人気ブログランキング | 話題のタグを見る

タブラとガタムとイルカと 

明日は楽しいリズム道場!
初めての参加だから、正確には楽しいかどうかはまだわからない、
でも私はもう知っている、明日はきっと楽しい!

http://www.facebook.com/events/192913694187290/

念願のコンナッコールetc.を教えてもらいに行くのです。
東京で教えてる人、いるんかいな?カタック(インドの古典舞踊)の教室なら、職場の近くに在るから、そこの体験レッスンでも受けてみて、そこの先生に尋ねてみようかな、、と考えていたところに、アッサリみつけたのです、この道場。我ながらツイてる。

そのささやかな予習、と思って、ザキール・フセイン(タブラ奏者)のソロ&打楽器アンサンブルのCDを聴きながら、ダラダラ身体を伸ばしていたら、、、ふと、思った、、、

あれに似てる、この高速のパタパタパタパタッ(っとは本当は表現しないのでしょう、コンナッコールでは、正解は明日知れるのでしょう、うふふ)というタブラの音は…イルカの出す音。イルカのヒレ?をパタパタいわす音。それに似てる。

…以前、寝る前のリラクゼーションにと思って「The Hawaiian Spinner Dolphin」というCDを買い、一時期は毎晩、それを聴きながら身体を解して伸ばしてた。

リラクゼーション&メディテーションのために買ったんだけど、このCD結構、うるさいんです。。。
(検索してもヒットしないのですが、青山Natural Houseで購入。)

本当は、ざざ~っという波の音のバックにイルカがムームー鳴いてる、エフぶんのイチゆらぎ的な?(←それが何かはよく解らない)、そういうのを期待していたら、結構お祭り騒ぎな感じで(笑)

以下、ライナーノーツから(また勝手に)転載。

「…大きなクリック音や、ポップな口笛はイルカが創りだしたものです。時々バックで聞こえる雨のような音は、海面の小さな波です。また、やる気のなさそうなクリック音も聞こえますが、これは珊瑚礁に棲んでいる何千もの小さなエビが出しています。トラック2には、ザトウクジラの唄が熱狂的な音として描写、収録されています。」

(転載終わり)

エビが鳴くの?イルカとクジラの密な関係?

(参照URL)
http://www.aloha.net/~yoshie/Relation01.html

興味深い世界ではあるんだけど、いや、まじでコレで「リラクゼーション&メディテーション」は無理よ、、
と今晩あらためて聴いてみて思った、というだけの話。

上手くまとめるつもりなんか、ハナからないぜ!

↓フジツボじゃなくて、ガタム!
タブラとガタムとイルカと _e0303005_20251732.jpg

# by agatha2222 | 2013-02-01 23:58 | Other | Trackback | Comments(0)

ギターのおけいこ(溜息)

エレガットが脱腸。
ジャック差し込み口(と呼べばよいのでしょうか?)が、ヘコヘコギシギシ言ってる。
アンプに繋ぐと素直に音がでず、ボスっとノイズが…
一難去ってまた一難というかんじで、もー面倒くさい。

(念のために説明すると、「エレガット」とはナイロン弦を張ったギターで、アンプに繋いで電気を使って音をデカくできる楽器のことです。)

そんなトラブルでテンション下がるが、今日はしっかり新曲の練習。
私にとって新しい「奏法」なので、慣れるためにひたすら、やる。
右手つかれる。肘から先、肩甲骨の外側、地味に痛い。
左手はいわゆるボサノバコードではなく、シンプルなもんでセーハばかりでむしろ疲れる。
これが普通にサンバを刻むだけなら、二時間くらい弾いてもたいして疲れない。
結局「慣れ」の問題か。
歌いながら弾けないと意味ないので、声も出す、口がまわらない、声もつかれる。

…先日、初めて会った人とUKロックの話になり、その気になって昔々に作った唄とかやりたくなる。
ものものすごく久しぶりにアコギ登場。
(私がアコギと呼んでいるのはナイロン弦ではなくスチール弦を張ったギターのことです。)

昔は色々と鳴りものを所有していたのだけど、引っ越しの際にたくさん処分、日銭に換えてしまったので、残しているものはそれなりに思い入れの強いものたち はした金でも売れなさそうなものたち。このアコギは多分15歳の時に買ったもの。
一年くらい前に張りなおしておいた弦は、ちゃんと綺麗に鳴る。
しかしピックというものが家じゅう捜しても一枚も見つからない。
仕方ないので、「人差し指表爪」弾き。(そんな名前の奏法は多分ない。)

久しぶりにフォーク・ロックのようなストロークをやると、これまた疲れる。
というか、リズムにならない。ずれる。
いや、ピックが無いから疲れるやりかたでしか弾けないのだな、そうだ。
すぐ飽きる。
片づける。
やはり「エレガット一本、さらしに巻いて」でいいなと思う。
# by agatha2222 | 2013-01-31 23:32 | Other | Trackback | Comments(0)

感想ともつかない呟き:昨晩のライブ鑑賞

好奇心は 瞳に宿る

好奇心を失うか 殺すかしたら

残るのは退屈と服従

ブレない軸さえ持っていれば

この手に何を掴んでも この手をどう動かしても

ぐるんぐるん回転できる

ブレても 倒れても

また戻ってくればいい 自然と戻ってくるでしょう

ブレることを批判する人がいても それはそれで好くて

自分のことは自分が決めたらいい

****************

昨晩、「徳久ウィリアム&助川太郎 歌&即興Duo @平井Time After Time」という稀有なライブを観に聴きに行きました。

そこでウィリアムさんが「僕たち好奇心が強くて…etc.」、と言うてはりました。

なんだか、久しぶりに「好奇心」という単語を聴いた気がする。
好奇心が強いのはええこっちゃ、「節操ない」とか思わんでええ、と思った。

そして好奇心は伝染する。

…そのライブの具体的な感想として「あの曲がどうこう」等と書くのがめんどくさくなるくらい幅広いパフォーマンスでした。平井Time After Timeという空間もス・テ・キ。

彼らのユニットP口琴ラボの最大のヒット曲、「倍音のバイオン」を朝から聴いていたら仕事中も頭のなかでローテしていて、、、このリズムに乗って仕事を片付けることにした。
右手だか左手だか両足だかでリズムを刻みながら何か別のことをする(別のリズムを刻むとか歌うとか)、という芸当は音楽家ならできて然るべきなので、我ながらいい思いつきではないかと。頭でバイオン打ちながら仕事、エクセル計算。
# by agatha2222 | 2013-01-31 13:16 | Other | Trackback | Comments(0)

踊りについて葛藤とか

先週金曜にサンバ・ノ・ペとガフィエラのクラスに出て、日曜はバー・アスティエ、月曜はクラシックバレエの入門クラス(軽いやつ)のあとコンテンポラリー(略して、コンテ)に出て感動とともに身体じゅう痣だらけになり、昨日火曜は三年半通い続けているクラシックバレエ(ポワント=トゥシューズのトレーニングつき)のクラスに出た。

気持ちが在るから踊れるが、身体はまあ結構そこそこ大変(←尊敬する貴乃花親方語録)、疲れが溜まってる。やりたいからって、やりすぎや、っちゅうのは、わかってるんだけど…。

疲労回復のため、今朝は朝寝坊して会社にはゆっくり出るつもりだったんだけど、なんだか疲れすぎて朝寝坊さえできず、これはどうにもならないと判断して朝イチでなじみの鍼灸院へ。

もう快適さ最優先で、鍼灸院にもマイ枕を持参。(去年年末に帰郷した際にも、マイ枕を帯同させた)
だって、鍼灸院の四角い枕、硬いのよ。ドーナツ型に穴があいてるタイプならいいんだけど。
ずっとうつぶせ姿勢だとデコが鬱血してくるし、首は凝るし。
選び抜いた私のマイ枕に突っ伏して鍼灸院のベッドに横たわって待っていると、いつもの先生が「なんか自分ちみたいになってますけど、大丈夫ですか?」だって。大丈夫です!

で、鍼の話は置いといて、、、

やりたいこと全部、いっぺんには出来ない、、
ということが本当かどうか、やりかた次第だとは思うけど、
今のところ、身体がキツイと感じているから、今のやりかたでは全部は出来ないってことだろう。

この三年半、クラシックバレエと、その補助としてバーアスティエだけを(仕事以外で)やってきた。
クラシックバレエ向きの身体を作るために、あと無駄に疲れをためないために、他のスポーツ等は避けてきた。
唯一子供の頃から好きな水泳は取り入れていたけれど、それもレッスン後の疲れを流す&憂さ晴らしのため(罵声を浴びせられるクラスに出てたことがあるのです、、、ま、下手だからしょうがないんですけど)だったり、体力付けたいからだったりで、発達させたくない筋肉のことを考慮して、泳法としては背泳、キックなら平泳ぎメインで、やってた。
それでやっと変わってきた身体が、今色んなことを(踊りとはいえ)やり始めて、壊れてきている。

いや、サンバやコンテもちゃんと、正しい身体の使い方がまだ見に付いていないから、無駄に脚がパンパンに張ったりするだけじゃない?とも思うんだけど。

思うんだけど、やっぱり何をするにもバレエの基礎は必要だな、やめられない、と最近改めて感じる。
バレエをサボると、自分の身体が、つま先から背骨のてっぺんまで繋がる感覚が失われてしまう。
繋がってないと、何をするにも末端(脚とか)で頑張っちゃって、見た目も美しくないし、脚もパンパンになる。
うん、だから、細々と週一でもバレエは続けて、バーアスティエも素晴らしいメソッドだから続けて、、と思う。

でも、コンテもやりたいんだよね。
最近気づいたのだけど、コンテのクラスとは、基本のエクササイズの後に先生が即興で振りつけて、それを踊る、アドバイスをもらって、また踊る、というやり方が一般的らしい。だから、どの先生に習うのか、自分の好みと合わせて見極めたいとも思う。

コンテのクラスにでると、バレエ以上に肩回りが解れる…。
バレエの基礎は必要なんだけど、バレエには無い動き、バレエではあり得ないポジションがたくさんあって、、、オフバランス(あー、倒れるぅ~~っという伸びやかな動き)もあるし、上体も思いっきり捻るし、肩甲骨も外旋・内旋、と自由なかんじ、、、
私の肩関節はだいぶ緩めに付いているので、おもいっきり回していい振りだと単純に気持ちがいい。

あと、世界観かな。
バレエは美しい、ショパンもチャイコフスキーもプロコフィエフも美しい、バレエとはその美しさを表現するもんだと、私は思う。
でも私は「美しく」ない。
いや、踊るときは「その気」になってんのよ、
でも、結局、プロのダンサーを観ればわかるように、バレエは色んな意味で選ばれた人が幼いころから訓練を積んで、完成できるものだとも、思う。
好きでやってる分には、別にいいのよ、でも、鏡見たら、「あ、汚ねぇな、、なんで私こんなことやってんの?」と思うことも、あるのです。

コンテは、まあ十把一絡げには言えないのだけど、もっと人間くささがあるような、、、
私としては、今はコンテのテクニックを憶えたり、振付の現場に居合わせたいなぁと思うのよ。
積極的にコンテ作品を舞台やDVDやYoutubeで観るようになったのはこの一年くらいなのだけど、なんだか、イイ作品を見つけるとわくわくするんだよね。純粋に。

バレエ、コンテときて最後はサンバ&ガフィエラなんだけど、、

ガフィエラは楽しい。
全然できてないけど。

でも、バレエと大きく違う身体の使い方として、骨盤を前傾させる(つまりでっちりにする)、でも上体はバレエと同じように引き上げる、ということがある。
バレエの基本中の基本として、骨盤は地面に対してできるだけ垂直に立てて(腹筋背筋ちょー使う)、背骨のS字カーブもできるだけ直線に近づけるようにひっぱる、、ということがある。
その「立った」骨盤を作るために三年半努力してきたのよ。
で、今さらでっちり(プリっケツ)を作るのが難しいというか、なんというか、どうすりゃいいのさこのわたし♪というか、、、
社交ダンス(ペアダンス)を観ていると、確かに男性も女性もみんな、プリっケツで踊っているよね、あれと同じか。
先生を観察すると、見事なぷりっけつ。(踊る時だけね、たぶん)
下手に真似すると腰いわしそう(=痛めそう)なのだが…きっと腹筋をちゃんと使っていれば大丈夫なんだろう。

大丈夫なんだろう、と希望を持ちつつも、やっぱり最近身体が変わってきているのは先述のとおりで、、
バーアスティエの先生(透視能力者とさえ言っていいほどの眼力アリ)の先生にも見抜かれ、私の身体の悪い癖が戻ってきていると先日指摘された。

どうしようかねぇ、、、

それでも、あえて、今は拡張の時だと感じている。

…まとめられないんだけど、今日はこの辺で。とんだ雑文になりました。
# by agatha2222 | 2013-01-30 18:57 | Dance | Trackback | Comments(0)

無題

昨日のことは 忘れてしまいなさい
よく眠りなさい
あなたが忘れてしまっても
本当に必要なことは 留まるから
安心して 忘れてしまいなさい
# by agatha2222 | 2013-01-30 17:31 | Prose/Lyrics/Stories | Trackback | Comments(0)