『ラーフラ』の配信リリース等

アルバム『ラーフラ』の配信リリース日は2018年7月15日に決まりました。
iTunesとかsportifyとかAmazonでダウンロードおよびストリーミング再生できるようになる、はず。
配信派の方はどうぞよろしくチェケラッチョしてみてください!


CD(現物)の方は既にAmazonでも検索できるようになってます!
、、、欠品状態ですが、、数日中には解消される、はず。


とはいえ、同じネットでご購入頂くのであれば自身のオンラインストアからご購入頂いた方がより!有り難い、というのが本音であります。(ロゴをクリックしたらサイトに飛びます飛びます)




というわけで!!!

モールシン(南インド口琴)奏者の竹原幸一さん、編集者の須川義行さん、そしてイベントbudspackersでもお世話になっているSHINCHANGという贅沢なお三方に、リリースに寄せたコメント&ライナーノーツを書いていただいたのでご紹介いたします!!!
嬉しいやら勿体ないやら!!!


********

彼女の極めて私的で密やかな、それなのにあからさまな九曲。九つの瞬間が集まって、それがまたひとつの瞬間になる。それがまたいくつも集まって…覚めない白昼夢みたいな、不思議な一枚です。聴き終わってもずっと聴き終わらない。(モールシン奏者 竹原幸一)



あがささんがたどってきた旅の記憶が地面に水のようにしみこんで、そこから芽ぶいた生まれたての音たちが耳もとでぱちんぱちんと弾ける。楽しくて、切なくて、ときにメランコリー、でも気持ちいい。旅から還ってきたばかりの音楽家は、いつも人をわくわくさせる。(編集者 須川善行)



進化論とは突然変異と自然淘汰である。キリンは高い木の葉を食べるために首が伸びたわけではなく、突然変異で首の伸びたキリンが産まれて高いところの木の葉を食べることができたから生き残った。洞窟の中の魚は暗いから目が退化したのではなく、突然変異で目のない魚が産まれて目に費やすエネルギーがいらなかったから生き残ることができたのである。

発明は好奇心の産物と言われる。蓄音機は音楽の録音再生の目的で生み出されたものではなく、エジソンの好奇心によって偶然発明された。白熱電球もランプの代わりに発明されたのではなくこれもまたエジソンの好奇心によって偶然発明されたのだ。

私が初めてシンガーソングライターのagathaを観たのは西麻布にある音楽実験室新世界だった。まるでこれから舞台が始まるかのような空間にagathaはひとりのタップダンサーとこじんまりとしたステージに立っていた。agathaの音楽とそのタップダンサーの織り成すステップは今までに見たどのライブとも違うもので、その空間を彼らはひとつのインスタレーションにしていた。聴衆はその瞬間を目撃し、新世界はその名の通り我々に新しい世界を提示していた。私はすぐに彼女にライブのオファーをした。

私は普段は音楽イベントのオーガナイザーをしている。いつもはテクノやハウスのDJをしていてagathaとはまったく違うジャンルの曲を作っているのだが、以前彼女は私にドラムビートを組んでくれと楽しそうにお願いをしてきたことがある。そして私が彼女の曲にビートを入れて返すと、そのビートを聴いた彼女がガラッとアレンジを変えて曲を送り返してきた。彼女にとって音楽とは突然変異であり発明なのである。彼女の身体と好奇心がこの音楽を作っているのだ。

最近届けられたこの新しいCDを聴いてこの原稿を書いている。もう何回も流している。日常的には私はレコードばかり聴いているのだが、レコードとレコードの間にふとこのCDを取り出して聴くことが多くなった。いっときはこのCDが私の家を明るく彩ってくれることになりそうだ。
(SHINCHANG a.k.a. 坂本親一/イベントbudspackers主催 /レーベルTRAM CITY主催)

********



6/27
そんなわけで今日は、かわさきFM『野地のハッピーフェイスライフ!』(毎週水曜13時~14時放送)の生放送に出演しました。
ラジオとか初めやってん!
ゲスト(準レギュラー?)のギタリスト/サウンドエンジニア・松本恒男さんと、野地さんご夫妻とおはなしさせて頂きました。巧く喋れたとは思ってませんが、、楽しかったです!
アルバム『ラーフラ』から四曲もオンエアして頂きました。
聴いて下さった方、ありがとうございます。

e0303005_22253694.jpg

というわけで、野地さん(on ベース)のバースデーライブ、7/13(金)@武蔵小山againに私もギター持ってお邪魔することになったよ!
良かったら遊びにきてね。


# by agatha2222 | 2018-06-27 22:22 | Project RAHULA | Trackback | Comments(0)

佐渡に行ってきました

e0303005_11203565.jpg



6/14~6/18と佐渡ヶ島に行ってきました。
往路のフェリーで酔って泡吹きました。

滞在は「大崎あいましょうハウス」でお世話になりました。
e0303005_16074363.jpg




んでもって、羽茂まつりにて見世物小屋やりました!
今回は「おじゃるず」と共演!

e0303005_11491628.jpg


羽茂まつりとは、佐渡の芸能全部出しフェス!!みたいなやつです(たぶん)。
e0303005_21260445.jpg


前日から建てこみ開始。
竹とよしずで小屋を建てるのあります。

e0303005_16061566.jpg


達磨絵の画看板と神農皇帝の背景幕に加えて、今回あらたに加わったレモンさんの新作は三枚の妖怪画。
かまいたち、むじな、

e0303005_21153546.jpg



そしてカッパ!
ぜひ実物を身に来やしゃんせ。
e0303005_21151997.jpg


風を気にしながら画看板を立てます。
うんとこしょ。
e0303005_16065481.jpg


どっこいしょ。
e0303005_16055267.jpg



年初に大阪で入手した「アホみたいな」着物も初めて着てみたんですけど、ここに並ぶとアホみたいでもなんでもないですね。
e0303005_21543161.jpg


で、「見世物小屋」はまた8月に東京でやるみたいです!
追って詳細アレします。




ところで佐渡でも大人気の「おじゃるず」、
この長い頭に既視感、と思ってたんだけど、、
e0303005_11495226.jpg


チョコリエール?(ブルボンは新潟にあるしね)
e0303005_21061733.jpg




佐渡滞在、最後の日は小木さざえ祭りへ。
e0303005_20490333.jpg


小獅子舞に、
(前日には稽古のようすも見学させて頂きました。)
e0303005_11485419.jpg



つぶろさし、あと民謡&踊りのステージなどを鑑賞いたしました。
e0303005_20463654.jpg


もちろんサザエも食べました。
e0303005_20465682.jpg


その後みんなでお掃除して、フェリーで本土(新潟市)に戻り、
翌朝ブイーンと東京まで車に乗せてもらって帰りました。
楽しかったニャ~~~
e0303005_11210490.jpg



はい!!
こっから美味しい思い出、いくで!!

その① 鮎味噌

e0303005_16092518.jpg

おりしもこの日は鮎漁解禁の日。
焼いた油石(熱に耐えうる石を河原で見つけてくるのが大変だとか)の上に茄子で土手を作り、味噌を盛り、鮎を焼く。鮎の身と肝を味噌に混ぜて、炊きたてのご飯に乗せて食べると何杯でもいけてまうやつ。

e0303005_20504316.jpg

もちろん最後に茄子も頂きました。
茄子に熱い視線を送る竹内さん。

e0303005_16093982.jpg





美味しい 思い出② 
新潟で「へぎそば」を食べました。初めて食べました。
つなぎに小麦粉ではなく布海苔を練り込んであり、ヘギと呼ばれる器に盛って食べるので「へぎそば」と言うそうです。あたくし蕎麦にはちょっとうるさいんですけど(うるさいので吉そばか小諸蕎麦にしか行かないんですけど)これは美味しかったな~。。アゴ出汁のつゆも良し。

e0303005_20462170.jpg


いつも通りのレモンさん。

e0303005_20473643.jpg



美味しい思い出 その③
「大崎あいましょうハウス」の隣に住んでいるイトウくんの「究極のみたらし団子を作る」計画に耳を傾ける皆さん。

e0303005_16114328.jpg


ググったレシピどおりに作ったタレが不味かったそうなので、お団子だけ焼いて頂きました。
ふつうに美味しかったです。
やっぱり佐渡は新潟は米うまい!!!!

東京農大出身のイトウくん。

e0303005_16111599.jpg





# by agatha2222 | 2018-06-22 22:00 | Travel (Dance) | Trackback | Comments(0)

ラーフラうみおとしツアール、始めました

6/10
『DOYASA! RECORDS presents: ’ラーフラ’ うみおとしツアール始め』@喫茶茶会記、無事終演しました!

台風も近づきお足元の悪い中、ご来場まことにありがとうございました!
皆さまのおかげで、共演の梅野絵里さん(梅ちゃん)のおかげで、楽しくリラックスして演れました。あーよかったよかった。。。


こちらは終演後の一枚、茶会記店主の福地さんを囲んで梅ちゃんと。
ハードボイルド風。
…のわりに、うしろの二人とも遠慮して手が肩に触れていないという(笑)
今回の写真は、2014年からここぞという公演で撮影をお願いしているbozzoさんに撮っていただきました!

e0303005_15441871.jpg
(photo by bozzo)


示し合わせたわけじゃないんだけど、梅ちゃんも私も緑色ベースのコーディネート…!
私のはただの個人的趣味(というか偏り)ですが、梅ちゃんは「ラーフラ」のジャケットカラーからイメージしてきてくれたそう!!



チャーリー高橋(師匠)企画イベントの共演や、プロビーや今作のレコーディングでご協力いただいたことはあったけど、弾き語りライブでの梅ちゃんとの共演は初めて。
二人では演奏したのは10曲、その中で梅ちゃんはアコーディオン、ケンハモ&シェイカーにピアノ、だけじゃなくキワどい歌ハモリまで演ってくれたのです!
百人力。かんげき。重唱たのしい。

そうそう、チャーリー師匠の曲も一曲演らせてもらいましたよ!

e0303005_15590144.jpg
(photo by bozzo)



次のアルバムに収録しようかな~?と考えていた曲に乗せてくれた、梅ちゃんのピアノアレンジがこれまた素晴らしくて、まだ「ラーフラ」ツアール(あ、tourのことですよ、念のため)は始まったばかりなのに、次のアルバムの録音手順とか編曲のことばかりに頭がイってます。

e0303005_21134032.jpg
(photo by bozzo)



クラシックギターの人っぽくてこの写真、気に入ってます!ありがとう!

e0303005_21125394.jpg
(photo by bozzo)



一番楽しかったのはやっぱり「やんれ節・鈴木主水白糸くどき」です。
梅ちゃんのヘヴィなピアノのビートが気持ち良いのです。
歌い始めてから、(あ、オハヤシの練習みんなでするの忘れた…)と思いだしたんだけどそこは自主的に!!手拍子とオハヤシが!!
ぷ、プロフェッショナル・オーディエンス…?!

「どーもありがとございますー」
e0303005_23420464.jpg
(photo by bozzo)


和歌山に居た時(もう10年以上前)の音楽仲間が偶然!この日に家族で東京に遊びに来るというのでメッセージをくれて、そんでライブに来てくれたり。
うれしすぎるでしかし。


そして、誕生日のお祝いまでたくさん、、、頂いてしまって(物欲しそうにアピっててすみません)、ほんとうにありがとうございました。
6/10=ムトゥ(踊るマハラジャ)の日は、ジョアン・ジルベルトとギンガとジュディ・ガーランドと喜納昌吉の誕生日なんだよ!(ただの自慢)

e0303005_23360817.jpg
(photo by bozzo)



そして!!!
「ラーフラ」のお買い上げもありがとうございます!
なんという自己肯定感のプレゼントよ。
e0303005_21102664.jpg
(photo by bozzo)



ここで、原画の展示会でも浮上した「鮭に似てる」説を検証してみました。
e0303005_21094747.jpg
どやさ?


e0303005_21110594.jpg
(photo by bozzo)



『ラーフラ』CDは喫茶茶会記にも置いてもらっていますので、福地さん(もしくはお店の人)に一声かけて頂ければご購入いただけます!
http://gekkasha.modalbeats.com/


今のところ喫茶茶会記の他には、「古書カフェくしゃまんべ」にも置いていただいてます。


で、次のわたくしの出番は6/23「たけし楽器音楽会」にて、江州音頭の「中西レモン社中」として、さらにギター弾き語りソロでも15分ほど(ラーフラの営業のために)お時間頂いております!
https://www.facebook.com/events/255100408396849/


あ!その前に!今週は佐渡に行って来ます!
6/15「羽茂まつり」で見世物小屋を、あの!「おじゃるず」と一緒に演ります!
なので、6/14~6/18の間はネットショップでのご注文への対応ができなくなります。
6/19以降の出荷となりますので、恐れ入りますがどうかご了承くださいませ。
https://projectbeatlish.stores.jp/items/5af944075f7866527b0007cc


ではでは


# by agatha2222 | 2018-06-11 23:42 | Project RAHULA | Trackback | Comments(0)

『ラーフラ』産まれました

あとチョットで6月8日が終わっちゃう、、
けど今日は拙アルバム『ラーフラ』のリリース日なのです!
密林的な販売サイトや配信サービスでのリリース(来月には…)も手配中&ぽつぽつ馴染みのお店にも置いて貰い始めてる、、ってこういうのはいっぺんにどーん!と宣伝したほうがいいんだろうけど…たいりょくのーげんかい!!(言い訳)、で、取り急ぎ自分とこのネットショップからはお買い求めいただけるようになってます!
あと、もちろんライブ会場とかその辺を徘徊している私に言ってもらえればいつでも!


e0303005_00480192.jpg

無事にプレスされて無事に届きました。


目がちかちかするネットショップ↓


DOYASA! Recordsのウェブサイトもあるざんす


そして日曜日はレコ発ライブです!ついでに私もお誕生日!


で、「ラーフラ」。曲(唄)を書いて、編曲して宅録してカタチにする、ということは中学生の頃からやっていたんだけど、CDにプレスして、製品らしい?製品にするのはこれが初めてなのです。
ビートルズのカヴァーとかはこの数年の間に沢山、録ったけど、オリジナルを作るなら、なんの言い訳もなくちゃんと、しなくちゃって(上手く言えないってか言う努力をしてないんだけど)なかなか気負いもあり、ちゃんとするなら、今まで以上にたくさん人の力を、技術を借りなきゃできない、借りたなら、やっぱり売らなきゃ・広めなきゃってなる、「わーい☆できた~!」って自己満足だけでは、成り立たない。
だから、何が言いたいかって言うと、頑張ります…!ってのと、もしもその価値があると思ってくれたなら、宣伝にご協力いただきたく、膝まづいてお願い申し上げる次第なのです、、、。


何度かお伝えしてるけど、今作のジャケットは武田尋善さん(タケダワーラー)に銅版画&手彩色で制作して頂き、北野留美さん(オバケダイガク)にパッケージデザインを担っていただきました。何かを褒めるために、何かを貶めるようなことを言うつもりはないんだけどさ、ほんとに、自分の好きなアーティストのどんな素敵なジャケットよりも、良い!!!!!!!って思ってます!クラウス・フォアマンの描いたビートルズの「リボルバー」と並んでても、私はこっちを手に取るわ!!!
何か作る人なら、演る人なら解ってもらえると思うけど、出来あがった作品を見返して聴きかえして、あーこここうすればもっと良くなったよなー、自分のここが至らないなー、ってのは必ずあると思うんだけど、この最高なジャケットがそんな思いは書き消してくれるの!!!


そして、音楽です。
9曲中6曲で、さまざまなパーカッションで世界旅行なアレンジ含めてめっっちゃ協力して下さったのは「ととぅ」で2014年から一緒に演奏してくれてる、自曲を深く広く理解してくれてる、飯島ゆかりさん。
かっっこいい高速パンデイロはビートルズカヴァーでもお世話になった西村誠さん。
思わず踊りたくなるような煽情的なフレーズはチェロの五十嵐あさかさん。
対照的な2曲をカラフルに彩ってくれた宝箱みたいなクロマチック・ハーモニカはマツモニカさん。
ブラジルのマルシャにぴっったりな美しいフルートのハーモニーは石河麗さん。
深煎り珈琲のような低音が魅力的な歌声は赤須翔さん。
曲の情景を魔法のように再現してくれたのは笙の日比和子さん。
何年も前から録音をお願いしたいと夢みていたのが実現したのは(ヴォーカルより前に出したいくらい)エキサイティング&スリリングなタブラの池田絢子さん。
そして、日曜のレコ発ライブでもご一緒してくれる鍵盤奏者の梅野絵里さんには今回、高らかに歌うアコーディオンと沢山のアイデアで、ご協力いただきました。

ヴォーカルの録音と、ミックス&マスタリングは私が最高の敬意を表して「神」と呼んでいる中村公輔さんにお願いしました。
そして、リード曲「よるのひるね」のもう恥ずかしいくらい素敵なMVを作って下さったのは、不思議なご縁で繋がったアレクサンドル・コスマキスさんです。





もう一曲、サウンドクラウドにアップしてます。これはそう、マッハ君(久野隆昭さん)の「リズム道場」に通ってた時にできた曲なんす!




で、えーと。長くなっちゃったけれど、なにはともあれリリースしました!
書ききれないけれど、陰で日向でお世話になった方々も、ありがとうございました!
これからお世話になる方も、ありがとうございます!「ラーフラ」というのは何年もお腹の中にとどまってなかなか出て来なかった、釈迦の子供の名前です!
可愛がって頂けますように、よろしくお願いいたします!


***********
ラーフラ / Rāhula
full album on audio CD etc.
08/JUN/2018 Release

1. ナイショノハナシ
2. モラル
3. 猫
4. 流れる雲のマルシャ
5. よるのひるね (album mix)
6. 乾いた風のムビラ
7. 狗
8. ナダイ
9. コハクノヒトミ

# by agatha2222 | 2018-06-08 23:52 | Project RAHULA | Trackback | Comments(0)

2018年5月の出演予定

江州音頭の会(モノガタリ宇宙の会)でご一緒している「オバケダイガク」こと北野さんによる企画です!おやつ食べて、江州音頭のアレコレ知って、生音頭で踊ってみよう~!
2018年5月5日(土・祝)
オバケダイガクのおとなのこどものひ ~夏まで待てない盆踊り~

場所:Chaabee(門前仲町)
住所:江東区福住1-11-11

①喫茶の時間
13:00~14:30

鹿児島のこどものひのおやつ「あくまき」販売。お飲み物もいろいろございます。町歩きの小冊子「オバケダイガク」「盆踊りストーブリーグ」の展示販売

②盆踊の時間だよ!
15:00~17:30

参加費:500円 + 1 drink order
(オバケダイガクの江州音頭瓦版つき)

*トーク:盆踊りにあんまり興味がなかったオバケダイガクが盆踊りにはまったワケ 
ゲスト:小野和哉
(『今日も盆踊り』共著者(タバブックス)/雑誌『恋と童貞』編集長)

*江州音頭の時間:江州音頭ってナンジャイナー
(担当:オバケダイガク北野留美)

*あらま簡単おはやし講座&踊り指南
(担当:中西レモン)

*生唄で実際踊ってみましょう
(唄;初代桜川唯丸江州音頭通信講座・モノガタリ宇宙の会)

問い合わせ:obakedaigaku@gmail.com
http://obakedaigaku.net

☆Facebookイベントページ
e0303005_10160686.jpg
e0303005_10161980.jpg





約二年ぶりの自主企画です!ギターにコンバス、数多の自作楽器を操る北綾瀬の最終兵器=a.k.a.Hentai-sanこと小日山拓也氏と満を持しての?タイバンに加えて、オープニングアクトには江州音頭界隈での熱きブラザー、中村達さんにカザフ民謡をドンブラ(弦楽器)で弾き語っていただきます!とにかくみんな弾きまくる!
2018年5月18日(金)
『弦のかきみしる会』

時間:開場 19時  開演 19時半
場所:古書カフェくしゃまんべ(王子)
http://ryodan.com/kmb/j_index.html
住所:東京都北区豊島1-7-6

出演:
*中村達(ドンブラ&カザフ民謡)
*小日山拓也(ギター&ヴォーカル、その他自作楽器など)
*あがさ(ギター&ヴォーカル)

料金:1,500円(+1ドリンクオーダー)

予約:agathabeatle@gmail.com

☆Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/153383535329455/
e0303005_22155099.jpg






オリジナルアルバム「ラーフラ」のリリースを記念してワンマンやります!今回は、大好きなウメちゃんこと、アコーディオン/ピアノ奏者の梅野絵里さん(旅猫油団、他)とトゥギャザーします!ぜひ来ておくんなまし~!
2018年6月10日(日)
DOYASA! Records presents
『'ラーフラ' うみおとしツアール始め』

場所: 綜合藝術茶房 喫茶茶会記(四谷三丁目)
住所: 〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
電話: 03-3351-7904
メール: sakaiki@modalbeats.com

時間: 19:00 開演 18:30 開場

料金:2,000円(1ドリンク付き)

出演:
あがさ(vo/gt 他)

ゲスト:
梅野絵里(accordion/pf)
↓↓↓
プロフィール:
梅野 絵里 (ピアノ・アコーディオン)
東京音楽大学でピアノを故 浅野義明氏、作曲を堀井勝美氏、小六禮次郎氏らに師事。大学在学中よりキー ボーディストとして活動を開始、これまで様々なアーティストと共演。無声映画の生伴奏付き上映会や朗読とのコラボレーションなど多様な分野で演奏・作曲活動中。 ラジオ体操に夢中。

e0303005_15100799.jpg


予約: agathabeatle@gmail.com (あがさ迄)

☆Facebookイベントページ

e0303005_13192687.jpg


# by agatha2222 | 2018-05-31 23:17 | Live Schedule | Trackback | Comments(0)