人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2022年6月以降の出演予定

6月はプー横丁の店、オープン42周年月間!ということで一年ぶりのソロライブです!
2022年6月11日㈯
【あがさ 弾き語りソロライブ vol.9】
場所:プー横丁の店(国分寺)
住所:東京都国分寺市 本多1丁目6-3 2F
アクセス:JR中央線・西武線 国分寺駅北口より徒歩7分
(北口を出て右手の大通りをまっすぐ北へ、セブンイレブンの先の交差点 はんこ屋さんの二階)
電話:042-323-9937

出演:あがさ(vo & a.g.)

時間:17:30開場/18:00開演
チャージ:1,000円 +1ドリンクオーダー(400円より)

ご予約・お問い合わせ:プー横丁の店
042-323-9937
poohshouse.kokubunji@gmail.com
またはメッセージでどうぞ

Facebookイベントページ:
----------------------------
※感染状況により公演が延期または中止となることがあります。
・ライブ中は客席との間に透明シートを設置します。
・換気のため途中で5分~10分休憩します。

※ご来店の皆さま方へのお願い
・来店時、滞在時のマスクの着用
・来店時の検温、手指消毒
・お名前、ご連絡先の明示
・お客様同士の距離の確保
・当店は喫煙可能店ですが、演奏中の喫煙はご遠慮ください。出来る限り安全に過ごすため、ご協力をお願いします。

2022年6月以降の出演予定_e0303005_16444476.jpg





レゲエバンド"TOMBI"のお二人(ふたりだけだとhalf-TOMBI)と、あがさソロのツーマンです!
2022年6月12日㈯
【half-TOMBI と Agatha】
場所:スナック美浜(荏原中延)
住所:品川区中延2-5-13
アクセス:東急池上線荏原中延駅下車、右折、徒歩2分ファミリーマート向かい「まる」2階美浜(カウンターのみのお店です)
時間:17時30分開場 18時開演
料金:2000円+別途1drink(drink各種¥500-より)
完全予約制・限定10名様

出演:
☆half-TOMBI

KAN(vo g)
Hideru(ba)

湘南は葉山発、結成25年の老舗レゲエバンド「TOMBI」から、カンとヒデルの2人による“半分トンビ”のアコースティックセット。渋めのアレンジでユックリマッタリ聞かせます。https://youtu.be/dCLXMGM8j3s日本語にこだわりパンクスピリットある歌詞をウィットのある表現でさらりと歌いあげる。心地よい海風を感じて下さい。

☆あがさ (Agatha)
ガットギター弾き語り、SSW、DOYASA! RECORDS主宰。江州音頭や民謡をポリフォニーで歌う「すずめのティアーズ」など。ビートルズ大好き。隙あらばハモります。

Facebookイベントページ:

2022年6月以降の出演予定_e0303005_11473905.jpg





4月に引き続き、また「すずめのティアーズ」喫茶ランドリーさんで生歌ライブさせていただきますよ~!
2022年6月19日㈰
【すずめのティアーズ LIVE in 喫茶ランドリー】
場所:喫茶ランドリー(森下)
住所:東京都墨田区千歳2-6-9 イマケンビル1階
時間:14時~16時(2セット)
料金:ライブは投げ銭制(要オーダー)
出演:
すずめのティアーズ
(佐藤みゆき/vo & kaval、あがさ/vo, gt & perc)
2022年6月以降の出演予定_e0303005_20335975.jpg







# by agatha2222 | 2022-06-30 21:37 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②

6/23
翌日は山ノ家さんのカフェスペースをお借りしてリハーサルをみっちりやった後、午後から十日町へ。十日町では「大地の芸術祭」開催中。

夕方から十日町のカフェIKOTEにて、空五郎&あがさライブ。
豪雪に負けないドーム型の建物。(この形だと雪で屋根が潰れないらしい)

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14425973.jpg


「矢庭に歌」と題して当初はテラススペースでの予定だったけれど、あまりにも暑いので急遽、屋内に変更させてもらいました。
新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14482089.jpg

カフェ&ドミトリー 山ノ家さん、シェアアトリエ/シェアオフィス アストの滝沢さんがそれぞれご縁を繋いで下さり実現しました。ありがとうございました!

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14431363.jpg


新保広大寺、高山こだいじん、麦屋節などの民謡も初めてやってみました。
前日にお世話になった新保広大寺節保存会の方々にも聴いて貰えて嬉しいやらキンチョールやら、、、生音の響きがとても心地よかったです。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14433435.jpg


ちなみにこちらは午前のリハ中に撮ってみた「新保広大寺」。
刈羽瞽女 伊平タケさんの録音をもとにしています。




IKOTEライブ後、美佐島の十日町ギルドハウスに移動、宴とライブ。
(ギルドハウスには前日にも寄らせていただきました。)

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14562137.jpg


十日町ギルドハウスの玄関。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14502483.jpg


ギルドマスター=家主が冒険者=私たちを温かく迎えて下さいました。
(一緒に写真を撮るの忘れちゃった、、、)

2階は昔、蚕部屋だったというギルドハウス。
まさにこういうお家に瞽女さんも歌いに来たのかなぁと思ったり。
(壁の画は淺井裕介さんの作品)

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14511397.jpg


ライブの後、重野さんが民謡の弾き歌いと、じょんがら節を演奏してくださいました。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14565330.jpg


そして前日の新保広大寺保存会の練習の場で出会った「越後瞽女唄 才蔵’s」のメンバーである近藤未来さんが、長岡瞽女の新保広大寺を歌って下さいました。さすがの節回し。思いがけない出会いに感謝、、!

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14582928.jpg


演奏者みんなでパチリ。
家の外では蛍が、観たことないくらいたくさん飛んでいました。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14584366.jpg


地元のうどん、美味しかった。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_14594357.jpg


また冒険しに来るよ!

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_15061944.jpg



というわけで旅から戻って暫し放心したあと、私もコロナぶりに?三味線を引っ張り出して来ました。皮、破れてなくてよかった…。『ごぜさんござーる』で三味線もちょっぴり弾く予定です。面白い舞台になりますよ。ご予約超受付中。来てね!


新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_15104326.jpg


Traveling with shinbo-kodaiji シリーズ
【ごぜさんござーる その壱
瞽女唄”新保広大寺”越後〜越中〜飛騨”の旅】
日程:7月23日㈯ 19:00
   7月24日㈰ 14:00 / 19:00 (昼夜2回公演)
場所:あさくさ劇亭
住所:東京都台東区西浅草2-8-2
電話:03-6231-6047

出演
あがさ(Vo, Gut guitar, etc)
上の助空五郎(Vo, Ukulele, Percussion, etc))

料金:予約2,500円 当日3000円(自由席) 
予約:sekai.ticket@gmail.com
(題名に”ごぜさんがござーる”、本文に名前、人数、ご希望の回=日程・昼夜いずれか、連絡先を明記下さい)

…子供の頃に民謡を習った。日本舞踊の先生が民謡の踊りも教えてくれた。かっぽれ、おてもやん、花笠音頭などの中に飛騨高山の「こだいじん」もあった。
時は流れ2020年、ヴォードヴィリアンとしてライブをしていたら大阪であがさに出会った。民謡をオリジナルのアレンジで歌っていた。「こだいじん」の話になり、この唄はもともと「新保広大寺」という新潟の唄が基になっていると知った。瞽女(ごぜ)さんと呼ばれた越後の盲目の女旅芸人たちが唄を運び、その唄が各地で独自の歌詞や節に変化していったと。子どもの頃の記憶と身体に染み込んだリズム、歌いながら各地を旅する今の自分と、瞽女さんが広めた唄の軌跡が重なった。真面目にはやりませんよ、唄って口説いて踊るんやさ。シンガーソングライターとヴォードヴィリアンによる、音楽コメディーです。喜劇とライブの2本立て。ごぜさんござーる!! <上の助空五郎>

Facebookイベントページ:

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)②_e0303005_15105954.jpg





# by agatha2222 | 2022-06-30 15:13 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①

6/22
来月7/23-24に予定している公演「ごぜさんござーる」のための取材で、新潟・十日町に行ってきました。「民謡のふるさと」とも呼ばれる「新保広大寺(節)」発祥の地を訪ねて。
空五郎くんが直観と情熱でもってもともと縁もゆかりもないこの地の方々(キーパーソン)とコンタクトを取り、全てセッティングしてくれました。私はただついて行っただけ、、という感じなのですが、素敵な出会いに満ちた濃密な二日半でした。やはり旅は良いな、旅は。


「新保広大寺(節)」とは、
(引用)...十四代の白岩亮端和尚の時代に起こった信濃川の中洲の土地争いで、寺の反対派である「最上屋・上村藤右衛門邦好」と「上之島の連中」側が、抗争相手の広大寺の和尚追い落としを考えて、白岩亮端和尚を誹謗中傷するために「悪口唄」を作った。そして自分たちが唄うだけでなく、越後瞽女のような、門付けをして唄って廻る遊芸人たちに、金を握らせて唄って廻らせ、唄を流行らせた…(引用元:竹内勉「民謡地図②じょんがらと越後瞽女」)
という曰くのある唄で、日本を縦断していろんな民謡のもとになったり影響を与えたりした唄です。


さてさてまずは、東京から高速バス(すいすい~)、徒歩(暑いつらい)、ほくほく線(トンネルの中に駅があった新鮮!)、山道徒歩(暑いつらい)、お車(ありがたい!)と乗り継いで新保広大寺へGO!

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_23351750.jpg


すがすがしいところ。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12124202.jpg


石碑もパチリ。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12221209.jpg


住職さんにもお話を伺えました。
瞽女さんの彫刻(ブロンズ像をつくるための木型?だそうです)がありました。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12225751.jpg


この日の旅程は地元で民謡の三味線をやってらっしゃる重野さんにお世話になりました。(ありがとうございました!)お寺の前でスリーショット。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12252180.jpg


新保広大寺を訪れた後、下条駅近くの公民館へ。
新保広大寺節保存会の皆さんの練習を見学させてもらい、会長さんからお話を伺いました。貴重な資料もたくさんいただき、身の引き締まる思い。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12493315.jpg


踊りはどれも相当ハード‥一演目踊り終えると皆さん汗びっしょり。
基本姿勢が片足重心空気椅子?(むりむり)

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12320841.jpg


花笠や棒(=山伏の錫杖を模しているらしい)など、手具さばきもお見事でした。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12273860.jpg


なかでも御年90歳の山田さん(前列中央)の踊りがキレキレで凄かった!



最後は特別に「天神囃子」の合唱を聴かせていただきました。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12272130.jpg


私たちもちょっぴり唄を披露さしていただきました。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12294714.jpg


この晩は、まつだい駅近くにあるカフェ&ドミトリー山ノ家さんに泊まりました。
(写真は看板が出ていないけど)
何もかもがかっこよくて快適な宿だった。

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12383942.jpg



翌朝の朝ごはん。何もかもが美味しかった。
そして翌日は十日町でライブです!(つづく

新保広大寺をたずねて(Travelling with Shinbo-Kodaiji)①_e0303005_12412035.jpg



# by agatha2222 | 2022-06-30 14:13 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

6月のまんが

お待たせしました。お待たせしすぎました。
これまでの「それいけ!サカタくん」はこちら
ネタを考えているときは愉快な気持ちで、電車の中でもどこでもメモをとって一人で笑っていますが、一話描き終えた後にはいつも風が胸を通り抜けていったような虚しさのような何かが広がります。アンビバレント。製本しちゃうかも。


「それいけ!サカタくん⑱」

6月のまんが_e0303005_15134092.jpg



「それいけ!サカタくん⑲」

6月のまんが_e0303005_15132221.jpg



「それいけ!サカタくん⑳」

6月のまんが_e0303005_23161426.jpg




# by agatha2222 | 2022-06-30 12:08 | Illustration | Trackback | Comments(0)

ごぜさんござーる

ごぜさんござーる_e0303005_11013278.jpg

越後瞽女が唄い、日本民謡の祖とも呼ばれる「新保広大寺」節とその唄の旅路から着想を得た喜劇?+音楽の舞台をやります!なんそれ!?
(後半は中部地方の民謡を交えたライブになる予定。)
詳細はこちらもチェックしてね!


出演はヴォードヴィリアン・上の助空五郎と、わたくしの二名。このために先月から新保広大寺系の唄の編曲をあれこれ試みては頭から湯気だしてました(ときにチャーリーさんが降りてきたりもしました。)
いまも我がこころは越後~越中~飛騨あたりを漂い…気が付けば越後の味噌漬けや栃尾揚げが買い物かごに投入している今日この頃。


ごぜさんござーる_e0303005_11020798.jpg



会場は「あさくさ劇亭」です。先日下見に伺いましたが天井が高くて木の壁が気持ち良い素敵なところ!座席もひな壇になっていて見やすうございます。
7/23-24の2日間3公演、ぜひ来てね!

ごぜさんござーる_e0303005_17533396.jpg

フライヤーの絵はトロッコに乗っているとっころ。

ごぜさんござーる_e0303005_17531894.jpg


Traveling with shinbo-kodaiji シリーズ
【ごぜさんござーる その壱
瞽女唄”新保広大寺”越後〜越中〜飛騨”の旅】
日程:7月23日㈯ 19:00
   7月24日㈰ 14:00 / 19:00 (昼夜2回公演)
場所:あさくさ劇亭
住所:東京都台東区西浅草2-8-2
電話:03-6231-6047

出演
あがさ(Vo, Gut guitar, etc)
上の助空五郎(Vo, Ukulele, Percussion, etc))

料金:予約2,500円 当日3000円(自由席) 
予約:sekai.ticket@gmail.com
(題名に”ごぜさんござーる”、本文に名前、人数、ご希望の回=日程・昼夜いずれか、連絡先を明記下さい)

…子供の頃に民謡を習った。日本舞踊の先生が民謡の踊りも教えてくれた。かっぽれ、おてもやん、花笠音頭などの中に飛騨高山の「こだいじん」もあった。
時は流れ2020年、ヴォードヴィリアンとしてライブをしていたら大阪であがさに出会った。民謡をオリジナルのアレンジで歌っていた。「こだいじん」の話になり、この唄はもともと「新保広大寺」という新潟の唄が基になっていると知った。瞽女(ごぜ)さんと呼ばれた越後の盲目の女旅芸人たちが唄を運び、その唄が各地で独自の歌詞や節に変化していったと。子どもの頃の記憶と身体に染み込んだリズム、歌いながら各地を旅する今の自分と、瞽女さんが広めた唄の軌跡が重なった。真面目にはやりませんよ、唄って口説いて踊るんやさ。シンガーソングライターとヴォードヴィリアンによる、音楽コメディーです。喜劇とライブの2本立て。ごぜさんござーる!! <上の助空五郎>

Facebookイベントページ:

ごぜさんござーる_e0303005_11013278.jpg



# by agatha2222 | 2022-06-16 17:56 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)