して、座ってギター弾いて、新しい曲つくって、、という活動は頭が主に使われていて、身体を使い切るということはない。さらに下手にギターを練習してると肩回りが凝り固まってきて、パソコン仕事だとそれはもっと酷くて、、、やっぱり自分の生活にはある程度の身体運動が必要なのです。頭だけ疲れて身体が疲れていないと眠れないし。心と体が一つになって踊って、疲れて、ばたんきゅ~~って眠れるのがとても健康的なのだ。(まあそれも、もう子供じゃないから疲れは溜まるので、そのメンテナンスにまたエネルギーが居るのだが…)

うん、だからやっぱり止めちゃうのは無理!!

まとまらないまま、ハイ、次回はダンスのニューキャラ登場、サンバとガフィエラです。
# by agatha2222 | 2013-01-09 12:51 | Dance | Trackback | Comments(0)

もひとつ まえがき

「ブログにはちゃんと考えをまとめたことを載せよう」と思っていたのだけど、そんなにキレイに考えをまとめる時間もなくて、「なんでも書ける場所」が欲しくてブログを開いたのにこれでは本末転倒、、書く頻度が減ればその分「ちゃんとしたことを書かねば」とハードルを上げてしまうことになるし、Facebookだけでいいじゃんってことになって、もう何やってんだか。なのでココではもっと自由に独りごちてもいい、ってことにしました。日誌です。今日はもう寝ます。
# by agatha2222 | 2013-01-09 00:06 | Other | Trackback | Comments(0)

開会宣言

思うところは、いろいろとあるのです。
ただそれを、このような誰の目にも晒され得る場所に(いや、まったく晒されないかもしれないが)書くとなると、自分なりに「なぜ書くのか」理由が要ります。

最近はじめたFacebook上に何度か書いたことですが、
「人前で歌を歌うことほど恥ずかしいことはない」と、思います。

恥の意識は、人を縛ります。
むろん、そのおかげで保たれる秩序もあるので、それが不要だというわけではないでしょう。
でも、それから出来るだけ自由になることを、
私は物心ついた頃からずっと願ってきたと思います。
私の人生に何度もあった(マイナーな)転換期において、「恥」のリミッターを上げたり下げたりしてきました。

歌を歌うことは、自分を晒すこと、恥を晒すこと。
晒すのであれば、部分的でなく、全体を出してしまえと思うのです。
だから、分け隔てなくすべてを産み落とせる場所が欲しいのです。

私の大切な友人がくれたメッセージがあります。
「自分をもっとも近い他人くらいに思って、高いところから見守ってあげればいい、
あとは気の赴くままにやればいい。」
そのメッセージはストンと自分の中に入って、私を解放してくれました。
結果をコントロールしようとして、
自分にしがみついて、首輪をつけて、子離れできない親のように
この子の自由を奪ってしまわないように、したいのです。

今まで31年と半年を生きてきて、ある程度のナチュラルな分別も体得してきたつもりです。
昔は言いたいことを言い過ぎて怪我をしたこともありますが、
今はもう、きっと大丈夫。

とどのつまりは、
恥ずかしいことだけれども、
どこにも行き場のない自分の想いを、何の価値も見出せないようなハナシを、
本当は誰かに聴いてもらいたくて、
共感してもらいたいから、書くのでしょう。
独りでこもっているのは、さびしいのです。

自意識過剰?
いや、砂塵のように軽い存在であっても、
自分にはやっぱり自分しかいない訳で
自分で自分の考えを尊重してあげたいと思います。

幼い頃に信じていたことは、
神様のような「すべてお見通し」な存在がどこかに居て
私の感じていること、考えていることすべてを汲んでくれるはず・・・ということで、
今でも、どこかそんなことを信じている自分が居ますが、
神様ではなく、私と同じように悩み、迷い、間違え、でも前を向いていこうとする生身の誰かに、あなたに、伝わるものなら伝えたいことが、あるのです。
# by agatha2222 | 2012-12-31 17:14 | Other | Trackback | Comments(0)